こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

枕草子 うつくしきもの

枕草子 うつくしきもの

「八つ九つ十ばかりなどの男児の、声はをさげなにて文読みたる、いとうつくしき。」

とあるが、清少納言はどこに焦点を合わせて「いとうつくし」と評しているか。
適当なものを次から選び記号で答えなさい。

ア.八、九、十歳ぐらいの少年の清新な幼児の声。
イ.漢籍を読んでいる、変声期前のよく通る少年の声。
ウ.机に座り、学問に熱中し始める少年の心意気。

教えてください!

投稿日時 - 2020-05-25 01:27:42

QNo.9752804

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

少なくともこの質問分だけの範囲であればアしかないと思います。
イ、ウに関してはそもそも漢籍を読んでいる、机に座っているという描写自体がないので。

投稿日時 - 2020-05-25 01:37:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-