こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

雇用調整助成金

新型コロナの影響で経営が苦しい企業が雇用を維持するために雇用調整助成金の申請をする場合もあると思いますが、企業が不正受給する可能性ってないのでしょうか?

厚労省のHPを見ると休業協約や労働者名簿なども添付するようですが、例えば申請直後に従業員を数名解雇した場合、解雇した数名分まで助成金が支給されるのでしょうか。

投稿日時 - 2020-05-17 12:13:01

QNo.9749638

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>企業が不正受給する可能性ってないのでしょうか?

もちろんあります。ペーパーカンパニーを使って、従業員の名簿などを偽造して不正受給をしようとする人は出てくるでしょう。
当然それを厚生労働省も分かっているから、やたらと申請が厳しいのです。

>例えば申請直後に従業員を数名解雇した場合、解雇した数名分まで助成金が支給されるのでしょうか。

詳細は私も分からないのですが、どうも事後請求ってことになるみたいです。つまり3月にこれだけの休業補償を払ったから払ってくれということで、事前に受け取ることはできないみたいですよ。
もちろんそれだってそのゴースト社員名義で銀行口座を作って振り込めば体裁を整えることはできますけどね。

詐欺師っていうのはあいつらもあいつらでプロで、ものすごく頭がいいやつもいるので、不正受給を完全にゼロにすることはできません。
そもそもが国からしてアベノマスクを発注している企業のひとつがペーパーカンパニーではないかといわれているわけですから、政府が税金の不正受給をしている疑惑もあるわけです。国が不正受給をしていたらどうしようもないですわな・笑。

ドイツのそういった給付金は、Web申請すると最短数日でお金が振り込まれていたと話題になりましたが、スピード受給をしたせいで現段階で判明しているだけでも日本円で百億円単位の不正受給があったことが分かっているそうです。

東京都の休業要請の協力金も受付からちょうど1ヵ月が経っていますが、未だにほとんど振り込まれていないようです。当然かなりの不正受給の申請も混じっているでしょうからね。東京には、悪いやつが一杯いますから。
持続化給付金も5月1日からWebオンリーで申請受付が始まり、8日から振り込みが始まったそうですが、Twitterなどでは1日に申請したのに振り込み目安の2週間が経った15日になっても振り込まれていないという投稿が相次いでいます。

雇用調整助成金は、現段階でも申請のための面接が何ヵ月待ちになっているそうです。しかも書類申請一発クリアはほとんど不可能で、「受付」だけで何度も窓口に足を運ばないといけない。そして申請を受け付けたらそこから審査で、受給が決定するまでに1ヵ月くらいはかかる。
だから仮に今申請しても、実際にお金が振り込まれるに至るまでは何ヵ月かかるのか、って状況ですね。それが安倍首相曰くの「世界で最も手厚い休業補償」です。風雲たけし城みたいなものです。最初に何百人もいても、最後まで残っているのはほんの数人、みたいな。

投稿日時 - 2020-05-17 13:17:33

お礼

ご回答ありがとうございます。

例にあげたように、提出した名簿に書かれている従業員が本当に雇用されているかなんて、国やその機関は全員に確認できないと思うので不正受給しようと思えばいくらでもできそうですね。

投稿日時 - 2020-05-18 14:24:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-