こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

貧乏になってでも2人目を作るべきなのか

私35歳、妻33歳、生後半年ほどの子供一人の三人暮らしです。
都内で小さい一軒家住まい住宅ローン中。共働きで私の年収は手取り400~450万円、
妻は180~200万円ほど(育休中)で、貯金は300万ほどです
私の職場は年功序列で給与が上がるような環境ではなく、昇給はかなり不確実な上、ロクな実績もないくせに3回も転職して今4社目で、転職して給与を上げるというのもなかなか簡単ではないと思っています。
妻もキャリアアップできるような職種ではない上に、40歳すぎても働ける感じでもないです(美容師にかなり近い職種です)
妻は実家ではお金に苦労したことがなく、お金に関してかなり疎いため、私が家計を管理しています

相談というか意見を聞きたいのは、子供二人目についてです。結婚前に真剣に話し合うべきだったのですが、妻は作る気満々でいて、私はそこまで欲しくはなく、もしお金に十分な余裕があれば作ってもいい。くらいの考えでした。
妻が二人目はここに通わせて~などと語る度に「でも二人目はお金がな~」などとかわしていたのですが、そろそろ子供のための貯金、自分たちの老後の貯金などを考えないといけなくなり、真剣にライフプラン試算をした結果、今のままの生活を続けていると子供一人でも老後の資金は貯められず、結構節約してようやく一般的な老後資金が貯まる計算となり、二人目はかなり厳しいというかほぼ無理という試算になりました。

それを妻に見せたところ納得してもらえず「できない理由ばかりでなくやる方法を探して欲しい」などと言うばかりだったため、有料のFPに試算を見せるまでして、やっと私が大げさに言ってるわけではなく現実だと理解したようでした

その上で、今後の話し合いを改めてしたところ
「(自分で試算をしたことはないが)頑張ればなんとかなると思っていた」
「理性では無理だとわかるけど、子供の頃からやりたいと思ってたこと。できると思ってたことだったから、そんな簡単に割り切れない」
「ずっと心にわだかまりは残るし、これから変わらず夫婦生活を続けていけるかどうかわからない」
などと言われ、翌日などは一言もしゃべらず、あてつけのようにマタニティウェアや、新生児の頃に使っていたグッズなどをゴミにまとめはじめて
4月から決まっていた保育園も、職場復帰も二人目を作るために早く復帰しようとしていたのだからと一年間延長すると言い出し、途方に暮れています。

私の目的は、子供をしっかり成人まで育て上げ、妻と死ぬまで幸せに暮らすことです。
二人目を作るとなると、子供は二人とも最大額奨学金を背負わせるのは確定で習い事や塾にもほとんど通わせられず、進学は公立オンリー。浪人は絶対NG
子育て費用だけでなく、夫婦の小遣いも1万円などにして、欲しいものどころか必要なものも吟味して購入検討。家族で旅行など夢のまた夢です。
正直、それは私はもちろん子供も、妻も不幸になると思っています。

今まさにそこで問題が起きていますが、妻は”手に入らないものは手に入らない”で割り切るのが苦手な性格です
貧乏生活となれば、不満が出るのは間違いありません。子供にかけるお金も満足に使えないとなれば日々フラストレーションは溜まると思います。
どんな苦労をしても、子供にも不自由な思いをさせたとしても、それでも二人目が欲しいという覚悟があるならまだ検討の余地はあるのですが、
そもそもそんなに子供が二人ほしいと望んでいるのに、具体的にいくらかかって、そのためにはいくらの年収が必要なのかといったことを計算したことがない。漠然と「できると思ってた」という時点で、どういう生活になるのかリアルに想像できてないだろうと思っています。

私は子供の将来、私含めた家族の幸せを考えて、二人目はリスクが高すぎると考えています。二人目を産めなかったという後悔を抱えさせたとしても、それでも家族が貧乏せず、人並みの生活ができたほうがマシだと思っています。
なので可能な限り現実的に、ロジカルに無理な理由を伝えて妻を説得していました。
ですが、妻のあまりに気落している様子を見て信念が揺らいでしまっています。

愛する人にこんなに絶望を与えて、それで本当に幸せになれるのか?夫婦間に致命的な溝を産んでしまうのではないか?
二人目を作って、それでも不幸にならないように努力するべきなのではないか?とも考えてしまいます。
一方で、少なくとも経済的には二人作って困窮しない可能性は低く、何より子育てが終わってからの人生のほうが長い。年金も予定額出るかわからない。
そんな状況で、一時の感情で妻の希望を聞いて良いのかと自問自答を繰り返し答えが出ません。

正解なんてないとは思いますが、第三者の意見を広く聞きたく、質問させていただきました。
何卒よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2020-03-08 17:53:28

QNo.9721170

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

奥様はどういうお考えなのか、
徹底して聞いてみるといいと思います。
そうすると奥様の中でも考えが整理されます。
それはちょっと、と思っても口を挟まず、
ただ聞きましょう。
現実的に考えて今の収入では難しい、
将来困窮する可能性が高い
ということはお話になったのでしょうから
それに関しては「なんとかなる」しか考えが及ばないということから
そこの調整はjiji5666様がしていくことになると思います。
なぜそんなに2人目が欲しいのか、を優しく聞いてください。

おそらく、この件で奥様はもう「二人目を作る」一択ですので
断れば夫婦仲はこじれ、
jiji5666様の死ぬまで幸せに奥様と暮らす、という目的は果たせなくなります。
だとすれば、二人目を想定しての
ライフプランの立て直し、現時点での収支の見直し
等をしていくほうが
ご夫婦の幸せには現実的に思えます。

副業とか投資とか、定年後も働けるようにしておくとか
日々の節約できるものを節約するとか。
できることをやらないうちに無理、とされている気がするので
無駄な買い物をしないとか
生活の中の必要と思ってるけど実はそんなに必要じゃないものを省くとかで
現時点できることも結構あるんじゃないかなと思いました。

直情型で感情に左右される奥様は
二人目が欲しいという「気持ち」に心を支配されているので
それを断るとずっと根に持ちます。
子育てが終わってからの人生長いですが、
おそらくず~~~っと根に持ちます。
そんな相手と幸せに暮らせるでしょうか。

投稿日時 - 2020-03-09 12:54:54

お礼

ご回答ありがとうございます。
確かに、仰るとおりかもしれません。
経済的にどうだろうと、もしここで一方的に断れば一生わだかまりは残りそうです。

ほかの方のアドバイスも、そんなにかからないみたいなのは置いておいても
やはり二人目は作るべきという意見の方ばかりですね。

私は経済的なことばかり心配して、妻の気持ちを無視しすぎているような気がしてきました。
もう一度、しっかり話をしてみます。

投稿日時 - 2020-03-10 14:11:26

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(12)

ANo.12

FPさんの振り回されていますね。生活費の計算は人によってずいぶん違うのです。私たちは30歳の時に父親ががんになり職を失い、生活も困窮しました。3世代同居で生活費を切り詰める毎日でした。食事は妻が素材から作り、食費を少なくするし、クリーニング代を節約するためにワイシャツなどはウォッシャブルのものに買い替えたりして家で洗濯したりしました。電気代を節約するためにこまめに照明を切るなどは当たり前です。車や家の中や電気製品は故障しても勉強して修理しました。ここをどうすればよく生活費を節約できるか、妻と二人で話し合い、実行しました。友人たちなどの話から察すると我が家は相当な努力をしていたようです。でもそれでみじめな生活とは思いませんでした。今は年金暮らしですが厚生年金と企業年金で余裕のある暮らしをしています。計算の前提となる数字は絶対に正しいわけでなくそれぞれの生活の仕方で変わるものなんです。奥さんとの意見の食い違いは貴男が歩み寄らないと離婚に発展するか、冷たい夫婦仲が継続して、あなた方は幸せをぶち壊してしまうように
なる可能性が高いです。奥さんが言われるようにどうしたら2人の子供を作り育てていけるか二人で努力をするという立場に立つことが一番大切なことです。
ちなみに私は78歳、妻は75歳で25万円/月で暮らしています。住宅ローンはありません。私はゴルフやテニスを楽しみ友人も多いです。妻もコーラスやジャズダンスを楽しんでいます。地域社会へのボランティア活動も頑張っています。生活は決して苦しくはありませんよ。ただグルメに凝ったり、高い衣装を買ったり、きらびやかな生活とは言えませんが、とても充実した生活を送っています。子供二人を大学に行かせていた時期は確かに苦しかった。でも二人を育ててよかったと思っています。あなたも数字だけで先々の困難を予測するだけでなく、奥さんと幸せな生活を送ることを大切にしてください。

投稿日時 - 2020-03-18 12:47:36

お礼

ご回答ありがとうございます。

あなたは人の発言をよく聞かずに自分の経験だけで答えるタイプなんですね。
FPに振り回されているとは聞き捨てなりません。そもそも試算は今の生活をもとに私がやって、その答え合わせにFPを使っただけです。
あなたはとても苦労したのでしょう。でも、あなたの言う通り人によって生活なんて違いますね。
私はあなたの世代のような年金ももらえませんし、子供にかかるお金もあなたの世代より倍増していますから。
そもそも住んでる地域すらわからないのによく言えたものです。
生活は苦しくない?そりゃそうでしょうよ。それだけ年金もらえてりゃ当たり前です。

投稿日時 - 2020-03-31 23:26:57

ANo.11

おおむね私と同じ状況でとても驚きました。

どう思うかの前に、分析したことを書かせていただきます。

質問者様と奥様との望む生活が違っているのですよね。

質問者様にとっては家族は今いる三人。

『「理性では無理だとわかるけど、子供の頃からやりたいと思ってたこと。できると思ってたことだったから、そんな簡単に割り切れない」
「ずっと心にわだかまりは残るし、これから変わらず夫婦生活を続けていけるかどうかわからない」』
こうおっしゃる奥様にとっては家族は、子どもが二人いる四人家族なんでしょう。
たとえまだ生まれていなくてもです。
質問者様のせいで家族が欠けた生活を送る、生まれてくるはずの子を殺した。
位の気持ちで見られると覚悟してください。

どうしてこうも聞き分けがないのかとうんざりされているのでしょうが、
質問者様と奥様は違う人間なのですから、意見が食い違うのは当たり前です。
大切なのはすり合わせです。
お二人とも別の未来を見ているのがわかったいまこそ
お互いが譲歩して、お二人の答えを見つけてください。

ところで具体案ですが、私はFPの資格を持っています。
質問者様の答えはきっと考え抜かれたものでしょう。
いくら足りないか。きっとこちらも明確にされていますよね。
その差額を埋める手立てはないのでしょうか?

私の思う手段を書かせていただきます。
『妻は180~200万円』
『妻もキャリアアップできるような職種ではない上に、40歳すぎても働ける感じでもないです(美容師にかなり近い職種です)』

とのことですが、奥様の方が転職できませんか?
まだ転職できる年齢かと思います。
折角の育休中、なにか資格を取ってみてはいかがでしょう。

今から月五万を30年貯金すれば1800万、複利積立されればきっと2000万は貯まりますよ。

最後に私の意見です。
質問者様だけが背負い込むことはないと思います。
奥様が頑張れるなら二人目を望んでもいいのではないでしょうか?
質問者様と奥様が協力して、お互いが幸せな未来をむかえられますように願っています。

投稿日時 - 2020-03-16 05:46:54

お礼

ご回答ありがとうございます。
大切なのはすり合わせ。その通りですね。
いくらロジカルだろうと、私が無理だ無理だの一点張りで押し切るのも、妻が自分でロクに計算もせずに二人目が欲しいと騒ぐのもどちらも間違いなんですよね。

ほかの方の回答もありましたが、収入を増やす道でどうにかならないのかも含め考えさせていただきます。

投稿日時 - 2020-03-31 23:20:47

ANo.10

皆さんご兄弟作られることを勧めておられますが、個人的にはお金に余裕がないのなら子供は増やさない方が良いと思います。
自分が子供の立場なら節約生活を強いられるお家に産まれたくはありません。家にお金があまりないからという理由で進学の幅を狭められたくないですし、奨学金返済だって大変です。
周りがしている習い事や持っている持ち物が持てないようなことになると子供は相当惨めな思いします。
なによりお金に余裕がないと精神的な余裕もなくなり衝突することが増えると思います。
書かれている奥様の態度からは精神面の幼さを感じました。
まるでおもちゃを買ってもらえなくて駄々こねてすねてる子供のようですね。
現状の家計も把握出来ておらずなんとかなる(誰かがなんとかしてくれるだろう)というような他力本願な思考の人が切り詰める生活に耐えられるとも思えません。
予想外の事故や病気などで急にお金がかかることだってありますし、カツカツよりは少しお金に余裕持たせるライフプランの方がいいと思います。
兄弟仲がいい人は兄弟作りたがるのかもしれませんが、必ずしも兄弟仲良くなるとは限りません。
ひとりっ子って悪いことじゃないですよ、お金も時間もかけられます。
親のエゴで子供を増やして子供に貧乏を強いるのはやめましょう、子供からしたら貧乏はハンデです。

私は質問者様の考えを支持致します。冷静に考えて二人目はやめたほうがいいと思いました。

投稿日時 - 2020-03-14 12:58:33

お礼

ご回答ありがとうございます。

私と同意見の方もいて、少しだけ気持ちが救われました。
>なによりお金に余裕がないと精神的な余裕もなくなり衝突することが増えると思います。
ここなんですよね。
妻に貧乏経験があって、貧乏の辛さを知っていて、それでもなお子供が欲しいと言っているなら仕方ないです。覚悟があるということですから。

現状、捨て犬拾ってきて「絶対ちゃんと世話するから!」って言ってる子供と同じです。
本当にきちんと世話をできるかは誰にもわからないという。

投稿日時 - 2020-03-16 00:35:39

ANo.9

 あなたのご質問に回答する前に、私の回答がどのような背景から導かれたのかについて説明しましょう。

 80数年生きていて、実に、色々な人間の振る舞いを見聞きしてきました。その間、数えきれないくらいの家庭内暴力、妻が夫を、子供が親を殺害。離婚、家出、捨て子、拉致軟禁。海外結婚の破綻、カトリック教会神父たちの多くの幼児たちに対して行ったとされる性的暴力事件、事務次官までになった偉い人が息子を刺殺、神戸の小学校で同僚教諭を集団で連続いじめをしたという4人の教諭、
新型コロナウイルスの感染拡大で医療機関においても業務用のマスクを確保することが困難になった状況のなかで、自分で持っていた大量のマスクをにネットオークションに出品し、一千万近い売り上げを得た50歳代の県会議員、などなど。

 その都度、家庭とは何か、夫婦とはいったい何だろうとか、幸せとは何か、など考えてきました。

 そのような長い経験を基に、あなたに、人生100年を見通した、熟慮した結果の、建設的な、遠慮し過ぎて誤解されることのないように、真摯な、回答をします。

 わたしの回答は、必然的に辛口になるかも知れません。だらだら回答は避けて結論から先に述べます。

 回答は、当面の二、三年の問題を解決するような短期的なものでなく、人生80年間、仲良し豊かな生活をずっと維持していくための心得を提案するものとなります。

 あなたの今後の60年後を想像して、その時、あなたが幸せであって欲しいと願いながらの回答です。きょう、明日、どうすれば良いか、という短期的な回答ではないのです。

 あまりいい気分にならないかも知れません。もし、そうなったら、読むことをやめましょう。

 60年後のあなたが、わたしの回答を読まれて、「同感だ」、と言われることは確実です。絶対的な自信があります。なんといっても、80数年間の社会の批判に耐えられているからです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
回答します。

1)貧乏になってでも2人目を作るべきです。
2)作らないと、60年後に「つくれば良かったなぁ!」と嘆きます。
 絶対です。
3)お子さんが、小学生の頃、大学生の時、結婚する時に、
 「あぁ、少し苦しかったけど、二人目を作って正解だった!」
 と、絶対に、奥様と喜び合うことでしょう。
4)お子さんが、物心付いた時に、兄弟姉妹が、共に喜び合うでしょう。
 「あぁ、二人居て良かった。父さん母さんありがとう」と、いうでしょう。
5)人生とは、こんなものです。
 一時的な苦しさは、人生には、つきものです。

さぁ、勇気を出して!
奥さんと一緒に、力を合わせて、

最後にわたしが作った、わたしの好きなエッセイを読んでください。

<夫婦は女優と男優だ>
 結婚してどちらかが天国に召されるまでの間、二人は無期限のドラマを演じ続ける。
プロジューサも監督も二人が勝手にやる。俳優が足りないときには、臨時に子ども達が舞台に引っ張り出される。
決められた台本は無い。それぞれが即興の台本を作って、家庭という舞台で日々日夜演じる。
それ故に、悲しい筋書きのものもあれば、楽しいものもある。本気になって二人で喧嘩を演じることもある。茶碗を投げたり、離婚騒ぎを演じることさえある。
演じながら泣くこともあり、足で相手を蹴ることもあり、腹を抱えて大声で笑うこともある。真剣に深夜まで演じることもある。
毎日のドラムを演じることにより、双方の愛と信頼感と演技力が深化する。
暮らしの中で、多少の困難に遭遇してもこの愛は壊れない。むしろ、更に強くなる。(2012.11.10)

投稿日時 - 2020-03-10 13:22:32

お礼

ご回答ありがとうございます。
二人目を作り、苦労をしても、夫婦満足して子供たち兄弟も仲良く。
そんな生活になれれば幸せですね。

投稿日時 - 2020-03-16 00:15:32

ANo.8

子供がまだ生後半年とのこと。
子供の可愛さや親として得るものを感じるのはもう少し先です。
あなたは子育てというものの素晴らしさをまだ体験してません。
子供が2歳3歳になれば、もっと兄弟姉妹が欲しくなりますよ。
その頃には奥さんもタイムリミットが迫り妊娠または出産に至るのが難しくなるかもしれません。
あなたはお金と老後しか見えてないのでしょう。しかし奥さんは子供2人との生活を夢見ています。
仮に奥さんが2人目を諦めてくれたとしても、
買い物や保育園や学校できょうだい連れの家族を見るたびになにを思うでしょうか。

他の質問者さんも言っていますが、惨めな老後に怯えるのではなく、収入を増やす努力をしたり、奥さんと二人三脚でより良い生活を目指すほうが幸せだと思います。

投稿日時 - 2020-03-09 20:21:06

お礼

ご回答ありがとうございます。
たとえ納得してくれても、よその兄弟を見て何を思うか…たしかにその通りです。

私自身、幸せな家庭だったとは言い難く
兄弟もいましたが、兄弟がいてよかったと思ったことがあまりないです。
子育ても、もう少したったら二人目が欲しくなるかも。というのはそうかもしれません。

何より妻の気持ちをもっと考えようと思います。

投稿日時 - 2020-03-10 14:14:22

ANo.6

ちょっと最初に・・・厳しめだとおもうので覚悟して下さい(笑)

正直、信じられへん。
額面じゃなくて手取りで夫婦合わせて600万ですよね。
子供が二人になったら、老後用の資産形成が無理ですと?
いったい、何に消えていくんでしょうねぇ。
生活水準を上げてしまって戻せず今に至っている気がしますけど。
それと、FPって、有料でも素人以下の知識で使い物にならないのが実際に沢山転がっていますので、そんなに当てにしない方が良いですよ(笑)
貯蓄型保険ばっかり薦めてくるアホが多いのに呆れます。
金融庁の2000万の話に踊らされているとしか思えない(笑)

さて、それはさておき。
子供の成長には、やっぱり兄弟or姉妹、いた方が良いです。
その日の晩飯に困るような状況なのに2人目、は考えにくいのは判りますけど、老後用の資産形成の為に、子供の人間面の形成で有利になることを捨ててまで優先しなきゃアカン事とは思えませんね。
ドライに言えば、2人目のコストは1人目より安い(笑)
単純に2倍になるなんてことは無くて、経験で実質1.6倍位です。
ハッキリ言えば、転職歴と収入からみれば、質問者さまが「離職」を余儀なくされて失職し、困窮する可能性の方がよっぽど高いと感じます。

それに、60歳で定年退職の時代ではなくなっています。
65歳でも現役でいないと、元から成り立たないと思いますよ。
年金なんて、70歳スタートになっているかもですからね。

ということで、将来の不安に備えようと思っても、質問者さまの発想では「どんなに積み上げても不安でしょうがない」、という結論です。
貧乏させたくないと言いながら、転職繰り返し、収入は上がらず。
2人目がどうのより、そっちをどうにかせんとアカンのちゃいますか?
今の職場で実績上げる気は無いんですか?
奥さんとしては、そこも腑に落ちない原因の一つだと思いますけどね。

投稿日時 - 2020-03-08 23:20:23

お礼

ご回答ありがとうございます。
ですが申し訳ございません。すべて的外れです。

FPを全面信頼してるわけではないですが、相談した方は貯蓄型は絶対にやめろと言う方でしたし、私はローンの金額も書いてませんよね?住んでいる地域も書いてません。
もちろん、普段の生活費も平均より下に見積もっていますよ。
二人目が二倍もかかるわけないでしょう。そのくらい計算していますよ。
逆に収入しか書いてないのに一体どうやって生活水準を上げてしまって~などと判断したのでしょう?

真剣に相談している人に(笑)を繰り返す神経を疑います。
そんなのは厳しい意見でもなんでもなく、単にマウントをとりたいだけです。

投稿日時 - 2020-03-10 14:07:29

ANo.5

40代既婚、男です。

発想をかえたほうがいいと思います。

奨学金とれとか、塾には入れない、公立しかダメとか、
あなたと奥さんの脳みそってそんなに優秀なのですか?
子供も優秀なのでしょうか?
中学生になればみんな凡人ですよ。
最悪貧乏でもいいとか言う人もいるけど、バカげている。
子供の未来は、無限ではありません。大人を見ればわかることです。
無限の結果がこれですから。
子供の未来を決めるのは、親が子供に投資した金額。

で、もうひとり子供がほしいなら、
もっとお金を稼げるようにすればいいわけです。
「そんなに簡単にいくか」って思うかもしれないが、
ともかくそういう発想が大事。別に1年後にいきなりお金が
増えなくてもいい。でも、10年、20年後に
差が出てくるように、今からやるしかない。
転職でもいいし、副業でもいいし、自営業でもいいし、
何でもいい。ともかく収入と増やして、資産を増やす。
それで子供二人を養い、自分たちの老後にそなえる。

>夫婦の小遣いも1万円などにして

あなたはロジカルに現実的に考えているのでしょうけど、
全くおもしろくない。
結婚、子供、家のローンで人生の3重苦なだけ。
夫婦の月の小遣い1万円とか、人生つまらないでしょ?

私はリーマンしながら20代から投資で富裕層になったのですが、
貧乏人も普通のリーマンもみんなお金の「心配」ばかりしているなと
思います。あなたも含めて。
お金の「心配」ではなくて、お金を増やすことに「興味」を
持つべきだと思います。

今回の子供二人目の件は、あなたの考え方、発想のパラダイム・シフトに
なるといいなと思います。そうすれば、あなたも奥さんも
子供もより幸せになれると思いますね。

投稿日時 - 2020-03-08 21:30:21

お礼

ご回答ありがとうございます。
仰ることはよく分かります。実際成功されていれば、私のような悩みは一蹴して当然だと思います。
馬車馬のように働いて、別に豊かになれるわけでもなく、それでも将来の不安に怯える毎日。そんなのはウンザリだと思います。私もそうでした。
あなたと同じです。私も20代で幸せなリタイアに向けて大きく舵を切りました。

ただ、実際にはお金を増やす。収入を上げる。と思い立ってもうまく行く人は限られますよ。私がそうでしたから。
投資に手を出して借金をこさえて、転職して収入上げようとベンチャーに入社して倒産しました。
今、平均くらいの収入を得られているのは失敗後必死に努力したからだと思っています。

みんなこうだとは思っていません。
次も失敗するかどうかはわかりません。
ただ、次失敗したら大変な事になるのは私だけではないのです。

確かにじり貧。つまらない。しかしうまくいく想定で後戻りのできない道にこぎだすのはやはり難しいです。

投稿日時 - 2020-03-10 13:58:34

ANo.4

今の行政は教育については保護が厚いので、それ程資金面では苦労しないと思われます。
世帯収入からみても、保険料や住民税なども優遇される可能性が高いです。子ども手当もありますし、お子さんが優秀ならばずっと公立でいけます。
同じくらいの世帯年収でお子さんが多い家庭はかなり見かけます。貧乏というか上手く節約してやっているようです。
最初から無理だというよりも、上手くいく方法を模索するべきという奥さんの意見には賛成です。生涯現役が良いと思っているので、産休育休を上手く使って、なるべく収入が減らないようにすれば、2人目も無謀ではないと思います。
世の中には1馬力で複数人子供を育てている人もいます。
ただ、余裕のある老後や子供にかける教育費を考えるのは当然ですよね。
「~するべき」という固定観念は物事の解決には障害ですから、まずは柔軟に話し合いましょう。

投稿日時 - 2020-03-08 19:44:44

お礼

ご回答ありがとうございます。
回答No.2の方に補足させていただいた内容と同じなのですが
育てるだけならなんとかなるが、普通に生活、子育てをすると老後困窮することになる。
老後困窮しないようにしようとすると、子育て~現役時代は困窮することになる。
子供一人なら、現役時代もそこまで困窮せず、老後も一応はなんとかなる。
しかし、妻は子供二人目が無理ということに絶望している。
という悩みなのです

投稿日時 - 2020-03-08 21:42:58

ANo.3

二人目ができたとして最悪の状況はなんでしょう。貧乏なら生活レベルを落とせば生きていけます。生きている人がいますから。

精神的に追い詰められて家族心中ですか?経済面のみならば、借金が膨らむ前に自己破産、生活保護という方法もあります。日本国民である限り正当な手段を踏めば死にません。

奥様が多少金銭感覚に疎く、お姫様である部分は、目を覚まさせないといけませんね。収入を増やす方法を二人して考える。子供がいてもできる職業を考える。こういう部分で家族会議が必要だと思います。

また両方の実家との連携はできるか、資金援助は見込めるか、将来遺産は相続できる見込みはあるか、介護がのしかかってくるか、などの20年計画を立てる中で子育てというパズルピースがぴったりハマるかどうか、だと思います。

投稿日時 - 2020-03-08 18:37:04

補足

最悪な状況というか、避けたいのは夫婦仲、家族仲が悪くなることです。
子供二人作るとなると、生活に経済的にも時間的にも余裕がなくなり子供には満足な教育を受けさせられず、奨学金を背負わせ
妻が購入するものにも家計を見ている私がイチイチ目を光らせて厳しくチェックし、私も趣味や人付き合いにかける時間もお金もなくなる。
かといってそこを緩くすると、今度は子供が成人した後の老後、貧困老人として体も衰えた中貧乏生活に死ぬまで苦しむことになる。

そんな生活をすれば、夫婦仲、家族仲が悪くなるだろう。
だったら、二人目はあきらめてもらって、人並みの生活を保てばいいと思っていました。

ですが、妻のあまりの落ち込み様を見て、もしかしてここで二人目を認めないことで、たとえ経済的には問題がなくなっても夫婦間に致命的な問題が起きる可能性があるのでは?
と考え、悩んでいる状態です。

投稿日時 - 2020-03-08 21:37:40

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2020-03-08 21:37:57

ANo.2

>共働きで私の年収は手取り400~450万円、妻は180~200万円ほど(育休中)で、貯金は300万ほどです

金額から受ける感じは特に低所得では無い様に思います。 ご自宅が賃貸であれば別の計算になりますが、仮に賃貸としても、2人目が増えても十分な金額と思います。(国の子供手当もつきますよね)
20年頑張れば、子供たちも巣立っていき、家計を助ける子供も出てくると思います。親の頑張る姿を見せていれば子供たちも特に何も言わなくてもついてくるものと思います。

子供は1人より2人の方がにぎやかで色々と楽しいことがあると思います。少しはお金に困ることも有るかもしれませんが、それを乗り越えたらいいことがあるかもしれません。
奥さんとの間にわだかまりができる方が将来の問題になる可能性が高いです。

案ずるよりも生むが易し。(言葉がちょっと違いましたか?)
気楽にいけば何とかなるものと思います。

投稿日時 - 2020-03-08 18:14:15

補足

別の回答者様からも、公的補助があるのだからなんとかなる。という旨の回答をいただいているのですが、そういったものもすべて含んだ試算をして、間違いないかFPにも確認していただいています。

実際、おっしゃる通り育てるだけならそんなに貧乏だなんだと騒がずともなんとかなります。ただ、老後の貯金が全くできない計算になります。
実際、私の同僚や友人連中など、そこまで経済状況変わらない家庭で複数子供がいる方はいますが、老後の貯金とかまできちんと計画している人は一人もいませんでした。
老後のことを考えれば、相談に書かせていただいた通り、自分たちにも子供にかけるお金も貧乏というレベルまで絞っていかなければならない。
であれば、子供は一人で人並みの教育、人並みの支援。人並みの生活をし、老後も困窮しない程度の貯金が無理なくたまるようにするのが家計的には正解です。

そこまでは間違いないんです。そこから先で悩んでいるんです。

投稿日時 - 2020-03-08 21:29:25

お礼

ご回答ありがとうございます!

投稿日時 - 2020-03-08 21:29:39

ANo.1

現実的でも、未来は解りません。多少無理をしたほうが人生楽しいのでは。

投稿日時 - 2020-03-08 18:02:49

お礼

ご回答ありがとうございます。
未来はわからない。というのは確かにその通りですね
私は、だからこそ楽観視せず今より状況が多少悪くなっても対応できる備えをするべきだと思っています。

投稿日時 - 2020-03-08 21:12:23

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-