こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

1日1時間~8時間を3年でここまで変わるの!!

元々適正はあったにしろ、一日1時間、MAXで8時間を3年続ければ
ここまで絵が上達したそうです。

諦めずに何でも続ければなんとかなるものでしょうか?

それとも若さの特権ですかね?

でも、例えば60過ぎ?だったか70過ぎでWordで絵を描くのに目覚めて
定年後見事な絵を描くようになったお年寄りの話とかもあるので、

何歳からでも継続して3年ぐらい続ければカタチになるのですかね?

自分も何かやってみようと思うのですが、3年後にこのぐらいになっているかもしれないと思うと張り合いがあります。

可能性としてはありますよね?

アドバイスよろしくお願いします。(`・ω・´)

中学生が絵の練習を毎日続けた結果 3年後の成長に驚き「本当にすごい」「努力の賜物」
2019年11月27日 20時00分 Jタウンネット
https://news.nifty.com/article/item/neta/12150-480775/

下に並べた2枚の絵画作品を見て、何を思うだろうか。

ネコを題材に描かれたこちら。2枚を並べると、
そもそも右側は写真ではないかと疑ってしまいたくなるが、
れっきとした絵だ。どちらも味わい深い作品ではあるが、
右の作品の仕上がりに思わず見とれてしまう。

実はこれ、同じ作者によって描かれたものだ。

これらは色鉛筆画家の長靴をはいた猫(@erumo_0384)さんの作品。
右の作品は現在高校3年生で17歳の作者が描いた色鉛筆画で、
左は3年前の中学3年生の時に絵の具を使って描いたものだ。

独学によって習得された色鉛筆画を
遠出をしている時など、どうしても絵が描けない場合をのぞき、
この3年間で最低でも日に1時間、
長ければ8時間ほど絵を描くことに費やしてきたという。

一作品における製作期間については、
B5サイズの作品を50時間ほどで仕上げるようにしているそう。
日数にすると10~20日間くらいを費やすとのことで、
並々ならぬ集中力が必要とされそうだ。

投稿日時 - 2019-11-28 20:00:40

QNo.9684243

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

私は左の絵でいいのに色々要らぬことをして右みたいな写真のコピーな物になってしまう悪い例だと思います。大体の人が子供の時は何も苦労しないでいい絵や面白い絵を描いていたのに大人になると苦労して何とかうまい絵を描こうとしてしまいます。
もしこの人が美術を志すとしたらここからまた要らぬものをふるい落とすのに苦労してしまうでしょうね。

Wordでどうやって絵を描くのか想像もつきませんが、そうやって本来絵を描くものでない道具でただただ遊びでやるのは面白いのだろうなとは思います。

美術は積み重ねは無いとは思いませんが残業で間に合わせるみたいな感覚ではできない、掴めないことがたくさんあります。

投稿日時 - 2019-11-28 21:30:49

お礼

回答ありがとうございます。
なるほど、例えば歌なども、今の音楽は綺麗にPCで音程をそろえたCDばかりが
流れるが本当に気持ちを動かす歌い方というのはパッションのこもった味のあるもの
下手でもいいから個性的なものが尊ばれる場合もありますね。

そう考えると、味を活かしつつうまい絵をかけるようにならなければ仕方がないのかもしれませんね。

確かピカソだったかな?有名な画家も子供の絵を研究してわざと下手くそというか子供の書いた落書きのようなものを意図的に書こうとして苦戦していたということを聞いたこともあります。

意図的に子供が意図しないで書いた線や絵を再現するというのは難しいようですね。

参考になりました。(・´з`・)

投稿日時 - 2019-11-30 21:11:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-