こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

佐藤快磨監督から質問:隣りにいて欲しい人

こちらはOKWAVEの【特別企画】
『OKWAVE Stars』からの質問です。
https://okstars.okwave.jp/

映画『歩けない僕らは』(2019年11月23日公開、併映『ガンバレとかうるせぇ』)の佐藤快磨監督から質問です。

「映画『歩けない僕らは』にちなみ、
もし皆さんが突然歩けなくなってしまったとしたら、隣りにいて欲しい人はどんな人ですか。」

皆さんからのご回答お待ちおります。

※本質問は、OKWAVE Stars編集部(ID:10q-OK)が質問投稿とベストアンサー選定を代行しています。
当質問は、OKWAVEのオフィシャル企画として通常とは異なる主旨で投稿しています。インタビュー出演者からは原則的に回答への個別のお礼はつきません。OKWAVE Stars編集部からのお礼投稿となりますこと、あらかじめご了承ください。

※その他、参加にあたっては、下記リンク先の注意事項をご一読ください。
https://okstars.okwave.jp/

☆佐藤快磨監督への映画『歩けない僕らは』『ガンバレとかうるせぇ』についてのインタビューも下記からどうぞ!
https://okstars.okwave.jp/vol891

投稿日時 - 2019-11-15 17:09:33

QNo.9679196

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

こういうシチュエーションを想像できませんが、
やはり家族ですかね。
自分よりも前に親がそうなるかもしれませんし、
その時はなるべくそばにいてあげたいです。

投稿日時 - 2019-12-10 15:10:10

お礼

ご回答ありがとうございます。OKWAVE Stars編集部です。
ご自分のこともそうですが、家族のことを思いやることも大事ですよね。

投稿日時 - 2019-12-11 21:33:58

ANo.2

間違いなく「夫」です。実際、結婚後すぐ、ぎっくり腰で全く動けなくなりました。
トイレの世話まで夫が文句、一つ言わずしてくれました。
今も以前の火傷の跡が痛くて普通に歩けないことが度々、有りますが
いつも嫌な顔をせず、手を貸してくれます。

立場が逆になっても、勿論、私も夫が、してくれるようにします。

私も学生の頃、実習で整形外科で交通事故で脊椎損傷の中学生の男の子と
出会いました。
お婆ちゃんに甘えてリハビリをしない子でした。ボロクソに言ってやりました。
「悔しかったら立て!」と。彼にとっては屈辱だったと思います。
その次の実習はリハビリ室でした。そのリハビリ室で立位訓練をしている
彼に会いました。
到底、そんな訓練が出来るような状態じゃなかったと理学療法士さんが
言われてました。奇跡だと。
彼が私に「悔しかったから立ったぞ!」と。「そのうち歩くからな、見とけよ。」と
ものすごい笑顔で言われました。お婆ちゃん、嬉しくて泣いてました。
というようなことを思い出しました。彼が幸せだと良いなと思ってます。

投稿日時 - 2019-11-16 02:45:34

お礼

ご回答ありがとうございます。OKWAVE Stars編集部です。
旦那さまとの支え合い素敵です。

中学生の男の子とのエピソードも素敵ですね。心に響いたのでしょうね。

投稿日時 - 2019-11-18 18:26:12

ANo.1

再生医療の最新情報に詳しい人!

医学は日進月歩、二、三十年後には脊椎損傷での車椅子生活は一年以内で済むようになるに違いない、

だから、身障者ほど健康で長生きしなきゃならない(^^)v

投稿日時 - 2019-11-16 00:35:20

お礼

ご回答ありがとうございます。OKWAVE Stars編集部です。
医学の最新の動向を知っておくこと大事ですよね。

投稿日時 - 2019-11-18 18:24:31

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-