こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

北海道にはなぜこのような鉄道のような電線が多いので

北海道にはなぜこのような鉄道のような電線が多いのですか。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6f/fc/8448e8d4fe0f30d4796431ad45f03c75.jpg

投稿日時 - 2019-08-04 21:53:12

QNo.9642509

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

三相交流による送電は各地でやっているので、電線が3本と
言うのは「あたりまえ」です。ただ、北海道は

1.最終変電所から各家庭への送電距離が長く、送電損失を
減らすために、なるべく高圧の送電をしたい=電線の間隔が
広く、碍子が大きくなる。

2.「吹雪」の期間があり、確実に電線を保持しないと、
揺れてショートの危険がある。

ということで、間隔が広く、碍子が大きい電線をしっかり保持
するために、電柱を2本使っているんです。

投稿日時 - 2019-08-17 16:31:18

ANo.3

雪による送電線のショートを防ぐ為。

投稿日時 - 2019-08-08 01:25:19

ANo.2

たぶん 暖房に電気を使うところで 電気代を安くするため。
単相三線式交流にすると 100v 200vの使い分けができて 200vが安い。

投稿日時 - 2019-08-05 15:32:23

「北海道には」?
日本全国ですが。

投稿日時 - 2019-08-04 22:01:02

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-