こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

三徳山三仏寺投入堂へのお参りについて

・真夏に登るとやはりずいぶん暑いでしょうか、それとも木陰の道でそれほど暑くはないでしょうか。
・秋は紅葉が美しいですか。
・グループでないと入山できないそうですが、現地の観光案内所などに一緒に登るメンバーを探す掲示板等があったりしますか。
・入口でしばらく待っていれば一緒に登る人が集められたりするものでしょうか。
・入口だけグループで通り、あとは別行動でもいいものでしょうか。
・御朱印はありますか。
・おすすめのお土産はありますか。
・その他、参考情報があれば教えて下さい。

投稿日時 - 2019-07-04 18:11:29

QNo.9631942

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 先日テレビでやっていた話では、すごいルート(急勾配で鎖にすがって登る所や生きている木の根を階段代わりに登るところなど)場面がたくさん放送されていました。

 春秋の、肌寒い時期でも城山に登り始めると汗だくになりますので、投げ入れ堂まで登ったら汗だく、「ハーハー、ゼイゼイ」状態でしょう。当然ゴミ捨ては禁止ですが、水類と汗ふきタオルを持って行くべきだと思います。

 あと、鎖や木の枝につかまりますので、軍手を持参したほうがよさそうです。

 投げ入れ堂そのものには巫女さんも事務員もいませんので、現地で朱印状は無理でしょう。登り口のお寺にはあるでしょうね(テレビではやっていなかったので不明)。

 危険ゆえ、たしか二人以上でなければ登らせてもらえないようです。おそらく、登り口までの「往復」一緒であることを約束させられると思います。バディが捻挫したら背負って降りるくらいの覚悟が必要でしょうね。

 城山登り(かなり急峻な所を含む)に慣れた私でも、登るのを止めようと思うような急峻さ(城山は武士が登ったり降りたりする前提の場所)ですので、入口で待っていても同行者はいないんじゃないかと思います。

 また履き物は、靴底の溝がしっかり残っていないと、300円くらいの草鞋に履き替えさせられます。テレビでは溝を確認して「それはダメです」というようなことを言って、草鞋に履き替えさせられていました。

 滑らないとは思いますが、私なら、足の皮膚が血だらけになりそうな予感がしました。

 テレビに映っていた木々は広葉樹だったような気がしますので、時期さえ良ければ、紅葉になっているのではないかと思います。ただ、楓類だったかどうかまでは覚えていませんので、綺麗かどうかは保証の限りではありません。

投稿日時 - 2019-07-05 00:49:15

お礼

ありがとうございます。投げ入れ堂そのものには巫女さんも事務員もいらっしゃらないのですか。管理は大丈夫なのか心配になりました。靴底の溝までチェックされるというのはなかなか厳しいですね。

投稿日時 - 2019-07-05 10:18:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

山伏の修行の場です。
チェーンを伝って上ったりする厳しい登山です。
しっかりとした靴で登る必要があります。
でも林の中ですので、休憩中は涼しいですよ。
厳しい登山道ですので単独行動は止めましょう。
登山する人の頻度は分かりません。
投入堂そのものには入れません。手前から見るだけです。
無理して滑落すれば死にますよ。

投稿日時 - 2019-07-05 22:27:54

お礼

ありがとうございます。山伏の修行の場なのですか。なかなか厳しそうな場所ですね。

投稿日時 - 2019-07-06 20:07:43

ANo.1

御朱印はあります。中国33観音霊場の札所です。他はわかりません。
33観音霊場の御朱印を頂きにいかなくてはならないと思い、調べた限りでは、
靴のチェツクがあるそうです。スニーカーは不可、トレッキングシューズなら大丈夫かと・・・。だめなら、その場で購入するワラジと記載してありました。
それゆえに険しい道のりだと思われます。私も今年は行こうと考えております。

投稿日時 - 2019-07-04 19:06:23

お礼

ありがとうございます。中国33観音霊場の札所なんですね。

投稿日時 - 2019-07-05 10:16:30

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-