こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

福地桃子さんから質問:旅先で起きたハプニング

こちらはOKWAVEが主催するイベントカテゴリー
【特別企画】『OKWAVE Stars』からの質問です。
https://okstars.okwave.jp/

映画『あまのがわ』(公開中)主演の福地桃子さんから質問です。

「映画『あまのがわ』で私の演じた主人公・史織は屋久島に旅に出ます。
皆さんへの質問ですが、皆さんの旅先で起きた一番のハプニングは何ですか。
私は初めて行ったロンドンでスリに遭ってしまいました!
スマホが無くなってしまいましたが、ただスマホのない生活ものんびりして良い時間だったなと思いました。」

皆さんからのたくさんのご回答お待ちしています(^^)/


※本質問は、OKWAVE Stars編集部(ID:10q-OK)が質問投稿とベストアンサー選定を代行しています。
当企画は、OKWAVEの他のカテゴリーと異なる主旨での運営となっています。インタビュー出演者からは原則的に回答への個別のお礼はつきません(OKWAVE Stars編集部からのお礼投稿となります)。あらかじめご了承ください。

※その他、参加にあたっては、下記リンク先の注意事項をご一読ください。
https://okstars.okwave.jp/

☆福地桃子さんへの映画『あまのがわ』についてのインタビューも下記からどうぞ!
https://okstars.okwave.jp/vol820

投稿日時 - 2019-02-13 14:20:54

QNo.9587395

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>旅先で起きた一番のハプニングは何ですか

おそらく、何人かの方は経験していると思いますが、飛行機トラブルです。
中国からの帰りで、成田空港に降りる予定が雪で関空に降ろされました。
関空に着陸したのがPM9:00頃、すでに航空各社が降り立ち、
2本ある滑走路の1本を、急遽、駐機場にしていました。
なので、自分たちの飛行機もそこへ移動となりました。

こうなると、飛行機から降りるに降りられません。そう、タラップが
足りないのです。
飛行機が停止してから2時間あまり缶詰状態でした。更に更に、
今度はホテル手配・送迎バス待ちで、1時間余り。
そして大阪市内のホテルにAM1:00ごろ着きました。

まあ、そんな感じで、翌日、羽田便に乗り帰宅となりましたが、
助かったのは、すべて航空会社で手配してくれ費用も出ました。
今となっては、良い思い出です。

投稿日時 - 2019-02-13 15:50:02

お礼

ご回答ありがとうございます、OKWAVE Stars編集部です。
それは大変な経験をされましたね…。それがいま良い思い出となっており何よりです。
こういう時、トイレの心配をしてしまいそうです(^^;)

投稿日時 - 2019-02-28 15:40:38

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

北京に旅行に行った時、
夕食後にホテルまでタクシーに乗って10分くらいで到着するはずが、
グルグル連れ回されたことがあります。
同乗者が日本語で一喝して、運転手に通じていなかったとは思いますが、
最後、ホテル近くの見覚えのある通りでタクシーを止めさせて降りました。
30分近く乗っていましたが、料金は日本円で500円位の超過だったので、
割が合わないだろうなというのと、その程度だから払ってしまうこともあるのかもしれないなと思いました。

投稿日時 - 2019-03-01 15:15:45

お礼

ご回答ありがとうございます、OKWAVE Stars編集部です。
それは大変でしたね。払わずに済んだのですね。

投稿日時 - 2019-03-01 16:38:31

ANo.2

サハラ砂漠を1,600km、17日間、チャリで横断した時、10日目にオアシス間が100kmあり、夜明け前に出発しました。 所々厚く砂に覆われ、5時間も持ち上げるように押し続け、砂に埋もれた砂漠の植物は枝も種もトゲがあり、10回もパンクして穴を探すのに予備の水が尽き、炎天下にしゃがんで砂をかけて吹き出す所を探す有り様で、渇きで汗の一滴も流れず、吐く息の方が冷たく感じ、口の中は皮膚のように乾き、高熱で激しい頭痛に苦しみました。

記憶が定かでありませんが、遠くに幻のように緑に繁った木が見えたように思いました。 気がついたら砂の上に寝ていました。 背丈ほどの低木の下にもぐり込んでいたのです。

疎らに生えている背丈ほどの木には葉の1枚もなく、焼けた砂の上に寝ては死んでしまいます。 ところが頭上の枝には葉が繁り、見渡す限りの地平線の中、ただ1ヶ所の木陰をなしていたのです。 よく見ると木の葉ではなく、枝にからんだツル性の多肉植物でした。

それにしても、誰が運んでくれたのでしょうか? 砂のラッセルされた轍からは2~30m、そこには自転車が横たわり、自分の足跡が一筋、砂上に続いています。 木陰を見つけて、最後の力をふり絞って、無意識でトゲだらけの枝の下に潜り込んだのでしょう。 生き残ったのは偶然です。 

投稿日時 - 2019-02-13 17:22:54

お礼

ご回答ありがとうございます、OKWAVE Stars編集部です。
大冒険ですね!
最後の力を振り絞る生存本能は素晴らしいですね。

投稿日時 - 2019-02-28 15:43:23

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-