こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

とにかく全身が具合悪いです。

20代前半の女性です。

冒頭の通り、全身に様々な症状があるのですが、どこの病院でも何の病気なのか分かりません。
何の病気なのか分からないと、治療を受けることもできず、このまま一生具合が悪いままなのかと思うと絶望します。
「もしかして○○ではないか」「私も似たような症状を経験したことがある」「これをしたら治った」「○○の検査を受けてみてはどうか」など、何でもよいので教えてください。お願いします。

【症状】
・顔のむくみ
・足が前に出ない(青信号の間に横断歩道を渡りきれないほど)
※動悸・息切れはない。
・いつも異常に寒く、鳥肌が立つ・手足が冷える・夏でも爪が紫色になる(チアノーゼではない)等の症状が出る。
・早朝覚醒(寝つきは良いが、長く寝ていられず、わずかな音でも目が覚めてしまう)
・肩こり
・クマ
・口が渇くことで、舌が白くなり、味覚(特に甘味)がなくなる。唾液が減ったことで、生まれてから一度もなかった虫歯が続発。
・自分の身体ではないかのようにしんどい・だるい・身体が重い。水の中を歩いているような感覚。
・毎日おなかの調子が悪い。(おなかが張る・食事をするとすぐに緩い便が出る)
・目のかすみ・渇き・視力低下。
・足が頻繁に攣る。一度攣るとなかなか治らない。
・全身の肌が乾燥する。
・気分の変化が激しい(ホルモンバランスの変化が激しい??)


【経緯】

(1)大学4年生の春
もともとダンス等の運動をしていたが、就活が始まったことでダンスをやめたため、ダイエットを開始。
栄養バランスは完ぺきで、摂取カロリーを1,200kcal/日に抑え、毎日10kmのジョギングをしていた。
(身長169cm、体重46kg、体脂肪率11%) ※タンパク質の摂取量40~50g
⇒生理が止まる。
⇒体力が落ち、何もないところで転ぶようになったため、ジョギングはすぐにやめざるを得なくなった。

(2)同夏
ホルモン周期を作るため、婦人科にてピルを処方される。⇒以後、現在もピルを服用しており、一応生理が来るようになった。

(3)同冬
甲状腺クリニックにて血液検査・エコー⇒橋本病予備軍であると診断。

(4)現在
以前ほどのダイエットはしておらず、1,600kcal/日程度摂取している。その代り栄養バランスはそこまで気にしていない。
(身長169cm、体重52kg、体脂肪率19%)


【今までに受けた検査】
・血液検査⇒LDLコレステロールが若干高い(122)、ALPが低い(82)、クレアチニンが若干高い(0.81)、コリンセステラーゼ(ChE)が低い(169)
・尿検査⇒異常なし
・心電図⇒異常なし
・胸部レントゲン⇒異常なし
・甲状腺エコー⇒FT3が若干低い(1.69)、抗甲状腺ペルオキシダーゼが高い(19IU/ml)

投稿日時 - 2018-11-25 02:00:09

QNo.9561366

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

食習慣からして、動物性の脂質を長い間摂取してないでしょう?
全般的に、脂溶性のビタミンの長期にわたる不足が考えられます。
今どき流行りのオリーブオイルとか、えごまとかではなく、
豚の脂身、牛の脂身、バター、牛乳など。

普通はすぐにホルモン異常になるけど、それをホルモンだけ補充してのピルだから。
性周期以外には、そのまま不調が温存されている。
タンパク質だって、ササミじゃないですか?

すぐにサプリに飛びつくと、全般的なバランスが崩れたまま、別な不調がでます。
本来、生活習慣病の人がしなければならないような食生活ではなく、
「繁殖期」にある、女性が取るべき、きちんとした食生活をすればよいのです。
嫌かもしれないけど、脂肪率22-23%ぐらい(元気で何も問題ない中年太りのおばさんぐらい?・・・これ実は意味があります。)まで戻して、脂肪の本来の「臓器」としての働きをさせるべきなのです。

体重が重くなるから、心臓の大きさは小さくて軽いほうがいいとか、
肝臓は極小でということはありえません。
同様にして、あなたの高身長を維持する全身的な脂肪率も「繁殖期」に入ってからずっと低値に設定されているので、本来の「脂肪組織=臓器」の働きをしてない。
女子のプロ長距離ランナーでさえオフシーズンには、脂肪率を戻します。

女は、「女性の体」を失念するなら、健康的とは言えないです。
プロを目指すなら、それなりの管理をしなくちゃいけないし、
中途半端なダイエットは、がんより怖い一生の病・不調・病気として「残る」。

あなたが30ぐらいで死んでもいいならそれでいいです、あなたの人生だから。
でも、人並みに中高年を通過するなら、不妊、早期閉経、骨粗鬆症へとつながる。

動物性の脂肪を「普通に」です。
当然に、治るとしてもじわじわ。

投稿日時 - 2018-11-25 09:40:03

お礼

皆様の回答を拝見してとあるレディースクリニックに行ったところ、「神経性やせ症による栄養失調」と言われました。大きい病院で精密検査を受けたほうが良いと紹介状を頂きまして、予約をしたところです。
精密検査がこれからなのでまだ断定ではありませんが、病名が分かったことでようやく治療を受けられる兆しが見えてきて、とりあえずホッとしています。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2018-12-02 00:39:55

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(11)

ANo.11

私の家内にこんな症状がでました。
顔や身体がむくむ
筋力の低下や肩こりがひどい
寒さに弱くなる
お腹がはって便秘になる
皮膚が乾燥してカサカサ
脈が遅い
無気力になり忘れっぽくなる
月経の異常
眠くなる、口がもつれる
食欲がないのに体重増加
やる気が無くなり、すぐに飽きる

加齢によるものだと思っていましたが、次第に悪くなるようでしたから、悩んだ結果、伊藤病院へ行きました。
質問者様と似た症状がありますでしょ
原宿駅で降り、久々に竹下通りをぶらぶらし、表参道を青山方面へ。
青山通りのすぐ手前に伊藤病院があります。
診て頂いた結果、甲状腺の病気でした。
物凄い数の患者さんで込み合っていました。
院内にはお若いお嬢さんから妻と同年齢の婆さんまでいらっしゃいました。

甲状腺の病気は薬を飲めば治ると言うものでも無いですが、健康状態を知って、医師の判断で回復に向けて一歩ずつ歩むしかありません。
質問者様はお若いですから快癒も期待できそうです。

表参道の超一流のブランドショップで眼の保養をしながらお出掛けになったらいかがでしょう。
地元の医師の紹介状がある方が良さそうです。

投稿日時 - 2018-11-29 14:20:04

ANo.10

栄養不足です。
1週間でいいですから おいしいもの 好きなものを好きなだけ食べる生活をしてみてください。きっと改善されると思います。

栄養失調ではありません。栄養不足です。

投稿日時 - 2018-11-27 02:27:27

ANo.9

お辛いようですね…
心身共に心配ですね…

私も以前質問者さまのように「とにかく全身の具合がわるい」と悩みドクターショッピングを繰り返していた時期がありました。

覚えている症状として
・全身の浮腫み
・酷い倦怠感
・気分の浮き沈み
・イライラ
・感情失禁
(家族からのちょっとした一言でキレて大泣き)
・過呼吸
・蕁麻疹の頻発
・円形脱毛
・片頭痛
・肩こり
・真っ黒の尿
・手指関節痛
・めまい
・手指の湿疹、異常なまでの乾燥
・焦燥感、悲しみ
・動悸
・不正出血、生理不順


今となっては覚えていない症状もまだまだあったと思います。
毎日蟻地獄に落ちているような気持ちでした。

副鼻腔炎も繰り返し、虫歯も酷く(幼い頃から虫歯には悩まされてきました)本当に辛い10年余りを過ごしました。

脳外科、耳鼻科、腎臓内科、歯科、産婦人科、泌尿器科、心療内科…
あちこちで様々な検査をしました。
ガン検査、膠原病検査、リウマチ検査、腎疾患検査、心電図、PET、思いつく検査やすすめられた検査は全て受けました。

しかし異常無し。

病院ではウツと診断され精神安定剤が処方され、夫にも「どこも悪くないんだから気のせい」と笑われました。
しかし自分は絶対にどこかが病んでいるという気持ちで必死にドクターショッピングを繰り返し、ネットで情報を漁り続けました。

「慢性上咽頭炎」をご存知ですか?
上咽頭とは鼻の穴の突き当たり、インフルエンザ検査の時にツンツンとする場所です。

そこが何らかの原因で炎症を起こすと様々な身体の機能を壊していくことがあります。上咽頭が原因で症状が出る身体の部位は人それぞれです。腎臓疾患など重篤な病気の元となる場合もありますし簡単な風邪程度の軽症の場合もあります。千差万別です。

私はその慢性上咽頭炎についての症状や診断についてネットで発見した時、絶対にコレだ!と確信しました。
そして慢性上咽頭炎とそれにまつわる病気と治療についてとても詳しい腎臓内科の先生を頼って診察を受けました。(慢性上咽頭炎治療はまだごく一部の医院でしか受けられないのが現状です)

診断の結果、やはり慢性上咽頭炎があり腎臓疾患に繋がっているとの事でした。
10年以上ずっと「どこも悪くない」と診断されていた私にそこで初めて病名がつけられました。
病名がついたことにより涙が出るほど安心したのを今でも鮮明に覚えています。

副鼻腔炎を繰り返すことや虫歯も慢性上咽頭炎も関連しており、私の全身の元凶は幼い頃からの口呼吸ということも言われました。

とにかく1つ1つ治していこう、と先生に言っていただき、何十年もかけて悪くなっていった歯、鼻、喉を適切に治療し、腎臓疾患に関しても適切な治療を受け、2年かけて腎臓の病気を治しました。
歯、鼻、喉はすぐには治らず今も治療を続けています。
ただ、まだ全てとはいきませんが元気です。
上記に並べた症状もほぼ全てなくなり
苦しんでいた頃が嘘のように元気に生活できています。

質問者さまの場合には体調不良の原因が分からないとの事。
他の病気がないか?探しつつ「慢性上咽頭炎」についても疑って治療されてみてはいかがでしょう?
誰でも容易に上咽頭炎は起こります。
寒さ、ストレス、環境の変化など…
それが慢性化してしまうと身体のあちこちに謎の症状として異常をきたすのです。

以下、詳しいサイトと、書籍をご紹介しますのでご興味がおありでしたら是非一度お読み下さい。

どうか元気な質問者様に戻れますように…
お大事になさって下さい。

http://www.jprime.jp/articles/-/11805?display=b

https://mirai-iryou.com/shinryo/bspot/

https://jfir.jp/topics/

書籍には慢性上咽頭炎治療が受けられる医院の紹介もありますが、医師によって技術に差がありますので治療を受けられる際にはよくお調べになることをオススメします!

投稿日時 - 2018-11-25 14:08:44

ANo.8

>体脂肪率11%

ここが問題だったと思いますね。女性は体脂肪率が10%を切ると生殖器に問題が出て生理が止まるなどの影響が出て、ホルモンバランスが崩れて様々な不調が出てくるといわれます。
また一般的な体脂肪を計る機器は体脂肪率15%以下はあまり正確に計れないそうです。というのも、体脂肪率が15%以下になる人はアスリートか栄養失調状態の人だからです。アスリートはアスリート用のもっと厳密な機器で調べます。

ですからその点を考えると、生理も止まったといいますからホルモンバランスに大きな影響が出たと考えるのが自然かなと思います。「栄養バランスは完璧」と言い切りましたが、体が不調に陥っているので完璧どころか無理なダイエットであったのは間違いないと思います。
体脂肪率10%前後は、女子マラソンランナーレベルですね。男性目線ではおっぱいもお尻もなにもないじゃないかレベルですよ。

ホルモンバランスが崩れると女性は様々な体調不良に陥ります。現在は体脂肪率19%まで戻したということですが、まだそこの部分は元に戻っていないのではないかなと思いますよ。
食事に脂肪分が不足しているのではないかという他の方の指摘には私も同意です。加えて私は、鉄分やカルシウムも不足しているような気もします。ダイエット中の栄養バランスは完璧だったということですが、ビタミンやミネラル、油脂分も含めて本当に完璧だったのだろうかということはちょっと思いますね。油脂分が足りないと、肌は乾燥しますよ。ほら、デブってお肌もっちもちだったりするじゃないですか。

投稿日時 - 2018-11-25 12:53:11

ANo.7

私は医師ではありません
数々の体調異常が書かれていますので、何処が悪いかは私には分かりません
ただ、何もない所で転ぶ様になった と言うのが気になります
数年前、「脳神経内科」でMRI検査をしたことがあります
頭の中に水が溜まる「水頭症」と診断されました
症状、歩いている時つまずいた様に前に倒れる
   頻尿等排尿障害
   認知症
私は症状は出ていませんが参考まで

投稿日時 - 2018-11-25 10:50:20

 ごめんなさい(>_<)
 充分に、睡眠をとってみて、お風呂に入ってみて、リラクゼーション
するのが良いと思います(‘v‘*)
 お風呂に、ソルト(塩化Na)を入れて入浴してみてください(‘v‘*)
 身体の疲れが、軽くなる気が致しますよ~。
 いかがでしょうか・・・?

投稿日時 - 2018-11-25 10:24:02

ANo.4

>栄養バランスは完ぺきで

こう思っている人に限って不完全だったりします。
ちょっと前まで、食物繊維は不要と言われていて、加工食品などでは食味が悪くなるとしてわざわざ取り除いていたんですよ。専門家ですらそうです。素人が完璧なんて有り得ないのです。自身が間違っているかもしれないという事にさえ気付いていないのはマズイです。
第一、基礎カロリーすらとれてないじゃないですか?
169cmもあるので、やせ形とはいえ2000kcalぐらいは必要なはずです。安静でも。それがジョギングまでして1200ならぶっ倒れて不思議はないし、1600にしても不足でしょう。
という事で、まず、栄養バランスを完璧に整えて下さい。ww
その後、内科から始まって徹底的な検査ですね。

投稿日時 - 2018-11-25 07:31:21

ANo.3

意図的かつ強制的な体質コントロールを断続的に行っているんですね。

全体的な内臓コントロール機能が低下してるのかもしれませんね。

浮腫、唾液減少、虫歯、倦怠感、眼科症状、乾燥、体力低下、橋本病診断、etc.
…腎機能低下から派生する症状が多いですね。
念の為に医師に相談して、再度「体調不良時」をめがけて検査を受けてみて下さい。
(体調が良い時は数値に現れないことが多いです。)

(間食や水分も含め)食事や薬剤摂取についても、総合的なコントロールが必要な事態なんだろうと思います。
医師に対しても総合的な相談を持ちかける必要が有りそうです。

いずれにせよ、自己判断による体調管理は逆効果と考えられる事態です。
受診自体は総合医でも内科医でも構いませんが、
自己判断は勿論いけませんし、単一の医科ではなく総合的な判断による治療が必要な状態と考えられます。

早期の総合的判断を求める時が来てると考えられます。
自己判断による意図的な体調管理は人生を無駄に費やすことにもなりかねません。
一つしかない自分の体なんですから、専門的な事は専門家に委ねて大事にしてください。

投稿日時 - 2018-11-25 05:19:01

ANo.2

体の栄養が足りない状態が、続いて、弊害が出ているだけのようです。
全身の具合が悪くなるのは常識です。
体の組織が壊れたら、食べ物から栄養を取って、細胞を作り、組織の再構築をしているのに、
それらの栄養も、体を動かすための栄養も、足りていない状態です。

体の細胞を動かすための栄養が足りないから、エネルギーを使わないから、体が動かない、体が動かないから、熱エネルギーが出ないから、体が冷える。

このまま、ダイエットを続ければ、組織は回復しないで、もっとひどい状態になるでしょう。
悪い状態になってから、栄養を取っても、体の組織が壊れています。
障害が出たまま治らないっ可能性があるでしょう。

投稿日時 - 2018-11-25 03:36:37

橋本病の感じがします。震え、浮腫など典型的症状です。ピルも怪しい。過度のダイエットで体機能が低下している。橋本病なら首ネックレスゾーンを切り手術をします。己の私生活を見直した方が良いでしょう。

投稿日時 - 2018-11-25 02:15:11

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-