こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

平取町か白老町、どちらがいいですか?

どちらの町にもアイヌ文化が残っているようですね。
規模はどちらが大きいのでしょう? アイヌ文化を研究する目的ではなく、観光客として異文化を見た目で楽しみたいという、ごくごく浅い動機なんですが、どちらがいいでしょうね?
どちらもそれぞれ独自の特色があるというなら、両方みなければなりませんが、余り変わらないというのであれば、どちらか1つにしたいのです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-04-07 08:33:38

QNo.9485919

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

何だか、観光目的なのに辛辣な回答が多いですね。
白老にあったコタンを現在地に移しなのが、白老町のアイヌの博物館と再現集落ですね。50年程昔からある人気の観光施設でしょう。
平取町のアイヌ博物館は平成3年に出来た比較的に新しい施設です。
アイヌの再現集落を見て、長老の話を聞いて、アイヌの血筋の女性の踊りを見て、博物館を見て、景色の良い所で食事をするなら、白老も平取も殆ど変わりません。交通の便の良い方に行けば良いのです。

投稿日時 - 2018-04-11 20:24:09

お礼

回答ありがとうございます。
昔のアイヌ人の容貌を見ると、我々和人とは全く違います。”アイヌの血筋の女性”の容貌を見て、どのくらい和人と混血しているのかなどを考えてみたいと思います。

投稿日時 - 2018-04-20 17:42:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

今も存続されているか分かりませんが、旭川でアイヌの民俗資料館
を見学した記憶があります。規模は小さいですが見応えはありまし
た。その後で北海道のヘソを見に行きました。

投稿日時 - 2018-04-11 21:15:06

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-04-20 17:37:03

ANo.3

規模とは何を指しているのですかね・・・?
町の規模なら、白老は17000人ぐらい、平取は5000人ぐらい
だそうです。
何か勘違いがあるようですが、アイヌのコタンなどありません。
21世紀現在の北海道の普通の町です・・・
史跡や博物館があるというだけですがね。
だって、アイヌの衣装を着て、アイヌ風の家に住んで、狩猟生活をしている人が現代の日本にいると思いますか?
アイヌの家系、アイヌの血筋の人は確かにいます。
白老や平取に多いという事実もあるのかもしれません。
家族内ではいろいろと言い伝えなどもあるでしょうし、一部では差別やいじめを受け続けてきた人もいることは確かです。
でも、それだけです。
普通の暮らしをしつつ、アイヌの伝承文化を保存活動などしている人もいるというだけですが・・・
だって、21世紀の日本ですよ。

博物館や資料館はありますので、そこへ行けば見られるわけですが、そういったものをご希望というわけではないのですよね
観光用のコタン、観光用のアイヌ舞踊などをみたいのでしたら阿寒湖温泉です。
一応、それなりの形はしています。大分さびついてはいますが・・・

投稿日時 - 2018-04-08 19:21:50

お礼

回答ありがとうございます。
平取の方が白老より小さい町ですね。

>だって、21世紀の日本ですよ。
アーミッシュという人たちのことはご存知ですか?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

21世紀のアメリカとカナダで今でも移民当時の生活様式を頑なに維持している人たちです。電気も車も使わず自給自足の生活をしていて、観光客が大勢見に来るそうですが、周囲の文明とは同化しません。

カナダでは多くの原住民が征服される前の生活信条を頑なに守っています。21世紀の現在です。

私は物事をグローバルに考えるので、もうちょっとアイヌ人も自分たちの生活や信条を頑なに守っているのかなと思っていたのです。日本の先住民であるアイヌ人はそれをほぼ捨て去ってしまっているということですね。

投稿日時 - 2018-04-20 18:04:15

ANo.2

何を求められているのでしょうか?
外国人が日本をイメージして「忍者」とか「侍が刀を差して歩いている」とか、「町中にゲイシャガールがいっぱい」とかいうのであれば、全くないですよ。
外見上は普通の北海道の町です。
あたりまえじゃないですか・・・・

歴史的にアイヌにとって特別な町だったので、アイヌの人たちも多かったのでしょう。そのため、史跡が残っていたり、資料館や博物館が立地しているということです。
アイヌの人たちだって、もう何世代もたっているわけで、見た目は和人と違いませんよ。そんなものです。
当然、日本人ですし、北海道民として普通に暮らしているわけです(大部分は)

工芸品や文化・歴史に興味がなければ、博物館へ行っても退屈かもしれませんね。
史跡を訪ねても、昔、ここがアイヌの聖地ですとかかれている風景をみてもがっかりかもしれません

観光的なショーや、ステレオタイプな木彫りの熊でもご覧になりたいのでしたら、むしろ阿寒湖へでもいかれた方が面白いかもしれませんね
中国人観光客などは結構喜んでいるようですし・・・

投稿日時 - 2018-04-07 16:41:48

補足

回答ありがとうございます。
規模としては同じくらいなんですか?
タイや台湾など雪に無縁な土地の人は、北海道民にとっては珍しくも何ともない雪を体験して非常に喜びますよね。
四方海に囲まれて山のない沖縄の人は、日本アルプスなどを見て非常に感動しますよね。
日本の街並みや、日本人の顔、日本の文化を見慣れた外人が、本州にはなかったものをアイヌのコタンに見つけられれば、大いに感動すると思います。アイヌ文化を研究している人でなくても、感動すると思います。
しかし、そういうものが、平取にも白老にもないというのであれば、行く価値はありませんね。

投稿日時 - 2018-04-08 07:29:36

ANo.1

 白老のアイヌ文化博物館は四月二日に閉館されました。
 http://shiraoi.net/%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%8c%e6%b0%91%e6%97%8f%e5%8d%9a%e7%89%a9%e9%a4%a8%e3%81%8c%e9%96%89%e9%a4%a8%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/

 平取は下記などをご覧ください。
 http://www.town.biratori.hokkaido.jp/tourism/

投稿日時 - 2018-04-07 09:03:17

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-04-20 17:43:39

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-