こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

精神状態について

先日、かかりつけの医師から「抑うつ傾向にある」と診断されました。
自分は19歳の大学生で、かれこれ2ヶ月以上前から病気や死に対する不安が続いています。
頭痛がすると脳卒中かもしれない、胸が痛くなると心疾患かもしれない、癌かもしれない、あるいは内臓機能が低下しているのかもしれない、足が痛むとALSやその他の神経変性疾患のような難病かもしれないとばかり考え、近いうちに死んでしまったらどうしよう、でもこれらの病気になるくらいならいっそ死んだ方がマシなのかもしれないという考えが頭の中にあります。
病気や死の事をあれこれ考えすぎてストレスが溜まっているのでは?と薄々自覚はしていますが、頭痛や肩こり、首の痛み、胃痛、喉の異物感・痛み、鼻水、目の疲れ、腹痛、腰痛、手足のしびれ、痛み、ふくらはぎの違和感など症状がたくさんあるのでストレス由来のものとは考えられず、肉体的に異常があるとしか思えません。
内科や神経内科、泌尿器科や脳神経外科、胃腸科や消化器科など様々な病院にかかり、様々な検査(血液、血圧、心電図、血中酸素、右半身の神経伝導速度検査、尿、脳CT、胃腸の検査など)をしましたが、胃が少し荒れていた(胃酸過多)以外は特に問題ないとの診断を受けましたが、いくら問題ないと言われても一安心することなど到底できず、見落としているだけかもしれない、また症状が現れたらどうしようとばかり考えてしまいます。
今年から大学に入り、実家を離れて1人暮らしをしていますが、学校やバイト先でも馴染むことができない上に頼りにできる人が全くおらず、常に孤独感を感じており、完全に周囲から孤立してしまっています。自分の人生に目的も自分の意思もなく、何のために生きているのかすらもわからなくなっています。
ここで投げ出したら家族にも合わす顔がないと思いますし、このような状態になってしまった自分が物凄く情けないですし腹が立ちます。しかし、それ以上に何をするのも辛く、気持ちをポジティブな方向に持っていくことができません。
自分の精神状態は今どうなっているんでしょうか…

投稿日時 - 2017-11-07 17:22:53

QNo.9394763

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんばんわ。54歳の男性です。
双極性障害で通院している最中でかれこれ30年位たちます。

色々な先生に診てもらい、人には言えない鬱友達?も数人います。

文章を拝見した限りではまだうつ病までは至ってい無いようですが、このままだと鬱の診断もでるかもしれませんね。

とはいっても、大抵の鬱の方は時と共に鬱を感じない位になっているので、「心の風邪」位に思っていてよろしいかと思います。

あなたの言っている身体の症状は「ストレス」のせいです。
ストレス=自律神経の乱れと考えて頂いても良いでしょう。

時間が許すなら、どこか海や高原、温泉などで心身を休ませてあげてください。今の時点では心同様、身も悲鳴を上げ始めています。

リラックスしましょう。

後は、アルバイト位休みましょう。理由を言えなくて困るなら止めても良いじゃないですか。
学校も然り。休学でも良いし、多少単位が足りなくて留年でも良いじゃないですか。
あなたの人生のほんの一握りの時間ですよ。今を過ぎれば「あの時ああだったんだなぁ」って思い出ですよ。

人と同じスピードで生きる必要はありません。あなたのペースで行きましょう。

私は「押し付けられたら逃げてやれ」っていつも思うようにしています。
私の年になると簡単に逃げることは出来ませんが、それでも逃げます。
私の人生ですから。

孤独感は正直みんな持っています。人生で親友って呼べる人が1人出来たら上出来です。
皆、そんなもんですよ。

54のおじさんで良ければいつでも話を聞きます。
今は都内で一人で小さな食堂を細々やってますが、昔は大学生のアルバイトさんを10人近く雇っていましたので、他のおじさんよりは話しやすいかもしれません。

話が合わなければ逃げてください。追っかけませんから(笑)
che sera sera (なるようになるさ)です。

くれぐれも一人で悩まないようにしてください。

もし、精神科でも受診して、大量の薬を処方されるようであればその処方箋を持って違う精神科にいって聞いてもいいですね。「これ飲んで大丈夫?」って。

今は、良い薬がでてるので、軽いものから1日中睡魔に襲われるような強いのもあります。大量に処方する先生は「その中のどれかが効けば」程度の可能性もあるので、その先生からも逃げちゃえばいいんです。

小さな事は気にせず、Going my wayでね。

投稿日時 - 2017-11-09 01:05:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.4

しばらく、大学を休んで、ご両親の元へ帰ってゆっくり、過ごす。

投稿日時 - 2017-11-07 18:06:09

ANo.3

似たような内容の質問文を読んだような気がしますがあなただったのかな?
もしそうなら何も解決せずにまだ悩みの中に居るんですね。
私は医師では無いので鬱病なのか見落とされた病気があるのかなんてわかりませんが、生き物はみんなどこかしらに不調はあります。
頭は痛いし腰は痛いし胃はキリキリするし、心のストレスも沢山です。
みんながみんなそれを気にし出したらほぼ全員が心を病んでしまうくらい普通なことだと思うんですね。
あなたが飛び切り神経質な性格なのは質問文からも見て取れます。
で、それよりも問題なのは

人と馴染めない

そこでは無いですか?
そのあたりの孤独感が体の不調や様々な不安を抱かせる原因な気がします。

> 今年から大学に入り、実家を離れて1人暮らしをしていますが、学校やバイト先でも馴染むことができない上に頼りにできる人が全くおらず、常に孤独感を感じており、完全に周囲から孤立してしまっています。自分の人生に目的も自分の意思もなく、何のために生きているのかすらもわからなくなっています。
ここで投げ出したら家族にも合わす顔がないと思いますし、このような状態になってしまった自分が物凄く情けないですし腹が立ちます。

これは大学に進学してからのことなんでしょうか。
中学高校あたりはどうでした?
たまには実家に戻ったり地元の友達と会ったりしています?
週末などバイトを入れずに月一で帰ったりしてみるのはどうでしょうか。
親に相談しても…
と自分で決めつけずに父親に相談してみたらどうでしょう。

投稿日時 - 2017-11-07 18:06:03

お礼

回答ありがとうございます。
中学・高校までは親しい友人がたくさんおり、孤独感を感じることはありませんでした。殆どが大学に進学してからです。
今年のGWに実家に帰って以降は帰る機会すらなく、友達と連絡をとることすらしていません。
両親には何度も相談をしていますが、不安がなくなるどころか更に増しています。いっそのこと大学を辞めて田舎に帰りたいとも考えています。

投稿日時 - 2017-11-08 13:44:40

ANo.2

eikaisan5720 さん、こんばんは。

あなた、心配しすぎです。そんな小さい心だから、体がそんな風になってしまうんですよ。そのまんまだとまともな人間関係も築けなくなってしまいますよ。
お医者さんがただの胃酸過多ということは食べすぎだと言っているみたいですから、あなたくらいの年齢の人には多いはずです。

投稿日時 - 2017-11-07 17:59:16

お礼

回答ありがとうございます。
確かに今の自分は側から見れば心配しすぎかもしれません。しかし、上記の症状の他に、踵が絶えずジンジンしていたり喉が詰まっているような感じであったり手足に脱力感や強張り(主に左)があったり、以前に比べて疲れやすくなったり、何をしていても虚しくなったりと、最早病気じゃなかったら一体何なんだと思いたくなるような症状ばかりです。

投稿日時 - 2017-11-12 14:46:06

ANo.1

なぜ先生の言うことを信用しないのですか?

ここでの回答が先生の答えより信憑性ありますかね?
何をどのように言われると貴方は納得するでしょうか?

渡しも鬱病になったことがありますが、
貴方が書いた症状全部なってます。
だから鬱病だと他の質問にも書かせていただいています。

鬱病です。
喉のつかえは今もあります。
鬱病になったのは十年以上前です。

たぶん鬱病は一度発病すると、何らかのストッパーが飛んで
ストレスを我慢できる入れ物が他の人よりもずいぶん小さくなった気がします。

そういうものです。
これに付き合って、年取って死んでいくということです。

不治の病という意味では間違ってなくて重たい病気かもしれませんが。
死ぬことはない。

投稿日時 - 2017-11-07 17:40:04

お礼

回答ありがとうございます。
今の自分は何をどのように言われても安心したり納得したりすることができません。それほどまでに肉体的にも精神的にも限界が来ています。
大学に行っていても明確な目標もなく、行くこと自体もだんだん苦痛になってきています。バイトでも同じことで、今投げ出せたならどれだけ楽か…とも考えてしまいます。
少し前までは「病気が怖い、死にたくない」という考えが圧倒的でしたが、今では「むしろ死んだ方がマシかもしれない」という思いが強くなっています。

投稿日時 - 2017-11-08 13:40:43

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-