こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本には屋台が少ないのは何故

日本には常設の屋台が少ないのは何故なのでしょうか?

投稿日時 - 2017-09-21 02:56:57

QNo.9376921

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

20年くらい前までは、東京でも屋台のラーメン屋さんとかたまにあったんですよ。警察に届出をすれば営業許可がもらえたのです。
でも今、事実上営業許可は出なくなっています。無許可で営業をすれば当然取り締まりの対象となります。今はそういう取り締まりがあちこちでものすごく厳しい時代なのです。路上パフォーマンスなんかも厳しいです。一応最近は届出をして許可がおりればパフォーマンスが認められるというところもあります。ところがそういうのはお役所ですから、実績のある人じゃないとダメだとか業界で知られている人じゃないとダメだとかなるわけです。そうなると若い人や実績がない人はチャンスがもらえませんよね。

東京では、路上のお弁当屋さんを保健所がチェックしたら全てのお弁当が大腸菌などの基準値をオーバーしていたというのが判明したことがありました。それを受けて路上のお弁当屋さんが一斉に姿を消されたことがあったんですよ。あれは何年前だったかな。オフィスで働く人たちもすごく困ったんですよ。お弁当屋さんが全部なくなっちゃったから。でも衛生状態が悪いお弁当を売るのを黙認していいのかって問題もありますしね。

博多には屋台街があります。実はこれ、全ての店が「違法操業」なんです。だから福岡県警は取り締まりつまり一掃を検討したことがあります。
しかし博多の屋台街というのは既に全国区になっており、それを目当てにやってくる観光客が今や全国どころか海外からも多くいるんですね。博多有数の「観光資源」を取り締まることにもちろん地元の商店街や観光関係者は猛反対しまして、さすがの警察も断念して現在は事実上の黙認状態となっています。
今は所定の手続きを踏めば、あの一帯を屋台街の商業地として認めるようにできないかという動きもあるそうですね。

つい先日もスーパーのお総菜コーナーでO157による食中毒が発生し、お子さんが亡くなってしまうという事故が起きました。こういったことを考えると「賑わっているからいいじゃないか」というわけにもいかず、しかし路上の屋台が衛生状態がいいなんてのはどだい無理な話でして、そこは難しいところですよね。
ですから最近は夏祭りでも食べ物の屋台が出せなくなっているケースが増えてきているそうですよ。特に夏祭りの食べ物は子供も口にすることが多いですからね。
そうそう、ここまで書いて今気が付きましたが、衛生問題だけではなくて火を使うと火事の問題もありますよね。そういや、大きなお祭りで屋台が火事になって死傷者が出たことも最近ありましたよね。

投稿日時 - 2017-09-21 14:14:30

お礼

衛生や火の問題があるんですね。

投稿日時 - 2017-09-22 00:14:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(9)

ANo.8

許可を取るための条件が厳しいからです。

食品を扱うのに、十分な水を確保できない場所では、衛生状態を確保できません。
そうなると、多くの水を持って歩かなければなりません。

また、営業する場所として、その場所の使用許可を取らなければなりません。
道路は、個人の営業のために勝手に使用することが禁じられている場所ですので、許可が得られる道路は少なく、あまりありません。

よく考えてみてください。
屋台だと、いつもそこにいるわけではありません。

もし、衛生面などに問題が発生し、食中毒などが発生した場合、その店を特定しなければなりません。
ですが、屋台で勝手に営業ができれば、とこかに行かれたらわからなくなってしまいます。

中国などのように、勝手に店を出していたら、それこそ食中毒を出した店が、転々と移動して入れば、周り中で食中毒が起こる可能性もあり、それを止める手段もなくなるわけです。
あなたが食中毒にあった場合、そっちの方が良いと思われますか?

投稿日時 - 2017-09-21 11:30:07

お礼

食中毒の危険性があるんですね。

投稿日時 - 2017-09-22 00:16:21

ANo.7

50代妻子持ちの♂です。

今は、条例や道路交通法等が厳しくなった影響で、許可申請しても中々許可が降りないのが実態です。
更に許可申請の取得は、都会に行けば行く程、厳しくなっているらしいです。
独身時代には、私も友人と飲み屋に行った帰りに、よく屋台のラーメンを食べて、帰宅するパターンを繰り返していましたが、今は規制が厳しくなった為か、その屋台自体を見ることが無くなりました。
噂では、地元に店を構えたが、店主が体調不良で入院したとのウワサも出ていましたが、真相は不明です。

投稿日時 - 2017-09-21 09:47:28

お礼

許可が出にくいんですね。

投稿日時 - 2017-09-22 00:17:18

食品衛生法が厳しいからでしょう。
これは先進国の衛生管理として仕方ないと思います。
後は出店場所がないってのもあるでしょう。
一部の例外を除いて公道上での営業は許可されてないので、わざわざ場所借りて営業するとなると屋台レベルでは元が取れないってのもあるでしょう。

投稿日時 - 2017-09-21 06:43:24

お礼

衛生面から許可が出にくいんですね。

投稿日時 - 2017-09-22 00:18:13

1964年東京オリンピクが原因。

食品衛生法(昭和23年1月)消防法(昭和23年8月)道路法(昭和27年12月)
道路交通法(昭和35年12月)などによって規制が行われていたが。
1964年東京オリンピクを機に非衛生的な「屋台」の一斉排除が行われた。
たかがオリンピクで日本の伝統をなくすなんて。

屋台=食品衛生法に基づく保険所の営業許可や道路交通法に基づき警察署の
道路使用許可が要る。

博多は。「福岡市屋台基本条例施行規則」で営業。

投稿日時 - 2017-09-21 06:22:36

お礼

東京オリンピック以降、下火なんですね。

投稿日時 - 2017-09-22 00:19:14

ANo.4

規制や許可、問題が多いみたいですね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%8B%E5%8F%B0#.E8.A1.8C.E6.94.BF.E3.81.AB.E3.82.88.E3.82.8B.E8.A6.8F.E5.88.B6
昔は暴力団の収入源になっていたケースもあるみたいですからね。

最近は幼稚園のこどもの声も問題視されるんですから、酔っぱらいの声なんて以ての外でしょ。

やるとしたらラーメン博物館みたいに専用の施設内に屋台村みたいなものを再現するしかないんじゃないかな?

世知辛い世の中だとは思いますけど・・・

投稿日時 - 2017-09-21 05:35:49

お礼

フードコートなんかはありますね。

投稿日時 - 2017-09-22 00:20:22

ANo.3

条例によって禁じられていたり、許可を取る必要があったりする。(自治体によって違う)
道路交通法によってその道自体に店を出すことが禁じられていたり、売ることができる商品が限られていたり、細かく許可を取らなきゃいけなかったりする場合も多い。
私は飲食店勤務なんだけど、地元である祭りに参加を打診されたので出店しようと調べたらすごい細かく許可が必要で断念したことがある。
一時的なお祭りでさえ保健所とかの許可が必要なので、屋台となるとかなり面倒なことが予想される。
もっと気楽に参加できたら、飲食業側もありがたいんですけどね。

投稿日時 - 2017-09-21 04:12:13

お礼

面倒なんですね。

投稿日時 - 2017-09-22 00:21:22

ANo.2

公共の場にて常設営業をするのはすべての手続きを行い、料金を支払うなどの正当な環境を整えていない場合は違法となります。
自身の土地や借地での常設となれば屋台という名前を付けることは出来ても結局は店舗同様となりますね。
屋台にて営業を行うにあたり許可を取る必要があり、それには場所や時間なども決められたものとなります。
道路にて営業するにはきちんとした手続きを経ていないと道路交通法違反となります。

投稿日時 - 2017-09-21 03:59:31

お礼

許可が降りにくいというのがあるんですね。

投稿日時 - 2017-09-21 04:06:04

ANo.1

なんでもかんでも認めていたら屋台が溢れてしまうやんか。
景観や騒音問題もあるからあくまでも区域を設定して居るんやと思うわ。
許可する件数も決められてるんやろね

投稿日時 - 2017-09-21 03:27:42

お礼

許可がなかなか降りないということでしょうか?需要と供給の関係はご存知ですよね。均衡点で落ち着くのでは。

投稿日時 - 2017-09-21 03:59:12

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-