こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

4歳、早期教育塾辞めようか悩んでいます

3歳から、早期教育塾に通っています。小学校受験は考えていませんが、地域的に教育熱心な地域でほとんどが中学受験するような地域に住んでいます。
現在やっていることは、小1の算数(1~10までの足し算・割り算)ですが子供に拒否反応がでて毎回喧嘩で疲れました。以前は1~5までの計算はできましたが今では見ただけで拒否!で答えもデタラメに答えるためお手上げです。
しまじろうなど年齢相応のワークですとやりますが、塾の宿題は拒否です。
主人に、事情を話し辞めようと言っていますが「途中で投げ出しては全て中途半端な人間になってしまう」「嫌なことは逃げて良いと学習してしまう」と根性論を熱く語り辞めさせる気はないようです。

周りの子は、3桁の計算ができたり幼稚園で2桁の計算をやってたりで、優秀な子が多くこういった子が公立校に入ってくるので焦ります。

早熟な子だったら、早期教育も有りかなと思いますがうちみたいな子(不器用・幼い感じ)だと早期教育よりも伸び伸び育てたほうが良いかなと思っています。
早期教育、実際はどうなのでしょうか?

投稿日時 - 2017-05-27 11:52:42

QNo.9333966

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

のびのび育つ子というのは、教育をしててものびのびと育ちます。
ですが、その両方ともダメになる子というのは、無理矢理勉強を押し込まれた子です。
お宅のお子様はどちらでしょうか?
あなたの感覚は教育論からすると、間違っていません。
3歳の子供の発育は、人間形成を中心にした方が良いと思います。
だって、楽しいことはやるけど、楽しくないことはやらないとお子様が意思表示してますよね?
勉強だって、楽しいからするんですよ!
子供の精神成長を妨げる原因にならないように、お子さん本人の意思をキチンと確認してください。
親が決めている様で、親が決められない事なんです、本当は。
親は、子供が生まれた瞬間から、子供へのサポートしか出来ないんですよ。
これは、途中で投げ出す事になりませんから、本人に父親の考えを話して、それでもやる気が無いとしたら、本人の意思に任せる事の方が大切かと思います。
それが、教育です。

投稿日時 - 2017-05-30 18:09:41

ANo.5

こんにちは。

発達障がいからではなく、才能全般に詳しい者として回答させていただきます。

[早熟・晩成]
多くの早熟、晩成を見てきております。小学校のときオール5で、Fランの大学しか合格できなかったという事例もありますし、全く目立たなかった子が東大に合格するようになっていたり。中年から才能を発揮し始めたり。
子供の個性に合わせた教育がとにかく重要です。


[根性論について]
根性論は、指導者が正しい指導をしている場合に成り立つものです。もちろん指導者が正しい指導をしていても、お子さまの特性によって合わない場合もあります。
幼児教育で間違った指導をしている場合も多々あるわけですから、間違った指導に根性論を持ち込むこと自体が根本的な間違いとなります。幼児教育領域には多くの不適切な教育者も存在しています。

[間違った指導]
フラッシュカード等で大量の情報を脳に与え、無理に知能を上げていく方法など
間違った指導があります。こういった方法は元々ネズミで刺激を大量に与えたら脳血流が増えて脳が発達した、といった研究結果に基づくものなのです。脳の特定の領域に刺激を与えることで、使っていない他の領域のシナプスの刈込が行われることもあります。私の経験では、フラッシュカードで育ったお子さまは、情緒的に不安定な感じを受けています。

[実績表示]
進学先幼稚園や小学校に虚偽や水増しがある可能性もあります。塾で、1つの教室の合格者を他の複数の教室の合格者にもしていた、といったことで訴訟問題になったこともあります。幼児教室とて、必ずしも誠実な運営がなされているとは限りません。誠実な運営がなされていなければ、子どもの教育効果も期待できません。

[お勧めできること]
日常生活の中の活動をできるだけ子どもに手伝わせて、運動の発達を促すことです。ここで運動とは体育会系の意味での運動ではなく、神経回路を発達させる意味での運動です。指先の微細な運動、粗大な運動全てを含みます。不器用を気にされているのであれば、なおさらお勧めできます。

もちろん幼児教育の中にもお勧めできるものもありますので、本回答の中で否定的に扱っているのではありませんが、ご相談の文面を拝見した限りでは、伸び伸び育てられた方がよろしいかとおもいます。

投稿日時 - 2017-05-29 10:26:47

ANo.4

3児(男・女・女)持ち+教育職の人間です(週1で臨床もやってます。専門は消化器です)
学部生時代は塾講師のバイトもしていましたので、その点からお答えします。

>「途中で投げ出しては全て中途半端な人間になってしまう」「嫌なことは逃げて良いと学習してしまう」<
とのことですが、一義的には正しいです。しかし、以下の点が問題です
1. 幼少期において本人が不快感を感じる教育は、将来の学習意欲を損ない、成果が上がらない(EU・米国において論文が報告されています)
2. 勉強=嫌のこと は当たり前ではない。
3. 具体的な解決策を述べておらず、根性論に終始している
 端的に申し上げると、仕事の問題に対してその対応をするか?というのが男性にとってはわかりやすい指摘になると思います。問題の根本的な解決を図らずに漫然と現状を続けたところで学習効果は出ません。
 もし、ご主人が根性論しか述べないならお話にならないので放置で良いと思います。お子さんの教育には邪魔です

>早熟な子だったら、早期教育も有りかなと思いますがうちみたいな子(不器用・幼い感じ)だと早期教育よりも伸び伸び育てたほうが良いかなと思っています。<
 これは違います。貴方のお子さんが不器用なのではなく、教える大人側が不器用なのです。
 拙宅の3人は幼少期から以下を徹底しています。
・家事の折々を見て、算数の初歩を身につけさせる
例)家族で掃除を行うとき、雑巾をひとりあたり2枚になるように持って来てもらう。
みかんなどを全員に同じ数が当たるように分ける。
お菓子を一人4つずつ当たるようにお皿に盛る 等
・ある程度の計算を外で行わせる
例)パン屋等で欲しいパンに必要な金額をお財布の中から取り出してもらう。
その数を順次増やして行き、最終的には会計をさせる(周囲にお客さんがいるときは迷惑のため禁忌)
・立体視、理論的構築能力の上昇を目指してブロックで自由に遊ばせる
・想像力を養うため興味を持ったものについてはできる限り実地教育を行う
例)長男:重機、飛行機⇒展覧に連れて行く。職場の工学部が一般公開の時に見学
長女:家庭菜園⇒職場の薬草園見学
次女:服飾⇒夫婦ともに苦手なため、私の母と2歳半から週1で継続
3人共通:料理⇒義母が調理師のため泊まり込みで手伝い(正月、盆、クリスマスなど)

 恐らく3人とも私と同じ道を歩んではくれないと思いますが、医療にも興味は持ってくれています。中学からは塾に行かせるつもりですが、現在のところ全く必要ないと感じるため特段の教育は施していません。
 塾に行かせるより、時間とお金を有意義に使うべきではないかと私は考えます。
 あるいは、継続するなら勉強を嫌いならないよう強制的かつ面白みに欠ける方法は慎むべきです

投稿日時 - 2017-05-27 17:27:04

ANo.3

極端な意見が集まりがちなお話かもしれませんね。
なんせ3~4歳で挫折した人のデータが少ないので、どっちが正解と言い切れない。
基本的には忘れる年齢なのでやめても大丈夫だとは思いますが、勉強なんて本人が「やりたい」と言うのを待っていたら解決するわけないんです。まぁ、言い出すのは30過ぎてからでしょうね(笑)
勉強をやりたがらないのでしたら、親御さんが勉強する姿を見せましょう。
その位の年齢なら親が上辺で「すごいすごい」と言ってるのを見抜けると思います。
一方親がやっていることをうらやましがる年代なので、何をやってるのか聞かれてもあんまり相手にせず、読んだり書いたりを楽しくされては如何でしょうか。
小学校に入らなければ流石に勉強の意義までは教えられませんし、今の年齢を逃すと二度と戻りません。
早期教育にも賛否両論ありますが脳が天才なのは今だけですよ。
言語を全く知らない子に10歳程度から教えてもろくに覚えられませんから。
子育てしながらだとなかなか時間を取れないかもしれませんが、ご両親でちょっと頑張ってみるのもいいと思います。

投稿日時 - 2017-05-27 15:38:37

ANo.2

小学校で学ぶことを、3歳から出来て何の意味があるのかわからないですね。
脳の正常な発達のためには、3歳には3歳のやることがあるように思いますけどね。

それよりも旦那さんは脳科学者かなんかですか? つまり人間の脳の発達の専門家かどうかってことです。
何せ親というのはお子さんの一生に関わる影響力を持った立場ですから、素人なのに余計なことをしてお子さんをダメにしないように気をつけないといけません。

旦那さんの言い分だけ聞くと、アスペっぽいというか、バカっぽいというか、人としてのまともさに欠けていると思いました。その年で嫌なことを拒否したからといって、全てにおいて中途半端な人間になどなりません。呆れます。

それに比べてお子さんのまともさですよ。本来拒否して当たり前のことをやらせているわけですから、拒否するということはまともということです。
早期教育に馴染む子というのはいるでしょうけど、それは自発性に欠けるとか妙に大人しいとか、たまたま必要条件が揃っているのでしょう。

東大にはアスペ(自閉症スペクトラム)が多いというのは、東大もその学生も認めるところですが、学力の高さというのは、生まれ持った性質(学力だけではない)にかかっているところが大きいわけで、しかも誰でも無理やり勉強させりゃいいってものではないです。あくまでも子供の性質にあった勉強の時期ややり方がある。そこを見極められないなら無難な教育に留めておいた方が、少なくとも子供をダメにすることはないと思います。

お子さんに勉強を強要する前に、お父さんがまず人間の脳の発達の勉強をすべきですね。
質問者さんの方が勉強して詳しくなって旦那さんを言い負かすくらいになられると、お子さんは助かるのではないでしょうか。

私は周囲に発達障害者が多くて詳しいので、学力よりもお子さんの不器用と幼いという点の方が気にかかります。これはお子さんが発達障害ということではなくて、人間の個体差の幅は広いので、出来るだけバランスよく発達した方が本人が生きやすいと思う上で気にかかるだけです。

私の周囲の発達障害男は、大抵頭がいい(学力が高い)けど人としてダメですから本人も社会で生き辛いし妻も大迷惑なのですが、一番の災難は親の性質を強く受け継いでしまった子供です。

なので、全てのお母さん(お父さんもですが、私は子供のために勉強するお父さんを見たことないです)や教育者が発達障害のことを知っておくと、お母さんも子育てがラクですし、子供も性質に応じた適切な対応をされて幸せに育ちますし、結果まともな大人が増えていい社会になるだろうなと思います。

花風社から「人間脳を育てる 動きの発達&原始反射の成長」という本が出ています。お子さんが順調に育っているかどうかこれで確認して、不器用さを解消してあげることの方が、お子さんの学力を含めた脳のためにはいいと思いますよ。

投稿日時 - 2017-05-27 14:41:00

ANo.1

目先の成績など気にせず、今は勉強嫌いにさせないことの方が大切だと思います。少し頑張ればできる範囲のことを親子で一緒にやって、できたときの快感を覚えされて勉強することが好きだという子供に育てた方が良いと思います。
我が家では小学校入学時は読み書きもできず、明らかにクラスでビリだと思いましたが、学校で勉強に遅れてみじめな思いをさせないことだけを考えて、親子で宿題など気配りしていました。大学受験時に学力がピークになればよいとの考えで、学校の成績は気にせずに子育てしました。幸い、目論見があたり、運も味方して有名大学と良い就職を得ることが出来ました。
会社に入ってからも勉強しながら実力をつけていくわけですから、今は、勉強嫌いにならないように、少しづつステップアップして、長期に躓かずに実力を付ける方が良い結果が出ると思います。
早い段階で、皆より勉強ができると自覚してしまうと、その自惚れから勉強を怠けてしまう子供も多くいますので、ゆっくりと油断なく育てた方が良いと思います。

投稿日時 - 2017-05-27 12:13:36

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-