こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

部活を辞めたい。

部活動を辞めたいと考えている大学三年生男です。 中学生から陸上競技を初め、中学生から高校はスポーツ推薦で大学の係属校の高校に進学したのち、そのままエスカレーターで大学の部活動に所属しています。

自分が所属している大学の部活動は箱根駅伝に出場する学校であり、練習が週に6回で現在は大学にある競技場近くの部活寮に住んでいます。

なぜ、部活動を辞めたいかというと、競技力不足により他の選手に比べて競技成績が悪く、自分自身の大学三年間の競技成績を振り返ると、競技スポーツは厳しいと感じたからです。


監督に辞めたい理由を伝えた所、今まで三年間部活動で活動してきた上で、練習場所の陸上競技場や普段の生活拠点である寮での生活で多大なる支援を受けてきたのにそれらに対する感謝の事を考えると続けるべきだと言われました。

純粋に陸上競技が好きで強くなりたいと感じていた入部当初に比べて、陸上競技に対する熱は冷めました。

競技成績が出せず正直、中途半端な気持ちで競技を続けてもチームに悪影響が出ると思っています。

どうすれば部活動を辞めることが出来るでしょうか?

支援に対してはどのようにすれば監督は納得いくでしょうか?

投稿日時 - 2016-10-03 15:21:19

QNo.9237643

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

atsushi_jump さん、こんばんは。

部活動を辞めたいと考えている大学三年生男です。 中学生から陸上競技を初め、中学生から高校はスポーツ推薦で大学の係属校の高校に進学したのち、そのままエスカレーターで大学の部活動に所属しています。
監督に辞めたい理由を伝えた所、今まで三年間部活動で活動してきた上で、練習場所の陸上競技場や普段の生活拠点である寮での生活で多大なる支援を受けてきたのにそれらに対する感謝の事を考えると続けるべきだと言われました。
あなたもう選手枠になって相当キャリアを積んでいますね。監督はそれを期待しているんでしょうね。 
今のところメリットとしては4年間部活をやってきたという実績ですかね。就活の時、面接でアピールできるでしょう。
そろそろ3年生って部活実働あと1年ですよね。でも、駅伝なんか見てるとあなたみたいな人が選手になって出てくる可能性だって多いでしょうに…

投稿日時 - 2016-10-09 14:44:29

ANo.3

指導者の立場や親の立場からのコメントであなたの希望を尊重する意見ではありませんが、判断する材料の一つにしてください。

まず、やめるのはいつでもできます。
今やめなければ行けない理由が書いていませんが、それを全面に出さないことからも、今やめる理由はそこまで時間に制限のあることではないのでしょう。あるとすれば就職活動や資格試験の勉強が始められるとかでしょうか?

一方途中でやめることのデメリットは,表にはあまりでてきませんが正直大変大きいと思います。

まず、このようなクラブでの競技成績などは、インカレに出場できようが,その部活で大学からはじめたような人とあまりかわらないであろうが,結局全国トップクラス。たとえば箱根駅伝のでれるレベルでも、区間賞を出せるレベルでなければ、その先スポーツで生きていく可能性はほとんどないでしょう?

つまり成績などは多少は自慢にはなるかもしれませんが大して問題ではないのです。一方、その部活を4年間最後までやり通したことは企業などでも評価されますし(そうゆう枠がありますよね)、就職の際に監督、教員からの評価を受けやすく推薦がもらいやすくなります。コネ入社でなくとも、それらの推薦がもらえることは、有名大学の監督からであれば力を発揮します。キャプテンやマネージャー(渉外)などがすぐに就職が決まるのはその所為ですよね。
また寮生活が存続できなくなると考えれば、仕送りなど親の負担はきわめて大きくなり、これまで支えてきた気持ちも一気に絶たれ親としてはかなりの絶望感を持つのも,あなたには言わないけど事実です。好きにして良いよ,お前の人生だと言ってくれると思いますが,あなたが親になってその立場で大学まで送り出せば理解できると思います。

言い方がわるいですが、あなたは今の大学(高校)に今の競技という特技を下駄にして入ってきました。同じ学力、人間性の人が普通では得られない学歴を陸上を加味することで得ていると考えるのが一般的です。
あなたが努力しても勉強では入れなかったという意味ではありません。スポーツ推薦での入学というのはその目で見てくださいという意思表明をしてここまで来たことなので。それが中学生の時点だったのですこしばかり時間がたってしまっていますが経歴を見れば自ずとそう思われてしまいます。
なので,それを途中で放棄することは、大きなデメリットを背負うことになるのは、避けられないでしょう。
あなたが思うよりも周りの評価は厳しいと言うことです。

私の親せき等にもそのようにして就職したものがおりますし,怪我で断念せざるを得なかったものもおります。特に怪我をしたほうが辞めるという選択肢を監督に打診したのですが,上記のことから渉外などのクラブでの仕事をしてくれないか。と言われ部員として続けました。

あなたにはこれから辞める権利がある。やめて新しい世界を見た方が良いよ。という”前向きな”お誘いも沢山あると思いますし,それに乗っかるのは手だと思います。でも正直,ここまで陸上に専念してがんばってこられたあなたが,他のものにごく短期間で乗り換えられるかどうかは,よほどご自身に決意がなければ困難ですよね。
私も安易に長年取り組んできたことをあっさりやめて次にとはお勧めしにくいです。

監督は教育者として「感謝」という表現でぼんやりと言いましたが,具体的には上記にあげたようにあなたには辞めることでのデメリットがあります。そしてそれは中学生の時に選択した道なのであなた自身の選択でした。
あとはご自身の意思の強さ。陸上よりも絶対にこちらの道の方が良いんだ。という確信が必要だと思います。

そうで無ければ,デメリットに気が付いたときに失望感があなたに降りかかってきてしまいます。
選択は自由だと思います,私は同年代の息子をもつ親としては冷静にこれまでの時間や,今後の時間,人生,完結することの意味などを総合的に考えて欲しいなと思いました。

あくまでも選手目線,学生目線ではなく教員や親の目線ですので参考意見として何かの役に立てばと思います。

投稿日時 - 2016-10-04 23:34:32

良い機会だと思います。
少し早いのかもしれませんが、
就職活動とそのための勉強を始めましょう。
公務員試験なんてどうでしょうか。

それと長年スポーツをやっていた人が急に何もしなくなるのは良くないです。
ある種のリバウンドのような事を激太りしたりする危険性があります。
なので何かスポーツは続けた方がいいです。
長年陸上競技を続けてきた点からすると、
質問者さんに最も適したスポーツはボクシングです。

今後は公務員試験の勉強をしつつ、
傍らでボクシングジムに通いながら、
いっそプロライセンスの取得も目指す。

監督にはこの線で再度話をしましょう。
それでも尚、
退部を認めないというのであれば、
それは「スクールパワハラ」にあたる可能性があります。

これはもう良いとか悪いとか言う問題ではありません。
違法行為であり、「体罰」と同じ事です。

その際は、スクールパワハラ問題に詳しい弁護士さんの所か法律事務所に行きましょう。
ネットで検索すれば一人か二人はすぐに見つかるはずです。

もの分かりの良い、部員を演じるは止めにしましょう。
人の世の本質は詰まる所生存競争です。
ともすれば、これがそんな真っ白なものである訳がありません。
結局の所、人の世とは真っ白な綺麗事で動いている訳ではありません。

それからですが、
こと日本と言う国において「学校」「先生」と名の付くものは信用しない方がいいです。
昨今のいじめ自殺、いじめ殺人、その隠ぺい、
巨大組体操の問題にしてもそうですが、
日本と言う国において「学校」「先生」とは、こう言うものです。

今から少し前にプロ野球で近鉄バファローズが消滅しようとしたとき
選手会がストまで行って、
最終的には新球団の創設まで漕ぎ着けましたよね。

何が言いたいのかと言うと
打った、投げた、だけがプロ野球選手ではないという事です。
そこまで含んでプロ野球選手です。

陸上選手も同じです。
走った、投げた、だけが陸上選手ではありません。
そこまで含んで陸上選手です。

投稿日時 - 2016-10-03 23:31:49

監督が引き止めるということは、支援云々もありますが、まずはやはり見込みがあるからではないでしょうか。
また、成績が出ないから辞めたい、ということに関しては、
社会人になると「成績が出ないとクビ」という職場ももしかしたらあるわけで、続けたくても続けられなくなる状況はいくらでも出てきますので
長い目で見た時に監督の立場としてはそんな理由で辞めてほしくない、という気持ちもあるかもしれません。
たとえば、「陸上競技ではない他の生きがいを見つけた」とか「学業に重きを置きたい」とか「就職を考えて早めに業界の勉強をしたい」とか、もしくは「一線を退いてこれからは裏方としてチームを支えたい」とか、
もう少し自分と対話して、本当に今辞めていいのか、辞める時に何かに貢献したり、ほんとうの意味で支援に対する意味を理解されて(感謝とかそういうことではないです)、監督との対話に臨まれてはいかがでしょう。

投稿日時 - 2016-10-03 21:15:35

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-