こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

副鼻腔炎、鼻茸の手術・入院費用と高額療養費制度につ

実はまだ受診をしたことがありませんが、鼻茸があり、副鼻腔炎もかなりすすんでいる状態かと、思われます。
手術や入院が必要になるのではと心配なため、教えていただきたいです。

受診、入院、手術などで、月に一定額以上の医療費がかかった場合、高額療養費制度というもの利用できると聞きました。
それは、受診してからどのような流れでの手続きになるのでしょうか?

また、一般的に副鼻腔炎や鼻茸で手術、入院をした場合、自己負担額はどのくらいになるものなのでしょうか?

私が受診を考えていた病院のサイトをみると、最少で615,680円、最大で1,167,990と書いていてビビっておりました。

ここから、高額療養費制度を利用していくということなのでしょうか?
一度総額を支払ってから、後で返ってくるものなのか、それとも、予め申請をし、差し引いた自己負担額が請求されるのかなども、わかっていません。
無知ですみません。


実は私は、小学生高学年の時から学校健康診断の耳鼻科検診などで、副鼻腔炎、鼻茸と診断され、治療勧告を受けていました。
しかし、家庭環境が劣悪で、親に頼んでも病院に連れて行ってもらうこと、自力でも行かせてもらうことができず、そのまま放置となりました。

今は、匂いがわかりません。
鼻茸があるのも、自覚しております。

また大学生になってから、自力で行こうと試みましたが、苦学生だったため、手術や入院で多額の費用がかかることが怖く躊躇し、行けずに社会人になりました。

そして就職してから数年。
しばらくは仕事に慣れるまでは入院などで迷惑をかけはいけないと思っておりましたが、転勤族のため慣れた頃に転勤となり今の地に来てようやく2年になりました。
また、奨学金の返済や生活、親への仕送りなど経済的にも余裕がなく、やはり、治療にかかるお金や期間のことを考え躊躇してしまい、今に至ります。。。
が、今が受診のチャンスかなと思っています。

経済的には相変わらずな厳しさがあるため、どのような手順を踏んで手続きすればいいのか、そしてこのくらいの自己負担額があるということを、心構えしたうえで受診をしたいと考えておりました。
ちなみに、最低限ではありますが、医療保険にも加入はしています。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2016-06-06 12:01:55

QNo.9183527

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

質問者様の場合は、

1.外来・入院の領収書を保管しておく

2.入院前に、病院窓口に「限度額適応認定証」を提出する(ご加入の健康保険=国保や社保などに限度額適応認定証がありますから、それをもらって書き込んで病院に提出)

3.退院時清算が、高額療養費制度の限度額までで済みます。

4.同じ月の外来で支払った額が一定額を超えていた場合、3と合算して「高額療養費申請」を受ければ、さらに支払った医療費が戻ってきます。

★ポイント★

高額療養費制度は、窓口でいったん高額の医療費を支払い、「後日に」高額療養費制度を利用して返金申請をします。
ですから、窓口の支払いが高額(数十万円~百万円以上)になることもあります。

限度額適応認定証は、窓口で支払う自己負担額を、「退院時に」高額療養費制度の限度額までに抑えることができます。
ですから、窓口で支払う自己負担額は、上記の高額療養費制度を使った額までで済みます。

詳しくは、ご加入の健康保険組合(国保・社保など)にご相談されると良いでしょう。

このようなQAサイトでは「放置していても市区町村からお知らせが届くから大丈夫」「市区町村が知らぬ間に計算をして返金してくれるから大丈夫」といった説明も見かけます。
しかし、市区町村やご加入の保険組合や会社によっても申請の仕方が異なるケースがありますので、ご加入の保険組合で聞くのが最善です。

医療費の自己負担額の請求がどれほど高くなっても、限度額認定証を使えば一般所得の方の支払いは8万円+総医療費の1%以下を足した額で済みます。

投稿日時 - 2016-06-06 12:49:11

お礼

大変わかりやすい丁寧な回答をいただき、感謝いたします。

限度額適応認定証というものがあるのですね。
無知でしたが、退院時に高額療養費制度の限度額まで抑えられるありがたいシステムを教えていただき、安心いたしました。

加入の健康保険組合に、問い合わせてみたいと思います。
ありがとうございます。
とりいそぎお礼まで。。。

投稿日時 - 2016-06-06 14:16:01

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

払戻金は、一旦病院で”窓口での負担金”を支払って、後日、下記書類を市町村役場に提出すれば本人の銀行口座に振り込まれます。

高額療養費制度(収入によって変わる)
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3190/sbb3193/261114

高額医療費の自己負担金と払い戻し
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030/r150

申請の仕方
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/honbu/g2/cat230/k_kougaku_140725.pdf

その他の事はわかりません。

投稿日時 - 2016-06-06 12:33:54

お礼

ご親切に、リンクまでありがとうございます。
参考にさせていただきます!

とりいそぎお礼まで。。。

投稿日時 - 2016-06-06 17:21:11

ANo.1

高額療養費制度は、あらかじめ申請しておくと、収入によりMAX額があります。
一般的な収入であれば、8万くらいでしょうか。
それプラス食事代など保険が効かないものを払います。
また、1月ごとになるので月末から月初にかかった場合、2ヶ月分になります。

会社の保険であればその保険に申請、国保であれば市役所に申請です。

投稿日時 - 2016-06-06 12:23:52

お礼

回答いただき大変助かりました。
また、申請すれば大体8万円くらいで済むとの答えに安心いたしました。
ありがとうございました!
とりいそぎお礼まで。。。

投稿日時 - 2016-06-06 17:23:34

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-