こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

出産と仕事と女の生き方

30代女性、結婚して半年経ちました。主人の転勤でやむを得ず大好きだった仕事を辞め、専業主婦になりました。でも、いまだに仕事への未練が断ち切れません。そのために子供を産むという決断が出来ません。
今まで積んできたキャリア(企画職)をどうにかして生かしたいと思うのですが、主人は転勤族です。結婚前にもその事は二人で随分話し合ったのですが、彼に転勤のない仕事に変わらせることは現状難しいので、私の方が仕事を辞めました。その事は彼もよく理解してくれていて、私の分も仕事を頑張ってくれています。その姿を見ていると、こんなに頑張ってくれているのに私だけが専業主婦をしているのが申し訳ない気がします。しかし転勤族の妻と言うことで、正社員はやはり無理。しかも年齢的に、子供を産むかどうかの決断も人生設計に必要になってきました。
今子供を産めば、キャリアは完全に諦めなければならないでしょう。でも今産まなければ、子供はもう望めないかも知れません。私の気持ちとしてはそれほど子供が欲しいわけではない。年金問題や、社会情勢などを見ていても、子供を産み育てるのには不安がつきまといます。また、お金の為だけに働きたいのではなく、やはり生き甲斐として働きたい気持ちがあるのです。
まとまりがありませんが、女の生き方について、皆さんのお考えを聞きたいと思います。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2004-07-07 18:36:26

QNo.918264

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは(^。^)
ご質問、読ませていただきました。
迷いますよね。

女だからとか男だからというのは関係ないと思いますよ。
人の数だけ生き方はあると思います。
このたび結婚のために大好きな仕事を辞められ、気持ちが揺れるのは当たり前です。
ただ、少し気になったのは、正社員にこだわる必要があるのでしょうか?
そして子供を産んだことによってキャリアは断たれてしまうのでしょうか?
わたしとは業界が違うので、見当違いならすみません。

おそらくかなりのキャリアをお持ちの方だったのではないでしょうか?
それならば少しくらいのブランクがあっても大丈夫なような気がしますけど、たとえば派遣とかで甘んじたくないのであれば自分で起業してしまう選択肢もあるのではないでしょうか?
どちらかを切らないといけないからって思うから迷うのではないでしょうか?

わたしはまだ未婚ですが、将来転勤族の方と結婚したのであれば、ついていこうと思ってはいるのですが、やはり仕事は持っていたいです。
ただ、年齢的にも正社員は難しいですので、派遣社員でもいいから仕事は続けていけるのが理想です。
子供も今は特に欲しいとは思ってはいないですけど、
結婚すれば変わるかもしれないですね。

ほんとうに仰ってることはよくわかります。

経済的にもさることながら、生きがいというか、わたしたちのようなサラリーウーマンには「働いている自分」がまた自分の中で好きな一部なんですよね。
だから、専業主婦している自分が合わないというか、ましてやご主人がそんなに一生懸命働いて下さっているのなら、「いったい自分は何してるの?彼1人に苦労をさせて」って思ってしまうんですよね。

どうでしょう、「流れに任せてみる」というのは。
これは最近わたしも友達からもらったアドバイスなんですけど。
物事には流れというものがあるように思っています。
今までキャリアウーマンとして活躍され、そして結婚のために仕事を辞め、そして今出産か仕事の再開か揺れている。どちらの流れに向かっているとお感じになられますか?
ただ、いまはmarimari1999さんの流れだけでなく、「夫婦」としての流れというものがあります。
ですから、「夫婦」の流れがどちらに向かっているのか、それにゆだねてみるのはいかがでしょうか?
そして、「どちらかを断ち切る」と思うから哀しくなるのであって、「どちらも得られる」方法も探せばあるでしょうし、「流れに身を任せている」と
気楽に考えてみる

投稿日時 - 2004-07-07 19:38:45

お礼

気持ちをよく理解して下さって凄く嬉しいです。この半年、とりあえずなるようになるだろうと考え、主婦業に専念してきたのですが、求人を見ているとやはり仕事をしたい自分に気が付いてしまうのです。でも子供は今しか産めない。主人は私の意志を最大に尊重してくれるので、逆に決断が出来ずにいます。気楽に、あまり考えないのも良いかも知れませんね。ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-07-08 18:17:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

起業して好きに働くんは無理ですか?

折角企画なさるんだから・・・

投稿日時 - 2004-07-10 02:34:40

お礼

ありがとうございます。起業するには資金や多くのリスクがあり、主人や回りに及ぼす影響も大きいので考えておりません。

投稿日時 - 2004-07-12 18:49:52

ANo.5

「企画」が好きなら・・・

・子供の誕生会の企画
・家族旅行の企画
・幼稚園や学校のPTAや行事の企画
・・・などなど、
「企画をたて、楽しむ」なら
どこでも出来るような気もします。

そして「自分の子供」という「企画?」は
ご自分でしか出来ない事です。
会社の企画は代役で勤まるのも事実な面ですよね・・・

どんなに相談しても「決断」は自分です。
自分にしか、自分が納得する答えは出せません。

参考意見として思った事を書いてみました。
かく言う私もかつて似た相談をしてます^^;
参考URLよかったらご覧くださいm(__)m

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=219376

投稿日時 - 2004-07-07 21:37:39

お礼

ありがとうございます。blueyellowさんもいろいろ悩んで、質問をしたりしたのですね。でも何らかの回答を自分に導き出したのですね。転勤で誰も知る人のいない土地に来て、そういう事を相談できる人もない事も煮詰まる原因になっています。自分が納得できるような、決断をする指標がなかなかないのが現実です。

投稿日時 - 2004-07-08 18:28:43

ANo.4

30代半ば、仕事、夫、幼児ありです。
仕事は子供が生まれる前までやっていたこととは異なり、育児との両立が可能な仕事内容です。

大好きだった仕事への復帰をすごく希望しています。

が、自分にはなにが今一番大切か、を考えるようにしています。大好きな仕事=忙しい=子供へのしわ寄せ大という図式はさけられませんので、大好きな仕事には未練ありますが、我慢我慢の毎日です。

marimari1999さんの心の葛藤、よくわかります。子供が生まれてくるまで、私も本当に同じようなことを考えていました。

子供が生まれてからも、なんと今までの自分を犠牲にすることの大きかったことか。「どうして、女の私ばっかり犠牲にするものが大きいの~。」と何度叫んだことでしょう。

でも叫んでも叫んでも、叫ぶ以上に子供は不思議なくらいかわいいものです。自分を無条件に受け入れてくれる存在は我が子以外にはいないんじゃないかと思うくらいです。今では、子供のいない生活は考えられません。仕事か子供かと問われたら、迷わず子供と答えられるんですね。叫ぶだけの価値があったというものでしょうか。

こんなにかわいい子供、もう一人欲しい!と女である私の本能は叫んでいます。

まさにmarimari1999さんの今の心の葛藤と同じです。
年齢、仕事とのかねあい、家庭、他のかたからしたら、「迷っているなら生みなさい」というようなことにも、ぐずぐず迷っている。

一人っ子と頭では決定している我が家。いつもいつも心の中では、「もう一人いたら、どんなだろうなぁ。」とマイナス面、プラス面を頭で考えている私です。

いろいろ迷って、ご自分で決めるのが一番です。人から言われて、子供を生み育てるものではありません。私は3年かけて決心しました。二人目については、5年以上かけてもふんぎりつかないかもです。でも、誰かが背中押してくれたらなぁと最近思います。

体力的には若くして出産されたほうが、絶対に良いです。でも、精神的にはやりたいことをやった後の30代っていうのも良いですよ~。「とりあえず、やりたいと思ってたことはやったわ!さぁ、次は・・・。」といった具合です。

だんな様と良い答えが出せるとよいですね。

投稿日時 - 2004-07-07 20:02:03

お礼

やはり皆さんいろいろ迷っておられるのですね。すでに体力には自信がなく、そのため余計に出産をためらってしまうというのもあります。そう、誰かが背中を押してくれたらって思いますよね。子供を持ったことがないので、子供のいる人生というのが想像できない。でも仕事をする人生は想像できる。それを比較するのは本当に難しいです。ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-07-08 18:23:26

ANo.2

 家の悶々と居るから凹むのでは有りませんか。
 私は仕事を病気でリタイヤして今はボランテイアで動いています。
 専業主婦で出来る活動は考えれば沢山有ります、仕事のキャリアをボランティアで活用出来る出番は幾らでも有ります。
 NPO法人ですと、今は立ち上げが軌道に乗せる準備期で企画が出来る人が欲しいと言っていました。
 お金では無い生きがいでしたら、有償ボランテイアとかも有りますので、住んで居る社会福祉協議会のボラ担当コーナー覗くのも良いかもね。
 違う人生が見つかると思います。
 以外に若い方が今は多いのですよ。
 
 定年後の方より、仕事合間で動く勤労ボラとかも有ってこの世界も多様な動きをしています。

投稿日時 - 2004-07-07 19:29:38

お礼

ボランティアとは考えませんでした。地域の掲示板などを見てみることにします。ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-07-07 23:20:19

ANo.1

別にシングルマザーでキャリアを積んでいる人いますし、転勤族の妻でも単身赴任したり、自分で事業起こしたりしてキャリア積んでる人もいます。

結局は自分がどう生きるかということでしょう。
道を開く意志があれば、どういう状況でも、人はそれなりに道を開いていきます。ただ、子供や夫、自分以外の人を理由にしだすと、たちまち壁ができてしまいます。自分で八方ふさがりにしてるんですよ。頑張って!

投稿日時 - 2004-07-07 19:23:35

お礼

選択肢が多いというのも、迷う理由の一つではあります。ただもう一人で生きているわけではないので、自分の選んだ道で主人や子供に影響を及ぼす事は避けられません。そう考えるとますます複雑に考えてしまうのです。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-07-07 23:19:19

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-