こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

武士達が桜草を好んで栽培したのはなぜだと思います

江戸時代、武士達が桜草を気に入り、好んで栽培したそうです。

武士の男性的なイメージと桜草の可憐なイメージはかなり違う気もしますが
なぜ江戸時代の武士達は桜草を好んで栽培したのだと思いますか。

花の栽培なら他にも山あじさいなど色々な花がありますが、
「なぜいろいろな花があるなかで桜草を?」と思います。

憶測の回答でかまいません。

投稿日時 - 2016-04-13 10:18:20

QNo.9157742

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

花卉や観賞用植物栽培は武家の副業でもあったようです。
桜草もちょっとしたバブルだったのでしょう。
他にも朝顔、椿、花菖蒲などなど、武家に愛好された花卉は多くあります。
珍種になると大枚のお金で取引されたそうで
オランダでもチューリップバブルが有名です。

http://www.h6.dion.ne.jp/~tanaka42/zeitaku-3.html

藩によっては将軍家への献上品、他藩への進物に使うため
門外不出、町人の勝手な栽培や藩外への持ち出しを禁止していたほどです。
熊本では肥後椿の御留(乙女)椿を持ちだしたら首が飛ぶと言われたとも聞いています。

投稿日時 - 2016-04-13 13:47:56

お礼

園芸は道楽、つまり武士の趣味だったようですね。


しかし副業だったというのもありそうですね。
珍種が出たりや品種改良に成功したら収入につながりますしね。

現在でも日本でも海外でも園芸研究家が品種改良をして新品種を作りだし
それに成功したら収入もアップしそうですしね。

投稿日時 - 2016-04-13 20:09:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

P.S.

江戸時代の武士は暇だったのでしょう。

投稿日時 - 2016-04-13 10:22:34

お礼

2回の回答のお礼、こちらでまとめて書きます。

競って栽培いう点は武士的ですね。

武士は戦いがないときは暇だったのかもしれませんね。

投稿日時 - 2016-04-13 20:04:03

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-