こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ランニングと筋トレ

弓道部に所属している高1女子です。ダイエットと健康の為に、一昨日からランニングを始めました。走る前にラジオ体操第2とスクワット15回をしてから走っています。もし雨が降って走れなくなった場合はスクワットとラジオ体操だけでも大丈夫でしょうか?それとも、他に何か筋トレをした方が良いのでしょうか?

投稿日時 - 2016-03-30 20:41:20

QNo.9151273

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

腹筋をした方がいいですね。
男性でも女性でも、腹筋は案外、普段の生活ではなかなつかない筋肉なのですが、身体の安定感をつくるためにはとても重要です。
腹筋にはさまざまな方法がありますが、言葉でそのやり方を説明するのは難しいので、「腹筋、体幹」などで検索してみるといいですよ。動画で解説付きのものもあります。

そのほか、ランニングができない雨の日などは、屋根のあるところで縄跳びをするといいですよ。
二重跳び50回、とか、回数を決めて取り組むと、徐々に縄跳び自体も上達したりして、楽しく続けることができます。

もちろん、忙しい時などは体操だけでも構わないと思います。
身体をよく伸ばしゆっくり大きく動かすだけでも身体が温まってくるので、代謝機能が高まり多少はダイエット効果があると思います。

投稿日時 - 2016-04-04 05:22:11

ANo.4

最近この「大丈夫でしょうか?」って質問が多いのですが、大丈夫の意味をどう解釈していいのかいつも迷います。「死にませんか?」とか「ケガしませんか?」という意味合いなのか、「トレーニング効果はありますか?」とかそういうニュアンスなのか。「死にませんか?」という意味合いなら、「死にません」という意味で「大丈夫です」と答えます。

また他の筋トレに関してですが、「なにを目的としているか」によります。本来16歳くらいならダイエットというのは肥満児以外は不要で、また筋トレはダイエットにはならない(同じ体積なら脂肪の塊より筋肉の塊のほうが重い)のですが、弓道部のためということであれば上半身の筋トレもしたほうがいいです。
弓は上半身で引くものではないですが、上半身の力があれば強い弓を引けます。強い弓なら矢はそのぶん速く飛ぶわけで、速ければ安定性が増します。さらに、上半身の力があればその強く張った弓を放ったときに弓を安定させることにもなるので、弓が安定して矢が安定すれば当然正確に的に飛んでいくことになります。
強く、安定して弓を引くためには腕の力と共に背筋が必要です。特に肩甲骨を寄せる筋肉ですね。だから、基本的には腕立て伏せとなります。女性は上半身の力が弱いですから、膝をついた状態で腕立て伏せをしてもいいです。もちろん、膝をついて簡単にできるなら膝を立てての腕立て伏せとなります。

「回数をこなすか、それとも負荷をかけるか」であれば、負荷をかけるトレーニングになりますね。弓道は何時間もやり続ける競技ではないので、瞬発力重視です。
またラジオ体操は老人ホームのお婆ちゃんでもない限りそれによるトレーニング効果は期待できません。しかし、トレーニング前のウォーミングアップとしては理想的なので、ウォーミングアップとしてやるのはいいです。

投稿日時 - 2016-03-31 17:52:42

ANo.3

ランニングは良いと思いますが、走り前にキチンとストレッチを行ってからのほうが効果があると思います。
ストレッチは関節の靭帯や全身の筋肉を柔らかくして運動に備えます。
まじめにきっちりとストレッチすると身体が火照るくらいです。
天気が悪い時はその分ストレッチを長く行う方が良いと思います。

そういう意味でもラジオ体操はあまり奨めしません。
ラジオ体操は内容によって反動が大きい場合があり関節に負担をかけます、ストレッチとしてもあまり意味はありません。
スクワットのやり方は色々ですが、やはり関節に負担が掛かる事が多いので一般的に体力トレーニングとしても勧められません。

はっきりとした目的が有るのであれば、効率の高いトレーニングをお勧めします。
そしてもう少し負荷を増やすとかステップアップしたいのであれば筋トレメニューを増やすのも良いでしょう。

投稿日時 - 2016-03-30 23:22:37

ANo.2

hg3

「大丈夫」って?
別に、全く運動しなくたって、それだけで太るわけではないし、健康を損ねることもないんだから、そういう意味では大丈夫でしょ。

投稿日時 - 2016-03-30 21:33:46

ANo.1

弓を引くための芯を作るためにも、体幹トレーニングはしておいたほうがいいと思いますよ。

寝転んだり伏せたりした状態から、片手・片足を持ち上げるなどして、自分の手足の重さをひたすら胴体の筋肉で維持する、という、動かないけれども動かないでいることが大変なポーズがたくさんありますから。

投稿日時 - 2016-03-30 21:04:42

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-