こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

5歳児のこども、ビタミンDを取り過ぎていました。

現在、5歳の子について相談したいことがあり、投稿させて頂きます。

歩き出してから、膝がひどいO脚なことに気付き、約3年間、東京の
北療育医療センターに通っていました。
そちらで、矯正用の靴を作って頂き、順調に膝の曲がりが改善していました。

ですが、母(祖母)が、テレビで「くる病」の番組を観て、
「この子のガニ股はヒドイから、くる病に違いない!!」と、言って、
去年(2014年)の11月に、某大学病院の内分泌科に連れていきました。
(私と夫は、靴のおかげで大分膝の曲がりは良くなっているし、
問題は無いと思っていまし、そう伝えていました)

病院で、レントゲンを撮ってみても、くる病に特徴的な、ひざの骨の変形も
見られませんでしたが、血液中の鉄の量が少ないと言われ、
鉄分とビタミンDを取るように勧められました。
去年(2014年)の11月から鉄分とビタミンDを取り始めました。
ヒュエロミア顆粒とアルファロール内服液(0.8ml)です。

その後の2015年4月、矯正用の靴も不要なくらいに真っすぐになり、
北療育医療センターの先生から「レントゲンも問題無し」と言われ、
普通の靴に切り替えました。

ところが、今年(2015年)5月からは、大学病院の先生から
AST?ALT?の値が低いと言われ、アルファロール内服液が1.5mlに増えました。
(この頃、体重は約19kgでした)

8月頃から、身長の伸びが悪くなっていることに気付き、おかいしいなと
思っていましたが、気のせいかと思い、先生には、相談しませんでした。

9月に入ってからも状況が変わらず、いよいよおかしいと思い、
ネットで調べてみたところ、ビタミンDには、副作用がある事を知り、
愕然としました(カルシウムの異常高血中濃度を誘発)

欧州では、
3-10才25mcg(マイクログラム/日)
アメリカでは、
小児 4~8 才75 mcg (3,000 IU)(マイクログラム/日)
の、許容上限摂取量が定められています。

↓ビタミンDのための許容上限摂取量(UL)
http://www.nutri-facts.org/jap/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3d-%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB/%E5%AE%89%E5%85%A8%E6%80%A7/

↓アルファロール内用液0.5μg/mLについての説明
http://allabout.co.jp/r_health/healthdb/medicinedb/detail/356951/index.htm

日本で処方される際は、大人ですら、1日1回1~2mLと、書かれている薬です。
ビタミンDは脂溶性ですから、体外に排出することも出来ないのですね。
そんなものを、知らなかったとは言え、長期間与えてしまったことに気付き、
悔やんでいます(9月からは、薬を飲ませるのをやめています)

以前は、足と胴体のバランスが悪くなかったのに、
今では足が特に伸びなくなってしまいました。
身長が112.4cmなのに、足の長さは44.5cm程しかありません。
(足のサイズは17.5cmくらいです)

今は、
1)先生に相談して、転院する。
2)先生には何も言わず、他の病院に見てもらう。
の、どちらにするかで、悩んでいます。

また、転院する場合、おすすめの病院はありますでしょうか?
ちょっと、遠いのですが、府中の東京都立小児総合医療センターは、
よい病院でしょうか?

乱筆、乱文で申し訳ありませんが、本当に悩んでおります。
宜しくお願い致します。m(_ _)m

投稿日時 - 2015-10-12 16:01:22

QNo.9062752

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

取りあえず適正検査をしてみてそれでも変化が見られた時には
担当医に申し出てインフォームドコンセントをしてみて下さい
多分適当な病院を照会してくれる筈です
もし、その担当医が渋る様でしたらそのDrは当てに成りませんから
直接東京都立小児総合医療センターを受診してみて下さい
尚、当方は東京都立小児総合医療センターは詳しく有りませんので
PCのサイトで検索してみて下さい

投稿日時 - 2015-10-12 16:57:41

お礼

転院するにしても、病院を慎重に探してみたいと思います。
一番最初に、アドバイスを頂けたので、ベストアンサーと
させていただきます。
他の皆さまも、ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-10-13 18:55:35

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

もちろん紹介状は書いて貰った方がいいです。
病院を変わりたい理由は、あなたの気持ちではなく、
なにか適当な大人の理由を考えて下さい。
どこの病院にもいろんな先生がいますから、
世間一般的に、お子様にとってよい病院であっても、
お母様やあなたにとって良い病院かどうかはわかりません。

低身長とアルファロールの関係が今ひとつ分かりませんが、
成長曲線上にプロットして、どんどん外れてきてますか?

いずれにせよ一番問題なのは、お母様との関係だと思います。
もっとコミュニケーションをとる努力をしましょう。

投稿日時 - 2015-10-12 23:00:28

補足

毎月、幼稚園で身体測定をしているので、記録があります。
5月までは大丈夫なのですが、6月以降の身長の伸びが
かなり鈍くなっていて、成長曲線の下に外れてきております。
元々背が高い子だったので、余計に心配になっています。。。

投稿日時 - 2015-10-13 18:40:50

お礼

コミュニケーション不足、というのは、確かにそうかも知れません。
矯正用の靴を履かなくなった時点で、薬をやめたいと、先生に
伝えれば良かったです。

投稿日時 - 2015-10-13 18:43:22

ANo.3

>身長が112.4cmなのに、足の長さは44.5cm程しかありません。

その数値が異常だというのは誰の判断・診断ですか?確か、身長107~114cmの男児の平均的な股下は45cm前後かと思いますが・・・。

【アドバイス】ネットでの自己判断で右往左往するよりも主治医に相談を!

投稿日時 - 2015-10-12 22:06:20

補足

一か月以上計測して、足の長さが伸びておりません。。。
以前は、座高も平均値に近かったのに、平均値から大きく離れてきています。

投稿日時 - 2015-10-13 18:50:02

ANo.2

ASTもALTも肝機能障害を示す指標ですが
通常のこの2つは基準よりも高いと肝炎などの肝機能障害を疑うものであって下限より低い場合は治療の対象になりません。これは大人も子供も同様です。

なおビタミンDの件ですが、ビタミンDの過剰摂取で報告されているのは血液中のカルシウム濃度が上昇することによる循環器障害、とくに腎不全です。注意すべきなのはむしろそちらの方であって身長と脚のバランスがおかしいこととの因果についてはなんともいえません。骨の形成に関わるビタミンですので、過剰摂取の結果成長を促進するホルモンの作用が抑制されたと考えることもできます。

ただビタミンDが過剰摂取といえる量とまではいえないと思います。アルファロール内服液1mgには0.5μg含まれていますが、これはつまり1ml中に0.5mcgという意味です。つまりその欧州の規制に照らし合わせてるとヨーロッパでは75mcgの摂取を目安としていますが、アルファロール内服液をたとえ2ml摂取したとしても得られるビタミンDはその指標の1%弱でしかありません。

なおビタミンDの過剰摂取による障害は1000mcgを超えると危険であるとされています。これは計算すれば分かるとおりアルファロール内服液を2リットル飲まないと無理です。体に影響がでるというのは日常考えられる想定外に摂取した場合だけです。
この点から「薬の過剰摂取」という原因を見出だすのはかなり難しいです。アルファロールより魚を食べる方が遥かに多くのビタミンDが得られます。

はっきりいうと大学病院の先生も問題がないと考えて副作用のない薬を処方しているだけです。他の病院に行くのではなくて先生にちゃんと親の方から治療の必要性を聞いて、親が判断して治療を中断してください。治療を続けないといけないといわれたら考えればその大学病院は利用せずに他の小児科にあたれば良いと思います。

投稿日時 - 2015-10-12 19:53:46

補足

mcgという単位は「ミリマイクログラム」です。
1マイクロは1/1000ミリに等しいので、1mg=1000mcgです。
つまり、1ml=1000mcgなんです。。。

うちの子は、1.5mlも摂取していたのですから、
一日当たり、欧州許容値の40倍、アメリカ許容値の20倍も、
摂取していたことになりませんか?

投稿日時 - 2015-10-13 18:22:04

お礼

あ、ごめんなさい。計算を間違えてました。
1500÷25ですから、欧州許容値の60倍ですね。
失礼しました。

投稿日時 - 2015-10-13 18:52:26

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-