こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

回答お願いします

陸上競技について詳しい方回答お願いします。娘、小学6年生で800m走をやっています。ベストタイムが2分51秒。そしてこの前6年生になって初の大会で3分03秒… 始まるギリギリまで緊張感で吐き気でトイレにこもる始末…今まではそんな事は無かったので私も戸惑ってしまい…少年団に入っていますがまともな練習が出来ていなくてコーチも自営業の為たまにしかこれなく親としては責任を持ってやって欲しいのですが。大会では教え子のアップもせず、審判をやってるし。そしてこのタイム。9日に大会がまたあります。親が出来る事は何なのか悩んでます。この短い時間でどの様な練習をすると良いでしょうか…コーチは期待してません。娘のメンタルの弱さも感じてます。

投稿日時 - 2015-04-28 14:34:50

QNo.8965150

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

娘さんですよね。

ちょっとプライベートなところもあるかと思いますが、発育の早い子は、そろそろ生理が始まっていると思います。
もし、生理が始まっているようでしたら、ベストタイムが出ることはあまり期待しない方がいいと思います。
たとえば小学5年生のときは、まだ「少年」の身体だったのですが、生理が始まってしまうと、女性の身体へと移行する過程で一時的に身体機能が低下することがあります。
こういった時期にハードに追い込むようなトレーニングをしてしまうと、今後、走るのが怖くなったり、嫌になってしまうかもしれません。

逆に男子の場合は、急激に筋肉がつき始めるので飛躍的にタイムが向上します。しかし、それゆえに過度なトレーニングで骨の成長を妨げてしまうこともありますが。


まず、ひとつは、体調が悪かったら、無理してレースに出なくても良い、と言ってあげること。
そのためには、日頃から娘さんの体調の変化に気を使ってあげるといいでしょう。
また、つぎに、ベストタイムが出なくても、しょうがない、と言ってあげること。練習が足りなかったのか、レースの際にペース配分など工夫が足りなかったのか、自分で考えるように促してあげるのがいいです。
そして最後に、応援が負担とならないよう、過剰な期待はしないこと。ベストタイムや順位など結果が出せることよりも、レースに出て、自分が何を得たのか、ちゃんと考えさせるようにした方がいいです。悔しい、と思えたのなら次は満足のいく走りができるように努力を、楽しい、と思えたのなら、次はより楽しく思えるように。で、もしも辛い、苦しい、と思ったなら、「辛い(苦しい)と思えるだけ頑張ったんだ」と褒めてあげてください。

さて、メンタル面については、緊張する、というのは、それなりにレースに出ることの責任を、娘さんが感じている、ということです。
親やコーチなど周囲からの期待に責任を感じている、という考えもありますが、「レースで1位になりたい」とか「ベストタイムを更新したい」と、意欲的になっているがゆえに、責任を感じ、緊張してしまうこともあります。
陸上は結果がすべてで、タイムなどとして分かりやすく数値化されてしまいます。ですが、そこからどのような分析をし、何を得られるのか、というのを考えるようにしていけば、結果が出ないことや、メンタルの弱さも克服できます。


ちなみに練習方法としては、中学生くらいでも、早ければ大会の1ヶ月前くらいからは調整期間に入り、ハードなトレーニングは控える傾向にあります。ですので、この時期になって、ハードな追い込みは逆効果になることがあります。
1週間前には、2キロくらいのをゆっくりペースで軽くジョギング程度、1、2日前には50m走を2、3回、身体に刺激を与える意味で行う程度でいいでしょう。
また、レース当日は、できるだけ早起きして、競技場に行く前に自宅周辺で軽めのウォーミングアップ、レース開始の2時間~90分前くらいに、40分~60分程度のウォーミングアップを一緒に行ってあげるといいでしょう。その際、50m走程度のスピード感のあるものを取りれると、レーススタート時の加速の感覚がつかみやすいと思います。

投稿日時 - 2015-05-01 04:20:49

ANo.2

親の気合いの入りようが、子に多大なプレッシャーを与えていることに気が付きましょう。折角、レース前にも審判をやっている関係上、コーチが放任しているのに、親の肩に必要以上の力が入っていると、完全に子はビビってしまう。

練習に付き合うことも止めて、放置することで、レース前の吐き気問題は解決する。練習メニューも、一切を子の自主性に任せることがポイント。親は一切口出ししないこと。レース前には、遠くの方で、陰から見ているという態度が大切。そうすることで、子は伸び伸びと走れる。レース前に大きな声で叱咤激励する親を、子は友人知人の手前、恥ずかしいと思っているということを感知しましょう。

小6ならば、下手な大人以上に、正確な状況判断が出来る。自己ベストが、おそらく、出場者全体の平均以下のタイムなのでしょうから、妙に期待をかけ過ぎては子供さんに酷ですよ。遊び感覚で楽しめば良いのだと言ってやりましょう。お母さんは遠くで見守っているからね、とだけ伝えましょう。

投稿日時 - 2015-04-28 15:21:43

ANo.1

練習に付き合うしかないですね。
練習をたくさんして自信をつけるのがいちばんですね。

投稿日時 - 2015-04-28 14:45:59

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-