こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ワールドカップのアジアやアフリカ枠は減らさないの?

なんだかんだで
ヨーロッパと南米が絡んでないとつまんないですよね。
それにメキシコあたりを加えた。

日本にしても韓国にしてもイランにしてもオーストラリアにしても
自国だから見るだけで、

韓国戦なんてみててもつまらないし、イラン戦、オーストラリア戦みててもつまらない

なんだかんだで、やっぱりイタリア戦とかイングランド戦、スペイン戦、オランダ戦
などは楽しみで見てしまいますよね。
ギリシャには興味なかったけど。

ヨーロッパがでてなかったら

ブラジル、ウルグアイ、コロンビアなどの南米勢の試合は見てて楽しいです。

アジア勢の試合あっても楽しみでもなんでもないです。

そもそもアジアは4国か5国でてて
1勝もしてないでしょ、明日、韓国が勝つ可能性はありますけど。

投稿日時 - 2014-06-26 02:38:41

QNo.8653677

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

日本や韓国が毎回予選落ちするようになればアジア枠を減らすと思います。
東アジアはおいしいスポンサーが集まる地域。
会場の広告を見てください。
アジア勢以外の試合でも日本企業や韓国企業が多いですよね。

アジア勢は放っておいても決勝トーナメント前に消えてくれるので、ヨーロッパのファンからの苦情も少なく済むし、主催者側からすれば良い金づるです。

投稿日時 - 2014-06-26 08:48:12

お礼

そういえばソニーとかほとんどの試合で広告だしてますね。
ヨーロッパの企業などはスポンサーする所は少数なのかん。

投稿日時 - 2014-06-26 13:37:03

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

アジアが1つも決勝トーナメントに進出できないと、減らされる可能性は十分にありますね。

出場国が32か国になった1998年大会では、割り当てられたアジアの枠は3.5でした。

次の2002年は日韓が開催国枠ということもあって2.5となり、計4.5、以降4.5枠が維持されてきました。

ただ、この4.5がずっと問題なく維持されたわけではなく、毎回出場枠について議論がされてきました。

それは前回大会の成績によって枠を決められました。

2006年大会は前回日本と韓国が決勝トーナメントに進出したということで4.5を維持できました。

しかし2010年大会は前回アジアは全て1次リーグ敗退したため、FIFAは減らす考えを示唆しました。

ただ、前回オセアニア枠で出場したオーストラリアが16強に入っており、2010年よりアジアに加わることとなったため、かろうじて4.5を維持できたのです。オーストラリアが加わって枠が変わらずでは実質減ですけどね。

今回は2010年大会で日本と韓国が16強入りできたので、4.5確保できました。

次回は元々のアジア枠であった3.5か4に減らす話が出てくるのは間違いないと思います。韓国次第ですが、1勝もしてないのは大きなマイナス材料となりますね。

投稿日時 - 2014-06-26 09:02:11

お礼

アジア枠ででた国は今の所、全て無勝で最下位です。
日本もオーストラリアもイラクも全て最下位です。
韓国も今日の試合で負けるか引き分けで最下位です。

投稿日時 - 2014-06-26 13:29:38

ANo.2

ただFIFAから与えられた枠の中で出場権を獲得したのがイラン・日本・韓国・オーストラリア(順はA/B組1位、同2位)の4カ国だったのだから、出場権を得たチームの試合が面白く無いというのは筋違い。

現実問題としてアジア最終予選で落選したのは、アジアでは比較的強国と目されていた中東6カ国(ウズベキスタンをどうするか考えましたがアジアでも限りなく西アジア寄りなので)。

今回のアジア勢の苦戦、別に今回だけではないですし。ただ、南米はともかく欧州に限ればこの大会の結果を持ってアジアやアフリカ、北中米カリブ海の枠を減らそうと声を上げるところはないでしょう。今回南米勢はどうも落ちるのはエクアドルただ1国になりそうで、やはり気候天候への慣れは絶対的な武器となったといえるでしょう。
※今回のブラジル各地の気候など、南米予選を戦うチームにとっては”マシ”な方ですからね。南米予選はあの気候環境+”高度”が絡んでくる。ボリビアのエルナンド・シレススタジアムのように富士山山頂並(3577m)の高度で予選するような(ボリビアに限らず、アンデス沿いの各国は似たような高度に国際競技場がある。それも収容人員5万人クラスで全席椅子席の立派なもの)、そんな環境をほぼすべての南米代表が経験している。今大会に限れば、欧州含め南米勢以外は元々苦戦は予想されていた大会。アジアがことさら調子が悪いわけでも、レベルが低いわけでもありません。

アジアのサッカーがつまらないと思われる理由は、別にあると見ます。

「技量が劣っていながら欧州南米の最先端のトレンドを取り入れた=自国代表選手では対応できないスキルが多すぎた。」

身の丈を知る戦術で立ち向かえば、今回のようなアジア勢の苦闘はなかったはず。実際今大会予選で一番効果を上げているのは、「守り一辺倒でカウンター」。特に象徴的なのが日本。パスは通るが攻め手にならない。体格体力で劣る日本がデカイ相手にパワープレーを仕掛けて大負け扱く。今大会はこの繰り返し。ただ、オーストラリアもイランも韓国も似たり寄ったりな点があって。

特にオーストラリアは人種に限れば限りなく欧米系にもかかわらず、オセアニアからアジアに移籍した途端にプレーレベルがアジアレベルに落ち着いた。今頃豪州協会は後悔してるかもしれませんね。確かにオセアニア枠では1枠もないため(0.5枠)勝ち抜いても即出場できないが、その代わり毎回のように南米あるいは欧州のプレーオフ最終枠との大陸間プレーオフを最低2試合経験できる。欧州南米のプレーを経験するのとしないとでは、体感するプレーの質は違いすぎる。

質問者様には申し訳ありませんが、名前が上がった欧州勢でさっさと敗退したスペイン・イングランド・イタリア…その試合、見てて面白かったですか?特に初戦のイタリアvsイングランドなんて、個人的な感想ですが「これOB戦か?」と見紛うばかりの、両チームともヨボヨボのジイさんが出てるのかと思いましたわ。あのクラスの選手の体力を根こそぎ奪い取るブラジルの環境も、今回の南米勢好調の要因ではあるのですが。

今大会は予選を見る限り、技術に走ったチームが負け、とりあえずゴールに蹴り込むことだけを求めたシンプルなチームが勝ち残っていますね。名前の上がったオランダなんてそのもの。世界が認めた美しい・楽しいサッカーを今大会はろくにしていない。それはフランスもそうですが、今大会に限れば「動いた方が負け」の試合展開ばかり。相手をさんざん泳がせて、疲れたところを適当にドーン…こんな展開ばかり。だから今大会後半の得点数が異常に多い。そして逆転の試合も多い。むしろこういう試合の方が面白いですけどね。

日本のようにパスを通すことだけに必死になったチームのプレーは確かに見苦しい。それは認めますが、それがアジア全体というのはいかがなものかと思います。

投稿日時 - 2014-06-26 07:55:11

補足

なんだかんだでイタリアVSイングランドおもしろかったですよ。イタリアVSウルグアイ、オランダVSスペインなど
面白かったです。

投稿日時 - 2014-06-26 13:41:19

ANo.1

そりゃもう
ワールドカップってのは欧州と南米が主導してますから
アフリカは強いから出さざるおえないだけ

やっぱ中東
カタールとかUAE トルコなんかが出てないとつまらないですね

投稿日時 - 2014-06-26 07:23:38

補足

中東がでるとおもしろいですか?カタールもUAEもトルコも
個人的にはあまり・・・・・・・

投稿日時 - 2014-06-26 13:42:18

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-