こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

歯周病の治療、治癒に関して等。

30代
歯科検診を受けて、結果、虫歯はゼロで
その後、レントゲンを撮ると初期段階の歯周病と
診断されて、歯科に通っています。

治療内容は基本単純に、歯と歯周ポケットに付いた
「歯石除去」だけです。

私の現在の口腔内の状態は、歯磨きの状態は
パーフェクトと言われ、そのままの歯ブラシと
歯磨き粉で歯磨きは良いですと、言われました。
歯茎の腫れは見受けられ、歯の動揺は無しとの事です。

で、疑問に思うのですが、歯周病の治療は
最終の治療完治まで、このままの治療で継続でしょうか?
最後の治療で、何か特別な治療はされますか?
又は、私自身は歯磨き以外の特別な事は必要ですか?

そして、医師から「歯周病は慢性の病気です。」
と言われ、今、現在一ヶ所の左奥歯を丁寧に磨いていると
多少出血し、薄く血が滲んで来ます。

歯周病で知覚過敏になっている部分らしく、歯周病治療では
歯茎全体の毛細血管が元の状態に戻るまで、半年から1年近く
掛ると言われ、多少驚きました。それくらいで出血も退いて来るとの
事でした。

後、歯科助手が、「健康な歯と歯茎の状態の人は、歯磨きをしても
フロスを入れても、歯茎からの出血は全くない!」と言いました。
これにも驚きました。

この病院は、歯周病に特に力を入れている病院らしいです。

全文に丁寧に分かりやすくレスしてくれる専門の方
又は現役歯科医の方が居られましたら、歯と歯茎に関して
正当な回答宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2014-06-09 16:32:45

QNo.8630366

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

虫歯に対する抵抗力が強くても、歯周病に対する抵抗力は弱いことがあります。

歯周病の初期段階は歯肉炎と呼ばれます。これはバイ菌の侵入により、歯ぐきが腫れている状態です。
最近では、生活習慣の変化もあってか、若い世代でも歯周病になっている方が増えています。

歯周病の原因は歯周病菌です。歯ぐきの周りに歯石があると歯周病菌の住処になってしまいます。
歯周病菌はプラークに保護されている状態になり、そのままでは薬も効きません。
この状態になると、ブラッシングを頑張っても歯石を取ることができないので、歯科医院で除去してもらう必要があります。

歯周病予防には、プラークを減らすプラークコントロールが重要です。
e-3a様の状態は初期の段階かと思われます。歯科医や歯科衛生士に正しい歯みがきの方法を教わるとともに、歯科での定期的な検診(メンテナンス)を受けて、歯ぐきを健康な状態に持っていくのが良いと思います。

投稿日時 - 2014-06-10 12:44:17

補足

>歯周病に対する抵抗力は弱いことがあります。

なるほど、参考になりました。
結句はブラッシングによるプラーク除去と、定期検診ですね。

投稿日時 - 2014-06-13 15:55:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

私は歯間の歯垢をつまようじで取り除いていました。一日1回の清掃でしたが、歯石が事実上できなかったためだと思いますが、70過ぎまで歯周病で失う歯は一本もありませんでした。しかし歯ブラシによる清掃をいい加減にしていたためか、何と虫歯になってしまいました。歯周病と虫歯はどちらが抑えられるともう片方が出てくるようです。私がかかっていた歯科医は歯の磨き方などには全く興味がないようで教えてくれませんので、私は岡山大学のつまようじ法を独習し、従来のつまようじによる清掃と併用しています。岡山大学のつまようじ法は歯垢がよく取れますが、それでも残っている歯垢は、つまようじで取っています。虫歯にもご注意ください。

投稿日時 - 2014-06-09 17:22:02

補足

>>岡山大学のつまようじ法

これは初耳ですが、爪楊枝で奥歯隅々まで歯間の歯垢を取れますか???
それなら歯ブラシの方で効率が良い様な・・・。今では便利な歯間フロス
もありますし・・・。私の爪楊枝(トゥースピック)使用は、食事中、歯に
食べ物が挟まった時だけです。。。

投稿日時 - 2014-06-13 16:00:52

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-