こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「発達障害」をスピリチュアル視点で、どうみるか?

スピリチュアルに関心が有る人と、全く関心がない人が世の中にいますが、
スピリチュアルに関心が有り、かつ、高次元の霊的な視点での仮説をご提言いただける人へ、質問です。


質問内容は、
「発達障害」をスピリチュアル(霊的視点)の次元で、どうみるか?
です。



質問するにあたり注意:

「発達障害」の定義が、世間で、正しく啓蒙されておらず、そのことも知られていない。
その背景に、研究段階で「人と言う存在の要素」を認知されきれていない方々の心理状態
が起因!?
そのような影響から、もしかしたら、誤解され、錯覚状態に陥っていらっしゃられるけど、
多数派に属し、安心されてしまわれたご担当者さまが、もしかしたら多く、
「本質をご理解され難い洗脳/教育」がバック背景に、偏った知識を信仰され、
多数派の価値観を基準とした、偏見で定義されてしまっている!?
その可能性が高いのではないだろうか、ということ。

そのことを気がつき、ここで、質問するにあたって、「発達障害」の定義を整理しておか
なければ、間違った見解の御回答が増え、無駄なQ&Aに成りかねない為、事前に注意書き
を添えおります。

・「発達障害者と呼ばれる人」、「発達障害」の影響を受けている人
 (1次的(先天的)に、2次的(後天的)にも障害を、受けている人。)
 (社会性がある
    (障害の影響で、少数派の立場を内観しながら、多数派の価値観も受け入れ)。)
 (コミュニケーション能力が高い
    (高次脳機能障害みたいな状態で、言葉などへ翻訳が不自由でも
     周囲の多数派の価値観に合わせて、歩み寄って意思疎通計る。
     利他愛の溢れる人からは、信頼される。)。               )
 (こだわりがない
    (操り難い、身体との付き合いをするために、多数派の価値観にこだわらず、
     内観、俯瞰を繰り返し、チャレンジの繰り返しから、孤独なリハビリをし、
     脳の代替え機能を、手に入れている。もしも、拘っていたら、実現出来ない
     事を、多角的にチャレンジしている。)。                )
と、
・精神の発達が遅れている「代理ミュンヒハウゼン症候群」らしい人
 (利他愛がなく、利己愛ばかり。向上心がなく、向上欲ばかり。)
 (反省せず、誤摩化し、二枚舌で、責任転嫁の天才。)
 (障害を「能動的に」生み出している。)
 (社会性が無く
    (社会弱者の立場などを理解出来ない。社会弱者を踏み台にしている。)。  )
 (コミュニケーション能力が低い
    (二枚舌なだけで、価値観の違う人との意思疎通ができない
     価値観が似通った多数派に属し、都合良く発言し、周囲も、都合よく解釈し、
     似た価値観の人が多いから会話が成立しているだけ、だから、周囲の人は、
     「代理ミュンヒハウゼン症候群」の本性を気が付かない。)。       )
 (こだわりがある
    (利己愛で、いい人に思われたいだけ、利他愛無く、良い人に成る気がない。
     向上欲が強く、また、向上心が無い為、不徳を改めようとしない。
     多数派の価値観でしか解釈せず、少数派の立場を考えることをしない。)。 )
とが、
全く違うのにも関わらず、その社会の形成のされ方を、全く認知出来ない人が溢れている!?



「発達障害」の定義の基礎:

私なりの仮説ですが、人を構成する要素として
・霊(神霊)的な要素
・心理的な要素
・物質(身体)的な要素
・社会、環境的な要素
を想定しております。

WHO(世界保健機関)でも、健康に関する憲章として、既にご検討されているらしい
ことです。

・物質(身体)的な要素
・社会、環境的な要素
が、恵まれた状況で、育った人の中で、
・霊(神霊)的な要素
・心理的な要素
が、劣り/幼く、認知出来難いタイプの人には、ご理解いただけていない定義!?
です。

その為、以下の様な、全く別の事象/因果で、起きている障害、に対しての捉え方が、
違い、混同され、正しく認知できない人がいます。



「発達障害」の定義:

(1)「発達障害」の先天性の障害:

  本質的な障害は、
   1、生まれつきの、高次脳機能障害の様な、生き難さ。
     「発達障害」の影響を受けている者は、思っても、思った様に言葉を発する
     ことが難しく、誤解され易い。
     多数派が、身体(脳、肉体)を操るとき自動化(無意識で変換)されている
     機能が、
     少数派(「発達障害」の影響を受けている者)では、
     機能せず、身体(脳、肉体)を操るとき、脳の代替え機能を構築する努力が
     必要。

   2、五感が、相対的に言えば、多数派よりも、研ぎすまされている。
     神経系として、多数派にセンサーが無い部分に、痛点などのセンサーが存在
     する。
     多数派の価値観(鈍感さ)を強要されると、ギャップが生じ、
     多数派と、少数派という、因果で、多数派の価値観を強要されてしまう為、
     コミュニケーションが成り立たない。

(まず、上記のポイントが、世間で、誤解され、真逆に解釈されたり、少数派が劣って
 いるかの様に情報化され、本末転倒な啓蒙がされている。ここで俯瞰すべき事は、
 本当に生き難さを感じ、苦労されているのは誰なのか?)


(2)「発達障害」の後天性の障害:

   本質的な障害は、
    3、高次脳機能障害の様な、生き難さを、周囲から理解されず、
      精神疾患であるかのように、誤診されてしまい、薬物の作用(毒の麻痺)が
      付加され、
      偽善者によって、人為的に、ハードルが増やされ、
      脳の代替機能が、破綻し、2次的障害を受けていること。

    4、「発達障害」
      と、
      「精神の発達が遅れた精神性(代理ミュンヒハウゼン症候群など)」
      との
      違いが、霊格の低い人に、理解されないことで、
      「・社会、環境的な要素 」
      が、適正に評価されず、

      その因果から、混同された(因果がすり替わった情報の)啓蒙が行なわれた
      為、
      社会の適正な福祉(サポート)事業が、形成されず、
      偽善者が、いい人に思われる為の、
      偽装福祉(偽装サポート:踏み台化)事業が、形成され、
      ・・・・・
      結果的に、
      「発達障害」の影響を受け、生き難い人に対する、サポート事業は皆無。
      逆に、
      「精神の発達が遅れた精神性」つまり
      「代理ミュンヒハウゼン症候群など」の特性を(能動的に)持っている、
      偽善者の完全犯罪を後押しする、サポート事業が、繁栄(盛況)。
      その背景から、
      「発達障害」の影響を受け、生き難い人は、2次的障害を受けている。

(まず、上記のポイントが、世間で認知されず、誤解され、真逆に解釈されたり、
 少数派が劣っているかの様に情報化され、本末転倒な啓蒙がされている。
 重要なのは、本当に苦労している誰なのか。
 誰が、障害を生み出しているのか、誰が、障害の影響を受け、生き難いのか。)


高次元から、俯瞰して、
「発達障害」の影響を受け、生き難い人は、

・霊(神霊)的な要素
・心理的な要素
は、正常。

しかし、
・物質(身体)的な要素
は、
・霊(神霊)的な要素
・心理的な要素
と、
相関機能(I/O:Input/Output)を補う作用(比喩:PC用ドライバ的作用)が、
何かしらの理由で、(比喩:pc周辺機器対応のドライバが、OSに組み込まれず、)機能し
ていないのではないか?

上記の様に、仮定してみますと、その時、「発達障害」の特性について、辻褄が合うのでは
ないか、と提言してみました。
ここで、「発達障害」は、スピリチュアル(霊的視点)の次元で、どうみえるのか?

スピリチュアル(霊的視点)で、仮説に破綻が有るのか?

質問:
「発達障害」の影響を受け、生き難い人は、スピリチュアル(霊的視点)の次元で、
 どうみるか?



補足1:
以前の質問にて、私の人生を勝手に占ったみたいな、質問に全く関係ない書き込みを
された人がいました。
霊的な話をされる前に、まず、物質界でのコミュニケーション能力を高めていただい
て、それが正常に出来る方々の中で、スピリチュアル(霊的視点)の次元でのご回答
をいただけますよう、お願い申し上げます。

補足2:
スピリチュアルに関心が有り、かつ、高次元の霊的な視点での仮説をご提言いただける人へ、質問です。

投稿日時 - 2014-03-24 07:10:49

QNo.8526477

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

「高次元の霊的」といえば、「神」の領域ですよ。人間がわかることではないような気がします。とはいえご自身は直感的に納得しておられるのかもしれず、質問者さまを納得させる回答は「神の声」しかありません。

投稿日時 - 2014-03-26 18:08:25

お礼

nomark30tさん、こんにちは。

今回も御回答ではなく、最近はツッコミモードみたいですね。(笑)
できれば、御回答を御願い致します。

nomark30tさんは悪意がないと想像しております。
ご好意の意見として伺っております。
その意味で、ご理解下さり有り難うございます。

nomark30tさんの仰りたいお気持ちは伝わってきます。


>「高次元の霊的」といえば、「神」の領域ですよ。

一般的に、その様な考え方の人もいるかもしれませんね。

但し、「神」を誤解されている人が多いように思います。
例えば、

青森の木村藤子さんのメッセージを・・・
「神」からのメッセージとご表現されたり、
「青森の神様、木村藤子さん」と仰られている人の場合、
誤解されていると思います。

宗教の教祖のメッセージを・・・
「神」からのメッセージと仰られている人の場合、
誤解されていると思います。

とにかく、「神」を誤解されている人が多いように思います。
(「神」ではない対象を、「神」とか、「神様」と思っている人が
 多いように思います。)



私が、こちらの質問で、ご回答を求める人のスキルとしては、

ご霊さんと、「神」が違うことが分り、
また、
「神様(神の様な存在)」と、「神」が違うことが分り、
また、
宗教の教祖のメッセージは、「神」などと直接通信していないことが分り、
また、
「神の声」という言葉をよく耳にしますが、「神の声」など存在しない
ことが分り、
(神界ではなく、神霊界の下層の雑務をこなし、霊界とのサポート役が
 守護霊を通してメッセージを伝えてくる程度なら有り得ることが分り。)
また、
守護霊などとコンタクトを執った経験が有り、その現象をご理解されていて、
江原啓之さんが、やっていることを何となくご理解いただけている人の
スキルレベル以上を求めております。


ご理解いただけそうな方々、よろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2014-03-30 20:22:43

>どうみるか?

そういうもろもろの苦しみを経て、霊的に成長することにより、人の痛みが分かりレヴェルの高い霊になります。そのために現世に生を受けるのです。

例えば、「代理ミュンヒハウゼン症候群」による虐めを許してはならない、という思いやり。

「発達障害」の人に対する思いやり。

そういうことを、肌身で感じて成長するために現世に生を受けます。

そうして色々と利他的な世界観を構築して、現世を卒業して行きます。例えば、社会というものを真剣に考えたりだとか。

投稿日時 - 2014-03-24 22:15:11

ANo.1

 申し訳ないですが、前提においてのことは詳しいので少しお話を。
 発達障害は全人類にある得意不得意の特質の範囲を言うモノで、それが多数決、つまり大多数の資質から外れている場合に、集団生活での不都合が生じていることを言います。すなわち、スピリチュアル的に言うのは不毛です。障害と名付けられているだけのモノは他にも多く、この概念は考え直すべきと考えます。
 例えば色盲にしてもいろいろありますが、色盲の方が優性遺伝であれば、色盲でないと思っている我々が障害を持っているといわれることになります。メガネの方も眼球の歪みや焦点の不一致の遺伝子を持つ故視覚障害ですし、耳が遠くていちいち聞き返す方も、障害です。それを「なぜそれが障害なんだ」と考えるのは、すでに自分を安全な位置=大多数の側に置きたがる安心故の差別観ですね。逆上がりが大人になってもできなければ、体育方面の学習障害かもしれません。だけど、それを言うと「それまで言うと何でもかんでも障害じゃないか」と言われます。そうなんですね、本質は。マイノリティを外したがる島国根性の日本にはうってつけの感覚です。
 
 スピリチュアルの感覚は私は少し疎いですが、発達障害の息子を育てて、脈々と受け継ぐうちの家系を顧みるとその性質は仕事を普通にしている私たち先祖も係っていることを実感します。それが自分の仕事と結構リンクすることを感じるとき、私のために息子や親がいることも実感します。そしてそれが自分の生まれてきた意味であることもたまに思ったりしますね。不思議な感覚で、ある程度息子の方向性が定まりつつあり、その無理難題との闘いに今落ち着きを迎えつつあります。
 

投稿日時 - 2014-03-24 09:44:42

補足

toshipeeさん、こんにちは。

>それが自分の仕事と結構リンクすることを感じるとき、私のために息子や
>親がいることも実感します。

上記にて、toshipeeさんが何をおっしゃられたいのか?
下記の「4要素」のどれについての因果か、ご解説いただけないでしょうか?

++++++++++++++++++++++++++++++
私なりの仮説ですが、人を構成する要素として
・霊(神霊)的な要素
・心理的な要素
・物質(身体)的な要素
・社会、環境的な要素
を想定しております。
+++++++++++++++++++++++++++++++

toshipeeさんは、上記4要素のどれについて、コメントされていますか?


>不思議な感覚で、ある程度息子の方向性が定まりつつあり、その無理難題と
>の闘いに今落ち着きを迎えつつあります。

「不思議な感覚で、ある程度息子の方向性が定まり」
を、上記、4要素で立て分けて、因果をtoshipeeさんがご説明いただけますか?

ここまで申し上げて、質問の基本事項を改めて申し上げます。

++++++++++++++++++++++++++++++++
高次元の霊的な視点での仮説をご提言いただける人へ、質問です。

質問内容は、
「発達障害」をスピリチュアル(霊的視点)の次元で、どうみるか?
です。
++++++++++++++++++++++++++++++++



質問事項について、宜しくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2014-03-25 08:44:29

お礼

toshipeeさん、こんにちは。

ご意見を下さり、有り難うございます。

toshipeeさんが、自信ありげな分野に対しても合わせて質問致します。
(以下長文で失礼致します。)

>発達障害は全人類にある得意不得意の特質の範囲を言うモノで、
>それが多数決、つまり大多数の資質から外れている場合に、
>集団生活での不都合が生じていることを言います。

toshipeeさん理論では、
「発達障害」=「全人類にある得意不得意の特質の範囲を言うモノ」
で宜しかったでしょうか?

情報の擦り合せの為、情報を細分化致します。

得意・・・
 1 自分の思いどおりになって満足していること。「―の絶頂」⇔失意。
 2 誇らしげなこと。
 3 最も手なれていて自信があり、じょうずであること。
(goo辞書より)

不得意・・・
 1得意でないこと。また、そのさま。不得手。
(goo辞書より)

特質・・・
そのものだけがもっている特別の性質。特性。
(goo辞書より)


上記を整理しますと、toshipeeさん理論では、
「発達障害」が、「満足や自信などの気分的な特性の違いのことだ!」
と仰られたのでしょうか?

その様に誤解されていらっしゃる人(物質的な特性が与えられ、
その時恵まれていることを気がつかない人、それは当たり前であり、
まず、他人の物質的な生き難さに気がつかない人、また、社会的環境
特性が与えられ、その時恵まれていることを気がつかない人、それは
当たり前であり、他人の社会的環境の生き難さに気がつかない人、
つまり、社会の生き易さ生き難さはご本人の気分、努力次第で違いが
生じるかの如く、精神疾患分類に定義して満足されている人、偏見者)
が多いのは知られているが、ご存知でしょうか?


toshipeeさん理論では、
「得意不得意の特質(満足や自信などの気分的な違い)」が、
「多数決、つまり大多数の資質から外れている」ことを起因とし、
「集団生活での不都合が生じている」
それが、「発達障害」
と仰っていると理解して宜しいでしょうか?



toshipeeさんの上記のお話は、
[「二枚舌の精神異常」や「精神性遅滞」などと]
と、
[「障害」と「発達障害」]
の定義を混同され、かつもの凄く誤解されていませんか?

「発達障害は全人類にある得意不得意の特質の範囲を言うモノで、」
とご主張されていましたが、
まず初歩的な第1歩から、誤解が始まっていませんか?

toshipeeさんが、「発達障害」=「得意不得意の特質」と定義され、
そこを仰りたいのは、
誤解の元と思われませんか?

その前提で、toshipeeさん理論を、私なりに解釈して展開しましたが、
反論があろうかと思います。

今の段階で、toshipeeさん理論を、私なりに解釈しましたが、
決めつけている訳でなく、確認の為の質問を行なっております。

もしも、toshipeeさん理論が、私の解釈通りの場合、
「発達障害」への偏見さが、当たり前と先入観を保たれて、その行い

発達障害の影響を受けて、生き難い人を更に生き難く状態へ追いやり
人生を破綻させているかもしれないことを、ご想像できますか?

もしも、toshipeeさん理論が、私の解釈通りの場合、
上記の現実逃避的な偏見が、誤解の1つめの理由ではないでしょうか?


>すなわち、スピリチュアル的に言うのは不毛です。

toshipeeさんのお気持ちは、解釈致しますが、
おそらく、toshipeeさんが思い描かれているスピリチュアルの定義が、
どのようなものか、ご説明いただかない事には、「不毛」と明言され
ましても、理解しがたい為、質問致します。

toshipeeさんの「スピリチュアル的」とは、どの様なご定義でしょうか?

toshipeeさんの「スピリチュアル的」とおっしゃられる定義が曖昧であれば
誤解の2つめの理由になるのではないでしょうか?


toshipeeさんが思い描かれているスピリチュアルの定義では、
「発達障害」の因果に、無関係と仰られたいのでしょうか?

それとも、スピリチュアル的な話題自体が、不毛な話題で、採るに足らない
と、仰られたのでしょうか?


>障害と名付けられているだけのモノは他にも多く、この概念は考え直すべきと考えます。

toshipeeさんのお気持ちは、解釈致しますが、上記のtoshipeeさん論理が
情報不足過ぎ、ハッキリしません。
上記だけ拝見しますと、toshipeeさん論理は、飛躍し過ぎではないかと思えてしまいます。
toshipeeさん論理の展開の詳細をご説明いただけないでしょうか?


ここまでの流れを整理します。

toshipeeさんのイメージされていらっしゃる「・・・障害」と
「発達障害」の定義が曖昧で、かつ因果関係が破綻しているように思われる為、
「発達障害」の影響を受けて生き難さを耐えている人の現実を、お気づきでなく、
無視されているようにみえます。

「発達障害」の影響を受けて生き難さを耐えている人が、
どれだけ苦労されているか、ご存知でしょうか?

>それを「なぜそれが障害なんだ」と考えるのは、
>すでに自分を安全な位置=大多数の側に置きたがる安心故の差別観ですね。

上記、toshipeeさん論理では、何を仰られたいのか、主旨が解りません。
toshipeeさんが、何を拘られて、どんな「障害」概念をご主張されたいので
しょうか?

「それを「なぜそれが障害なんだ」と考えるのは、」

のご説明との脈略がとても解り難く。

断片的に意味が分かりますが、
全体として、前半2行と、後半2行の、関連性について、私には理解不能です。

もう少し、脈略を解り易くご表現いただけないでしょうか?

投稿日時 - 2014-03-25 08:42:40

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-