こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「発達障害」をスピリチュアル視点で、どうみるか?

スピリチュアルに関心が有る人と、全く関心がない人が世の中にいますが、
スピリチュアルに関心が有り、かつ、高次元の霊的な視点での仮説をご提言いただける人へ、質問です。


質問内容は、
「発達障害」をスピリチュアル(霊的視点)の次元で、どうみるか?
です。



質問するにあたり注意:

「発達障害」の定義が、世間で、正しく啓蒙されておらず、そのことも知られていない。
その背景に、研究段階で「人と言う存在の要素」を認知されきれていない方々の心理状態
が起因!?
そのような影響から、もしかしたら、誤解され、錯覚状態に陥っていらっしゃられるけど、
多数派に属し、安心されてしまわれたご担当者さまが、もしかしたら多く、
「本質をご理解され難い洗脳/教育」がバック背景に、偏った知識を信仰され、
多数派の価値観を基準とした、偏見で定義されてしまっている!?
その可能性が高いのではないだろうか、ということ。

そのことを気がつき、ここで、質問するにあたって、「発達障害」の定義を整理しておか
なければ、間違った見解の御回答が増え、無駄なQ&Aに成りかねない為、事前に注意書き
を添えおります。

・「発達障害者と呼ばれる人」、「発達障害」の影響を受けている人
 (1次的(先天的)に、2次的(後天的)にも障害を、受けている人。)
 (社会性がある
    (障害の影響で、少数派の立場を内観しながら、多数派の価値観も受け入れ)。)
 (コミュニケーション能力が高い
    (高次脳機能障害みたいな状態で、言葉などへ翻訳が不自由でも
     周囲の多数派の価値観に合わせて、歩み寄って意思疎通計る。
     利他愛の溢れる人からは、信頼される。)。               )
 (こだわりがない
    (操り難い、身体との付き合いをするために、多数派の価値観にこだわらず、
     内観、俯瞰を繰り返し、チャレンジの繰り返しから、孤独なリハビリをし、
     脳の代替え機能を、手に入れている。もしも、拘っていたら、実現出来ない
     事を、多角的にチャレンジしている。)。                )
と、
・精神の発達が遅れている「代理ミュンヒハウゼン症候群」らしい人
 (利他愛がなく、利己愛ばかり。向上心がなく、向上欲ばかり。)
 (反省せず、誤摩化し、二枚舌で、責任転嫁の天才。)
 (障害を「能動的に」生み出している。)
 (社会性が無く
    (社会弱者の立場などを理解出来ない。社会弱者を踏み台にしている。)。  )
 (コミュニケーション能力が低い
    (二枚舌なだけで、価値観の違う人との意思疎通ができない
     価値観が似通った多数派に属し、都合良く発言し、周囲も、都合よく解釈し、
     似た価値観の人が多いから会話が成立しているだけ、だから、周囲の人は、
     「代理ミュンヒハウゼン症候群」の本性を気が付かない。)。       )
 (こだわりがある
    (利己愛で、いい人に思われたいだけ、利他愛無く、良い人に成る気がない。
     向上欲が強く、また、向上心が無い為、不徳を改めようとしない。
     多数派の価値観でしか解釈せず、少数派の立場を考えることをしない。)。 )
とが、
全く違うのにも関わらず、その社会の形成のされ方を、全く認知出来ない人が溢れている!?



「発達障害」の定義の基礎:

私なりの仮説ですが、人を構成する要素として
・霊(神霊)的な要素
・心理的な要素
・物質(身体)的な要素
・社会、環境的な要素
を想定しております。

WHO(世界保健機関)でも、健康に関する憲章として、既にご検討されているらしい
ことです。

・物質(身体)的な要素
・社会、環境的な要素
が、恵まれた状況で、育った人の中で、
・霊(神霊)的な要素
・心理的な要素
が、劣り/幼く、認知出来難いタイプの人には、ご理解いただけていない定義!?
です。

その為、以下の様な、全く別の事象/因果で、起きている障害、に対しての捉え方が、
違い、混同され、正しく認知できない人がいます。



「発達障害」の定義:

(1)「発達障害」の先天性の障害:

  本質的な障害は、
   1、生まれつきの、高次脳機能障害の様な、生き難さ。
     「発達障害」の影響を受けている者は、思っても、思った様に言葉を発する
     ことが難しく、誤解され易い。
     多数派が、身体(脳、肉体)を操るとき自動化(無意識で変換)されている
     機能が、
     少数派(「発達障害」の影響を受けている者)では、
     機能せず、身体(脳、肉体)を操るとき、脳の代替え機能を構築する努力が
     必要。

   2、五感が、相対的に言えば、多数派よりも、研ぎすまされている。
     神経系として、多数派にセンサーが無い部分に、痛点などのセンサーが存在
     する。
     多数派の価値観(鈍感さ)を強要されると、ギャップが生じ、
     多数派と、少数派という、因果で、多数派の価値観を強要されてしまう為、
     コミュニケーションが成り立たない。

(まず、上記のポイントが、世間で、誤解され、真逆に解釈されたり、少数派が劣って
 いるかの様に情報化され、本末転倒な啓蒙がされている。ここで俯瞰すべき事は、
 本当に生き難さを感じ、苦労されているのは誰なのか?)


(2)「発達障害」の後天性の障害:

   本質的な障害は、
    3、高次脳機能障害の様な、生き難さを、周囲から理解されず、
      精神疾患であるかのように、誤診されてしまい、薬物の作用(毒の麻痺)が
      付加され、
      偽善者によって、人為的に、ハードルが増やされ、
      脳の代替機能が、破綻し、2次的障害を受けていること。

    4、「発達障害」
      と、
      「精神の発達が遅れた精神性(代理ミュンヒハウゼン症候群など)」
      との
      違いが、霊格の低い人に、理解されないことで、
      「・社会、環境的な要素 」
      が、適正に評価されず、

      その因果から、混同された(因果がすり替わった情報の)啓蒙が行なわれた
      為、
      社会の適正な福祉(サポート)事業が、形成されず、
      偽善者が、いい人に思われる為の、
      偽装福祉(偽装サポート:踏み台化)事業が、形成され、
      ・・・・・
      結果的に、
      「発達障害」の影響を受け、生き難い人に対する、サポート事業は皆無。
      逆に、
      「精神の発達が遅れた精神性」つまり
      「代理ミュンヒハウゼン症候群など」の特性を(能動的に)持っている、
      偽善者の完全犯罪を後押しする、サポート事業が、繁栄(盛況)。
      その背景から、
      「発達障害」の影響を受け、生き難い人は、2次的障害を受けている。

(まず、上記のポイントが、世間で認知されず、誤解され、真逆に解釈されたり、
 少数派が劣っているかの様に情報化され、本末転倒な啓蒙がされている。
 重要なのは、本当に苦労している誰なのか。
 誰が、障害を生み出しているのか、誰が、障害の影響を受け、生き難いのか。)


高次元から、俯瞰して、
「発達障害」の影響を受け、生き難い人は、

・霊(神霊)的な要素
・心理的な要素
は、正常。

しかし、
・物質(身体)的な要素
は、
・霊(神霊)的な要素
・心理的な要素
と、
相関機能(I/O:Input/Output)を補う作用(比喩:PC用ドライバ的作用)が、
何かしらの理由で、(比喩:pc周辺機器対応のドライバが、OSに組み込まれず、)機能し
ていないのではないか?

上記の様に、仮定してみますと、その時、「発達障害」の特性について、辻褄が合うのでは
ないか、と提言してみました。
ここで、「発達障害」は、スピリチュアル(霊的視点)の次元で、どうみえるのか?

スピリチュアル(霊的視点)で、仮説に破綻が有るのか?

質問:
「発達障害」の影響を受け、生き難い人は、スピリチュアル(霊的視点)の次元で、
 どうみるか?



補足:
以前の質問にて、私の人生を勝手に占ったみたいな、質問に全く関係ない書き込みをされた人が
いました。
霊的な話をされる前に、まず、物質界でのコミュニケーション能力を高めていただいて、それが
正常に出来る方々の中で、スピリチュアル(霊的視点)の次元でのご回答をいただけますよう、
お願い申し上げます。

投稿日時 - 2014-03-19 08:35:59

QNo.8519867

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

霊魂は多くの現象が世界中ありますから「存在するはず」。しかし見たことはないです。 霊界となると「他人のまた聞き」「本、番組の内容」なんで、これも自信をもって言えませんなぁ。ましてや発達障害と霊の関係に至っては「わかるはずがない」なんでしょう。

投稿日時 - 2014-03-19 09:38:35

補足

質問以外の御意見をいただき、その後、他の御回答も無く、
追記情報を必要と感じた為、一旦こちらを閉めさせていただきます。

投稿日時 - 2014-03-24 06:23:42

お礼

nomark30tさん こんにちは。

ご意見は拝見致しました。
ありがとうございました。
nomark30tさんへ、確認したい事が、大きく2つあります。


私は、

++++++++++++++++++++++++++++++++++
高次元の霊的な視点での仮説をご提言いただける人へ、質問です。


質問内容は、
「発達障害」をスピリチュアル(霊的視点)の次元で、どうみるか?
です。
++++++++++++++++++++++++++++++++++

と質問欄の分り易い先頭部位に記しておいてあります。



失礼な事を申し上げるようですが、nomark30tさんのご意見は、
[ 高次元の霊的な視点での仮説をご提言いただける人 ]
に当たるような人が、回答されるだろうと想定されるご回答を下さりましたでしょうか?




もしも、私の質問が、

皆さまのなかで霊魂を理解できる人がいますか?
もしも霊魂をご理解できる人がいらっしゃれば、霊魂ってどんな感じですか?
見えますか?
どのように解釈されていますか?
霊界はどうなっていますか?
発達障害と霊の関係を分りますか?

であれば、nomark30tさんのような、ご回答になってしまうこともあるかと思います。


しかし、今回の質問文では、nomark30tさんへ誤解を与える様な質問ではないと思いたい
のですが、私の質問文に、問題がありましたでしょうか?


追伸:

さらに、nomark30tさんは、別の観点で、私の質問をご覧いただけていない感じを受けます。


理由は、

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私なりの仮説ですが、人を構成する要素として
・霊(神霊)的な要素
・心理的な要素
・物質(身体)的な要素
・社会、環境的な要素
を想定しております。

WHO(世界保健機関)でも、健康に関する憲章として、既にご検討されているらしい
ことです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

と記しておきましたが、ご覧いただけていましたでしょうか?

nomark30tさんが、
「霊魂は多くの現象が世界中ありますから「存在するはず」。しかし見たことはないです。」
と、ご表現されている部分が、気になります。

もしかして、nomark30tさんは、死んだら、何かの拍子で、霊魂が発生し、それが見える
かもしれないぐらいにお考えでしょうか?
nomark30tさんは、霊魂をご覧になられた事が無いとの、ご表明みたいでしたが、
根本的な定義の部分で、思い違いされ、偏見レベルのお話を仰られていませんでしょうか?

もしもそうであれば、霊的真理の根本的な部分で、洗脳され、誤解されていらっしゃるのでは
ないでしょうか?

「わかるはずがない」のではなく、そのお言葉の真実は、
多くの皆様が、事実と違う、妄想の霊魂像、イメージを皆さまが都合良く定義され、
「そんなの分るはずないだろ!」っていう論理に成っている事をお気づきになられていない
のではありませんか?

上記を解説致します。
お笑い芸人の[ザ・たっち]という双子が、床の上で仰向けになり、もう1人がその上で仰向けに成り、
そこで、「幽体離脱!!」とご発声されながら、上の人が、上半身だけ、起き上がるという
コントのシーンをテレビなどで、ご覧になられた事がございませんでしたでしょうか?

nomark30tさんは、霊魂をご覧になられた事が無いのではなく、実は、いつも見ている。
だけど、それを見ていると、認知できていないだけだったのではないでしょうか?

私の申し上げている意味がご理解いただけますでしょうか?

比喩を用いて解説申し上げますと。
皆さまは、引力が働いている現象を、いつもご覧になっていると思います。
しかし、なぜ、そう思うのでしょうか?

万有引力と言う概念をご存知であり、その意識で、受け止めていらっしゃるからではないでしょうか?
逆に、万有引力と言う概念をご存知でない方は、「重いから下に落ちる」としか認知されず、見えず、
「引力が働いているから、落ちる」と見えず、認知できないと思いませんか?

nomark30tさんが、「見た事がない」と仰られたのは、見た事がないのではなく、認知されていない、
という、解釈時の誤解があるのだろうと思いますが、如何でしょうか?


更に付け加えます。
「障害者」という言葉のトリックで、多くの皆様が洗脳されている事をお気づきでしょうか?

もう少し、補足致します。
皆さまは、「障害を持っている人」「障害を抱えている人。」と
平然と当たり前の様にご発言され、耳にされていませんでしたか?

皆さまは、「能動」で表現されている事に、違和感を受けなかったでしょうか?

もしかしたら、皆さまは、因果、理論と言う事を、完全に無視されて、妄想で生きていても、
多数の価値観が正しいと思い込み、お気づきになられていないのではないでしょうか?

今まで、多数が妄想事を共通認識とし、まま成っていたことをお気づきでないのかもしれません。

私の申し上げている意味がご理解いただけますでしょうか?

通称、「障害者」と連呼される人は、能動的に障害を持っている訳でもなく、抱えている訳でもない。

また、「発達障害」とは、「 精神の発達が遅れている症状でもない 」。

しかし、とんでもない偏見を当たり前の様に、洗脳されている肩書きの立派な人がいます!!
皆さまは、肩書きに騙されていませんか?

騙しているのは誰でしょうか?

「偽善者」「「代理ミュンヒハウゼン症候群」の特性を能動的に持っている人」
気がつきませんか?
見えませんか?


本当に、障害を能動的に持っている、生み出している人です。

「偽善者(偽装界ご出身の霊魂)」は、
そのことを、悟られない様に、巧妙にカムフラージュ、責任転嫁を繰り替えいている。
天才的な二枚舌。
反省されない。
利他愛がない。
向上心が無い。
偽善者にとって都合が良いことばかり、画策し、他の立場の人を思いやれる、社会性がない。
多数派の立場を悪用し、コミュニケーション能力があるかのように、洗脳し、錯覚させ、二枚舌なだけ。
立場の違う相手に歩み寄る、コミュニケーション能力が著しく欠落しているけど、口がうまいから、
コミュニケーション能力があるかのように、偽装されている。
洗脳。

そんな、「偽善者」、
精神の発達の遅れている「「代理ミュンヒハウゼン症候群」の特性を能動的に持っている人」を
皆さまは、気がついていらっしゃられるのでしょうか?
見えませんか?
認知できませんか?

私の申し上げている意味がご理解いただけますでしょうか?

こだわりの強いほとんどの方々は、そのトリックにお気づきになられていないのではないでしょうか?

私の申し上げている意味がご理解いただけますでしょうか?


まだ、ご理解いただけない方々は、普段から、ご自身の価値観で、都合良く相手の話を聞き、
文字列をご覧になられていただけではないでしょうか?

因果、理論をご理解されず、相手の話を聴いている振りだけされ、ご理解されていなくても、
でも、多数派に属し、似た者同士だから、ご自身の価値観で都合良く解釈されていただけ、
でも、話が通じたかの様に、錯覚。

そんな因果で生かされていたに過ぎなかった事さえも、全くお気づきでないのかもしれません。

私の申し上げている意味がご理解いただけますでしょうか?


物質界という制約された条件下で起きている現象を、上記でご説明申し上げました。
まだ、ご理解いただけないでしょうか?


まだ、ご理解いただけない場合、もしかしたら、
洗脳された、先入観にとらわれ過ぎて、洗脳から抜け出せず、ご理解いただけない心理状態の
ままなのでしょう!?

投稿日時 - 2014-03-20 20:40:58

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-