こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

大学 カウンセリング

先日、大学に週1でやってくる校医の先生にカウンセリングをうけました。
僕が、訳あって今現在は祖父母に養ってもらっていること。
現在3年生で少しずつ改善しているが、入りたての1年生や2年生の時にクラス単位の授業が多くて
クラスメイトと一悶着あり悩んでいたこと。
加えて当時は一人暮らしで精神的に弱っていたのか
慣れない環境に不適合だったのか、大学自体が気に入らなかったためか、
もちろん一番の原因は自らの怠慢ですが、
遅刻が多かったこと。
これらが重なり単位をかなり落としてしまったこと等を伝えました。

母親が統合失調症の症状があったことも伝え、それにより自分は過去に様々な体験をしたことを伝えました。詳しくは述べませんが母親の病気のせいで人前で恥ずかしい思いをしたことなどを話しました。母親は普段は温厚なのですが、普通の人とは感覚が違っているという感じです。

するとカウンセリングの校医は、
統合失調症というわけではないが、あなたは何か色々抱え込むことがたまって外部から忙しい状態になると統合失調症の手前のような症状がでるといったことを言いました。
しかし、
僕は地元でカウンセリングを受けた時は、
大学で困難があるようだけど僕自身におかしい所があるのではないからこれからも頑張って。
ときっぱり僕は平常だと言われています。
そして、
幼い頃から僕は母親が通院している精神病院に顔をだしていますが、
いつもよい息子さんだねとほめられてきました。特に高校生の時は母親の身体に病が発生し、精神病院に僕が頻繁に通い、お母さんのたった一人の息子さんだから、君がお母さんのことを手助けしてあげるようにと言われ、
君がしっかりとしているからお母さんも大丈夫だよと精神病院の先生にも言われています。

もちろんカウンセラーによってカウンセリングの結果も変わると思いますが、
自分は母親が統合失調症だから自分もまさかそのような面を持っているのかと非常にナイーブになっています。
加えて、ここでは割愛しますが現在大学を通じて留学(僕一人ではなく団体で留学するものです)をする予定です。その留学で僕が団体行動をきちんとしルールを守れるかということが今先生から厳しく聞かれています。単位を落としてきた過去があるので。
朝起きれない病気ではないと地元のカウンセリングで言われているので、
無論早寝早起きは自身の自覚にかかっています。
しかし僕は人と仲良くやったりという団体行動の留学に不安があると大学の事務に伝えたことに加えて、

先ほど説明した校医のカウンセリングで、
なんだか僕に統合失調症の症状があるようなないようなことを言われていることも大学の心象を悪くしているようです。

質問ですが僕は幻覚も幻聴もないし、誰でも心の風邪のようなものはあると思うのに、
校医の先生は
統合失調症という言葉を僕に使ってきたことが僕は果たして統合失調症の手前の症状なのかと疑問と、嫌悪です。
加えて大学は僕を団体留学に行かせたくないようなくらいなんくせつけてくるのですが僕は団体留学に行ってはいけないのでしょうか。

文から分かる範囲で、簡単でもよいので誰かが僕の疑問に答えてくれるだけで嬉しく思います。

投稿日時 - 2014-01-22 02:07:32

QNo.8440889

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

医療関係者ではありませんが。

>校医の先生にカウンセリングをうけました。
>僕は地元でカウンセリングを受けた時は
>君がしっかりとしているからお母さんも大丈夫だよと精神病院の先生にも言われています。

3者とも、精神科医ですか?

全員、精神科医として、話を進めます。

「校医」は「一番あなたがしんどい時」に面談したのですよね。

では「地元」は「あなたがどんな状態」の時だったのでしょう?

また、文面から推測すると「精神病院の先生」はあなたを直接「診察」したわけではないのでしょう。

ですので「精神病院の先生」は患者の家族として、あなたに接しただけです。検査や診断を行ったわけではない。ですので、彼のその言葉は「お大事に」と言う「家族へのいたわり」の言葉の意味しかないのでは?

「校医」と「地元」でのあなたの様子次第で「診断」は変わってくるのでは?

ただ「校医」の言葉は「統合失調症というわけではないが、あなたは何か色々抱え込むことがたまって外部から忙しい状態になると統合失調症の手前のような症状がでる」ですよね。

それって、あなたには「リスク」があるというだけです。別に「地元」の先生と違うことを言っているのではないでしょう。「現状は『平常』である。ただし、環境要因で遺伝要因が発症しかける可能性はある」(あくまで「発症しかける」であって「発症する」ではありません)と言っているだけではないでしょうか?

http://www.smilenavigator.jp/soukyoku/life/report/eve04_01.html

ですので、あなたとしては「自分の生活に負荷がかかりすぎる環境」は、なるべく避けた方がよく、もし、ストレスがかかるようならば、小まめに「ストレス解消」に取り組むべきでしょう。

>なんだか僕に統合失調症の症状があるようなないようなことを言われていることも大学の心象を悪くしているようです。

それは「ありえない」かと。もし、本当に「校医が学生の症状を本人の同意なしに大学に知らせた」のならば、「医師の守秘義務違反」になる可能性があります。一人の学生のために、医師がそんなリスクを背負うとは思えませんが…

>僕は幻覚も幻聴もないし、誰でも心の風邪のようなものはあると思うのに、
>校医の先生は統合失調症という言葉を僕に使ってきたことが僕は果たして統合失調症の手前の症状なのかと疑問と、嫌悪です。

あなたの「統合失調症」と言う言葉への「嫌悪感」を「校医」は気付かなかったのかもしれませんね。
ただ、上記のように「統合失調症の手前」は「統合失調症」とは違います。「抑うつ状態」が「うつ病」とは違うように。

>加えて大学は僕を団体留学に行かせたくないようなくらいなんくせつけてくるのですが

「難癖」って…
実際、「集団行動」を求められる予定があって、過去の行動(遅刻で「単位を落としてきた」)があるから「厳重注意」を受けただけでしょう。「管理者」としては「当然」の行動をしているだけかと…

>僕は団体留学に行ってはいけないのでしょうか。

それは、あなたの「ストレスのかかり方」次第ではないでしょうか?
または、あなたの「ストレス解消法」の確立具合かと…

私見です。

投稿日時 - 2014-01-22 09:24:01

お礼

回答ありがとうございます!
確かに地元と大学では受けた時の状態もことなっていました。
おっしゃる通り
前科があるので大学の先生も厳重注意をしてきます。

そのために、実は、
大学の校医の先生と面談をし、結果問題のある生徒は団体留学と同じような内容を、代わりに日本で受けられるという制度があります。僕は留学を希望しているのに日本で授業だけ同じものを受けるというこの制度は望むものではありません。

先生方はこの留学と同じような内容を日本で受ける制度を僕に進めてきており、今回の校医の面談は僕が留学できるだけの精神的健康状態であるかという診断の側面もありました。校医はそうは言いませんでしたが、カウンセリング終了後校医が退室し、即座にその場に大学の留学担当者が現れ、精神的に今不安があるのなら日本で代わりのプログラムを受けるようにと強く進めてきました。無論校医が診断内容を告げたかは明らかではありませんが、
カウンセリングと大学の事務が密につながっているので、
私が診断を受けたことは大学の留学事務の方にも伝わっていたようです。

上記の点は先ほど書き忘れていたことです。
あとは全てご指摘の通りであると思います。お時間を割いていただき感謝申し上げます。

投稿日時 - 2014-01-22 10:53:23

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-