こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

鉄道の安全監査に国土交通省の責任は?

JR北海道のレール検査放置は1年も前からだそうで ずさんそのものですね。

JR北海道の責任はあるとして、それを放置してきたことを監査していない国土交通省の認可責任はそうなっているのでしょうか?  安全検査及び対策は、事業者にお任せなのでしょうか?

「基準」の審査だけで、運用は見て居ない?

また、これって 北海道だけの問題とは思えないのですが、、、。
元は同じ国鉄、今ごろ他のJRはあわてて レールの補修をしているのでしょうか?

投稿日時 - 2013-09-25 14:01:12

QNo.8279134

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 JR北海道は遠大な赤字路線を抱えている会社ですから、本来民会会社として自立できるはずがありません。それを一律に民営化してしまったところに最大の原因があります。

 何しろ、それなりに利益を上げられるのは函館ー札幌ー旭川間とその周辺だけです。それ以外は大赤字路線で、人口密度を考えても改善の見込みはほぼありません。
 一方、函館ー札幌間は新幹線の建設がほぼ決まっています。つまり、在来線に金をかけて改良工事をやっても近い将来無駄になるわけです。会社としては二の次になるのは当然です。
 一方、車両は在来線としては最高レベルの速度を誇ります。飛行機やバスとの競争を考えれば、高速にする必要があったからです。メンテナンスをろくにしていない線路に高速車両を恒常的に走らせれば、トラブルが起きない方が不思議です。

 これは、JR北海道だけの問題ではありません。今後自動車が減って関連収益が減少すれば、道路のメンテがろくに出来ないこともあり得ます。現に高度成長期に造られた高速道や橋が至る所でトラブルを起こしています。JR北海道のように一社で管理しているわけではなく、全国に散っていてニュースバリューが無いので報道されないだけです。

 政治家も、選挙運動で「インフラのメンテをしっかりやります」と言っても住民はあるのが当然と思っていますからセールスポイントになりません。新しく造ることを約束した方が当選するのです。今後、老朽化した道路や橋、鉄道が全国に溢れるのは避けられないと思います。

投稿日時 - 2013-09-25 14:56:45

お礼

なるほど、これって構造的問題だったのですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-09-26 16:29:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

>事業者にお任せなのでしょうか?

そうです。

>運用は見て居ない?

問題があれば、早急に善処します。
それがお役所仕事というやつです。

>今ごろ他のJRはあわてて レールの補修をしているのでしょうか?

予算があればね。
大抵は、緊急点検を実施しました。
というところでお茶を濁しているはずです。

>認可責任はそうなっているのでしょうか?

場合によっては、JR北海道認可を取り消すでしょう。
それでも責任を取ったことになります。
困るのは地元ですよ。

投稿日時 - 2013-09-25 17:56:36

お礼

なるほど、やはりお役所仕事なのですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-09-26 16:30:34

ANo.2

そりゃそうでしょう。
日本人はなんでも行政に責任押し付け過ぎ。
そのために公務員の人数や活動が幾何学的に膨らみ異常に税金がかかってるんじゃん。
なんでもかんでも行政に責任取らせてなんでもかんでもやらせればいいってもんじゃないんだよ。
まかせっぱなしではなくて、自分達で何かしようとかいう考えはないのか?

投稿日時 - 2013-09-25 15:41:46

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-