こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

障害児を持つ母親の孤独

障害のある子供を育てています。息子ですが、知的・発達障害があります。
去年まで普通の幼稚園に入れてましたが、今年度から病院の勧めで障害児専門の幼稚園にかわっています。

子供というより私自身のことなんですが、もともと引っ込み思案で、去年今住んでいる町に引っ越してきたのですが、いわゆるママ友とか、できるか不安でした。それまでフルで働いてて、職場メインの生活だったので、なおさら心配で。

でも子供を幼稚園に入れると、私にもママ友もぱらぱらできはじめ、地元の幼稚園だったので、誘ったり誘われたり、初めてのママ友世界で、まぁまぁ楽しくやっていました。

ですが、今年度になって息子を障害児専門の幼稚園に入れることになって…息子のためにもそれ自体は全く後悔していませんが、なんとなく孤独感にさいなまれています。

地元の幼稚園を離れ、今通っているのは、区外の幼稚園。それも区を1個またいで向こうという結構な遠方です。以前の幼稚園に通っていた時のママ友達からも、ランチなどのお声がかかる時はありましたが、やっぱり減りました。それに、やっぱり同じ幼稚園でないと話に入りづらいことも多かったり…。
それにランチならいいんですけど、子供を交えて遊ぶとなると、なんか誘いにくくなってしまいました。だって、うちの子だと多分、遊び相手にならないんです。幼稚園に入ったばっかりの頃は、そんなに発達の遅れも目立たなかったのですが、今、年中になり、目に見えて遅れてるな…と親の私でもはっきりわかるようになりました。

それに、なんとなく、健常児の子とは、息子を一緒に遊ばせたくないんです。多分、健常児の子に全くついていけない息子を見るのがつらいんです。息子はちょっとしたことで怒り出したり、他人にちょっかいかけたり、健常の子と遊ばせてると見てるこっちがはらはらして、とにかく私がフォロー入れないと、健常児の子が怒り出しちゃったり…。なんでこんなこともできないの!?なんて聞かれて、言葉に詰まったり…。前は年少だったこともあり周りの子も幼いというのもあって、なんとなくなじんでたのに、最近はついていけなさが目立ってます。

これって私の心が狭いんでしょうか?

新しい障害児幼稚園でも、もともと療育などに定期的に通っていたので、知り合いもいて、お話する人もいるのですが、結構みなさん遠方に住んでいらっしゃいます。家を行ったり来たり、公園で一緒に…なんてなかなか。

昔からの友達でちょうど同じ頃に子供を産んだ子もいるのですが、なんか会うのが億劫で最近は会っていません。特にその子の子供が息子と同い年で同じ性別とかだともう。息子のことは親ばかですが、障害児でもとってもかわいいと思っていて、育てるに苦労してますが、とりたてて不幸せだとかは思っていなかったのですが、きっと心のどこかで、息子と普通の子を比べられたくない、比べられて息子をおとしめられたくないと思ってるんだと思います。

以前の職場の友達とかで独身の子とかとたまに会うこともありますけど、以前は仕事の愚痴で盛り上がってましたが、今は私が仕事をしてないので、以前ほど盛り上がれません。障害がわかり、やれ療育やらなんやらで離職してしまいました。

なんか交友関係が急に狭くなった気がして、他の人とかどうなんだろうと思い相談しました。
私は心が狭いのかな、障害児を育てる覚悟が足りてないんだろうかとまで思ったりしています。
同じような経験された方いらっしゃいませんか?

投稿日時 - 2013-07-30 16:43:08

QNo.8198588

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

支援学校教員です。

多くの障がい児の保護者は、あなたと同じような悩みや孤独を経験していると聞いています。

どうしても、人は「共通する仲間」を求めます。女性の場合は特に。

それはお子さんにとっても同じではないでしょうか?

今のお子さんには「同じような障がいを持って、同じように色々悩んでいる仲間」も必要ですし、

お住まいの地域で「同じような環境で、同じ時代を生きる仲間」も必要です。

ですので「養育の幼稚園に通う」ことも必要ですし、「元の幼稚園の友達と遊ぶ」事も必要なのでは?

>これって私の心が狭いんでしょうか?

いいえ。いたって普通の親御さんだと思います。親ならば「当然抱く感情」だと思います。

ただ、お子さんのことを考えた場合、親はとってもとっても「強く」ならなければいけなくなります。

その子にとって「何が何でも守ってくれる存在」が親なのですから。

ぜひ、強くなってください。

>とにかく私がフォロー入れないと、健常児の子が怒り出しちゃったり…。なんでこんなこともできないの!?なんて聞かれて、

これは、お子さんがこれから成長していく上で、必ず降りかかる問題です。

ですから、親がまずしっかりと「どう守るか」を考えてあげてください。

それは、お子さんの成長に合わせて変化していきます。

まずは、周りの大人に「きちんと説明」をしてください。そして、その大人からの説明やフォローを期待しつつ、親が周りの子どもに、その子らが分かる範囲で「お願い」と「説明」をしてください。

これがなければ、苦しむのはお子さんです。

そして、お子さんが「物事が見えてくる年齢」になったら、次に説明する相手は「その子自身」です。

これが一番の強敵です。それまでに、いろんな人への「説明」は「将来の彼のための予行演習」と言ってもいいぐらいです。

>昔からの友達でちょうど同じ頃に子供を産んだ子もいるのですが、なんか会うのが億劫で最近は会っていません。

その場合は、会わなくてもいいのではありませんか?

あなたが「億劫」と思うことは、お子さんもきっと思っています。

>息子のことは親ばかですが、障害児でもとってもかわいいと思っていて、育てるに苦労してますが、とりたてて不幸せだとかは思っていなかったのですが、

実は、これ。結構、うちの学校の保護者は思っていますよ。

だって、本当にみんな「いい子」ですから。「育てやすい子」なんて一人もいません。

みんな、一生懸命、一日一日を精一杯生きています。「命の輝き」が感じられる子ばかりです。

>障害がわかり、やれ療育やらなんやらで離職してしまいました。

そうですか。それは残念です。

今は、療育の始めでっても大変な時期なので、仕方がないですね。

でも、皆さん、お子さんが少し落ち着いてきたら、再就職されていますよ。

利用できる行政機関はめ~いっぱい利用して。

また、行政などへの支援援助要請も、親の「強さ」が左右する部分です。

きついことを書きましたが、ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2013-07-30 22:25:42

お礼

ご回答ありがとうございました。

強くならなければいけない…本当ですね。
息子の障害のこと、周りにもうまく伝えなければと思っているのですが、
なかなかうまくできません。以前の幼稚園の親御さんには伝えてあるのですが。

正直息子は知的レベルが低い割りに、自分が他の子よりできてないとちゃんとわかってます。
だから劣等感があるみたいで、以前の幼稚園ではうつむきがちでした。
プライドもすごくある子なんです。
だから自信をもってほしいのもあって障害児幼稚園に変えたのですが、
こんなわけなので息子の前で下手なこと説明できないし、
これがいずれ息子本人に説明するなんてどうすれば…と思っています。

でも、私だけじゃないんですよね。
みんな同じような気持ちで子育てしてるんだと知って安心しました。

より強くなれるよう頑張ります。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-07-31 12:53:36

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

こんにちは。cana-chocoといいます。
施設で保育士をしています。

お気持ち、よーくわかります。
知的・発達しょうがいがある場合、健常児と遊ぶときに、
どうしても衝突することが多くなってしまいますよね。

一緒に遊んでいると、
どうしたって、頭を下げることも多くなるので、
そのたびに、胸が苦しくなったり、切なくなったり・・・。
けれど、それこそが、子育ての醍醐味だと思います。

ママのお友だちに関して云えば、
いまは、そういう時期なのでしょう。

学生時代・社会人時代に、どれほど仲の良かった友だちでも、
それぞれに人生のサイクルがあり、
近づいたり、離れたりする時期があるのは、
健常児を持ったママでも、あることです。

社会人の頃の自分にとって、必要なひと。
幼稚園の仲間として、必要なひと。
その時期限定のお友だちは、くるくると変わります。

云ってしまえば、ママ友というのは、
ほとんどが「その時だけの、お友だち」です。

たまたま同じ歳にこどもを生んで、
そのことについて、話せる話題の多いお友だちです。

人生において、ほんとうに大切な友人というのは、
どれだけ逢わない時間があったとしても、離れて暮らしていても、
子育てが落ち着いたとき、数十年経って「久しぶり!」と逢った時に、
まるで昨日も逢っていたかのように、ブランクなく馴染めるものです。

期間限定のお友だちは、
自分にとって必要な時期には、黙っていてもおのずと出来るし、
必要でなければ、なんとなく距離が出来るものです。

こちらが、それを受け入れる心でいれば、
「類は友を呼ぶ」というように、同じような環境の友だちが、
気づくと傍によって来るものです。

いちばん大切なのは、お子さんのお友だち。
あたりまえのことですが、親はこどもを残して死にます。

だからこそ、健常児の作った社会、この地域の中で、
こどもが生きていくためには、
健常児に、こどもを知ってもらうことが不可欠です。

いまは、まだどちらも成長過程で、ぶつかることの多い時期なので、
助け合う、ということが、なかなか難しいですが、
お子さんのしょうがいのことを、正しく伝えていれば、
幼い頃から知っていれば、小学生~中学生にかけて、
必ず、お子さんを助けてくれる場面が増えてきます。

そのためには、お子さんの「辛いこと、困っていること」
「苦手なこと、好きなこと、得意なこと」などなど、
「こういう時は、こうしてね」と伝えておくと安心です。

けれど、それは分かっていても、出来ない時期もあります。

いまはまだ、ハンディを持つこどものママとして、
走り出したばかりですので、いろんな葛藤も出て来る時期です。

今は出来なくていいんです。

今は、とことん!お子さんと向き合う時期なのだと思って、
親子の時間を楽しんでいきましょう。

自信を持ってくださいね。
お子さんのために、大切な道を選び取る力をお持ちなので、
いずれ、「これでよかった。この道を選んだからこそ、今がある」と、
胸をはって、思える日がきっと来ます。

大変だけど、お子さんを大切に子育てをされているママは、
ほんとうに、ほんとうに素敵です。
誰にでも、出来ることではありません。

そんな心を持ったママだからこそ、
お子さんは、あなたのもとに生まれて来たのだと思います。

その時々で、自分に必要な人がそばにいる。
そういうふうに、人生は出来ています。

子育ては、社会人に比べて、孤独を感じることが多い仕事です。
だからこそ、自分にとってほんとうに大切なひとが、
見えやすくなる時期でもあります。

その都度 自分の傍にいるひとを大切にしていけば、
何があっても、大丈夫なんですよ。

投稿日時 - 2013-07-30 23:14:27

お礼

ありがとうございました。
ご回答を読んでなんだかちょっと涙が出てきました。

その都度傍にいる人を大切にしていけばいい…ほんとにそうかもしれません。
急に環境が色々変わって、なんだか職場からも地域からも、ひとり取り残された気がして、
私はあせりすぎてたのかもしれません。
そうそう都合よく、同じレベル同じ年頃の障害児のママなんて、近所にいるわけもなく…(笑)

息子との時間を第一に、あせらずいきたいと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-07-31 13:04:34

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-