こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

横領にあたりますでしょうか?

現在、私が個人事業主の代表となり、友人らと数名でWebサイトの制作を事業として行っております。

この事業にて、ある顧客からサイトの制作を受けて制作を行っていました。
サイトに対する顧客側のイメージがまとまっていないといったこともあり、
ある一定の段階で「仮完成」という形で一旦サイトをオープンすることにし、
そこまでの完成報酬をもらいました。

その後については随時追加作業ということで要望毎に
見積もり→承認→作業→完成→支払い
という形で作業を進めてきました。

その流れの中で、今後の方向性の違い等により友人Aと対立し、
喧嘩別れのような形でAが抜けることになりました。

Aは上記顧客とのやりとりの窓口になっていたのですが、抜けてからも個人的に顧客と連絡を取り、
追加作業分を引き続き受けているようなのです。

顧客からの追加の要望はまだだいぶ残っているので、内部でのいざこざがなければ
利益が見込まれていることになります。

なお、Aが抜ける前に完成をした部分についての支払いは問題なく行われています。

追加作業については「見積もり→承認」の段階で「契約」が成立するように思えるので
契約成立前に顧客が作業を他業者(今回はA)に変更するのは自由
(見積もり内容に納得がいかなかったり、もっと安くやってくれる業者を独自に見つけてきたり・・とかもあるの思いますので)
だとは思うので、顧客に対して「契約違反」等を言うつもりはありません。


この場合、Aを罪に問うことはできますでしょうか?
横領の定義だと、「自己の占有する他人の物」という言葉がありますが、
今回のケースでは「仕事」というものなのでこれに該当するものなのでしょうか?


もしくは、「横領」という罪ではなく何か別の罪で問うことができますでしょうか?

投稿日時 - 2013-04-18 09:05:48

QNo.8048280

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(7)

ANo.7

私も横領などの犯罪はないと思います。
「顧客名簿」は営業秘密で知的財産なのでこれを持ち出して使用したら不正競争防止法違反で刑罰もあります。
しかし、この場合は、1人の顧客で、「顧客名簿」ではありません。
結局、その顧客が、貴方よりもその友人Aの技術を選んだということでしかないと思います。
その顧客は、貴方か、友人Aか、全く別の第三者か、を自由に選べるからです。

投稿日時 - 2013-04-19 10:14:30

ANo.6

横領は無理です。
仕事は物ではありません。

辞めた後のトラブルですから、背任も無理
ですね。

犯罪は無理だと思います。

ただ、債権侵害ということで、民事の不法行為責任を
追求して、損害賠償請求できる可能性はあります。

詳細が分からないので、これ以上の回答はできませんが
専門家に相談されたらいかがでしょうか?
法律相談だけなら、30分で0~5千円で済みます。

投稿日時 - 2013-04-18 17:43:27

ANo.5

私も無理だと思います。

友人は仕事ができるのですね。だから顧客も友人に流れて行った。
事業社を辞めたのなら質問者さまに友人が、仕事で得たお金を渡す必要はありません。

顧客が友人を選んだんです。

友人に対する恨み節に時間をかけるよりも 今回の事を教訓に今の個人事業をより良くする事に力を
注いだ方が良いかと思います。

友人との事業は 親しいだけにお金が絡むとやっかいです。
また、同じことを繰り返すことになりますよ。

投稿日時 - 2013-04-18 15:31:15

ANo.4

客が貴方のやり方(仕事の仕方)に納得して金を払っているんでしょ?約束した分をやればいい。貴方自身だろうが別人だろうが。

投稿日時 - 2013-04-18 10:39:10

ANo.3

どうしたら、Aが罪に問えるという発想になるのかまったく理解できません。

共同事業者が揉めて、自分の顧客をすべて持って、別で事業起こすなんて日常茶飯事でしょう。
いったい何の罪になるのやら・・・

投稿日時 - 2013-04-18 10:21:41

お礼

ありがとうございます。
日常茶飯事ですか・・

私の発送ですと、「顧客」も事業を通じて得た「財産」だと思っていますし、その顧客との契約による事業から得られるであろう「利益(お金)」を奪われた、という感覚だったもので。

投稿日時 - 2013-04-18 13:53:53

ANo.2

無理です。

今後は会社の電話を経由して取り次ぐような体制にしましょう。

投稿日時 - 2013-04-18 09:51:03

ANo.1

友人Aは会社を辞めたのですか? そのプロジェクトからぬけたのですか?

そこがわからないので 補足した方がいいですよ。

投稿日時 - 2013-04-18 09:26:34

補足

補足させていただきます。
個人事業なので「会社」にはなっていませんが、「辞めた」ということになります。

投稿日時 - 2013-04-18 13:43:42

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-