こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

部活について

今年、中学生になる息子がいます。小学ではサッカー(少年団)をしていたのですが、入学する中学校ではサッカー部が有りません。(以前は有ったのですが人数がいないため廃部になりました。)保護者数人が中学校に掛け合ったのですが、部復活は無理と言うことです。クラブチームに入れた方が良いのか?もう1度中学校に掛け合って、ダメなら教育委員会にでも掛け合えば良いのか?悩んでます。
親(保護者)たちは部復活を願っているのですが・・・・
何か良いアドバイスお願いします。

投稿日時 - 2004-03-07 11:43:52

QNo.799130

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 部活動についてのお悩み,お気持ちはよく分かります。基本的には,部活動はたくさんの種類があり,子どもの希望に応じた部活動に入部できるのが一番ですね。
 結論を申し上げれば,「クラブチームに入れる」のが一番だと思います。なぜなら,学校には顧問の引き受けてがいないのです。信じられないことに(少なくとも私はそう思います。),教員にとって部活動は勤務時間外のことであり,全くのボランティアなんです。ですから,校長先生も教育委員会も,部下である教員に職務命令をだすことはできないのではないでしょうか。できることは,部活動の顧問をやってくれそうな先生に,ただお願い(命令ではありません)することだけだと思います。だから,「保護者が望んでいる」「子どものためにもなる」「だからサッカー部をつくるべきだ!!」と,校長先生にぶつければ,校長先生は大変困るということです。
 最後に余計なことを言えば,仮に部活動ができたからと言って,質問者の方が望む運営がなされるとは限りません。つまり単純に分けただけでも,「勝利至上主義」の厳しい部活動と「レクリエーション活動」の延長の気楽な部活動とあるからです。
 以上のことを総合すると,自分のお子さんにあったクラブチームを見つけて参加させてあげることが一番ではないでしょうか?

投稿日時 - 2004-03-08 20:15:36

お礼

hdaiさん>アドバイスありがとうございます。
まさにそうなんですよね。とりあえずクラブチームに入れ(協会登録の関係)学校側と話を進めて行きます。たとえ今年復活ならなくても来年を目標にガンバって行きたいと思います。

投稿日時 - 2004-03-12 02:49:41

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(8)

ANo.8

私は中学国語科教員です。スキー部と書道部が担当です。
いずれも、スキーは正指導員、書道は5段ですので、技術的な面は指導することができます。

私は、No7の方とほぼ同様な意見です。

以前あった部活のお話をします。
今から、十数年前にある学校に異動したとき、スキー部の顧問は異動にならなかったので、とりあえず、有段の書道の部につくことに心の中では決めていました。しかし、聞くところによると、そのスキー部の顧問はスキーが得意でなく、ボーゲン(一般に言う『ハ』の字のすべり)とパラレルターンが多少できる程度でとても他人を指導する程度ではありませんでした。スキー部の活動地のスキー場のスクールがボランティアで月2回程度教えていただいていたようですが、とても満足に行くようなことではありませんでした。
当時は正指導員ではなく、1級だったので、躊躇いましたが、保護者からの要望もあり、できる限りの指導をしました。
すると、(当時1年生だった生徒の)卒業の本の少し前に「先生のおかげで、スキーを上達することができました。思えば、スキーをまるでやったことないような顧問の先生で転部を本気で考えましたが、先生が来てくれた、おかげで好きなスキーが更に上達することができました」とお礼の手紙をいただきました。

この手紙を読むにやはり、部の顧問の存在は大きいもと再認識させられたと同時に、部員が伸びるか、平行線のままかは顧問に委ねられているとも思いました。
また、私の異動は偶然だったのです。教育委員会がスキー部の顧問が今の人じゃ駄目だから、私を配置しようとしたわけではないのです。(実際、教育委員会で異動の意を確かめたわけではないのですが。)

また、柔道部を持ったこともありました。
有段者(弐段)ですが、教えるとできることは違い、多少は戸惑いましたが、実際私がやってみて、生徒がやっているのを直す(矯正する)形をとりました。

もうすぐ、卒業シーズンでもあり、入学シーズンです。
新しいスポーツを挑戦するいい節目でもあり、今までやってきたスポーツを存続する節目でもあります。

どうか、くいの無いよう、慎重に。ただ、お子さんの言い分をなるべく尊重してあげるようにしていただきたいと思います。

投稿日時 - 2004-03-11 20:47:25

お礼

Ikeyosiさん>アドバイスありがとうございます。まさか現職からアドバイス頂けるとは思いませんでした。学校側から説明を受けて来ました。その内容は人数、場所、顧問の3つの問題がクリアーしないとダメみたいです。学校側も何とかしたいらしいのですが、現時点で人数はOK、場所もOKなのですが、顧問の問題がやはりクリアーできません。異動が終わらない事には最終結論がでないらしいのです。入学後にまた保護者が集まり話し合いの場を持って頂ける事になりました。
協会に登録のことも有りますのでクラブチームに入れながら交渉したいと思います。

投稿日時 - 2004-03-12 03:04:00

現職の中学校の教員です。野球部を担当しています。

中学校では、一部の特殊な場合を除いて、どの部の顧問を担当できるかという視点で人事異動や指導体制作りをしてはいません。したがって、校長等への陳情が功を奏しても、サッカーについての専門的技能を有した指導者がつくことは可能性としては低いと思います。

あなたのお子さんが、サッカーの技能が比較的高く、サッカーという種目自体を重視するならば、技術を高められる環境としてクラブチームという選択がベストだと思います。

しかし、サッカーについての専門的技能を有した指導者ではなくてもいいから、サッカー少年団での友達関係を維持させたいと考えるならば、中学校に掛け合ってみることも無益ではないと思います。

私自身、中学高校では野球をやっていましたが、バレー部の顧問やバスケット部の顧問をしたことがあります。そのときには、もちろん研究したりはしましたが、ごく正直に言って専門的な技術指導という面から見ると、子どもたちには不満な部分もあったことでしょう。しかし、その不足を補うつもりで、スポーツマンとして身につけてほしい心構えや、仲間とともに苦しい練習にも前向きな気持ちで取り組む姿勢などを教えてきたつもりです。専門的知識や技能を有しない顧問でも、子どもたちの熱意と父母の理解協力があれば、子どもたちにとって有益で素晴らしい活動となることもあると思います。

蛇足ですが、中学校の部活を見ていて思うことは、良い意味でも悪い意味でもとにかく顧問の教諭の影響が大きいということです。部活動の質の90%は、担当教諭で決まります。悪い方にシュミレートすれば、校長への嘆願が圧力となって、サッカー部顧問は決まったけれども、その教員が全く熱意を持って取り組んでくれない、という状況を招くことだってないとは言えません(残念ながらボランティアで仕方なく引き受けた教師は長期的視野に立って指導したりしません)。そう考えると、無理にサッカーの顧問を頼み込むよりも、熱意も指導技術もある他のスポーツに宗旨替えしたほうが数段良かったということもありうるのです。

お子さんはもちろん「何よりもサッカー」と言うでしょうし、それを覆すことが必要だとは思いません。しかし、「部活動の質の90%は担当教諭」ということは、経験上疑いのないことです。お子さんの通う中学校にも、熱意も指導技術もある顧問の部が必ずあると思います。部活動の練習風景などを見学して、他のスポーツも検討してみる余地があると思います。

投稿日時 - 2004-03-10 00:30:19

お礼

kotsuauzodehiさん>アドバイスありがとうございます。まさか現職からアドバイス頂けるとは思いませんでした。学校側から説明を受けて来ました。その内容は人数、場所、顧問の3つの問題がクリアーしないとダメみたいです。学校側も何とかしたいらしいのですが、現時点で人数はOK、場所もOKなのですが、顧問の問題がやはりクリアーできません。異動が終わらない事には最終結論がでないらしいのです。入学後にまた保護者が集まり話し合いの場を持って頂ける事になりました。
協会に登録のことも有りますのでクラブチームに入れながら交渉したいと思います。

投稿日時 - 2004-03-12 03:01:47

ANo.5

教員の高齢化、体力の衰えはもとより、部活指導や教育指導に対して、
上の組織や親や世間の無理解視線や不平不満をあびながらの現代の教員がかかえる教育業務において、
そんなメリットのない部活動を土日や休日を返上してまで情熱を傾けられなくなっている。
というのが、教員サイドからの見解のようですね。

若い方の新規採用がほとんどない現状で、それぞれが家族や家庭を抱える世代となる人間にとって、
部活動に情熱を傾けられる教員の人は少なくなってきているのが現状です。
女性の先生のほとんどは運動部の面倒を見ることはないといっては失礼ですが、
現状をみれば、やはりそう見ざるをえないでしょう。

事故が起これば学校や指導教員の責任。
さらに現場の生活指導や請け合う責任が全て教員任せではどうにもなりませんね。
トラブルがおこれば教育委員会は事情聴取後に該当者に対して機械的に処分を下すだけですから・・。

とはいっても、確かにけしからん教員もいることはいますね・・・でも、
情熱ある良教員が死んでしまうのは、親や上の組織や世間の誤った理解と、
責任転嫁した「まるなげ状態」による協力のなさに起因するものがほとんどですね。

これらの良好な関係の改善を保つことが最優先の気がします。
教育現場サイドではなく、組織の上に掛け合うことがおすすめですね。
世間がたたき続ければ、動かざるを得ないのが「お役人」や「管理職」ですから・・。

ととうことで、どうぞたたき続けてください。どちらにせよ、それなりの答えは出るはずですよ。

投稿日時 - 2004-03-07 22:43:09

お礼

wholedayさん>アドバイスありがとうございます。
中学校側に話を伺いに行って来ました。結果は前向きに考えてくれるみたいです。これからも話し合って行きたいと思います。

投稿日時 - 2004-03-12 02:43:44

ANo.4

部員と指導者が確保できるのであれば、学校以外の場所を借りて(というのは難しいかなぁ)学校外のクラブとしてサッカーをすることはできますね。中体連には出られませんが。
中体連対策に名前だけを貸してくれという交渉の仕方もあるのかもしれませんね。

投稿日時 - 2004-03-07 14:06:35

お礼

bullfrogさん>アドバイスありがとうございます。

投稿日時 - 2004-03-07 17:34:53

ANo.3

新中1は何人ぐらいで、その中に何人ぐらいサッカー部希望者がいるのでしょうか?
学校の方針が、部活動全員加入制で、本当はサッカーがやりたいのに他の部活をやらなければいけないということではないのですよね?

理由があって廃部になったのでしょうから簡単にはいかないでしょう。
また、掛け合った結果、復活は無理と言われたようですがその理由はお聞きになりましたか?
それが納得のいかないものだったのでしょうか?
学校の規模によっては、サッカー部が復活することで、現存の部活が廃部になることもあり得ますよね。
まぁ、普通は学校独自に部活動に対する取り決めがあるはずですから(目標、運営方法、設置に関することなど)、確認の上話し合っていくことは間違いではないと思いますが、「自分の子どものこと」「サッカー部のこと」「部活のこと」だけに目を向けずに全体のバランスも考えるようにした方が良いかもしれませんね。
学校には他にもたくさん子どもがいて、部活よりも優先してやらなければならないことがたくさんあるのですから。

ちなみに、教育委員会は学校の部活の設置に関して意見を言える立場にはありません。

投稿日時 - 2004-03-07 13:06:18

お礼

ks623さん>アドバイスありがとうございます。
部活は全員参加では無いのですが、サッカー部がないため他の部活に変える子は保護者間の話で聞きました。
学校の考えは、また聞ききので明日実際に足を運んで
聞いて見ようと思います。ただ自分の子だけじゃなく
周りに今回のケースが多いんです。もう少し周りを見て、考えて行動を行いたいと思います。

投稿日時 - 2004-03-07 17:45:06

ANo.2

友達の子供さんが「野球」をやっていましたが、中学校に「野球部」がなかったので「クラブチーム」にはいってました。このたび「高校野球」で有名な私立の高校へ入学するそうです。
内申にクラブ関係なくなったので、「クラブチーム」でもよいのでは・・。

投稿日時 - 2004-03-07 12:51:36

お礼

satoshilove2さん>アドバイスありがとうございます。
それもネックになってました。最初から私立に行くので有ればクラブチームでいいかなって思ってタンですが、将来受験のことを考えれば内申の事も有るんですよね。
それを聞いて少しホットしました。
ホント親ばかですね。トホホホ(汗)

投稿日時 - 2004-03-07 17:50:48

ANo.1

人数がいない状態では部活ができないのでは?
サッカーをするのに十分な部員が確保でき、指導をできる人間を確保してから再度出直す必要があるのではないでしょうか。
例えば、5人しかサッカー部がいない状態でもいいのですか?

投稿日時 - 2004-03-07 12:14:49

補足

補足説明させて頂きます。
部員=確保
指導者=現在確認中
話し合い=校長までで止まって他の先生(教頭等)等はしりません。

投稿日時 - 2004-03-07 12:44:40

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-