こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

小学生の長距離練習メニューはどんなのがいいですか?

こんにちは。

説明が少し長くなりますが、詳しくお答え頂きたいと思ってますので
ご容赦下さい。

さて、小学5年生と2年生の我が子がおり、
共に5才からサッカーをやっております。

私(中年じじいw)が体力作りで、夕方に2,500mくらい走っておりますが、
子供達はそれに付き合ってます。
私が12分くらいで走り、5年生の子は12分半くらいですから、
時速12kmくらいです。
2年生の子は完走を目指して。
15分くらいでは楽々帰ってくるでしょうか。


当方の住んでいる市で駅伝大会が開催される予定で、
5年生の子がそれに出たいと。
走ることは嫌いじゃないようです。

それで練習を始めた訳ですが・・。

駅伝と言っても、小学生ですから、
各区間1,000m程度のものです。
駅伝に出られるのは5年生の子だけです。

練習メニューとしては

25m×30本、
200m×5本
1,000m×2本
2,500m×1本


こんな感じのものを、一日にどれか一メニューでやっております。
2年生の子は、あまり長距離を走るのが好きではないようですが、
サッカーに通じるモノがあるので、自分で頑張れるだけ・・という
感じで、気が向いた時だけ付き合ってます。


日曜とか時間があるときは、すごくゆっくり、歩くペースくらいで
1時間くらい走ることも。
ウェイトトレーニングは一切しません。
練習前後のストレッチは重点的に行ってます。


ここから質問に繋がるわけですが、
少し気になっているのは、

・小学生のウチから、走り込みなどの練習をさせても良いのか?
・毛細血管の発育が止まったり、弊害はないのか?
・心肺機能や筋力など、大人のように練習と比例して
強化されていくのか?
・いざ中高生になり陸上競技をしたいと言ったときに
何か弊害が残らないか?

ということです。

私も遠い過去に中長距離をやってましたので、
何となく自分がやっていた練習内容の
距離を縮めたり本数を少なくしたりしたものを
メニューとして組んだものの、
人を指導したこと、ましてや子供を指導した経験はなく、
上記のような気がかりがあります。

駅伝大会は来月ですので、
1ヶ月程度の練習になるかと思いますが、
それくらいなら大した弊害にならない、
もしくは1ヶ月くらい練習したところで、
対してタイムは変わらない・・
など、練習をしない方が良いのでは?
などという可能性もあります。


質問としては、
1.練習することそのものの是非はいかがですか?
2.練習内容に問題はありませんか?
3.もっと良い練習方法はありますか?
4.子供の体に何か弊害はありますか?
5.今後も私の体力作りに付き合わせて(自発的に)も問題ないですか?

です。


説明が少し長くなり申し訳ありませんが、
ご教授の程、よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2012-11-20 17:43:29

QNo.7807320

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんばんは。ボランティアで中学生を指導しています。
まずこれ↓を読んでください。
http://questionbox.jp.msn.com/qa7641023.html
http://questionbox.jp.msn.com/qa7520377.html

経験者だけあって鋭いご認識であると感心しています。

>>1ヶ月程度の練習になるかと思いますが、
>>それくらいなら大した弊害にならない、
>>もしくは1ヶ月くらい練習したところで、効果は薄い

1年の内に1月程度であれば弊害はほぼないと思いますし、5年生ならば効果的な練習はタイム短縮に効果は大いにあると思います。余談ですが2年生には効果は期待できません。身体的(反応しないと我々は表現します)にも精神的(自分で追い込めない)にもです。

メニューは先のQ&Aで私が記載しているものを参考にしてください。

質問1~5に回答いたします。

1.1ヶ月程度なら5年生であれば追い込んでも構いません。
2.長い距離を走って「はい終わり」ではなく、必ずスプリントの要素を加えてください。
3.裸足で走る事をお勧めします。ケニア選手のような素晴らしい動きが会得できます。ただしいきなり長い距離を走ると皮がむけますから、徐々に距離を伸ばしてください。
4.1と重複します。
5.年間を通して走るのであれば、楽に会話ができる程度のスピードを維持してください。それを超えると「毛細血管が・・・・」ということになりかねません。ケニア選手は子どもの頃裸足で山野を駆け回っていたそうですが、あくまでも楽しく!です。途中で時折休憩して、「じゃあおじいさんと80m競走だ!」とやってもいいでしょう。息が上がるスピードを200m以上走るランニングを年間を通してしてはいけません。80mダッシュしたらそこで休んでもいいですし、ゆっくり息を整えながら走ってもいいでしょう。以上です。

投稿日時 - 2012-11-20 22:41:38

補足

お世話になります。

おかげさまで市の駅伝大会の選手選考を通過しました。

本番に向け、どのような指導が良いか、
よく考えてみます。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-11-27 21:46:46

お礼

お詳しいご回答ありがとうございました。

さて、まず訂正せねばならないのが・・。
×中年じじい
○中年おやじ

よって

>じゃあおじいさんと80m競走

私はまだ不惑の歳であり、
さすがに「おじいさん」は否定しておかねば・・(笑)

稚拙な文面がご回答者様の誤解を招いてしまいました。
申し訳ありませんでした。

URLのメニューを拝見しました。
参考に致します。


サッカー部や野球部は、根性論と言いましょうか、
精神的には鍛える必要があるのでしょうか、
体にもムチを打って練習させたりする傾向があります。
私も子どもの頃は野球をやってましたが、
夏場に水など一滴も飲ませてもらえませんでしたし、
気分が悪いと言おうものなら「根性が足りん!」の一言で終わり(笑)

今はそういう時代ではありませんが、
特に陸上競技においては
「ハアハアゼエゼエ」で練習を続けても意味が無いので、
先に私が記載したメニューもインターバルを取りながら無理をせず・・
無理をしないと言いつつ、少しテンションをかける・・そんな感じの範囲です。

今日の練習は、6km程度のスピードで
呼吸を整える意識で走る・・ということをしました。
2年生の子も、楽しく付いてきますし。

子どもに合った内容で、お教え頂いたメニューも取り入れながら
進めて行きたいと思います。

スプリントの要素を「必ず」絡めるという点は欠落してましたので、
今後は考慮に加えます。

また、裸足を推奨されておりますが、日が短いこともあり、
辺りが暗くなってからの練習になりがちですので、
ガラスやその他の危険物が下に落ちている場合に見過ごし、
怪我につながる可能性が高いので、
日中もしくは夏場の日が長いときに限定した方が良いと
判断しました。

いずれにしましても、駅伝大会をがんばろうとしている子どもに
練習を続けることが問題ないとお聞きし、安心致しました。

2年生の子は、あくまで本人の気が向いたとき、
自分のペースで出来るところまで・・と言ってありますし、
私も今は楽しむだけ・・と考えてます。
ただしストレッチだけはシッカリと指導しております。
よって本来は、質問の内容を5年生の子だけに
絞らねばいけませんでした。


明日からどんなメニューを組もうか、
お教え下さったメニューや、練習可能な時間などを
考慮しながら、今から考えます。

お忙しいところ、ご教授下さりありがとうございました。

投稿日時 - 2012-11-20 23:50:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

少年団4年~6年のコーチをしています。
4年~6年の間はゴールデンエイジと呼ばれ、反射速度に関係する神経(脳細胞)系が全年齢中最も発達する時期で、ここで、反射及び各からだの部位と脳のコントロールをつなぐ伝達がもっとも発達します。逆にいうと、この時期をすぎてから、これらの機能を発達させようとすると、多大な労力が必要になるということです。
心肺機能を高める・筋力量を増やすといったことは、中学に入ってからで十分できます。
この小学生高学年については、スタミナをつけることより、反射系の動き、体のコントロール機能に的をしぼったトレーニングの方がいいと、私は思います。
基礎体力維持的な意味合いで、たまに長い距離を走らせる事も必要かと思いますが、この時期は何回も書きますが、スピード、瞬間的力の入れ方、正確な体の動かし方のマスターをされたほうが、将来どんなスポーツをやるにしても役に立つと思います。
25m×30本、
200m×5本
1,000m×2本
2,500m×1本
学校の授業以外でこれは、本数・距離とも不必要。同じ時間をかけるなら、反射系・体のコントロールのトレーニングをしてあげたほうが、将来のためです。
5年生はゴールデンエイジの真っ只中です。小学生時代に長距離で県大会レベルで勝った負けたなど論外全国のTOPクラスは持久よりスピードを出せる子(スピード系の神経が同年代の子より発達している上に持久力を多少つけているので早い)が多いです。
くどいようですが、今じゃなければ伸びやすいものが何なのかを考えてサポートしてやってください。
※メンタル面で我慢すること、一生懸命やること、勝とうとする気持ちなどは、すごく大切です。
お子さんが、今勝ちたいがために、自発的に、長い距離を走ったり、本数を増やしたりを希望してきた場合、そのやる気を大切に受け止めながらも、この時期に同じ時間を何に使うかを良く考えて、指導されたほうがいいと思います。

参考URL:http://www.geocities.jp/yachiyo_golden/10_medical/10_03_goldenage.htm

投稿日時 - 2012-11-24 14:24:18

お礼

ご回答ありがとうございました。

ゴールデンエイジですか。
なおのこと気をつけねばならない歳ということですね。

>そのやる気を大切に受け止めながらも、同じ時間を何に使うか
No.1の方は、短期であれば、ある程度の負荷をかけても良いと。
ご回答者様は無駄なメニューだと。

色々頂いたご意見は、最終的に私が判断せねばなりません。

おかげさまで、市の大会への予選を通過出来ました。
やる気の高揚が無駄にならぬよう、また、将来への影響を見極めながら
どのような指導が良いのか、じっくり考えてみます。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-11-27 21:45:05

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-