こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

サッカー経験者に質問

あなたはプロサッカー選手の練習時間は1時間半か2時間だから練習に余裕で着いて行けるとかプロより高校生と大学生の方がレベル上だと思たことありますか??
ある日、別の質問サイトでプロサッカー選手は練習時間が1時間半か2時間だから全くキツくない。
高校生と大学生の方が比べ物にならんぐらいレベルが遥か上。

このようなことを平気で言ってました!!
なにを思て、こんなこと言ったのか知りませんが高校生と大学生がプロよりレベルが上だったら皆、プロになってますよ。
天皇杯で高校生と大学生が準々決勝まですら勝ち残れてないのはプロのレベルが上と言うことです!!
プロサッカー選手は練習時間が1時間半か2時間でも練習時間内に1週間のメニューをやりとげたり9キロを30分で走ったりしないといけないんですよ!!
練習内容が簡単そうに見えますが濃密で自分が実際に、やってみるとサッカー経験者でも、なかなか着いて行けません。
単なるボール回し(5対2)でもプロの選手が相手ならボールを奪えないから永遠に回され続けて5分も体力が持ちません!!
シーズン前のキャンプなんか丸1日休みの日が1日あるか、ないかで2週間の内、6日か半分は2部・3部練習ありと言った体力的にキツい練習をしてます!!
高校生と大学生ならギブアップ間違いなし。
肉離れ・骨折・靭帯断裂・靭帯損傷と言った大怪我する確率が非常に高いです。
こんなんでプロより高校生と大学生の方がレベル上だと言えますか??

投稿日時 - 2012-09-06 00:44:05

QNo.7682879

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

プロと学生アマとでは、練習する意味が違います。

プロは、目標の試合で勝つことためです。
それに加えて、生活がかかっています。
ただ、好きでやっている訳ではありません。

従って、練習が全て合理的に計算された中で行います。
全体練習は、チームとして必要なことしかやりません。
従って、足りないところを感じれば個人で練習しますし、
トレーナーを雇っている人もいます。

プロは、基礎体力があるのも前提です。
基礎体力が弱いと感じれば、個人的に努力しますし、
チーム全体で取り組む問題ではありません。
(キャンプや合宿では、基礎体力トレーニングしてますが)

学生アマは、どれほどの強豪であっても、所詮は
「好きでやっているだけ」です。
だから全体練習は、強制しないと成り立ちにくいのです。
人それぞれ、目標レベルがプロ選手間よりも開きがあります。
また、教育的な指導の要素もあります。
長時間を共有することで生まれる一体感や達成感を醸成する
といった目的があります。

つまり、目的が異なる練習を、時間で単純比較することは
出来ないと思います。
加えて、学生アマでも、プロ並の個人技量、運動能力を
持っている人はいくらでもいます。

投稿日時 - 2012-09-07 14:30:48

ANo.3

まぁ、高校生からプロ、大学生からプロになられる方もいますので、「ギブアップ間違いなし。」とは言い切れませんが、育成が主目的の高校生プロと即戦力を求められる大学生プロを一括りには出来ないでしょう。

練習の密度に関しては、技術の差はかなりあるでしょうが、「フィジカル面だけ」を考えると選手それぞれによるってところですかね。
体格差がある国際試合で日本選手の足が止まるように、フィジカル差は疲労が顕著ですから。プロで長年やってきた選手とガチンコで1対1、2対2、3対3とかはかなりしんどいものがあるでしょう。

まぁ、練習とは己の限界から手を広げる作業ですから、誰もがきつくていいんです。
プロはプロとして求められるフィジカルを要しながら、さらに追い込み。
高校生は高校生として、大学生は大学生としてというだけです。

香川が英で体力テストで評価されたようですが、ああいう単純なシャトルラン的な体力テストなら、私も大学在学時に当時代表でトップ記録者のサントスさんと同等レベルでした。

なんのレベルを考えるか。が問題です。
ゲームパフォーマンスなのか、走力なのか、単一技術なのか。。。

野球では、横浜高校の練習が激しすぎて、プロになったOBは大体太るという記事があったような気がします。練習は、プロより高校の方がきつかったと松坂は言ってましたね。

投稿日時 - 2012-09-06 13:47:55

ANo.2

おはようございます♪

練習は競技によって、練習形態も時間も違うだろうし一概に比較は出来ません。

マラソンのトップ選手なら、海外の高地で数十キロの走りこみとかするし、時間では計れない部分が多いです。水泳でも、長時間泳いだりしますね。

ただ球技では、だらだら練習しても意味はないと思います。短時間でも集中して、メニューをこなすことがサッカーでは大切です。同時に疲労を蓄積するような練習も逆効果でしょう。

人間の「集中力」90分ぐらいしか続かないと聞いたことがあります。サッカーの試合とか、映画やドラマとかもCMとか除いたら90分ぐらいが多いです。

野球も3時間ぐらい試合時間はありますが、攻撃中はほとんどベンチで「見る方」に回るので集中しているのは半分で90分ぐらいですね。

サッカーの選手はその集中した練習を、分けて一日に二部練習したり、しっかりと休養日を取ることも大切です。ウォーミングアップとかリラックスしたパス回しとか入れれば2時間が限度かと思います。

高校サッカーで公立校がよく活躍しているのは、まさに集中した合理的な練習をしているからでしょう。

要は練習の「密度」と「集中」などの中身かなと思います。「時間」は関係ないと相手に言ってあげましょう。

投稿日時 - 2012-09-06 10:33:33

ANo.1

「いっぱい練習してプロになった方がいいね!」
と返してあげましょう。

あ、経験者でなくてすいません。

投稿日時 - 2012-09-06 01:42:32

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-