こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ムエタイとボクシング

高校3年で来年大学生になる?者です

大学生になったら

打撃系の格闘技をしたくて

「ボクシング」か「ムエタイ」で迷っています。


やりたい理由は双方とも
単に興味があるから、ということがとても強いです。


建前的には
将来、僕は警察官になろうと思っているので
実践的な格闘技をある程度、身につけておきたいからです。

(投げ・かため技のあるもののが仕事上役立つのは承知していますが、柔術などにはあまり興味はありません)



どちらにも魅力はありますし
どちらのが強い、なんて愚問はしませんが

バイトもしなければならないので

短期的(具体的には4年間)で上達して
ある程度の実力がつきやすい
どちらなのでしょう?

また経験者の方、双方の最大の利点はどこでしょう?

是非
おしえてください!


・・・余談ですが

空手を、たしなんでいたので
体躯は細いですがそれなりです。
スタイル的には突き中心で蹴りが出ずらいタイプで

次格闘技をやるなら
突きを極めるか、蹴りを出るようにしてみるか
と考え、ボクシングとムエタイを選んでいます。

去年の体力測定はBよりのAで
身長172 体重58 です。

腕立て(狭くと広く) 足あげ(腹筋) 背筋
毎日各20×3
週3で3キロ程度のランニング(走り込みはしてないです)
ぐらいはしてます。

投稿日時 - 2012-04-30 21:59:40

QNo.7450244

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

自分ムエタイやってます。
今3年目か4年目かな?

結論からいうと、多分どっちもやりたくなるから好きな方をやれば良いと思います。
ただ実践的っていうとムエタイじゃないかな。

自分の経験談から言わせてもらいますと、
ボクシング経験者はパンチが上手いです。
瞬発力、スピード、フォームなど、ムエタイだけやってた人はなかなかパンチに関しては勝てないと思います。
そしてボクシング出身のK-1ファイタ-がたくさん活躍していて、パンチでのKOが多いのも事実です。
魔裟斗、クラウス、ザンビディス、レイセフォーなんかがそうです。

ただ、ボクサ-がいきなりキックに転向するとボコボコにされて負けてしまいます。
なぜか?
それは足技があってこそパンチが使えるからです。

単純に足技はリーチも長いし、威力もパンチより断然強いので、頭部に当ててKOを狙うのが難しいにしても、
物理的な攻撃力や防御力はパンチとは比べ物になりません。
パンチは近距離戦になって初めて威力を発揮するといった感じでしょうか。

また、ムエタイにはヒザとヒジがあります。(K-1はヒジなし)
ヒザとヒジを覚えると結構楽しいです。
どちらも結構簡単にヒットするのですが、100%の威力でヒザをくらったら、一発で死ぬんじゃないかといつも思います。
ヒザはガードするのも難しいですし。
ヒジはクリンチ状態から出しまくれるので、使えない相手には良いアドバンテージになります。

またムエタイの投げも意外と使えます。
僕は柔道の有段者ですが、結構投げられてます。

以上の話をまとめると、
同じ練習をするなら強力な武器の多いムエタイの方がオススメってことです。
4年もあれば鼻くそほじっててもプロの手前までいけると思いますよ。

余談ですが、
プロでも武器持った素人には勝てるかどうか微妙なところです。
お巡りさんになったら危ないヤツはサクッと射殺しちゃってください。

ま、手が2本よりも足、ヒジ、ヒザをいれて8個の武器を使えた方が楽しいんじゃないかな?
楽しい事をやるのが一番。

投稿日時 - 2012-05-01 22:39:05

お礼

とてもわかりやすく参考になります!

やはりムエタイの方が実践的ではありますよね。

ボクシングはパンチが強い
ムエタイはバランスと実用性

迷いますねー。

回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2012-05-01 22:56:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

40代男です、キックと総合を長くやってました。

私はボクシングを勧めます。
理由としては、プロを目指すなどではなく嗜みとしてならばボクシングの方が安全性、競技性ともに確立されています。
また、護身術としても街中でデニムやパンツ姿、革靴でまともな蹴りなんて出ません。

格闘技はスポーツで実戦ではありません。
一対一なんてこともないですし、素手に限るなんてルールもないです。

強くなることで得るものはボクシング、キックともに同じだと思います。
こだわりがないのならば、通いやすい環境があるジムで決めたりすればいいかとおもいます。

投稿日時 - 2012-05-05 05:09:32

お礼

キックは護身的でない、

確かに一理ありますね。

安全性は気になるところですし
上京するつもりなので
立地条件は
引っ越す時の決め手の一つにしたいと思います。

回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2012-05-05 21:16:14

ANo.4

警察官の採用試験は柔道や剣道の段を持っていると加点されますが

ボクシングやムエタイをやってても評価されませんよ。

投稿日時 - 2012-05-03 00:05:48

お礼

お言葉ですが、単に興味がある、のでやりたいのであって
警察になるから、は建前だと申した筈ですし

空手、弓道と段をとってきて
武道的な精神は、ある程度心得ていると自負しているので
柔道や剣道を大学生活の4年間では
進んで学ぼうとは考えていません。

こちらにも考えがあっての質問なので
浅はかな回答は控えていただきたいものです。

無礼を承知で返答させていただきました。
気分を害されたのであれば謝ります。
申し訳ありません。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-05 21:09:51

ANo.2

格闘技経験者です。

建前上警察官。。。警察官は打撃系が原則禁止です。あくまで趣味で隠れてやっておられる方は居られますが、原則禁止となっています。警察官の打撃は=暴力と取られやすいのです。

ボクシングとムエタイですが、やるならムエタイのほうが良いと思われます。
理由として体の使い方が柔術になじみやすいというのがまず挙げれます。打撃・柔術共に体の使い方で共通する部分は多く、どの世代でも事故の多い柔道などは打撃系である程度体の使い方を覚えておいた方が取り返しの付かない怪我を防止しやすいです。

もう1つは過剰な減量を防げます。競技上ほぼ必ず付いてくるものですがプロでも目指さない限りは体への悪影響が強いものですのでどちらかといえばあまりやらない方が健康には良いです。

攻撃面防御面共にバランスが取れているのがムエタイです。

ボクシングは完全打撃ですので、格闘技的には魅力のあるものですが、質問者様の場合、将来を考えると使いにくい部分のほうが多いと思われます。私もやったことはありますが自分だけ守るのにはボクシングのパンチ技術は知っていて損はしない物です。

投稿日時 - 2012-05-01 19:34:27

お礼

ムエタイの体の使い方は柔術になじむ、というのは初耳でした!
バランスがとれている、というのは
魅力がありますね。

回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2012-05-01 22:47:17

練習量からすればムエタイ(R数がすくない)であり、練習がきつい、時間も長いのがBOXING

 私はバンタムですが、友人がかのポンサクレックウォンジョンカムと話したことは

 ポンサクレックは元ムエタイ いわく 練習量がBOXINGはかなり辛いと話していたと聞き及んでいます

 なぜか、といえば、BOXは策略が大いにウェイトを占めるが為に練習量が多いのです

 ちなみにメニューとしては15km走り込み シャドー、他、スパー 最後に5km走りこんで終了

 とこれだけやっても勝てるなどとは誰も思っていないのです 相手の技を封じ込めるため

 スパーとかしますが、試合では練習でやった事しかできません、考える間に畳み込まれます

 だから、時間的制約が大きいBOXよりもムエタイが候補に上がってきます

 どちらが強いは抜きにして、、、プロにならないとしても練習量は正社員なんてしながらでは

 追いつきません どちら選択します?

投稿日時 - 2012-05-01 07:08:35

お礼

ボクシングはムエタイに比べるとキツいんですね。

練習のしすぎで次の日の授業やバイトに響く

なんてことはできればさけたいものです;

回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2012-05-01 22:51:53

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-