こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

パニック(あるいはこだわり)なのでしょうか。

この行動は自閉特徴に見られる「パニック」あるいは「こだわり」でしょうか?
それともどんな子供にも見受けられるいわゆる「駄々をこねる」レベルなのかを知りたいです。

2歳半で自閉傾向と診断された2歳7ヶ月の娘についてです。
今日、保育園にお迎えに行ったら私の目の前で(私の存在にはきづいていない時)、園の帽子をかぶった娘が保育士の先生が返してと言っても返さず、半泣き(うそ泣きと本気泣きの中間)になって座り込み、軽く暴れるように手足をバタバタしていました。
私がいることに気づくと泣きながら走ってきたのですが、(結局帽子はお借りした)娘は自宅に帰ってもまだ少し気分が尖っていて、しばらくの間何をするにも「いや!」の一点張りでした。
何か違うもので興味を引いたり(絵本やおもちゃ)、気を紛らわせたり(明るい表情と声で全然関係のない話をする)しながら渋々ではありますがお願いを聞いてくれたり指示に従ったりはしてくれました。

この行動はパニックでしょうか。それとも(帽子への)こだわりなのでしょうか。

関係あるかは疑問ですが、帰り際保育士の先生が、娘がおともだちに手が出てしまったと教えてくださいました。それもかなりひどい感じだったようなのです。
現在娘には加配がついておらず、自閉傾向だとお知らせしたのも最近のことなので、先生が娘と慎重にかかわってくださっているように見えました。
ちなみに今の園では加配が出来ないので加配をつけるために別の保育園へ転園予定です。
環境が少しずつ、まわりの大人も今までとなにか違った風に変化しているのを敏感に感じ取ってのことかなとも思います。
ちょっとしたことでも自閉と結びつけることはよくないとは思うのですが、親がこういったときに絶対にしてはいけないこと、逆にしてあげると子供が楽になる方法をあわせて教えていただけると大変ありがたいです。

投稿日時 - 2012-02-20 23:51:38

QNo.7317631

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こだわりは、こだわりですが、パニックというのは、本人が混乱してぎゃ~っと泣き出す事です。
お書きの場面は、お子さんの作戦だと思います。帽子にこだわりがあったのでしょうね。
私も自閉傾向の娘を育てましたが、健常の兄がいましたので、何かと比較ができましたが、相談者さんはいかがですか?
この程度の事は、幼稚園時代の兄にもありましたので、こだわりよりはお気に入りって表現しても良いかも知れません。

こだわりとは、他人にはどうでも良いような事が成立してないと、不機嫌になる事。
うちの娘だと時間。外出時間を聞かれて、10時だよと答える。10時を5分でも過ぎると不機嫌になりますし、成長してからは、用意が遅れて10時に間に合わないと思うと不機嫌になります。午後は公園へ行こうかとお互いに納得した後で、他の方から誘われて行き先が変わるのも不機嫌になります。本人的には、不安になるんでしょうね。
生活が多少きゅうくつになります。
でも、考えひとつです。それは大人の方で注意してやれば、相談者さんだと保育園が帽子を貸してくれたように、子供の希望通りに動いてやれば済む事が多いです。それに、大きくなるとそのこだわりは薄くなって行きますよ。こだわりは「無くそう!」と思わない方が良いと思います。

現在は、地区の療育センターや、○○会のような所に参加はされていないのですか?
できれば利用なさった方が良いですよ。ひとりだと、どうしても孤立感が出ますし、このようなちょっとした事でも不安になります。親同士で話し合える場所があると、「先日こんな事が…」「あるある~」とにぎやかに話し合えます。自分の気持ちも明るくなれますよ。

家でやれる事は、感覚遊びを多くする事かな。療育センターなどに参加できれば分かると思いますが、ぶらんこ、トランポリン、小麦粉遊び、新聞千切り、料理、ろうそくを吹き消す、高い所から飛び降りる、…いろんな事をやりました。ボール遊びも良いです。
してはいけない事は、否定です。「そんな事しちゃダメ!」とは言わず、出来るだけおおらかに。
女の子だと、もう、ただ可愛いですよね?^^
○○出来ない子と思わずに、今日はこれが出来た、可愛い、可愛いと育てて下さい。

投稿日時 - 2012-02-21 00:49:29

お礼

とても参考になるご回答ありがとうございます。息子さんと娘さんのお話は大変わかりやすくて助かりました。パニックについてもよく理解できました。お兄さん芋このようなことがあったとお聞きして安心いたしました。そうなんですね、確かに無意識にこだわりをなくそうとしていたのかもしれません...。私の住んでいる県には〇〇の会、〇〇教室などが少ない?のか、ない?のかはまだわからないのですが、情報が乏しいため実情参加できていないのですが、いま市役所の方に確認してもらっています。受け入れてくださるところに積極的に参加してみたいと思います。
感覚遊び、さっそく実践してみます。そして否定だけはしまい、と思いました。なるほどです。女の子、とっても可愛いです^^ますます子供がいとしくなるような内容で心がふっと軽くなりました。私の感情に波がありますが、また立ち上がれそうです。本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2012-02-22 21:55:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

パニックやこだわりかどうかは、わかりませんが。

自閉症の子の場合の対処法を、何かの参考になればと思い書きます。

まず、無理矢理にはしないこと。(今回の場合なら、帽子を借用したのはよかったです)

次に、気持ちを言葉にしてあげること。ただし「帽子、好きだった」などの簡単な言葉で。(もし、もっと大きくなってシンボルや文字を理解するようになったら、シンボルや文字で気持ちを簡潔に書いて見せる)

どうしても気持ちが落ち着かない場合、速やかに別の場所に移動する。できれば、トラブルがあった場所や相手が見えない所で、人の少ない場所へ。(大きくなるにつれ、移動する場所は避難場所として固定される方が良いです。安心感につながります)

そして、気持ちが落ち着いてから「○○したらよかったね」など具体的な解決方法を教えてあげる。(別の好きな帽子をお迎えで持っていき「先生にこれ返そうね」と園の帽子と交換する)

ご参考までに。

投稿日時 - 2012-02-21 00:26:29

お礼

ご回答ありがとうございます。たくさんのわかりやすい具体例をありがとうございます。帽子を借りたのはよかったのですね、安心いたしました。
無理やりにはしない、ということ。とても参考になります。
別の好きな帽子を持参して園の帽子と交換~のくだりもさっそく実践してみようと思います。子供の気持ちを簡潔な言葉にして、人のいない場所で落ち着かせてあげる。私の無知なばかりにいろいろ今まで出来ていなかったことだらけでした。
子供の気持ちをもっと包み込んで、大切にしてあげたいと思います。本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2012-02-22 22:01:29

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-