こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

しょうもない質問ですいません。でも疑問に思ったんで…

PRIDEやUFCなどの総合格闘技(バーリトゥード)系統の試合で、相手の皮膚を「つねる」行為は反則なんでしょうか、それとも「やってもいい」のでしょうか?
オープンフィンガーグローブだったら可能かなとも思ったんですが、けっこう強くつねったら、その衝撃だけで相手がタップ(ギブアップ)しそうな気がしないでもないんですが…
ほんとにしょうもない質問で申し訳ないんですが、この僕の疑問について「…だと思う」といった回答でもいいんで教えて下さい。

投稿日時 - 2003-12-10 19:34:19

QNo.727174

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

やっていいかどうかは知りませんが、つねられてギブアップする選手はいないだろうなあ。
確かに痛そうだけど、すぐ逃れられるのでは?
皮膚をつまんでるだけですもんね。
相手を苛立たせる効果はあるかもねえ…

投稿日時 - 2003-12-10 20:52:25

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2003-12-11 00:49:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

反則ではないと云う意味で可能でしょう。
但し、有効か否かと云うと、これは疑問です。
どこを抓るかにもよりますが、むしろ、その手を取られ間接を決められる可能性が高いと思います。
仮に手を取られないポジショニングをしているとしても、抓っている手では、相手を押さえる(コントロール)する事が出来ず、相手に良いポジショニングをされてしまうと考えます。
最後に、ルールですが、下記URLを参考にしてみてください。(オフィシャルなものはNJPWのUltimate Ruleしか探し出せませんでした)

参考URL:http://www.njpw.co.jp/rules/rulebook_030502.html

投稿日時 - 2003-12-10 22:38:23

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2003-12-11 00:48:30

ANo.4

戦闘中はアドレナリンが出まくってるので少々の痛みは気になりません。

例えば、前回のノゲ対ミルコ戦で、ノゲイラは鼻骨を骨折、右前腕骨にも亀裂が入った様ですが、構わず試合続行しました。

つねられても骨折よりは痛くないんじゃないですか?

投稿日時 - 2003-12-10 22:17:20

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2003-12-11 00:49:01

ANo.3

自分も同じ事考えました。

その結論として

つねるという事はグラウンドでなければできない

→グラウンドでつねろうとすると片手がつねることで開く

→右か左ががら空きになる

→殴られる

→つねることによる相手のダメージに比べ、リスクが大きい

→結局つねれない


それよりも耳を引っ張るのって反則なのかな?という疑問を持っています。

投稿日時 - 2003-12-10 22:15:17

ANo.2

思わず笑ってしまいました。もしやれば観客も笑ってしまうかも知れません。そうなれば緊張感台無しですね。見えない所でたぶんやってますよ。もちろん決め技ではなく相手を挑発する為に。

反則ではないと思いますがやるメリットがあまり無い様な気がします。
体の一部を掴める状態なら関節技狙ったり殴る方が一本狙えますよね?関節は決まれば我慢できるものではありません。つねるのは痛いですが一瞬ですから。決め技「上腕つねり」とかお客さん喜ぶかな~?

リングアナもそんな名前のコールしたくないだろうし選手もプライドあるでしょうから。桜庭に教えてあげれば喜んで使うかも知れませんよ(笑)

投稿日時 - 2003-12-10 21:02:13

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2003-12-11 00:49:26

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-