こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自閉症児抱え不安

発達指数73の三歳児の親です。症状は、こだわりが強く、物を並べたり、よだれが出たり、うぅーと声のチックや、短い叫び声、大きな声。パニックで泣き喚く、〔服を着ようと袖がひっかかったり〕 同じ言葉を繰り返す。冬でも半ズボンこだわる。偏食、就寝は十時です。心理士のセラピーのみ、保育園併用中です。 園では輪に入り奇声もないようですが、家では いろんな症状でます。保健師が時々電話くれる程度で、具体的な症状に対する付き合い方、今後の小学校は?特別支援学級になりそうですが、ご指導くださる方おられたらお願いします。〔対話はやりとりできるときもあり 三語文もあります。〕医師はまだ療育手帳やディはいらないといってます。

投稿日時 - 2011-12-28 23:56:41

QNo.7214311

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

あと、精神科の先生にだって得意不得意があります。

相性だってあります。納得できる先生を見つけるまでも色々探してみるといいような気がします。

投稿日時 - 2011-12-31 13:59:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(16)

ANo.15

症状(個性)について

もし鼻歌を歌う感覚で声を発しているのだとしたら、リラックスしていると、よだれが垂れ流れるのだとすればーーー

色んな行動をなぜしてるのかには誰にも分かりません。本人にも分かりません。

その行動をしているときの顔、心で何を感じとっているのか、よく観察してみてはどうですか

ストレスで声を出してるのか、家で安心して声を出してるのか、もしかしたら何もかも分からないまま成長するかもしれませんが(^_^;)

人といると疲れるのは当たり前のことです。たまには両親に子供を預けて旅行にいったり、カフェで息抜きしたり映画見に行ったりしたらどーですか

投稿日時 - 2011-12-31 13:45:04

ANo.14

それと、

人に常になにかしてもらいたくて助けを求めても、そうはいきません。

まずは相手の助けになれことをして、その積み重ねのお返しが人からの助け船につながるので、

見返りを期待しないで、してあげてるとゆうより、その人が困っていることがらを気持ち手伝うくらいに考えたほうがらくですよ

投稿日時 - 2011-12-31 13:32:36

ANo.13

離婚については個人の生き方なので自由でいいと思います。がお互い本音で言いたいことを言わないまま終わるのだけはやめたほうがいい気がします

パートナーと距離を置き、自分を見つめ直す時間と先の生き方を考える時間をもらったのではないでしょうか

投稿日時 - 2011-12-31 13:25:18

ANo.12

人を助けるには、まず自分の足元から。

ライフセーバーが溺れた人を助けられるのは、溺れてる人よりゆとりがあるから。

まずは体調と心を整えないと負担でつぶるます

かなり前にカウンセラーから処方された薬がありました。

それは

笑ってごまかす


とゆう薬です。

失敗を笑ってごまかす。人とのやりとりで行き詰まったときも笑ってごまかす。

数年前に頂いた処方箋、言葉のお薬で、私の生き方が楽になりました。
まだ薬の効能もきれることなく、他の人にもバトンリレーされていってます

投稿日時 - 2011-12-31 13:11:04

ANo.11

園できせいがないなら、症状気にしなくていいんじゃないですか?
本人はリラックスしてるんだか1人で遊んでるんだか分からないですが(笑)

かえって子供たちのほうが、障害ありなし気にせずに一緒になって、何か(何をしようとしてるのかは分かりませんが(笑)をしてますよね

色んなジャンルの音楽かけてみたら静かに聞くかな?
映像見せたら、静かになるかな?

不思議と、お菓子を食べたり、何か気になることがあると、そっちに気が向くようで(すぐ飽きるみたいですが^_^;)何か興味をそそられるような罠をしかけてみてはどーでしょーか

投稿日時 - 2011-12-31 03:04:57

ANo.10

そこまで症状がわかるのだったら、日記につけてみたらどうですか?

あと、その時に一番気になること、
症状が軽く感じる状況、とか。
興味を示したように感じること、など。
絵を見せる、目の前で自分で書いてみて反応をみる、
一緒に音楽をきく、プールにいってみる、散歩して何か興味がありそうなことを見てみる、

また、こだわり続けることや、やめてほしいのにやめさせかたが分からなくて困ったこと、同じ注意をしていること
など。

一週間、二週間、とつけてみて、書いたのをまわりの人にみてもらって、
だんだん書いていくことに変化があれば、本人の気持ちにも変化があるてゆうことにつながりそうな気がします。

障害がない親でも、子育てで過保護になって出きるようになることの芽をつんでしまうこともあります。

昔の人たちを見習って、あちこち色々しでかさせて体当たりで学んでいくのも一つの方法だと思います(^_^;)

近くにいすぎると、どうしても見えない面はたくさん出てきます

投稿日時 - 2011-12-31 02:51:46

まわりの人が落語でも聞いて笑ってくれるくらいに、障害での失敗話しをしてあげれば、自然と味方もついてきますよ
(あんたバカね、そこはこうしたらどう?とか)
たとえば私の場合は今朝急いで車で出かけようとしたら、鍵を忘れていることに気がつかなくて、エンジンがかけられなくてひとりであたふたしてかなり困ったたのだ。みんなもよくあるでしょう?て話題を遅刻したときにすると、たいてい笑って許してくれます
鍵がなくちゃ車もただの粗大ゴミだよなぁとか言ってくれたり。。。(^○^)
相談役が見つかるまでは、にっちもさっちもいかないんだから開き直って思い切ってバカになったほうが特しますよ

暗いと不平をゆうよりも進んで明かりをつけましょう

て、どこかの掛け軸に書いてありました
じめじめしてた時間を取り戻すように笑いを、まわりのみんなに笑顔の花が咲くように種を巻き続けてくださーい
明るいバカな人にかなう人はいないでしょう

投稿日時 - 2011-12-31 02:41:10

理想をゆうとキリがないですが
メガネってありますよね。
眼鏡。

眼鏡かけること。

これって・変なこと?
小学校低学年で、眼鏡の認識がないと、からかわれる対象になりやすいです。

でも、大人になると眼鏡かけてる人に何も言わないです。


で・・・障害や病気がある場合・
たとえば風邪は風邪薬を飲みます。

じゃあ精神科にかかってる人は、やはり薬を飲みます。

前者と後者は同じ薬を飲んでるだけなのに後者の方は、なんだかなじめない、よくない印象を受けるのは何ででしょう?

ようするに、
色々な病気が理解されていけば、薬を飲んだり病院に通うことが当たり前なこととして通るのではないかなと思うのです。。。

とゆうことは、障害がある人に対して補助をしてくれる人がいて、付き添いで学校や職場にいる光景って変でしょうか?

例えば目が悪い人が眼鏡をしているように自然な感じで付き添いの人が横にいる・・・最初は一人でできないことでも、少しづつ出来るようになっていけば付き添いの時間も減っていき、最後は一人きりで出きるようになっている。


これは、面倒を見る人の人件費等を考えると、非現実的で極端すぎますが、学校や職場などに障害や病気のことを理解している、理解しようとしてくれる人がいるだけで、障害がある人も生き方が楽になるのではないかな?と思うのですが様々なことにぶつかっていかないと成長しないのも確かです。
そんなことを今ひらめいたのでメールしました☆

ただの石も磨かないと綺麗に光らないです。
磨き続けることで宝石より強い光を放つこともあるようです
、と、こんなことを書いてる私ですが、学校時代は感想文を全く書けず(書き方が分からない(感想文は今も苦手で書けないです(^_^;)))しかも読解力ないので文章はもとより、絵本でしか内容を理解できないありさまです(^_^;)
文章の書き方は私が小学生の時に、塾の年配の女性が向き合ってくれて、新聞の天声人語の欄の書き写しと、要約の練習を根気よーくさせてくれたので、こんな文体の基礎が身についていました。ちなみに書き写しの間、私の集中力は数分で途切れ、寝転がったりと、さんざんでしたが(^_^;)今はよい思い出です
何事も広い心と勇気と根気と信じることです

どんなことでも笑って吹き飛ばしていればなんとかなります☆
周りに負けてちゃ味方も出てきません

暗い話題も明るい失敗話しに切り替えてファイトー

投稿日時 - 2011-12-31 02:20:44

ただ、まわり道をして苦労しても、その分まわりの人の助けになれるようなので(私はまだまだそこまで行けませんが)のんびり、おおらかな気持ちで構えていてあげてほしいです
障害障害と意識しないで、ほめて伸ばす、善悪の判断をつけさせる、人の喜ぶことをすることを教えてあげる方法を探してみてください

ネットで調べているのなら、市役所にいる保健師さんやケアマネージャーさんにも、ネットで調べるいい方法はないか聞いてみたらどうですか

投稿日時 - 2011-12-31 01:20:22

きれいなことばかり描いてましたが、ここからは読むのが疲れると思います。

進学についてですが、必ずしも普通学校、大学に行くのがいいとは思いません。理由・どこに行っても本人が年齢にあわせてしなければならない事柄は多くあります。普通学校に行けばまわりの人がなんとかしてくれるだろうでは本人の成長が止まってしまいます(これは病院に対しても言えることで、ただ通院してるだけでは障害や病気に対して何の変化はないはずです。困ったことを相談していってはじめて答えが出て、それを実験して答えが正しかったのか間違いだったのかがわかるからです)逆にレッテルが貼られるであろう特殊な学校に行ったとしても、そこによい面を伸ばしてくれて、悪い点を見つけてくれる人に出会えれば、普通に教わって、あたふたして何も覚えられずにただ時間がすぎていくよりも、よっぽどいい時間を過ごせるからです
進学よりもむしろ学校を終わってから仕事を継続していくことの方が重要だからです(たとえ稼ぎが低すぎて一般の就職場所とは違うところでしか働けないとしても、無駄にみえていた積み重ねが就労を続けるための基礎づくりになっている可能性があるからです)今の時代、若者が仕事を長く続けることが困難だったり、大きな会社が突然つぶれてしまったりとゆう予測困難な時代なので、高卒でも真剣に丁寧に仕事を続けている人達の方が、大学を出て働いている人よりも信頼を得ていることもあるからです

子育てについては、本音で子供とぶつかってケンカと仲直りをくりかえさないと、絆も生まれません。
本気で向かい合わなで逃げてしまうと、嘘の言葉のやりとりで会話が終わってしまい、間違いや同じやりとりが永遠に続いてしまいます

ピンチはチャンスです。私の場合は他の人より工夫を考えるチャンスを貰ったのかなと考えるようになりました。
人が簡単に覚えることでも、毎回工夫を考えながら生活していく(仕事のルールを書いたメモをつくり、いつもすぐ見れるように持ち歩く・聞きかたが分からなくなったときには、相談しやすい人を決めておく・いつも注意されることを書き残すようにするなどなど)
学歴を気にしていたようですが、私は旭川大学中退で、仕事もあちこち転々としまくっっってます。高校は工業高校(かなり頭わるいところ)ですよ。
親が心配して、家庭教師とか塾に入れてくれて、詰め込んでくれたから大学の試験だけはまぐれで受かった感じです(^_^;)

投稿日時 - 2011-12-31 01:11:03

障害のありなしではなくて、その子がまわりの人のたくさんの協力を得て、まわりにいる人達を笑顔にさせてあげられる行動をとれるように、みんなで協力をして子育てしていくことが大切で1番たいへんなことなのではないかなと思います。

お金をかけないで相談できて、親身になってくれる協力者をたくさん作らないと、すぐに八方ふさがりになってしまうと思います

かなりたいへんですが、焦らずにゆっくり子供と考えながら成長していき、協力者をつくっていけるように頑張ってみて欲しいです


障害がなく育った人でも、いくらお金を稼いでいても心がつめたく、寂しい人生を送っている人もいると思います。

そんな生き方よりは、お金は裕福まではないけれどいい人達に恵まれて笑顔が絶えないつながりを作ってあげることが、何にも変えられないかけがえのない財産になるのではないでしょうか

投稿日時 - 2011-12-31 00:33:06

たびたひひらっちです。
(長文ですが)
親にも傾向があるケースが多いみたいです。私の母親も、そっち系です。

で、発達障害については脳の働き方にクセがあるようです。

興味があることに才能を開く、または出来ること、できないことに差がありすぎる、とゆう点は普通の人には理解するのが大変なようです


関係のない話しになりますが、映画のスパイダーマンで優秀なのに怠け者、とゆうセリフが出ていました。
普段はパッとしない主人公が、危機迫ると予測のつかない能力を発揮していく様子は、発達障害の子の特徴を説明するのに分かりやすそうだなぁ、と思いました。

話しを戻しますが、
ひとつとして忘れやすいのは、脳内のある場所に、通常なら送られるべきタンパク質が何らかの原因で作りだせないために、脳が通常どうり機能しないそうです。
そこのタンパク質不足分を薬で補えるそうですが、、、

怖いのは、いい加減な団体や、発達障害に詳しくない医者が多いため、変なところに引っかかると、お金があっ、、、とゆうまになくなってしまうところです。
医者に相談しても事態や病態が一向によくならない、など


さらに特徴が出るのは、本人が困ったと自覚をしないと、問題に対して何にも考えはじめない。
とゆうこともあります(これは私がそうなのですが)
生活の中でまわりの人が、ふびんそうだな、と思うことでも、本人には何にも感じていない(問題だと思っていない)ことが多すぎるのです

ただ本は見ない方がいいです。
本人の特徴や個性をいかせるのは、その子に合わせて一緒に成長していかなければならないからで、本にはこう書いていたからこうなるはずだ、とか、ややこしい事態になる可能性が高いです
しかも本も、やたら出ているので教育の方針の軸までブレてしまいます

分からないことは専門の先生、発達障害を勉強して理解している精神科の先生と相談して、答えを見つけていかなければならないからです。
早く障害手帳はとったほうがいいです。

いっとき色々なところを手帳で利用するようになったとしても、最後には手帳の力なんか借りずに自立して病気なんかに負けずに生活を送れればいいのではないかと思うのです

投稿日時 - 2011-12-31 00:22:01

お礼

ご丁寧にありがとうございます。いろいろな実態が何となくわかりました。手帳は返還も可能だし、福祉制度や特別児童手当ても出る人もいます。医者がまだ必要ないといい 経過観察しかないですが、日々 小さなことを一緒にやるように、好きな音楽も流し緊張をとります。しかしながら、毎日なので 気力が全部とび、夜中も二時、四時には起こされるので 三年間熟睡はなく、睡眠薬で寝ても夜泣、おむつが寝る前にトイレをすませても、夜中びっしょりになってます。配偶者との育児価値観が違い、母原病のように私が悪いといわれつづけ、調停中で夫婦は破綻してまして、心身 疲弊仕切ってしまい、それでも 子供が何の疑いもなく 手をのばしてくれることが 勇気になりますが。私の父にはよく懐き、仲良くして笑顔いっぱいをみると、 自分以外の人との関わりが大事だと思います。進路の悩みも、丁寧にありがとうございます。あなた様も三十路世代、私もです、私たちが小さい頃は発達障害今ほど 丁寧にやってなかったし、認知もあまりなかったかと。2007から発達障害支援法ができ、一歳半からの検診からスクーリニングして 早期療育、母子ケアしているようですが、実際の母子ケアは あまりに抽象的で具体策はなく あまり考えないで今をみて、あなただけじゃないとコメントばかり。一番つらいのは実は人は 孤独と病気かなと感じてます、役場やまわりから、それは難しいねといわれると、聞き手は できない、終わりとまで 感じました。悩みに対し丁寧に答えてくださりありがとうございます。大学合格はすごいですね、うちは 無理そうですが、着実に何か一つ仕事がいつか子供にも できたらそれだけでいいと思います。

投稿日時 - 2011-12-31 09:51:59

私もこうはんせい発達障害なので(症状はかなり強くあってまわりの人も、おかしな感じを感じていたのですがV(^-^)V本人は何も疑問に思わず元気に生活をしていて、成人してしばらーーーくしてから病名を知りました。)

病院としては今の時点では直せる障害ではなく、医者も困るみたいです(うつ、とかなら薬で直せるけども、忘れやすい、行動が唐突、人の感情を理解するのが難しい、感覚が鋭い、または鈍い、こだわりが強く飽きやすい、等等は薬では治せないので(忘れやすいのは薬で多少抑えられるようになってきているみたいですが)処方の仕方が困難のようです)
とはいっても、お腹がすいたらご飯を食べる、トイレにも一人でいける、寝つける、起きれる等の身の回りのことは出来る。常に誰かにみてもらわないと何もできないとゆう訳ではないので、国の補助にも頼れない(とゆうよりそもそも国の福祉に対する補助は頼れない状況に近い)
まだまだ何年かたたないと医者には治せない病気ですが、、、
障害を大きい枠でみると、逆に特技がずばぬける人もいたり、頭の回転が鋭い人がいたり、会社を経営する人もいたりする、とゆうなんだかよく分からない障害のようです。


とはいっても医者がだめなのかとゆうと、そうでもないのです。

私の場合は年齢が30をこえても、小さい子供と同じように扱ってもらわないとだめなことがあります。(一度に覚えられずに忘れやすいので同じ注意を何度もしてもらう、順番をたてられないので指示を一区切りづつ出してもらう、行った作業を一つずつ確認してもらう)などで
医者には、問題解決の工夫の仕方を処方してもらう必要があるからです。

医者だけではなく、注意事項の声かけや、集団生活のルールなどはまわりの人からしか教わることができないのです。
人からたくさん愛情をもらうことが一番の薬だと思います。人を助けるような行動を自発的にとっていけること、みんなで一丸となって協力していくことが、みんなが幸せになれる近道なのかなと感じています

投稿日時 - 2011-12-30 20:35:32

お礼

こんなに高い分析を書いてくださり、まさか 似たような疾患をおもちだとは思わなくて、びっくりしてます。私も学習障害LD気味で数学が計算以外は理解できず入試は悲惨でした。あなた様が、声かけしてくださり、ご自分の疾患まで明かしてくださった優しさにあったかい心を感じました。最初で最後の子になった子供に どう接すればいいかわからず、いやな思いをさせてしまったと、完全に成り立つ人はいないのに。人間って何だろう、詫びしさと無常を感じてしまう。そういう葛藤や怒りを通過しないと 本当の受け入れまで いけないのかなと思いました。簡単な言葉で、叱るより ~やってくれるかなあ、~ありがたいよ助かる、と前向きで嬉しそうな言葉達を並べたら、相互が笑えるようになるのかなあって。私も内科疾患持病あり、内服が必須になり、好きで病気じゃない、その中で向き合って暮らそうとしてる、それでいいのだと 思うようにしたら負の道から多少修正できそうです。あなた様は、普通の小学校から更に更に進路をすすめられたかと思われます。私の子供にもそう願いたい、役場の心理士の特別支援学級濃厚を示唆されたのが、なんだか 刻印のように確証された錯覚があり、日々の小さな成長から繋げて なんとか 信じたいのにぶれてしまいます。あなた様のおっしゃる通り、記憶や視覚に優位あり、又 チックでも 著名人いますよね。何か素敵なこと一つが 子供の生きる支えになってくれたらと思います。

投稿日時 - 2011-12-30 22:55:50

うーん、どんどん話して家族で問題の解決策を探してったらどうですか?

まわりの人達も色々なことを抱えているから、なかなか面倒見がいい人達から協力者を作っていくのは大変ですが・・・

おおらかに、ゆっくり歩いていける人達と出会っていけるといいような気がします


先のことを考えていかないと、にっちもさっちもいかなくなります。
気長に根気よく、筋道をたてられる相談者を探したほうがいいと思います

障害が必ずマイナスになるとは思わないです。
いるだけで雰囲気が柔らかくなるとゆうのも貴重な人材なのではないでしょうか

投稿日時 - 2011-12-30 11:39:38

お礼

同じ境遇のママの集まりがないか保健師に尋ねてはいます。一般の方はなかなかこの件には相談はのってはくれません。障害を受け入れるにも、慣れるにも三年はかかると思っています。やわらかな存在はダウン症の方のほうが。うちは 目が離せないタイプです、特に外出時は。完全な療育手帳並みなら 公的支援もっとできますが、グレーゾーンで高機能自閉症だと行政も母子ケアに積極的にはなってくれず、自分で調べてやっている現況です。ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-12-30 14:58:14

親が不安になっていると、子供にも不安は伝わると思います。
1日一緒にいて、楽しいこと、イヤなこと、色々な感情の小さな変化に、気がつくゆとりがなくなってきているような気がします。
一人ではないと思います。
障害を抱えた子を育てている人は周りにもたくさんいるはずです。

みんなそれぞれの答えと生き方を模索しているのではないでしょうか。
堂々と、七転び八起きで、問題が起きたら家族と、周りにいる人達全員で問題に向かっていければいつか解決に近ずけるような気がします。

距離が近すぎると、いい所が見えなくて悪い所ばかり気になってしまうこともあると思います

投稿日時 - 2011-12-30 02:37:17

お礼

ありがとうございます。声かけがあると 孤独が一瞬忘れます。まわりに協力を、個々に問題はどこもあると重々承知してますが。実母他界してまして まわりは 障害の悩みは健常児のためか もっと明るい話題にしてよといわれた為、話さなくなりました。無邪気に寄ってきてくれる子供に生きる勇気をもらってはいます。あまり先のことを考えずにいけたらと思います。

投稿日時 - 2011-12-30 10:40:15

-広告-
-広告-