こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自律神経失調なのですが…

めまいと動悸がひどく(きっかけは仕事のストレス)
仕事をやめたのですが
そのめまいなどが出ていたときは仕事していて
締切間際なのに、電話がなったり仕事が山積みになって
そういう時に起こっていたので仕事を辞め
しばらく症状はでなかったのですが

やめてからも、普通に歩いてる時になったり
何も考えてないときにも起こるようになりました

仕事の時は、仕事以外では元気な状態でした。

なので内科で
血液検査をして、、どこも異常がみあたらなかったので
安定剤をだしてもらっています。
(先生がいうには脳はみなくても、血液さえみたらだいたいわかるというので
脳はみていません。)

めまいがまず起き(頭に力が入らない感じ、一本線が抜けたような感じ)、
動悸が始まりゼイゼイする感じです。
もしかしたら、倒れちゃう?っていうような恐怖にも襲われます
(実際は倒れたことはありません。)月に3,4回起きます

いつ治るのか不安で、こわくてたまりません。
変な病気だったらどうしようとか考えて怖くなります

お医者さんからは食事をバランス良く取ることを指導されています

自律神経失調症なおされた方は、どんなことを実践していましたか?
あとはめまいなど動悸起きたときは薬以外でどう対処していましたか?

アドバイスお願いします

投稿日時 - 2011-11-12 02:40:06

QNo.7128023

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

30後半男です。

私の場合、対人恐怖症、自律神経失調症などの症状があり、他人に変に思われてないか不安になったりして、3年前に会社を辞めました。

今は、かなり落ち着いてきており、再就職を考えています。

まず、精神的な病気は不安になることが1番いけません。

そのうち、自己恐怖症になってしまいます。

ですから、不安にならないようにしましょう。

しかし、そう簡単ではありませんので、不安が伴った場合に、どうやって解消させるかが大事です。


私のオススメは

1)
耳と手のつぼマッサージで副交感神経を優位にする。
自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて、常に交感神経が優位になることで緊張や冷汗がでます。

例えば、普段は交感神経と副交感神経のバランスは保たれています。

しかし、自分の身に危険を感じたときには交感神経が優位になり、睡眠などでは副交感神経が優位になります。

ですから、交感神経<副交感神経に切り替えて落ち着かせます。

2)
精神統一でリラックスするよう心がけます。

例えば、椅子に座っている場合、手と足を伸ばし、体の力を抜いて、目を閉じます。

そして、額に心地よい風があたっていることをイメージすることでリラックスします。

対策はこんな感じです。


あとは考え方です。

貴方は、この病気を治すのではなく、今のありのまま自分を受け入れて上手に付き合っていくように考えにましょう。

そして、症状が落ち着いてきたら、夢や希望に持ちましょう。

まずは、最初は簡単な目標でよいです。

例えば、何時にどこへ出かけて買い物をする。

一日三食きちんと食べる。など

もし、それがクリアできたなら、また次の目標を設定していけばよいのです。

そうすることによって、自分に自信を持って、前向きに進んで行けます。

簡単な話、B型人間的な人は自分勝手や我が道を行くなどとよく言われますが、それに近い人間になることが大事です。

自分に自信が持てれば、他人は他人くらいの気持ちで進んで行けます。

こんなことくらいしかアドバイスできませんが、参考になれば幸いです。

以上です。

投稿日時 - 2011-11-12 07:49:37

お礼

アドバイスありがとうございます。

とてもわかりやすくて、参考になりました。
その上、これから先どんな風に考えていけばいいか
ツボなどのお話とても心強く思いました

やってみます!!ありがとうござます

投稿日時 - 2011-11-13 08:49:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

めまいや動悸で悩んでいるということなんですね。

神経症に悩んだ経験者として感じたことを書かせていただきます。

あなたは自律神経失調症ではないかと感じられているようですが、めまいや動悸が起こり、このために倒れてしまうのではないかという不安を感じる場合は、不安神経症の可能性の方が高いのではないかと思います。

不安神経症やパニック障害と言われることもありますが、神経症の一つの症状になります。

神経症の場合は、仕事などの困難な状況から逃れても、少し経つと、症状が再発してしまうものなのです。

これは神経症が脳とか神経の異常から起こるものではなく、「とらわれ」という心の置き所から起こるものだからなのです。

ですから、薬を飲まなくても神経症に対応したメールカウンセリングなどで「死の恐怖」に対する「とらわれ」がうすれてくれば、症状が改善してくる可能性があると思います。

投稿日時 - 2011-11-12 18:30:28

お礼

アドバイスありがとうございました

すごく自分に、当てはまるように感じました

たしかに、すごくその恐怖心から起きてるように
思います
例えば『目眩』とかいう言葉を見かけるだけで
クラクラっとするときもあるので…

本当は、神経症なんじゃ…と思っています。

とらわれから解放されるためにメールカウンセリング
してみたいと思います

投稿日時 - 2011-11-13 08:52:01

ANo.2

追記します。
貴方はパニック障害も併発しているように思います。
とりあえず、あまり酷いようでしたら、薬を飲んで症状を抑えてください。
しかし、精神的なものは薬では解決しません。
気持ちを整理して行くことが大事です。

投稿日時 - 2011-11-12 07:54:47

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-