こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

副鼻腔炎の手術とは

 鼻中わく湾曲症のため、鼻の骨を削ったことがあるのですが これは副鼻腔炎の手術とは違うのでしょうか? 口から切って行う手術が副鼻腔炎の手術なのでしょうか?これは効果がありますか?どういった副作用がありますか?_

投稿日時 - 2011-10-31 23:12:03

QNo.7106005

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんばんわ。

副鼻腔炎では、鼻というよりも鼻腔、つまり「ほお」のあたりの空洞の中に膿が溜まります。
健常人では溜まらないか、溜まっても排出される程度の少量です。
この空洞の出口が狭いんです。
副鼻腔炎を起こす方は、この中に大量の膿が溜まり、それが外へ排出されず細菌が繁殖します。
ですから、手術ではこの出口を大きく広げ、中の膿を排出し、これから先も溜まりにくいようにします。

昔は口の中から上唇の元を切開して、骨を部分的に露出させて手術したそうです。
現在は内視鏡で確認しながら直接鼻の穴から作業をします。
骨を削る作業は、ちょっとした大工仕事のようですね。
麻酔アレルギーでもない限りは全身麻酔で行いますから、術中の苦痛は皆無です。
強いて言えば、術後に少し痛む場合がありそうですが、鎮痛剤で大丈夫。

効果はテキメンです。
術後のガーゼの詰め物を取った瞬間、世界が変わります(大げさではありません)。

副作用は、感染や傷の化膿くらいでしょうが、安定するまでは入院していますから、医師や病院に任せておけば大丈夫。
鼻腔付近はあまり神経や血管が無い場所なので、手術によるリスクも少ないでしょう。

ただ、慢性副鼻腔炎であれば、再発のリスクがあります。
再発する体質なんです。
その場合は、その都度同じ処置を繰り返します。
ですので、術後も定期的な通院は欠かせません。

副鼻腔炎をご心配ですか?
大学病院のような大きな病院の耳鼻科なら、普通に行っている手術です。
ご心配なら、耳鼻科を尋ねて質問することです。

投稿日時 - 2011-11-01 21:48:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

鼻中わく湾曲症のため、鼻の骨を削ったことがあるのですが これは副鼻腔炎の手術とは違うのでしょうか?
>全く違います。

口から切って行う手術が副鼻腔炎の手術なのでしょうか?
>副鼻腔炎の手術は、鼻の穴から行います。

これは効果がありますか?
>直接、膿を吸い出すので効果があります。ただし、抗生物質をしばらく飲み続ける必要があります。

どういった副作用がありますか?
>また副鼻腔炎になる可能性、感染症になりやすい可能性があります。

投稿日時 - 2011-11-01 00:01:29

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-