こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

フルコン空手界の現状

大山総裁は、「鞍馬天狗が登場すると、必ず偽鞍馬天狗が出てくる」と言い、極真空手を辞めた
方々の流派(しかも極真そっくりの技術体系と組織体系)を批判していました。 
当時批判された方々は、極真創設期の高弟たちで、いわば本物の空手家ではありました。

それに対し最近のフルコン空手界を見ると、ある道場を色帯で辞めて自流の道場を起こした
師範とか、健康目的で来ていたおじさん会員が支部長に任命されその後独立して師範とか、
疑問符の付く人達も多いように見受けます。  

彼らは空手一筋の人間より処世術に長け、経営として道場を伸ばすのも上手なように思います。
地方の空手大会のパンフレットを見ると、(フルコン)空手界は今や彼らこそ主役との印象さえあります。
そうした大会に分裂前の極真で黒帯を取り、古い時代の大会にも出場していた猛者が、
マスターの部で出場したり、また自分の道場を持ってそこに選手を送り込んだりしています。 

前に彼らにストレートに質問してみました。 ”近くにまともでメジャーな空手の試合がない場合、
そうしたにせ鞍馬天狗主催の大会を上手に利用するのもありかもしれないが、正直疑問を
感じませんか?”と。   (なおMMAにおける空手の実戦性の話は抜きにして)、当時の厳しい
極真の稽古を生き抜いた黒帯の方々が、口八丁手八丁だけで自流の空手道場の最高師範とか
架空の連盟の10段とか名乗っている人達と、”同じ土俵に立つこと自体、本当は疑問を感じて
いませんか?”と。     彼らの答えは、「別に感じない。」というのが大方でした。

大山総裁が、「鞍馬天狗が登場すると必ず偽鞍馬天狗が・・・」とおっしゃられた時の
偽鞍馬天狗と、今のフルコン界に多くいる偽鞍馬天狗とでは次元が違います。

また総裁は「向こうがこちらの大会に出る事は受け容れるが、こちらから出る事はない」とも
おっしゃっていました。  それなのに、当時の大山総裁御存命時代の極真空手を肌で
知っているはずの方々が、ある種彼らを上に見た関係で今や接しています。
この点につき何か御意見を頂けましたら幸いです。 よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-09-24 09:45:51

QNo.7030909

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No.1の方のお礼文を読みましたが、
>規制する法律がありません   まさにここです。 医者をするのに医師免許、理髪師をするのに理髪師免許は必要です。  一方で英語やピアノといった分野のように、その分野に長けていなくとも未熟ぶりがばれないのは、ひとえにフルコン空手の型とフルコンルールにあると考えます。 

殆どのインディー系空手団体も型ありますが、正直順番を覚えただけの代物で決してお上手ではありません。 しかしうまいか下手かは生徒の目からは分かりません。 またフルコン空手ルール、、スタミナ養成しひたすら打ち合うようなシンプルさは、素人師範にでも教えられる単純明快さがあります。 もし組手の実力に疑問符が付いたら、型に逃げればよいです。 次に型は、審査で次々と型の課題を課し、お金儲けの道具にもなります。 こうやって生徒から先生と呼ばれ、経営的にも成り立ち、規制する法律なく参入可能なら、また空手が好きで他の仕事より楽にできるなら、やらない方がむしろおかしくらいです。

それに対し、昔から押忍、押忍とよく考えずにありのままの物事を受け容れるようしつけられた黒帯達が、彼らを受け入れるのは仕方のないことでしょう。 人として相手の方が一枚も二枚も上手なのでしょうから、(いい意味での)空手バカが太刀打ちできるはずもありません。

世の中には原発問題、公務員の天下り問題、医療費の不正受給問題とか、問題が山積しています。 このように清濁混在の世の中で、彼らのような素人師範が存在することも仕方ない、と思わなくてはやっていけない世の中なのではないでしょうか? 

投稿日時 - 2011-09-24 13:48:04

お礼

御回答有難うございました。 大変納得できる御意見でした。 

投稿日時 - 2011-09-24 13:50:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

格闘技経験者です。ココは議論の場ではないのでこの質問はマナー違反ですがお答えします。

どの流派も会員が居なければ成り立ちません。なので大会やパフォーマンスで注目を浴びるように盛り上げて会員を募らなければ流派は途絶えてしまいます。
大山総裁の牛と組手したのも極真を世間に広める為のパフォーマンス。百人組手も同じです。でないとビデオやDVDで販売などしない。つまりは時代は変わってもやってる事はほぼ同じなのです。創生期が特別では決してありません。
そして時代は変わったのです。多種多様を求められる時代にね・・・最強は世間に知らしめて最強です。大山総裁の言った「向こうがこちらの大会に出る事は受け容れるがこちらから出る事はない」は、裏を返すと「自分のルールでしか闘わない」という自我が見え隠れします。「これでは内弁慶ではないか?」極真を離れた人にはこの考えの持つ最強理論に異論を唱えた人も多いはずです。それと「独特の上納金制度」ですね・・・殆どヤクザ社会と同じです。
なので疑問を持った者達は極真を離れて色んな方向へ挑戦し始めたのです。「受け入れやすい空手の確立」と「空手最強」を世間に知らしめる為に・・・他流試合をやる以上は相手ルールで戦うことになるので今は創生期よりはるかに過酷な時代と思います。今は困難を極めてる最中ではないかな。。。

それとそもそも柔道・合気道・拳法・伝統空手など色んな武道を取り入れて作ったのが極真ではなかったですか?極真の型も伝統空手のものが少し変わっただけですし、そう考えると「ホンモノも偽者も元々無い」と思いますよ。

投稿日時 - 2011-09-24 12:36:37

お礼

これはこちらの質問的意図が入った質問文を、議論の方向に持っていく回答ですね。

大山総裁御自身が、議論の余地の多い方なので、その方向性の話は保留します。 その意味で
総裁の言葉を引用したのは不適切だったかもしれません。

なおフルコン空手ルールの大会をここでは前提にしていますので、他流試合の話はずれた
ポイントです。 

端的に「素人同然の人間が自流の道場を興し、巧みに道場経営している現状をどう思いますか?」
というのが質問の趣旨です。

牛肉の産地偽装は、和牛でなくとも少なくともオージービーフであったり、本物の食べられる牛肉
です。 しかし発覚すると大問題になります。  

彼らは空手をかじっただけの素人。 つまり上記の例でいったら、牛肉でさえありません。
英語の先生が英語下手、ピアノの先生がバイエル60番くらいがやっと、けど先生してるんだよ
といったらそれは有り得ない話です。  

空手だけなぜ素人先生世にはびこるのか?  ちなみに素人が道場を立ち上げ金儲けしても
規制する法律がありません。 自由といっちゃ自由です。 

総裁の上納金制度は別問題ですよ。 当時は門下生の殆どが極真と総裁に心酔していた時代ですから、
納得の上で払う金ならある種お互いにwin-win。 それこそ結構じゃありませんか。  

古き時代の極真で黒帯ととった者達でさえ、なぜ現在彼ら素人師範にたなびくのか? その必要性は
ないのに、というのが私の考えです。 ですが現在はそうしたことも致し方なし、世でこうした
メリットもあるよ、といった納得いく御回答が読めるか、と思い質問したのが本質門の意図です。 
ですからストレートにマナー違反ではないと思います。  ずれた議論の方向に持っていき、
マナー違反の質問に仕立てないで下さい。

投稿日時 - 2011-09-24 13:25:36

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-