こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

統合失調症の主人とうつになった自分。離婚すべき?

結婚して13年目。ほぼ半分は統合失調症との闘いでした。もともとパートはしていましたが、主人の病気に波があり職を転々としていることもあり、2年ほど前から私も扶養を抜け仕事をしています。
何度も自殺未遂をした主人。子供を3人抱え、仕事をしながら、闘病生活。そんなことをしているうちに、自分もうつになってしまいました。本当に苦しくて何度も死にたい。と思いました。でも、なんとかかんとかやってこられたのは子供たちの存在のおかげです。この子達だけは守らなければ。自分さえ我慢すれば、頑張れば、きっといつか良くなる。ってどれだけ泣いてわめいた次の日も、必死に笑顔を作って、保育園に送り、仕事に行きました。そして家に帰れば、妄想、幻覚、幻覚を繰り返す主人との闘い。本当に苦しかった。今は主人も随分落ち着いて、病にかかる前の主人よりずっと優しく、とても良い方に変わってくれました。大病をすると、人は本当に変わるんだな。と思いました。けれど、私は、ずっと我慢したり、怯えたりしてきた日々から抜け切れずにいるのです。普段はよいのですが、少しでも、主人の機嫌が悪いのかな?なんて思うと、動悸がしたり、息苦しくなったり・・・本当はしたくなくても、主人が求めれば性行為も拒めずにいました。こんなんで夫婦としてこれから先やっていけるのか?もう、怯えたり、我慢したりすることに疲れました。子供たちのためには、一緒にいることがいいとは思うのですが、私はこのままでよいのか?と考えてしまいます。嫌いではないのですけどね・・・こういうのトラウマというのでしょうね。怖がりながら生活する日々でよいのでしょうか?

投稿日時 - 2011-07-23 22:37:45

QNo.6894973

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

私と同じような状況に他人事とは思えませんでした。
主人は結婚する前はうつ病という診断でしたが、結婚後2回目の入院をした後、統合失調症だといわれました。もう18年も前の話です。その後は、仕事ができるほど回復するもなかなか続かず転々とし、入院も計4回、今ではほとんど仕事ができません。

今年結婚20年目を迎えましたが、本当に大変でした。この気持ちは同じ境遇の方でないとわからないですよね。どんなに家の中はめちゃくちゃでも外では笑顔作って。
私も子供が二人いて必至でした。この子たちにどれほど支えられてきたか、でも辛い思いもいっぱいさせてしまいました。幻聴・妄想がひどく、暴れて警察沙汰にもなっています。ご近所に頭を下げて、お詫びにまわったこともあります。

現在はだいぶ落ち着いてはいますが、私も怯える生活からトラウマになり、このごろ一緒に居る事に疲れ果ててしまいました。
離婚を考える日々が続いています。

今は主人の親の名義の家に住んでいますので、離婚となるとアパート暮らし、生活は苦しくなるでしょうし私だけがすべてがうまくいくとは思っていません。
得るものもあれば失うものもあります。
主人にとっても同じでしょうけれど、お互いがこの結婚生活を続けていくことへの重圧から解放されて気持ちが楽になれたら、また前を向いて進んで行けそうな気がするのです。

統合失調症のだんなさんを持つ妻として、子供を3人も抱えて頑張っているmyusha0806さんの気持ちがよくわかる者として、あなたがどちらの道を選ぼうとも陰ながら応援しています。

回答になってなくてごめんなさい。

投稿日時 - 2011-09-23 23:52:51

ANo.4

先日の年配の男性です。

2回目の回答から何もないので頑張られておられると思っていました。

”補足”はこちらに連絡が無く質問内容を開く必要がありました。

で、新たに見てなみなみならぬ苦労をされておられますね。
びっくりしました。そこまでされたらどうもにもなりませんね。

私の知り合い(男)で、お金でも毎日毎日その日の分だけ朝に渡すと言うのです。
びっくり。
確かに、統合失調症の人は人を疑い、自分が病気になったのは周りせい、原因と
言います。これからすれば病気の真ん中ですね。
でも、奥様は立派で何も悪いところはありません。
良く耐えられておられると思います。

御主人の新しい職場でうまくいけば良いのですが。
結婚当初はどうでしたか?それと比較してはどうですか?

悪い見方ですが今の様な性格の為に病気になられたとは考えられませんか?
それにしても、御主人は度が過ぎていますね。

別れたくなりますよ。もうどうでもなれと。
御主人と話し合いはできませんか?無理ですか?
御主人も病気が悪い事ではないと自覚されれば気が楽にそして
解決する事ですが。病院のセンターで相談できませんか。

奥様も優し過ぎですね。
もうそれ以上体を壊さないで下さい。
そして、自己防衛を図って下さい。甘い所を見せないと相手もひるむ者です。
お金でも、携帯でも自分を守るしか無いですね。
奥様が言われる様に、病気ばかりではないような気がします。

頑張って下さい。それしか言いようがありません。
小さいお子さんがおられるし、子供の為にはどうしても親は必要ですね。

奥様とは何時でもお話が出来るように。締切、連絡が取れなくなったら、新しく質問を出して下さい。

投稿日時 - 2011-08-06 21:24:34

ANo.3

先日の年配の男性です。

気になって再度メールしました。
奥様も鬱病で大変苦しんでおられる事とと存じます。
先日はご主人の事ばかり書いて気が引けました。

叱咤激励だけでは鬱病の人は苦痛です。
ましてや、この病気も、長期化、再発と言う事があります。
心の傷が、感情の傷が修復され満たされて初めて喜びが、
鬱病が回復に向かうのですね。

プラスの行動にはプラスの感情が、マイナスの行動には
マイナスの感情が生まれます。どうしてもマイナス部分から
逃れたいと言う感情が起きます。

まして、鬱病の人は他の人から見れば普通に見え誤解が
発生します。普通と見えるので人は対応しますので、問題も
発生します。
 したくも無い主人との性行為も拒まずやっておられるとの事。
立派です。病気の重さがわります。
でも統合失調症の人は、薬の副作用と病気で生殖機能が低下し
性欲は減退するするそうです。その点、御主人は逆に病気が
回復に向かっているのでしょう。
御主人の感情が回復に向かっているかも知れません。
誰かに向かって不満を言わないと、マイナス感情は増幅します。
不満は頭の糞です。糞は出さないと蓄積します。
今回の奥様の行為(この欄への投稿)は大変プラスだと思います。
子供の成人、御主人の回復は膨大なプラス感情が発生するでしょう。

睡眠、ストレス解消と共に、プラス感情手帳でも作り、マイナスから
プラス感情への転嫁を図って下さい。
若い時の楽しいセックスが出来る事を楽しみに!

それではお元気で!

投稿日時 - 2011-07-25 17:24:04

補足

わざわざ再度のご返信ありがたく思います。貴方様の思うように主人は随分回復しているのだと思います。けれど、私は主人の病気の影響から全ての友人、知人と縁を切るしかありませんでした。何しろ、私達夫婦を知る人間に全て疑心を抱いてしまい、主人の病気故にそれを否定してはいけなかったし、主人の命と家庭を守る為、そうせざる得なかったのです。一時はお互いの親、兄弟とも連絡も許されず、心配して訪れる、友人、両親にさえ、バレバレの居留守を使うしかなかった程で、その影響は未だにあり、私には話せる人がいなくなってしまいました。家の電話も、携帯も全て明細を取られ、お財布の中のレシートでどこに何時にいたか?携帯の位置情報、メールなど、全てチェックされてました。そうです。私も主人にとっては疑心の対象でした。でも、私は悪い事してないし、それで主人が落ち着くならばいい。家庭さえ守れれば、いつか今より病気が回復すれば、きっと今の我慢も報われると信じてがんばりました。でも・・・主人が随分回復した今も、主人は、自分が病気になったのは周りの人全てが繋がって自分を陥れた。と信じています。そして、今でもどこかで、私のことも信用してないのだと思います。それなのに、性欲を満たそうとし、それが満たされると安心するみたいな感情が私にはどうしても理解できないのです。男女は違うので理解しようと仲良くする為、主人の気が済むなら・・・と自分を説得し、お付き合いしてきましたが、自分の鬱が悪くなっている今は受けいれ切れず、拒み、主人は自分に気がない。とか、愛がないとか思っています。
私も、根っから性行為が好きな女性であれば、なんとかなるのでしょうが・・・
そして、お金の問題も・・・私の給料口座からは主人は好きにおろすことができます。でも、夫婦で共用していた口座の暗証番号は勝手に変え、私には教えてくれません。だからといって、好き勝手使う訳ではないのでそれにも文句は言いませんでしたが、未だに生活費に使ったレシートを細かくチェックされあーでもない、こーでもないといわれるのが、とてもストレスになってきました。まだ小学生二人、園児一人の子供がいながら扶養を抜けてフルで仕事して無駄使いしないように頑張っているのに、どうしてそこまで細かく言われなきゃいけないの?って思えてきました。病気だから仕方ない。って思ってきたけど、随分回復した今、病気だけのせいじゃないのかも?って思えたら、このままでいいのかわからなくなってしまいました。
長くなって申し訳ありません。
前回、ご返信いただいた時は前向きになれたのですが、それからの主人とのやりとりがまたうまくいかず、また大きく悩んでいます。勿論、私にだって悪い所はあります。主人だっていっぱい言いたいことあるでしょう。でもきっと主人は、今の職場で相談してるとおもいます。楽しんで仕事できるいい職場にめぐり合えたみたいなので。それは私にとってもうれしいことでもあります。もう、お互い、楽しんで生きられる道を歩んだほうがいいのかな・・・主人とのやりとりがうまくいかないと、動悸、手足のしびれ等がでてきます。これでは、まともな話し合いにならないですよね・・・

投稿日時 - 2011-07-27 19:18:48

ANo.2

縁ですね。

貴女が夫を捨てるのもいいし、夫のためにご自分の人生を捨てるのも

どちらでもいいと思います。

貴女がどうしたいか?です。

貴女から捨てられた夫は、貴女を恨むことをしてはいけないし、

貴女も(夫を)見捨ててしまった、、、と後悔する必要もありません。

貴女が、自分の人生をどうしたいか、、、です。

昭和の時代なら、病気にかかった配偶者を見捨てて、自分の人生を貫くことは

悪いことのような雰囲気がありましたが、、、。

今は、「自分」を優先する時代です。

このことが、良いか悪いかは、わかりませんが、、。

貴女が、自分の人生を捨てても、夫は共に暮らすだけの甲斐のある人かどうか、、、。

貴女次第です。

ただ、「不満」を持ちながら 暮らしてるのであれば、夫に対して

失礼なことだと思います。

投稿日時 - 2011-07-24 14:56:03

ANo.1

私は年配の男性です。

こう言う環境を多少でも知っているので参考になればと思います。
毎日の御苦労良く分ります。

結論から言うと統合失調症の人は、暖かい心で守ってやるしかないのです。
病気が治らないかと言うとこれは治ります。
奥さまは献身的な御奉仕で鬱になられた。これも良く理解できます。

御主人は仕事を転々とされたと言う事ですが、良く仕事が出来たなと感心します。
こう言う病気の人は同じ職場で長続きしないものです。
仕事を変わるたびに、ストレスが蓄積して病状は回復が遅くなります。
むしろ御主人を褒めてやらねばなりません。離婚などもっての他です。

精神病院には掛かかられて、病気の事も勉強されておられると思います。
この病気は強度のストレスが原因で発病すると言う事です。
私も詳しい事は知りませんが、頭の中で感情を伝達するのにある物質が
分泌するとの事です。分泌が悪くなって発病するとの事です。
(電気技術で言う無接点リレーと思えば理解しやすいです。)
ここ数年で良い薬が開発されています。幻覚、幻聴、被害妄想、無気力、
口の中で何時も何か言っている。薬で数十日で良くなります。しかしこれは薬の
働きで、本来の健康ではありません。人によりますが、元の健康になるまで
薬を飲み仕事は出来ます。医者の範疇ですが薬が適切に使用されているか
と言う事も重要です。
この病気は発病から薬で治療されても数年の精神的安静期間が必要です。
いま発病から6年ぐらいですのでもう暫らくかかると思います。
精神病院には通常、生活支援センターがありますので、病状、生活、費用等
相談、対応に乗ってくれます。精神障害者は法律で支援されていますので
費用は殆どかかりません。病院を変えると言う方法もありますネ。
また、市でも生活支援課があると思いますのでここでも相談に乗ってくれます。


奥様も鬱病で病院にかかっておられると思います。
精神病の人は心が不安定な為に気苦労は大変です。

人間、”人生どんな事があっても行詰る事はありません。”
   ”愛は万事に勝つ”ですよ。”
自殺などもっての他です。
子供が成人した時の喜びは人の何万倍かでしょう。
私が幼い頃は、戦後で食糧も殆どなく、母親は自分では食る物がなくても
泣く子供為に食べさしていました。
私の実家は田舎ですので、都会の人(母親)が30~40KMも歩いて米の買い出しに
来られました。
白ご飯を家で食べさせたら、泣いておられたのを今も薄らと覚えています。

苦しいでしょうが、夫婦として、親として、最後まで全うして下さい。
”愛は万事に勝つ”ですよ。
夜明けは目の前に近づいています。もう少しの辛抱です。
人生苦もあり、楽もありですよ!

じゃあ お元気で

投稿日時 - 2011-07-24 11:22:42

お礼

丁寧なご回答心より感謝申し上げます。統合失調少症患者が働く事が困難なのもよくわかっております。幼い子供たちの為、家族の為、一日一日耐え忍ぶ様に働いてくれた主人の精神力の強さには、通院先の先生も驚いておられましたし、私自身も、自分ならばできないだろうと思い、本当に主人の家族を思う強さに感謝して参りました。いつか闇は明けると信じ、がんばってきた日々、頑張り続けるうちに私の方が参ってしまったようです。情けないことです。以前は、沈む主人になんとかなるって!ほら、まだ笑顔作れるよ!なんて言っていた自分が笑顔を作ることさえ苦痛になっています。
今はただ、私自身が疲れてしまっているだけのようです。よく寝ること、ストレスを溜め込まないように気をつけながら、まず、自分のうつ状態を回復しなければなりませんね。せっかく、ここまで上がってきた主人を、私の不調でまた悪いほうへいってしまったら主人の血のにじむ様な努力も、私たち夫婦を支えてきてくれた子供たちもも自分自身も報われなくなっちゃいますよね。

この病気は一般的にあまり知られていないため、なかなか理解していただけず、聞いてもらうだけになっていたので、今回の、貴方様のお返事に心より感謝いたします。私、まだ頑張れそうです。
戦中、戦後時代を生き抜き、今の時代を築いて頂いた方々に、深く深く感謝致します。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2011-07-24 14:36:16

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-