こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

MMAにおける首相撲膝蹴り

ヴァンダレイ・シウバが先日KOされました。 シウバが相手を首相撲の姿勢にとらえたかと
思った矢先、相手もシウバの後頭部を片手で押さえ、もう一方の手でアッパーを連打しKO。

キックの試合では、タイ人など膝蹴りの名手が、相手を首相撲で捕らえたら中々離さず、
ずっと膝蹴りを打ち込む展開に持ち込んだりします。
シウバも戦慄の膝小僧のニックネームよろしく、初期の試合では首相撲からの膝を
よく見せていた記憶があります。

しかし最近の彼の試合は技術的にボクシングに偏っていたし、また他のMMA選手も
首相撲膝をする場面はあまり見かけません。

これは、キックの場合グローブが大きく、下からのアッパーが入りずらいのに対し、MMAの
小さなオープンフィンガーググローブでは、首相撲にとらえられた相手側が、コントロール
されながらも下からアッパーを打てるため、首相撲膝をする側が危険なためにしない
のではないか、と思いました。

この分析は正しいですか? 御意見をお願い致します。(特にMMA経験者の方から)

投稿日時 - 2011-07-04 19:12:53

QNo.6854135

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

現代MMAで首相撲からの膝は使えない技術ではないですよ。
まだまだMMAにおける使い方を分かってないだけだと思います。

現にアンデウソン・シウバは膝蹴りを有効に使ってフランクリンを2回とも倒してますし、帯谷戦の菊野も有効に使ってました。

試合だと通常の精神状態ではないですし、首相撲の体制になったら即座に相手にダメージを与えたいものです。
急いで正面から蹴るとグラップラー(レスラー)なんかは蹴り足をキャッチしてテイクダウンしてきますが、しっかり組んでいったん相手を左右に崩してから蹴れば掴まれないし一発で効かせられます。試合中だとそんな余裕がないだけでしょうね。

正面から首相撲を組むと上体浮いて確かにテイクダウンされるリスクは高くなりますね。

レスリング出身者で背筋力が強い選手が多いのと、崩さないで腕力で首相撲を組もうとして頭下げられない&腕パンパンになるリスクもあると思います。

グローブの大きさも関係すると自分は考えています。
ボクシンググローブでは難しいですが、OFグローブはめてMMAスパーをする時に、首相撲に捕らえられたら相手の腕の隙間からパンチ返しますし。
実際レスリング出身でボクシングを覚えたような選手は、レスリングで培った引きの強さを生かしてクリンチアッパーを上手く使ってますし(ダンヘン、クートゥア等)。
K-1やキッでクリンチアッパーを使う人はまあ見ません。SBなんかは投げありなので組みを多めに見てくれますが、あのグローブでは有効的ではないからそれらのリングで見られないのでしょう。

重心が上がらないまま打てるクリンチアッパーはMMAルールの中で発展していった技術ですね。

これをやってる選手はほとんど見ませんが、UFCは肘ありだから相手が定石通り内側から首相撲を組み返す瞬間は絶好の肘うちのチャンスだったりします。
近距離で強打が打てるクリンチエルボーなんかめちゃめちゃ有効的なんですけどね、なんで皆使わないのか不思議です。

投稿日時 - 2011-07-07 23:36:22

お礼

御回答有難うございます!  疑問が100%解けました!

タイ人は崩しての首相撲膝が得意ですよね。 タイ人くらいムエタイをマスターしている
MMAファイターなら、試合に取り込める技術になりえますね。
それでもOFGならではのクリンチアッパーに気をつけないといけないわけですが。

首相撲膝を使う選手自体があまりいないから、内側から組返すタイミングで肘打ちを狙う
選手もいないのかもしれませんね。  そう考えるとMMAは戦う相手によって対策は
全く変わってくるし、またある技がはやればそれに対抗する術も登場しと、技術的に未開拓の
部分も大きく、これからますます発展するでしょうしそういう視点で試合を見るのが楽しみです。

投稿日時 - 2011-07-09 16:18:04

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

打撃系オンリーのルールであれば、投げたらダメという制約があるので、首相撲で相手の
動きを封じれば非常に有利ですが、組み技ありのルールの場合、倒されたりすると
寝技が駄目な人間ならばどうしようもない場合もあります。要は、相手が自分以上に
組み技に長けている場合、首相撲に持ち込むのは危険だからではないの?

グローブの違いはあまり関係が無いと思いますよ。

投稿日時 - 2011-07-04 22:04:20

お礼

なるほどそうですね。 ヴァンダレイ・シウバは、現在のUFCファイターの中では組み技できる
方ではないし、また先日アリスターがヴェウドゥムと戦った時、あれ程破壊力満点の
組んで膝を使えかったのは、寝技の展開を警戒していたからという理由もあったでしょうね。

キックでは首相撲膝にパンチでは中々対抗できませんが、先日のシウバの試合を見ると、
MMAでは首相撲膝蹴りよりパンチの方が効果的に見えました。 

首相撲膝蹴りには組技に自信が無いストライカーにとっては寝技に持っていかれる危険性はあるし、
誰であろうとパンチでやられる危険性はあるし、現代MMAにおいては使えない技術なんでしょうかね。

御回答有難うございました。

投稿日時 - 2011-07-04 23:32:28

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-