こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

キャンプ(アウトドア)に強い車って,どんな車?

キャンプ好き,車に詳しい方にお聞きしたいのですが,「この車は,キャンプにむいているよ!!」というのがありましたら教えてください。テント泊,車内泊どちらでもかまいません。アウトドア,キャンプをする上で,車をこんな工夫(改造)しているなんて言う意見も募集。
私も自動車でよくテント泊するのですが(長くて一週間くらい)キャンプサイトでは車にいろいろと工夫を凝らしている人を見かけます。秘訣を教えてくださいな。軽自動車でも,RV車でも何でもOK。できれば参考サイト・書籍も教えてください。(でも豪華なキャンピングカーやお金がかかりすぎる改造はちょっと苦手…)。テント泊大好きなのですが,最近車内泊にも興味ありです。
たくさんのご意見お待ちしています。

投稿日時 - 2003-10-12 01:30:20

QNo.677291

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちわ。私は三菱のデリカ・スペースギアのV6 3000でアウトドアを楽しんでいます。メリットは、川原や山へ行って多少道が悪くても 車のはらしたをこする事がほとんど無い。車内もそこそこ広いので車内箔時はエアーベッドを広げて寝ています。オプションでルーフターフ(屋根の上からターフを腫れる物)を付けていますので便利です。最近 コールマンのポップアップトレーラーをデリカで引っ張っています。なかなか優れものですよ!通常はコンパクトで後ろの視界も良く、牽引素人の私には大変助かっています。広げればかなり広いスペースが確保できます。新車を買うと多少しますので、私は専門誌なんかで調べて中古車の程度の良いものを買いました。道の駅巡りなんかして楽しんでいます。

参考URL:http://www.norcom.jp/default_r.htm

投稿日時 - 2003-10-12 08:24:05

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

改造の参考雑誌としては、月刊誌のカスタムカーやカミオン(デコトラ:トラック専門)が、有名どころかな。
昔から有名なキャンピングクラブとして、日本ハンドメイドキャンピングクラブ等があります。
基本的な車は1BOXカーで、マイクロバスやトラックなどの改造車もあったかな。
変わったところで、トラックの荷台に積載する、キャンピングシェルなんかもあります。

投稿日時 - 2003-10-31 18:04:09

ANo.4

ax6

少し違うかも知れませんが、こんなのはどうでしょう?
http://www.kustom-mobil.com/top.htm

参考URL:http://www.kustom-mobil.com/top.htm

投稿日時 - 2003-10-12 09:40:44

ANo.1

車の改造は好みの問題が強いので.一概には言えません。

コストを押さえるのであれば.日常生活用品の代用に徹する必要があります。
また.道路運送車両法の規定から「無届」で済む範囲となると.「荷物の積載」に相当する「改造」になります。すると.貨物車を選定することになるでしょう。農家ですと.農業用貨物車になります。

専用保存スペース(キャンピングカー専用屋根つき駐車場.関係資材も保管)を自宅に確保できない場合には.自宅内での収納に重点をおくことになります。つまり.キャンプ資材を積極的に日常生活品に割り振る必要があります。
すると.こまごました専用機材を用意するよりも.多目的.汎用性に富む内容が主体の改造になるでしょう。

また.極端な言い方をすれば.使い捨ての改造もあります。みやげ物の積載スペースを確保するために.車体にみやげ物の入った袋を針金で縛りつけるということをしています。私の場合.改造として保存しているのは.袋を縛り付ける場所にあたる棒だけです。棒を針金で縛り付け.帰りはここにすすなりのみやげ物がつきます。

目立たない事(宿泊地周辺で「不審者」と思われない事)が.重要ですから.車の外装に関する加工は.原則として避けています。私の場合ゆっくり走ろう埼玉県のシールや交通安全祈願の札を後ろに貼ってあるのが.改造といえば解像です。

娯楽の分野では.「いかに金をかけたか」は.自慢にはなりません。「どれだけ.時間を割いたか」が.その人の娯楽に関する能力です。ですから.高価な車を購入したばかりに.1年に1回しか出かけられない人よりも.低価格な車で1年に1ヶ月以上出歩いている人の方が.上手なのです。

目立たない改造としては.補助タイヤがあります。私の車は.シーシの下に補助タイヤを保管する型なので.室外に補助タイヤがあります。通常(ディーラー車検後は).ホイルが下側に開くようにタイヤが保管されていますが.これをホイルが上側に開くようにおきます。すると.直径20-30cm深さ10cmほどの空間ができます。この中に.クッションで包んだ.カセットコンロ用ボンベを保管しています。温度が40度を超えないことは以前測定済み。

投稿日時 - 2003-10-12 04:42:00

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-