こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

4歳の男の子ってどんな感じですか?(長文です)

はじめまして。
4歳くらいの男の子のお子さんがいらっしゃる方、ご意見頂戴できると嬉しいです。

GWに実家へ帰省し、5年ぶりくらいに友人4人と子供で遊んだのですが
その時の出来事で驚いた事がありました。

友人4人の構成は
「既婚子なし(私)・独身・子持ち(4歳男児Aくん・2歳男児Bくん)・子持ち(4歳男児Cくん)」です。
今回はAくん・Bくんの家へお邪魔してきました。

そこでのAくんの様子なのですが、人がたくさん来てテンションが上がっていたのか
テーブルの上へのぼる、Cくんを笑いながら追い掛け回しては叩く、
自分の弟であるBくんを蹴る、吹っ飛ぶほど突き飛ばす、寝転んでいる所を踏む、
・・・などとなかなかに暴れん坊でした。
そして、自分のママに何度も怒られていました。

Cくんが追いかけられては叩かれまくっている時に、
Cくんも叩き返すマネをしていたのですが
それを見たCくんママは
「叩かれたからといって叩き返してはいけない、
ちゃんとお口で『やめて』と言いなさい」とCくんに言っていました。
そしてCくんはAくんに「やめて!」と言って逃げていたのですが、
Aくんはそれでも手を振り上げ何度も何度も追い掛け回していました。
あまりにしつこいのでCくんも半べそになり、
Cくんママが「Aくん、ちょっとやめてね」と注意していました。
(その後Aくんママがすっとんできて謝っていましたが)

AくんのBくんに対する暴力もすごかったですし、
(Bくんが泣いているのに踏みつける様子はギョッとしました)
Cくんに対しても、Aくんは笑顔で叩きまくっている様子がすごくて、
私ともう1人の独身の友人は正直引いてしまいました。

帰り道に3人で話していたのですが、
Cくんママは、
「近所にママ友もそんなにいないから(実家はとても田舎です)、
同じくらいの子供同士遊ぶのは親戚の集まりか2~3ヶ月に数回くらい。
うちでは基本的に暴力を振るうのはいけないと教えているし、
これまでCはあんなふうに友達から叩かれた事がないからびっくりしたんだと思う。
兄弟もいないから少しは強くなって欲しくて見守っていたけど、
まわりにAくんみたいなタイプがいないからちょっと驚いてしまった。
でも、兄弟がいるとああいう感じなのかな。
うちはまだ1人だから気が弱すぎるのかしら。
もっとCを守ってあげれば良かったのか、正直迷ってしまった。」と言っていました。
独身の友達は
「5年も会ってなかったから、言いたい事もちょっと言いづらかったよね~。
Aくんに注意したかったけどさ、子育て経験がないからいつのタイミングで
どんなふうに言えばいいかわからなかった」と言っていました。

私には4、5歳くらいの子供がいる友人がわりといて時々遊びにいかせてもらうのですが、
私もここまで暴力的な子は見た事がありませんでした。
4歳くらいの子供というのは、「暴力はいけない」と口で教えてもわからないものなのでしょうか?
これくらいの年代の子はそういうものなのか、
はっきり言ってAくんママの躾が少し甘いのか、皆さんはどう思われますか?

Aくんママは、Aくんが弟に暴力を振るう事について注意はしますが、
「弟にも強くなって欲しいから」というスタンスで、あまりAくんを怒らないようです。
別の友人には6歳と4歳の女の子がふたりいるのですが、
下の子が1歳くらいの時に、上の子が下の子を叩いたりしたらものすごく叱っていました。
「たとえ家族でも、暴力はいけない!」と。
男の子と女の子では違うのかもしれませんが。

各家庭でそれぞれの価値観があるでしょうし、
一概にこれが正しい、これは間違っていると線引きはできないのかもしれませんが、
お子さんがいらっしゃる方は、Aくんの様子をどう感じられますか?

私は正直、BくんやCくんをかわいそうに思いましたし、
いくら家族とはいえ、Bくんはまだ小さいんだから守ってあげればいいのに、
暴力はいけないとしつこく教えないから、Aくんはお友達にも暴力を振るうのでは?と思いました。

とはいえ、自分にはまだ子供はいないので、経験者の方のご意見を伺いたいです。
自分もいつかは子供が欲しいと思っていますので、
子育ての現実(?)を知りたいと思っています。
文面からするとAくんママやAくんを否定しているように見えるかもしれませんが、
そういうつもりではなく、単純に、自分の考えが子育て経験者から見て
やはり現実を知らない甘いものなのか、それとも本質的には間違っていないのか、
将来のためにそれを伺いたくてトピを立てました。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-05-14 18:24:53

QNo.6737311

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんばんは。

 他の回答者さんの回答を見ていないので回答が同じようだったらごめんなさい。

私は男の子三人の母です。
 長男が13歳 次男が10歳 三男が5歳です。

我が家の子は お友達のA君のような子ではなかったです。

 男の子でしたから戦いごっこもしました。棒を振り回す、でも 嘘んこ叩きを教えました。本気で叩いてきたら棒を取り上げ息子を叩きました。 痛いでしょ?って教える為に。
 自分が痛さわからないと力の加減もわからないと私は思うんですよね。

 体罰賛成でも反対でもないです。
時と場合があると思うんですよ。
 兄弟喧嘩で殴り合い どちらかが怪我させても怪我しても責任は親ですよね(笑)
でも これを同じように友達や他人の子にやったらどうなるか?って考えるのも親。

もしも私がA君の親ならば げんこつの一つもしてます。
 叩いたら痛いよね?C君も同じように痛いんだよ! 謝りなさいって言いますよ。それになぜA君母が謝る A君に謝らせなさい。叩いたのはA君です。なぜ謝るかを教えないで母が謝ってどうする?って思いますけどね・・・
それにこの先 子が他人に怪我でもさせたら大変な事になると思います。

 理想は言い聞かせなんでしょうね・・・
でも理想通り子供は動いてくれません。
 親がいつも冷静に・・なんて理想通りの親にも私はなれません(笑)

だから質問者さんの考えが甘いとは思いませんし 質問者さんが思うこと私も普通に変って思いましたからね(笑)
 私ならばげんこつしています。

子の責任は親 子が何かしたら親が責任を取りますからね。
 子供のしたことだから~なんて逃げる親になるつもりはないので 私は厳しくしてます。
とくに男の子力加減を教えないと大変な事になります。
 痛みを知らない子は痛みを知らないまま相手にしますからね。
弱いもの 自分より小さいものとの力加減も教えるのも親なので兄弟喧嘩は兄弟喧嘩でもそこまでの兄弟喧嘩だと私はげんこつそして説教+弟に謝らせます。
 
 A君のママが考えている事・・・理想の子育てですね(笑)
育児書に書いているように 子供を叩いてはいけません。言い聞かせればわかるのです。っていうのだと思います。
 子供って一桁の年齢まで叩く回数多いと私は思うんですよ。
実際 上の子供たちは叩いて叱る事もなく 言って理解するようになっていますので叩く必要もないです。
 5歳の息子はやり過ぎた時に叩くことありますよ。
そして反省・・・次はやらない。
 
 理想論と現実は違うと三人の男の子を育てている私は思ってます。

ちなみに・・A君は私悪いと思ってません。
 A君の母親が悪いと思ってます。A君に痛みを教えない 力加減を教えない。
A君はそれを知らないから普通にやっているんですよ。

長文失礼しました。
 

投稿日時 - 2011-05-14 22:24:41

補足

別のトピでは不愉快な思いをさせてしまい、申し訳ございません。
このトピと別のトピを見て、Juraichiさんが
本当に親身になって回答されている事を強く感じました。
おべんちゃらなどではないです、本当です。
別トピの内容をこの内容と繋げてくださった、
覚えていてくださったという事が私にはとても有難い事です。

ですが、それは私自身の勝手な思いでありますし、
不愉快にさせてしまった事に変わりはありません。
本当に申し訳ございません。
そして、真摯にご回答頂き、本当に有難うございました。

投稿日時 - 2011-06-09 17:56:12

お礼

コメントをどうもありがとうございました。

ご自身も3人の男の子を育てていらっしゃるとの事。
ご経験に基づくお話はとてもためになりました。

やはりそうですよね。
私も一番違和感を感じたのは、Aくんが「笑いながら叩き続ける事」なんです。
本人にとって戦いごっこだったのだとすればわかりませんが、
それでも、「やめて」と逃げ惑う子を追いかけてまで叩き続けるだなんて
相手に痛い事をするのは悪い事だと認識していない印なのではないか、と思いました。

弟であるBくんに対しても、Bくんは何も悪い事をしていないのに、
AくんはBくんの横を通り過ぎる時に、
Bくんが家具にぶつかって泣いてしまうほど突き飛ばしたり、
(Bくんが道を塞いでいたのではありません、十分通れるスペースはありました)
AくんとBくんと別々に遊んでいるから何も迷惑をかけていないのに、
思い出したかのように蹴ってみたり、どうしてそんなふうにするのか不思議でたまりませんでした。
あまりにBくんがかわいそうで、
思わず「Bくん、こっちにおいで!」と端へ抱きかかえて逃げてしまった程です。

私にはまだ子供はおりませんが、家庭は社会の縮図だといつも思うのです。
かといって家庭内でも常に理路整然と過ごすべきというわけではないのですが、
「強いもの(年上)は、弱いもの(年下)を守る」という基本的なルールは
自分の子供には教えてあげたいとずっと思っていました。
今回トピを立てたのは、これが理想論なのかを尋ねたいという気持ちもありました。
でも、Juraichiさんのお考えは自分ととても近く、
Juraichiさんのお考えのもとに育てられてきたお子さん達は
ちゃんと大切な事を理解して大きくなってこられたようで
自分の目指す所が間違っていないと感じる事ができ、嬉しかったです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-05-14 23:26:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(10)

ANo.10

ご質問ありがとうございます。

ご理解していただきたいのは、Aくんとその母親に問題がないという意味ではありません。
問題は大アリです。

男の子が暴力的(と言うか、エネルギーが有り余る)になるのは、自然なことで、
そうならない方が問題なのです。
だから、そのエネルギーの使い方を正しい方向に導いてあげないといけません。

昔はね、男の子は、外で集団で遊びました。
男の子の世界を作るのです。
その中で、知恵を出し合ったり、殴り合いのけんかをしたり、
そし、ガキ大将が生まれ、縦の序列が生まれ、それぞれが自分の特性を生かした
組織を形成するのです。
強い者が弱い者をかばい、弱い者はやがて強くなり、また弱い者を助ける
知恵のあるものは知恵を出すことで尊敬され、
力のあるものは、力を出し尊敬される。
元気を出す者、笑いを誘う者、優しくする者・・・
自分の長所を知り、立ち位置を知り、組織の中で生きていく。
まさに小さな社会ですよ。
女の子には、理解できない生態なのです。


Aくんに教えなければいけないのは、前にも書きましたが
自分より小さい子、弱いもの、女の子は絶対に叩いてはいけない
同じように一対一でケンカすること。
多勢に無勢は恥だということ。
時には威嚇や力ずくで教えなければいけません。
活発的な子を持ったら、言葉でコントロールするリモコンママはアウトです。


Cくんは、男の子としての成長ができていないように感じます。
“それぞれの個性”という人もいますが、
個性なんていうものは、一回全部を出してみてわかるものです。
言葉でコントロールし抑制した子どもは、個性どころか
潜在能力を眠らせているかもしれません。
男の子は、何に使って良いかわからないエネルギーが有り余る時期が来ます。
その時に抑制され続けたエネルギーが爆発することが怖いのです。

多分・・・Cくん 私が半日遊んだら、びっくりするような変貌を遂げるとおもいます。

また、言葉で諭す育成にも弊害があります。
正直、子どもが言葉の真意を理解できるのは、ずっと大人になってからです。
私自身、子育てをして始めて意味がわかったことも多いです。
それまでは、育ててくれた人が「やれ!」と言ったから、従っていただけです。
やってみて初めて理由がわかることの方が、世の中には多いのですよ。
それをいちいち言葉で理解させていたら、子どもは考えない子どもになります。
逆に言うと、理解できなければやらないのでしょうか?
そういう人材が多いので、社会で使えず、ドロップアウトしてしまうのですよ。

言葉で諭すことの、メリットとデメリット
双方があり、それが表裏一体であると言うことを知っておいてください。

男の子は、女性にはなりません。
男の子は、男性として生きていくのです。

やられたら、やり返さなければ生きていけないこともあるのです。
言葉よりも、拳骨一発で解決できることもあるのです。
そういうことを教えるのが父親だったり、肝っ玉母さんだったり、
男の子の集団だったりするんですよ。
殴り合いの喧嘩ができるのも、幼少期までです。
そんな経験で学ぶことも多いのです。

>「叩かれたからといって叩き返してはいけない、
ちゃんとお口で『やめて』と言いなさい」

この時点で、殴り合いの中から学ぶことは学べません。
近所に男の子がいないのであれば、ママが男の子らしさを教えないといけません
口に“お”をつける必要もないし・・・
「やめて」じゃなくて「やめろ!」ですよ。

親が子どもに接する時に100%良いことばかりというものはありません。
どんな接し方も、メリットとデメリットがあります。
体罰にもメリットがあります。
言葉で諭すことにもデメリットがあります。
それを知らないと、体罰は虐待になり、言葉は過干渉の自立阻害になってしまうのです。
 

もう一度言いますが、言葉で諭す育児にも、悪い点が多いと言うことを知っておいてください。
知った上で接するのは、メリットを生かせます。

投稿日時 - 2011-05-17 13:03:04

お礼

再び、回答をどうも有難うございました。
今回頂いた回答を見てわかったのですが、
私自身姉妹で育った事もあり、きっと「女の子と男の子の差」というのを
漠然と感じるだけで、まだ理解できていないのだと思いました。
(まだ子供がいないので、実感として感じる事は難しいのですが・・・)

正直「男の子を育てるのは難しいんだな」という気持ちは
ますます強くなったのですが、いろいろな人のいろいろな子育てを見ながら
私も将来に備えて勉強していきたいと思います。

有難うございました。

投稿日時 - 2011-05-19 09:31:06

ANo.9

30代女性既婚子供あり。

・A君に正しく指導したらそういうことをしなくなるかというと、答えは50%くらいNoです。
 小学生になっても犬のウンコ拾って食べる男子はいるんですよ(笑)
・C君は、今後はわかりませんが、今は殴り合いなどが嫌いな温厚な性格なようです。
・教育方法の差は、個性の範囲かなぁ。結局は子供同士が仲良くなれば教育方針の
 違いなんか気にしても仕方がないので。

子供の知能的な成長は笑えるほど個人差があります。20歳になってようやくヒトって感じです。
「殴られたら殴り返せ」を勧める方もいますが、少なくとも今の日本で
殴り返さないと生きていけないような生活を送るヒトはごく少数なので、
C君は、別にそのままでも生きていけると思います。

ちなみに小学生の頃、先生から
「君は精神的に早く大人になってしまったので、周囲が子供に見えてつまらないかもしれないけど
もうしばらくしたら追いついてくるから待ってあげてくれ」といわれたことがあります。
周囲はほんとにバカにみえていた。

上記の経験上、性格の違いすぎる子を1対1で無理やり仲良くさせる状況というのは
おススメしません。学校や幼稚園なら、A君があまりに乱暴だとみんなに嫌われるので
C君をみんながかばうということもあるでしょうし、
相手が嫌がることをしては嫌われるということもA君は今後判るでしょう。
とりあえずC君はやっつけ返さないとわかんないヤツがいる、ということを知れたので
よかったとすればいいと思います。

C君は「イヤ」の意思表示のほかに、「A君はたたいてばっかりだからキライだ」
「イジワルする子はダメだ、遊びたくない、つまらない」等の意思表示を
今後覚えていくでしょうが、・・・まだ4歳ですからね、そんなものじゃないでしょうか。

自分がC君の親だとしたら、その場では「A君が作った叩き放題という勝手なルールに、
新しいルールの遊びを教えてみる」くらいですかね。
ケンカなら「仲裁するべきか」で悩むかもしれませんが、遊びだし・・・。
「お、C、A君、お友達との遊び方判らないのかな?こういう遊びはどう?」みたいな感じですね。
順番に鬼になって、おいかけて1回タッチしたら、交代とか、
2人の真ん中に棒(紙をまるめたもの)を置いてヨーイドン!で早く取ったほうが叩くとか。
ジャンケンもできるはずなので、ジャンケンの後でもいいですね。
座布団を渡して、その上しか歩いちゃダメで、タッチしたら交代とかね。
2人ともオトモダチと遊ぶ技能が低くて、「遊ぶ」までいってない状態だと思います。
遊び(ゲーム)って、ルールがあったほうが面白いと知らないと、いきなりはできないと思う。
そのうち勝手なゲームのルールを作って遊ぶようになりますけど、
ゲームをひとつ教えてやってもいいんでは?と思います。

「やりかえせ」もケンカなら言うかもしれないけど・・・このA君の親が、
仕返しされた時は手のひら返して激怒するような親だったりすると、怖い(^^;)。

投稿日時 - 2011-05-16 00:45:27

お礼

コメントをどうも有難うございました。

遊び方が上手でない子供に、遊び方を教える。
これは素晴らしいアイデアですね、ためになります!
楽しくルールを学べそうです。

また、子供の知能というのはかなりな成長差があるのですね。
だとすれば「C君は『叩かれたからと叩き返してはいけない』
と言われて理解できるのに、どうしてA君はできないのだろう」
などと比較してはいけなかったと反省します。

確かに、もしこのまま子供同士仲良くしていけば、
性格の差ははっきりとしてくるように思います。
現時点でも正反対に近かったので…。

自分の子育てが始まる前に、いろんなご意見が聞けるのはためになります。

投稿日時 - 2011-05-16 15:07:57

ANo.8

男の子を育て、育成に携わる者です。

たくさんの子ども達をみてきました。
たくさんの親も見てきました。

正直A君のような子どもはたくさんいます(というか、潜在的にそういう男のこの方が多いです。)
普段は大人しく引っ込み思案と言われている男の子でも、本性を引き出すと
人を叩くことが大好きです(本能のようです)。
ですから、自分より小さい子、弱いもの、女の子は絶対に叩いてはいけない
ということを教え込みます。
同じように一対一でケンカすることも教えます。
多勢に無勢は恥だということを教えるのです。

私が危惧するのはC君のほうです。
未来が不安です・・・
ママがそういう考えですからしょうがないかもしれませんが・・・
それでは男の子は伸びません・・・
そういう親子をたくさん見てきましたので・・・

投稿日時 - 2011-05-15 18:30:31

お礼

コメントを有難うございました。

心配なのはC君の方ですか!
私はどちらかというと、C君ママやC君の方寄りの考えだったので驚きました。
それは、C君親子が争いを好まないからですか?

男の子は暴れん坊の子が多いとは聞くのですが、
相手や程度は選んで欲しいな、と思います。
もうびっくりする程おしゃべりが出来るのに、
暴力が先行するのはいかがなものかと…。
でもA君本人はそれを悪い事だと感じていないようでしたし、
特に弟に対する暴力について、A君ママは
「A、止めてよ~」と遠くから声をかけてるだけで、
普段からあまりきつく言い聞かせているふうでもなかったので、
A君もB君もかわいそうだと感じてしまいました。
A君ママに違和感を感じたのが正直な気持ちです。

手が出てしまうのはある意味子供らしい事なのかもしれませんが、
各場面での物事の善し悪しを教えてあげるべきだと思い、
自分もそうしていきたいと思っていました。
ある程度見守りたい気持ちはあるものの、
相手が半泣きでママの所へ逃げ込んでもまだ叩きつづけるとは、
相手の痛みがわからないのかな、と悲しくも思いました。
でも、そうではなく、自分には思い付かなかった違った意見にすごく驚きました。

もし宜しければ、C君のどのような所が心配で、
C君ママのどのような所を改善すれば、
C君は伸びるのでしょうか?
私は将来C君親子のように、諭して理解させる子育てをしたいと思っていたので
後学のために、是非ご意見頂戴したいです。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-05-16 13:57:07

ANo.6

年中クラスの担任保育士です。

よくあることかと言われたらよくあることという回答になるのでしょうか。
相手に悪さをするのはこのころの子どもなら男の子・女の子関係なく起こると
思いますが、やはり蹴ったり叩いたりするのは比較的に男の子の方が多いです。

周りからはわからないのでしょうが、その子は戦隊ヒーローになりきっていた
ということは考えらなくはないと思います。

叩く・蹴るといった行動はよくある時期ですが、いじめのように意図して暴力
をふるうということはあまりないのかもしれません。

クラスでは「〇〇に変身」などと言って、自分はヒーローになりきっていきな
り何の関係もない子を叩いたり蹴ったりしてしまうことがあります。
そんなときはすぐに中に入って、「何も悪いことしてない〇〇くんを蹴ったり
叩いたりする〇〇は格好悪いよ」と話をします。

やはり正義のヒーローなのですから何も悪さをしていない子に暴力をふるうの
は論外ですので、子どもにわかりやすくストレートに注意します。
このような変身戦隊好きの子が多いと、やったりやられたりの繰り返しなので
さっきまで泣かせていた子が逆に泣いていたりということもあります。

あまりないと書いてしまいましたが、自分が優位に立ちたいという強い感情が
あれば、たとえ他人を蹴落としても悪さをしても、何がなんでも勝ちたいとか
他人が持っているものを独占したいという、いわゆる「目先の利益のため」に
蹴ったり叩いたりしてしまう場合があります。

この場合でもすぐに仲介して、すぐに暴力を批難したり叱るのではなく、なぜ
暴力をふるってしまったのかを優しく語りかけるように質問して、おもちゃが
ほしかったと言ったら「〇〇くんはおもちゃがほしかったんだね」と1度受け
入れてあげ、そのうえで蹴ったり叩いたりするのはいけないこと、口があるの
だから「貸して」って言おうねという解決方法を教えていきます。

いずれにしても1度教えたからと言ってすぐにやめたりすることは難しいです。
「さっき蹴ったり叩いたりしちゃだめって言ったでしょ」と叱っても、子ども
は遊びに夢中だったり、欲求に負けやすいのでいけないことと理解していなが
らも同じ過ちを繰り返してしまいます。
(小学生くらいになると様子をしばらく見守ることで子ども同士で解決できる
 方法を見つけられることはありますが、4歳くらいのときは子ども同士で解
 決できる確率はほぼ0%に近いので、必ず大人の介入が必要です)


だからと言って放任するのは絶対にだめです。
現場を見つけたらすぐに仲介して話を聞き、わかりやすい言葉で繰り返し何回
も話をしていかなければ子どもは「この程度なら許される」という経験をして
しまい、歯止めがきかなくなってしまうので、根気よく話をしていくことが大
切です。

もう1つ、4歳くらいになるとウソもつきますので確たる証拠を持って話すこ
とも場合によっては必要ですね。そして必ず話をしたあとに暴力をふるってし
まった子に「ごめんなさい」をして、「いいよ」許しを得るようにすることで
やられた相手の気持ちも少しずつ理解できるようになっていくでしょう。

けがをさせてしまったら実際にそのけがを見せたり、暴力をふるった子が泣い
ていたら、その泣いている様子を見せるなど自分がやったことがどういう影響
を与えたのかを言葉ではなく実際に見て反省させることも大切だと思います。

投稿日時 - 2011-05-14 21:29:21

お礼

保育を専門にされている方からのコメント、どうもありがとうございました。

Aくんは確かに戦隊ものが大好きなようです。
そして、Cくんはまだ一切興味がないと言っていました。
Cくんママも「うちの子はまだ戦隊ものを見ないから、戦いごっこにも慣れていない」
というような事を言っていました。
Aくんが笑いながら追いかけてCくんを叩き続けたのは、
実は戦いごっこの延長だったのでしょうか・・・。
Cくんが嫌がって「やめて!」と言っても、
Aくんはもう空想の中にいて、声は届いていなかったのかもしれませんね。

もうひとつ、AくんはCくんが遊んでいるおもちゃもよく奪っていました。
普段自分が遊んでいるおもちゃだから、使われるのが嫌だったのでしょうか。
自分も昔は子供だったのに、その頃の気持ちをすっかり忘れてしまいました。
そうですよね、わかりやすく教えてあげないといけないですよね。
結局、Aくんはママに怒られて半泣きで
「ごめんなさい!」と言っている(言わされている?)状態でした。

子供は大人のように口で説明するだけでは理解が持続しないので難しいですね。
こういう話を聞くと、すごくためになります。

投稿日時 - 2011-05-14 22:10:30

ANo.5

>4歳くらいの子供というのは、「暴力はいけない」と口で教えてもわからないものなのでしょうか?
もっと小さい時からきちんと教えておかないと分からないのかもしれません。

>これくらいの年代の子はそういうものなのか
子どもによるとしか言いようがありませんが、やる子は結構好き放題やりますね。
うちは姉弟だからか、小さいころはぶったり蹴ったり押したりはしたことありませんでした。ですからよその兄弟の激しいやり取りを見たときはものすごく驚きましたが、本人たちは意外とケロッとしていました。
兄弟同士でやってる分には全く問題ないと思います、その家族の中のルールですからたくましく育ってほしいというのも理解できます。ただ、よその子に危害を加えるのはまた別だと思います。
私の見た激しい兄弟は、一応兄弟間でのみだったような気がします。よその子にはあまりちょっかいはかけていなかったかな…。
私はよその子に対してそのような態度をとったら、親はきちんと謝るべきだと思うし、よその子にやってはいけないことが分からない子には、家庭内でもやらないように躾けてくれないと迷惑だなと思います。

人が来ると子どもは大体テンションが上がるので、いつもより激しくなったりはすると思います。
でもだからと言って、やられっぱなしでは親としても嫌ですし、はっきり言っていいと思います。
「うちの子そういう激しいのに慣れてないから、悪いんだけどやめさせてくれる?」と早めに親御さんに言った方が良いですよ。言わなければ、向こうも「いいのかな」って思うかもしれませんから。

親がだめだよって止めなければ、やはり子どもはやりたいことをやります。下の子を踏んだりするっていう事は、親がそれはやっても良いって考えているっていう事です。
そういう感覚の違いはおそらく埋まらないので、兄弟での事は気にしないようにして、自分の子どもはきちんと守ってあげるようにするしかないと思います。

投稿日時 - 2011-05-14 21:12:21

お礼

コメントをどうもありがとうございました。

お知り合いの激しいご兄弟、兄弟間では激しくても
よそのお友達にはそのような事はなかったのですか。
しっかり、家庭内と外の世界の事を躾けられていたのですね。

傍で見ていて、理論的には正しく振舞っているCくん(暴力には暴力で返さない)が
やられっぱなしで半泣きになっているのはものすごくかわいそうに感じてしまいました。
エスカレートしてきてCくんママが守りに入りましたが、
やはりはっきりと言っても大丈夫なものなのですね。

子育てって難しいですね。
自分の家庭内にいるうちは同じ価値観のもとに過ごせますが、
一歩外に出るといろんなご家庭がありますし、
そこでより良い関係を結ぶのは本当に難しそうですが、
自分に子供が生まれたら、良い道へ導けるように頑張りたいと思います。

投稿日時 - 2011-05-14 22:02:02

ANo.4

こういう躾は、3歳までが重要なんですよね。
3歳までには、痛みに関わること、我慢することはじっくり教えないといけません。
このAくんは、かわいそうに痛みがわからない子に育ってしまったんですね・・・。

ですから、ここまで来ると大人が動きに注意して、関わる子が怪我をしないように注意しないといけません。
突き倒されて頭を強打することもありますから。

少しでも手(足)をあげたら、その手(足)を叩き根気よく教えなければいけません。
誰かを怪我させたらAくんにとっても最悪の事態になりますからね☆
遅くなっても根気よく大人が関われば変われます。

これからママやパパになる方に言いたいのは、三つ子の魂百までです☆

投稿日時 - 2011-05-14 19:28:02

お礼

コメントをどうもありがとうございました。

躾は3歳までが重要なのですね!
三つ子の魂百まで・・・心にしっかり留めておきたい言葉です。

AくんはCくんに対して、しつこいながらも手加減はしていたようなのですが、
弟であるBくんに対しては全力だったので、正直こわかったです(涙)
AくんもBくんもテーブルによくのぼるので、
「落ちて頭を打ったりしないの?」と聞くと
「あぁ、よくあるよ~」とのお返事。
びっくりしました・・・

そうですよね、今はまだ小さな世界で過ごしていますが、
これからは幼稚園、小学校とどんどん世界は広がりますし、
なんとか良い方向に行くといいですね。
余計なお世話なのかもしれませんが・・・。

投稿日時 - 2011-05-14 21:53:41

ANo.3

難しいですね~


やっぱり男兄弟だとやんちゃさも増しますし、普段あまり家で叱られていないとやってもいい、と思ってしまっているのかもしれません。
でも、Aくんのママも、よその子を叩いているとき何度も怒られているみたいですし、わが子を怒るだけではなく、親として代わりに謝る、という態度もあるようなので、非常識なお母さんというか、躾を怠っているお母さんだな、とも思いません。


4歳くらいでも、言ってきちんと聞ける子、自我が強くて反抗期が強く、なかなか親の思うように動いてくれない子、様々です。

もちろん暴力はいけないと教えることは大事ですが、2歳差くらいだとこれがまた難しのですよ。
ちょうど生まれたときに赤ちゃん返りしたりしやすい年齢だったり、今でもまだ小さい弟さんにママをとられてる!ってやきもちをやいて、少し暴力的になってる部分がないともいえません。
お母さん自身も、家と外での方針が違ったりしても、子供に伝わりきれない部分もあるかもしれませんし。

暴力はいけない、って教えるのも、結構一苦労なんですよね。
どうしてもそのくらいの年齢差だと、お兄ちゃんなんだから小さい子を守りなさい、ってなってしまったりすると、逆に卑屈にさせてしまったりする場合もある微妙な年齢なので・・


でも、それを教えることは必要ですし、本質的には質問者さんの意見は間違っていないと思いますよ。

ただ、現実として、親の思うように子供がちゃんということきいてくれるとは限らないってことも、覚えておくといいと思います。

我が家も、今9歳と8歳の兄と妹がいますが、いまだにケンカしてカッとなると物でたたいたり蹴ったり殴ったりします。
どんだけ小さいときから怒鳴ろうが叱ろうが教え込もうが、そのときはやめてもほとぼりがさめたらまた同じです。しつけの繰り返しです。
感情のコントロールがまだ上手くできないんですよね。

まだ4歳なので、そういうことを覚え始める年齢なので、もう少し長い目でみる必要があると思います。

でも、Aくんのように、あまりにもしつこかったり、相手が泣いたり嫌がったりしていることはやめるべき、という考え方は勿論当たり前ですし、教育しつづけるべきことだと思いますよ。

投稿日時 - 2011-05-14 18:50:11

お礼

コメントをどうもありがとうございました。

>4歳くらいでも、言ってきちんと聞ける子、
>自我が強くて反抗期が強く、なかなか親の思うように動いてくれない子、様々です。

そうなのですね、個性によりいろいろなのですか。
Cくんはお母さんの言う事をわりと素直に聞いていて、
「叩かれたからと叩き返してはいけない」と言われると納得した様子だったので、
つい「どうしてAくんは『やめて』と言われてるのにわからないのだろう・・・」と思ってしまいました。
でも性格が違うように個性もいろいろで、比べてはかわいそうでしたね(涙)

赤ちゃん返り、確かにそうかもしれません。
Bくんは赤ちゃん時代から暴力的にされていたようで、
噛まれたり叩かれたり・・・。
それはヤキモチからきていたのかもしれませんね。

躾というのは難しい・・・そう実感しました。

投稿日時 - 2011-05-14 18:57:49

ANo.2

アフリカで内戦でゾウが全滅して、他所の国から買いましたが、オスの大人は7tあるので飛行機で運べずに
メスのグループと若いオスを飼いました。
若いオスはサイを強姦して殺していました。

動物学者が大人のオスが必要といったので、ついに買ったのです。

その日から 何もおきなくなりました。

オスの力です。

四歳児が怖いのは父親です。その父親がメス化していますので、その様な問題が起きます。

友人の中にオスがいたならばそんなにはなっていません。

投稿日時 - 2011-05-14 18:47:31

お礼

コメントをどうもありがとうございました。

新しい視点からのお話、ありがとうございました。
友人達に聞くと、やはり日常の子育ては母親がメインで
父親は家にいない事が多いから母親の躾の責任が大きいと言っていました。
難しいですね。

投稿日時 - 2011-05-14 18:59:36

ANo.1

子供に罪はありません。すべてバカ親のせいです。
子供ではなく親を躾けないといけません。
友達ならはっきり言ってあげた方が本人のためです。子育てとか価値観とか経験とかは全く関係ありません。

投稿日時 - 2011-05-14 18:40:00

お礼

コメントをありがとうございます。

それは、Aくんのママの躾が甘いという事でしょうか?
つい、子育て経験のない自分の言葉には説得力がないかと思い、
言いたい気持ちを抑えてしまいました。
でも、次回会った時も状況が変わっていなければ考えたいと思います。

投稿日時 - 2011-05-14 18:52:10

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-