こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

軽度知的障害の4歳

初めまして。

4歳2ヶ月の息子がおります。
息子は2歳頃から言葉が遅く私も心配になり発達検査を受けました。
結果は境界域(DQ72)と診断されそれから半年後また検査をしDQ66それから一年後また検査をしDQ65の軽度知的と診断されました。

たまたま息子のために捜していました認知を高めるという教室で発達検査(親が〇△をつけるだけ)の結果はDQ75でした。
社会性が1番高く知覚面はまた低かったですが、社会性+知覚面だけだと数値は82くらいです。何より言語面が1番低かったです。

あと気になるのが発音で、「あいうえお」など50音や言葉を連チャンして言えません。
テレビのアンパンマンの台詞を一生懸命真似しようとしていますが呂律がまわらない感じです。
普段は2語文たまに3語文を話す程度です。
精神科の先生には5歳まで様子見だと言われましたが、さすがにこの発音は何かしら原因があるように思うのです。


このままでは息子は普通の小学校に行くのは難しい事なのでしょうか?
私自身覚悟はしております。
どうかご回答ヨロシクお願いします。

投稿日時 - 2011-03-01 00:29:09

QNo.6558241

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(8)

ANo.8

学校側の説得は大変かもしれませんが、社会性が高さを潰さないためにも、普通学校をお勧めします

特殊学級や特別学校ではどうしても教師(大人)とのやりとりが主となり、生徒(子供)同志の交流が少なくなりますから

他の生徒さんにとっても、障害を持つ同級生の存在は必ずプラスになります
私が小中学生の時も同級生に知的障害の人がいましたが、彼女がいるクラスは団結力が強く、彼女がいるクラスはその年の合唱コンクールで必ず学年最優秀を取るというジンクスがあったほどです。

また、お子さん自身にとっても健常者の子供さんとのかかわりはプラスになる事が多いのではないでしょうか
障害健常をわきにおいても、単純に生徒数だけで比較しても間違いなく、普通学校の方が人数が多いですし、子供同志のフォロー力も意外とあなどれません(教師側の大変さはおいておいても←ひどい言い方でも学校で大切なのは大人の手間ではなく子供の育成です)


あえてマイナス面を言えばイジメ問題ですが、それは『健常児ならイジメにあわたいのか』と言えば答えはもちろんノーです
実際私自身イジメられる側でした

けれど特別学校は確かにイジメは少ないでしょうが、逆に守られ囲われ、健常児と関わるのは特別な催しの時だけ
それでは、お子さんが地域に社会に出た時、どれほど優秀な支援事務所を見つけても必ず苦労なさると思います

子は親より長生きする場合がほとんどです
親が生きているうちは幸せな地域生活だったのに親が他界したとたん、施設で不自由な生活を強いられる、という事態を起こさないためにも、どうか、今の苦労を惜しまず、お子さんに伸び伸びとした学校生活を送らせてあげて下さい

投稿日時 - 2011-03-23 11:49:52

発達障害児の母です。

発達指数に関して言えば、伸びる可能性はあります。娘は3歳の頃から現在(小2)までに、40近くの変化がありました。
ただし、発達指数が伸びても、発達の偏りはそのままです。動作性と言語性の差は現在でもあります。
その差があることで、色々な生活していく上での困難な事が増えるんですよね。

娘の場合、言語性が弱く、視覚優位という特性を持ち合わせています。聞いて理解する力が弱いので、通常級での授業では、理解できない事もあり、支援学級で学んでいます。娘の特性を理解したうえで授業を進めてくれるので、何とか普通クラスの子と同じペースで勉強しています。

発音に関して・・・小学校入学しても発音が上手にできない子はいますよ。言葉の教室という通級に通って、発音の訓練をしています。
娘も言語療法などを利用しています。
訓練の先生に言われたことなのですが・・家での訓練は子供のストレスになるので、逆効果になる場合がある、できれば専門家に任せた方が良い、との事でした。
口の使い方でどの部分が弱いのか・・などによって、訓練方法も変わってくるそうです。

出来る限り専門家のアドバイスを受けて、発達を促す方向にもっていけると良いですね。他の方も言っていますが、療育や言語療法などを利用した方が良いですよ。


ちなみに・・・娘は特別支援学校へ入学させるつもりでしたが、年中の終わり頃、療育の先生の薦めで小学校の支援学級を検討するようになりました。
子供の成長する力は無限なんだと思います。子供の成長する力を信じて、諦めずにできる限りの事をして下さい。

投稿日時 - 2011-03-01 18:19:02

ANo.6

三人の子を持つ主婦です。

四歳の長男と発育状態が似ています。長男も言葉があまりにも遅くて落ち着きもなかったため、市の幼児相談窓口にいったり育児アドバイザーの人に相談したりしました。
今では幼稚園に通いながら、半年に一回程度の小児科通院と、市で運営している発達障害児向けの療育施設で週一回の指導を受けています。

長男の現在の発育程度は、カタコトで話す、発音が悪い、50音順を連続では言えない(あ行やた行のみだとそこそこ言える)、主に単語のみ、たまに2語文を話すぐらいです。
最近では大好きなアンパンマンの歌を真似て歌うようになりました。それでも全部ではないし、リズムも音程もめちゃくちゃですが。

療育施設の専門の先生には「小学校に上がるまでに、年相応の発育になるよう、ゆっくり進めていきましょう」と言われました。
私もあせってもしょうがないと腹をくくり、子供にあわせて付き合っていこうと思っています。


ある日、たまたま出会った年配の方と話をしました。
その方の知り合いのお子さんも言葉が遅く周りの方は心配されていたようですが、小学校に上がったとたんしゃべりだすようになったとおっしゃっていました。
昔は今よりも発達障害についてあまり知識がなかったようで、「障害」とかではなく「個性」とか「性格」だと認識していたようです。
また、同じ療育施設に通っているお子さんのママさんから聞いた話では、小学校にあがってから発達障害だと気づく方もいるらしく、気づいたのが遅かったせいか、なかなか改善されないことに悩んでいる人がいるとのこと。
小さいうちに専門機関で療育すれば、発育も改善されやすいようです。

ですから、今の段階で小学校に上がることに対して心配するよりも、今のお子さんをありのままに受け止め、愛情をかけてあげることが大切だと私は思います。
主人の実家に行くため、栃木から広島まで車で行ったことがありますが、その後の長男の言葉がいきなり増えたことがあります。いつもと違う環境に身をおくことが、脳の刺激になるんだと感じました。ですから、都合の許す限りいろんなところに連れて行ってはどうでしょうか。

また、市の子育て支援課などでも発育に対する相談窓口もありますし、そういうところで同じようなお子さんを持つママさんが集うサークルなどがあるかどうか聞くことも出来ます。先輩ママさんと知り合えば小学校に上がったときの話も聞けるでしょうから、一度問い合わせてみてはどうでしょうか。

私も通っている療育施設で知り合った先輩ママさんからいろんな話を聞くことができて、不安だった時期を乗り越えることができましたよ。

投稿日時 - 2011-03-01 12:30:08

ANo.5

はじめまして、

お子さんの結果をみて、母親として何をしてあげたらいいのか?
今、お悩みのことと思います。

現実、軽度の障害が検査結果で診断されていますが、訓練をすれば、
少しでも軽減されます。

脳が指令を出して、言葉を出す
話すのに特に関係が深い部分は(1)脳 (2)顔の表情 (3)首 (4)呼吸 (5)食事の仕方 (6)手と指
(7) 足 (8)足の指  です。

両足でぴょんぴょんと上下に飛ぶことから、毎日の遊びの中に組み入れてあげてください。
言葉が出ないのは、脳の働きや言葉に関係が深い器官の発達に障害があると考えていいと言われています。刺激を与えてあげるのです。

そして、(1)舌の出し入れ・・レロレロと言う (2)舌を左右に動かす (3)上唇をなめる(出来ないときはジャムとかをぬる^^)(4)下唇をなめる (5)唇を突き出す (6)頬をふくらませる

お母さんと一緒に遊びの中で少しずつやってみてあげてくださいね
そして、深呼吸をたくさんします。

脳に酸素をたくさん送りこんであげるのです。

あいうえおから初めて母音を言えるようにすることが基本です。
そして、アオ、アエ、アウ、アオエと発生の持続時間を延ばしていきます。

日々、お母さんがたくさん抱きしめ、プラスの言葉をたくさん浴びせてあげることも大切です^^
文面を読んでいると、やさしいお母さんが伝わってきます

参考になれたら幸いです^^

投稿日時 - 2011-03-01 11:37:29

療育機関には通っていますか?
言語訓練や作業訓練は受けていますか?
そういった訓練を受けることで 興味の幅や行動の幅が広がって 発達するきっかけになることがあります

私の子供の場合は 重度だったのですが 
まずは みてもらっている先生に療育機関を紹介してもらえないか聞いてみること
あと 児童相談所に相談してみたことがありますか? 児童相談所から 療育の機関に行きたいと申し込んで 障害の認定を受けて 療育に通うという手順を踏みます

子供は 少しでも早く療育を受けたほうがいいです
障害の認定を受けることに 抵抗があるかもしれませんが 早いうちに 訓練をうけたり グループのレッスンをしたりすることで 結果的には 良い結果が得られると思います
グループの指導には パネルシアターや手遊び タンバリンをたたいたりとかがありますが 普通の保育園や幼稚園と同じ様なことをしてるみたいでも その子供 その子供の性質を見極めて 担当の先生が横について 指導してくれます そこで 言葉が出るように促すことも 当然してくれますし その 対処の仕方を 親が見ているだけでも 普段の生活の中で どうしたら 言葉につなげられるか いい関わり方を持てるように工夫する手がかりとなります

投稿日時 - 2011-03-01 10:23:00

ANo.3

現在は親が希望をすれば、障碍の程度に関係なく、
希望するところへ入学許可がおります。普通学級に
籍を置いても、必要ならば支援学級で個別に勉強を
する、という通級という形も取れます(籍がこの逆
の場合もあります)学区の小学校内に支援学級が
ない場合は支援員をつける、という形をとって
いる地域もあります。いずれにせよ、必要なのは
見学ですので、支援学級、支援学校、どちらも
4月以降に見学してみてください。

発語を促すためには、専門家の指導が必要です。
ですので、療育を受けられところがありましたら、
受けてみることをお勧めします。小学校入学前まで、
というところが多いですので、始めるのでしたら
今です。

今後の学校生活をサポートしてもらう必要もあります。
特別支援学校では外部教育相談というものを実施しています。
支援学校は都道府県立がほとんどですので、教育委員会の
HP(お住まいが県の場合は県教育委員会)で検索すれば、
お近くの支援学校の情報がわかります。学校のHPに外部
教育相談について掲載している学校もあります。私の
知人のお子さんは軽度発達障碍を持っていますが、小学校は
普通、中学も普通学級に通っています。ですが、サポートは
必須なので、近くの支援学校の外部教育相談を受け、必要な
場合は支援学校の担当の先生がそのお子さんの学校まで
出向いて、本人だけでなく、先生方にもアドバイスをして
います。

療育は早めに受けることをお勧めします。

投稿日時 - 2011-03-01 01:03:33

ANo.2

まさにウチと同じ・・というか瓜二つのような感じですね。
まだ、障害の判定はなされては居ない状況でしょうか?
もちろん様子見しないと分からないのであまり悩みすぎず
待つことも大切と思います。
確定的な状況になったとき、父親と母親で疎通が出来ていないと困るので
話し合っておくことは有りだとは思います。

ちなみに・・
ろれつが回らないような話し方も一緒。
連語出来ないのも一緒ですね。
現在中学生です。
今悩んでもこれからの進路を確定することは無理と思います。
軽度の知的障害なら健常者と一緒の学校も可能ですがこの際も普通学級に入るか
特殊学級に入るかの選択があります。
普通の子供と同じように・・・と思うのは当たり前の親心です。
が、現実と向き合って子供にとってどういった選択が一番なのかを考えてあげたほうが
将来的にもその子の為になるかと思います。
実は専門的知識を持った先生が必ず担当される訳ではありません。
学校の状況を鑑み判断させた方が良いと思います。
まぁ、ココまでのお話はもっと後でのことですが。


言葉が遅いなぁ・・・とは感じていたのが2才過ぎ頃。
保育園に入れるにあたって児童相談所でついでに言葉の遅いことも
相談したのがきっかけで自閉症と判明!(3才時)
もちろん夫婦でも宇養曲折ありましたが今では受け入れて子供に
良い方向でと過ごしております。

保育園はウチの子のような程度だと無理なのでそういう子供を受け入れている
保育施設に入れました。
障害児をお持ちの方は程度の差こそあれ、ほとんど次のようなコースになると思いますが
養護学校小学部・中等部、その後は授産施設か高等養護学校になると思います。
これも今はまだ考えなくてもいいとおもいますが。

まぁ、
「親は子供が選べないが子供は親を選んで生まれてくる」
と担当の医者に言われ、
「私たちは子供にあてにされているのか」
と思うようにしました。

すごく気が楽になりました。

世間は障害者にとってまだまだ理解が少ないとおもいます。
勘違いが原因でトラブったりもします。
でも、夫婦で強くなれればわりかし平気ですよ。(^^;)

なんか脅かしちゃうような文章になってしまって申し訳ありません。
いまは、かわいがってあげてくださいな。

追伸
いろんな方の意見も頂けると思います。
参考にされて下さい。

投稿日時 - 2011-03-01 01:02:07

ANo.1

>はいよ!、私で良ければね?
 まあ、前生は相当に人を悩ませたんでしょうね・・
 救われる道は人助けなんですが、当人が出来ないので
 親に責任が有ると言う事でしょうね?
 つまり、その子の病気?の事で誰が辛い思いをしてるか
 考える事ですよ!、その子は判定者でも有るでしょう・・
 愛をその子が感じ続ければ、好転して行くでしょうし・・
 そんな感じがしてると思いませんか?
 分りますか?、目を観てお話をし続けてあげて下さい!

投稿日時 - 2011-03-01 00:54:21

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-