こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

悩んでいます。

二歳四か月の息子がいます。毎日児童センターで遊ばせていますが、慣れている児童センター内で行う講座や体操など、ある程度やることが決められている空間に入ると急に泣き出して慣れることなくずっと泣いています。泣いてまで通う必要は無いと思い今までいくつかの講座を申し込んでは断ってという感じで結局自由に遊べる部屋で遊ばせていますが、三歳を迎えれば保育園に預ける予定なので、集団生活に少しは慣れさせたいのですが、嫌がる事をさせてさらに集団が苦手にならないか心配です。これは嫌がってでも乗り越える必要があるのでしょうか。最近は講座に行くこともなく児童センター内の自由な部屋で遊ばせています。そこでは本当に楽しそうにしていて、他のお友達がたくさんいても平気なようです。集団が苦手というより緊張感のある場に対して泣き出すパターンが多いです。市役所や郵便局や美容院でも泣き出します。息子は言葉もまだ単語が言える程度なので会話ができない分、嫌な時は泣くだけですがあと一年もすれば言葉も増えるだろうし多少変わるのかなと考えているのですが、市の相談員の方から、療育保育(集団が苦手な子や言葉がゆっくりめな子や落ち着きのない子専用に設けられている教室)をすすめられて、行くべきか迷っています。息子はいまだに哺乳瓶でしかお茶を飲まないし食事もあまり自分で食べようとしないのでスプーンも上手に使えないし、トイレトレーニングもすすめていないのでクリアーするべき点はたくさんあるのですが、いやいやもあるので私自身もどのように進んでいけばいいのかわかりません。みなさんにアドバイスをしていただけたら助かります。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-02-04 00:46:32

QNo.6496336

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

2歳2ヶ月になった息子は1歳4ヶ月からリトミック教室に通ってます。
通い始めの頃、うちの子も大泣きしました。
うちの子、人見知りもしないし、基本的にご機嫌なことが多い子で、大泣きしてどうしようもないというようなことがほとんどなかったので、困惑しました。

今になって思うと、原因は私にあったように思います。
ついつい、他の子やママさんが大勢いて、先生もいるところなので「ほら、みんなもしているでしょ?」とか「ちゃんとしないと笑われるわよ」というように、目が息子よりも周囲に向いていたように思うんです。
それが気に入らなかったんでしょうね、きっと。
先生にも、子どもに合わせる根気が必要よ、ママが必死にならなくても、そのうち周りのお友達を見てするようになるから、と言われました。

なんというか、恥をかく覚悟っていうのかな?ここで上手にできなくても、別に練習の場なんだからいいじゃない?というような開き直りが出来るようになったら、息子も楽しむようになってきました。
はじめは泣いたら、周りをチラチラみながら、ほら、立ちなさい、どうしたの?と、泣き止ませるのに必死だったのを、あらあら泣いちゃった~どうしたのかな~と、笑いながらちょっと放っておく余裕を持つようにしたり、何かしようとして「イヤだ!」となったときも、じゃあいいよやらなくて、と他の子が別のメニューをはじめても、気にせず息子に合わせていたり、他の子たちがママと手を繋いでしているメニューでも息子は自由に走りまわりたいというときは、そうさせていたし。
絶対、大人しい子のママは内心「なんとも大変な子ね・・・お気の毒」と思っていたに違いありません(笑)

でも、半年もしたら、ずいぶん変わりましたよ。
親バカかもしれないですけど、大人しくてママの言うことをそのまま聞いている子より、自分で理解して動けるようになりました。
先生がピアノを鳴らして「これ何だっけ?」と言うと、「うさぎ~!」と元気に言って振り付けをしたり、お片づけなどの切り替えも先生の号令でできるようになりましたし、座らなきゃいけない時間には座るようにもなりました。
今も「あちゃ~(^_^;)」となるときもあるんですけど、おおよそ、息子も私も楽しく過ごしてます。

結局、私が「ほら、先生が○○って言ったから、○○しなさい」というようなことは、大泣きしていたころも、慣れた今も、通用してないんですけど(笑)
自分で理解して納得しないと気がすまないみたいです。
大人しくてお利口さんにしている子は、ママの「○○だから○○しなさい」をイチイチちゃんと聞くんですけどね。
でもまあ、これも息子の個性、長所と思うようにしてます。
先生にも、とてもいいと思います、すごいお兄ちゃんになりましたね、と言って貰えているので、いいんじゃないかなと。
何より、息子が楽しそうなので、いいんじゃないかなと考えています。

講座に連れて行くときは「ほら今日はこれ」というように、いきなり連れて行くより、いつも遊んでいる場所で「今日は上の部屋でこんな面白いことがあるんだって、行ってみる?」と誘って、お子さんと手を繋いで一緒に行くような雰囲気で行かれてはどうでしょう?
ただ、そういうところでの講座って、1回きりですか?
だったら、息子さんが納得して行くことはできないかもしれないですね。
毎週同じところとかですと、あそこはこうするところと息子さんも納得して、安心していけると思うのですが・・。
それに先生も個性を理解してくれると思うし。
その点、療育保育はいいかもしれないですね。

投稿日時 - 2011-02-04 15:04:33

お礼

メールをいただきありがとうございました。返信がおくれて申し訳ないです。あれから、療育保育に週に一度通っています。前ほど慣れていない部屋に入っても泣かなくてなんとか続けられそうです。クラスは少人数ですが、息子はその中で一番自由というかみんなと同じ事をやるというにはまだ時間がかかりそうですが、部屋に入った瞬間に泣いていたのが最近はなくなり、一歩前進だと思い、続けています。通えるようになった事にすごく喜びを感じています。プログラムの中に体操だとかシール貼りだとか、息子がみんなと合わせてできるようなことも含まれているので、全部が全部やりたくないってならないだけでも、嬉しいです。135790さんのアドバイスがすごく励みになりました。ありがとうございました。またよろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-04-29 22:15:53

ANo.2

お母さんがその場にいるから甘えも出てるんだと思いますよ。
うちも二歳三ヶ月の娘がいますが、絵本の読み聞かせとかに行くと、飽きて他の部屋に遊びに行きたいと駄々っ子になり、集団になかなか慣れないなぁと思ってました。
先日、未就園児のクラスの体験があり、親は見てるだけで、先生があれこれ声かけてくれたり、先生が主導でみんなで同じことをしてたら、びっくりするくらい馴染んでました。
時々振り向くこともあったけど得に手は出さず先生に任せると、頑張ってました。
親子参加より子だけの参加のものに参加してみてはいかがでしょう。療育も悪くないと思います。プロ(先生)に任せてみるのはいいことだと思います。

哺乳瓶は思い切って捨ててみて下さい。私もそうですが、ジュースジュースとごねられると、しつこさに負けて出してしまいます。
だからジュースは我が家にはありません。ないと大人も出してしまうことないし、止められない一つの要因に親が出してしまうのもあると思います。
哺乳瓶は歯に影響するので早めに止めたほうがいいと思います。
食事はうちの娘は今、食べさせてもらいたいブームで少し自分で食べて、パパがいたり私の手が空いてると膝の上に乗ってきます。我が家は下が小さくいので、手が空いていないと自分で食べます。
どうしても一対一だと手を出してしまいますよね。
トイレはまだ初めてないので何とも言えませんが…
うちも幼稚園に行ってみて、環境が子を成長させるんだろぉうなと感じ、未就園児のクラスに行かせるのが楽しみです。
プロはいろんな子を見てるので専門家からの目線で見てもらうのは悪くないと思います。
参考まで…

投稿日時 - 2011-02-04 14:37:58

>療育保育(集団が苦手な子や言葉がゆっくりめな子や落ち着きのない子専用に設けられている教室)をすすめられ

行かれてみてはいかがでしょうか。児童館に通うのと変わらないと思いますが……
希望しても利用できない人は沢山いらっしゃいます。児童館とは違って保育士が指導しますので、お母さんも多少は気持ちが楽になると思います。

問題がある子供が通う場所のように思えて抵抗があるのでしょうか。
確かに発達が遅れ気味のお子さんが通う場所でもあります。しかし、「遅れ気味」といっても必ずしも先天的な障害を意味しているのではありません。
健常なお子さんでも、同じ年齢の子とのコミュニケーションの機会が少なく、また必要以上に警戒心を抱いたりして、社会性の発達が促されていないことがあります。勿論その子の性格にもよるので、どんな環境にいたらそのようになるのかはわかりませんが、療育など適切な指導によって上手に発達が促されることもあります。
定期的に通えば哺乳瓶でお茶を飲む機会も減りますし、トイレトレーニングも家庭内だけで行う必要がありません。措置保育まで受ければ給食があるので、食事の自立指導も出来ます。
(措置保育は児相の判断によりますので、保護者の希望だけでは何とも出来ませんが…)

お子さんは2歳ですから、今から集団生活する際の心配をするのは気が早いのではないかと思います。
今はまだ、お母さんとの関係の中で成長していく時期ではないでしょうか。

講座や役所、美容院では、息子さんはお母さんを独占できないと感じているのかも知れません。お母さんは誰かの話を聞き、息子さんに「ほら、こうするんだって。やってごらん」などと伝え、でもその応用的なことはしてはいけないと考えて、息子さんの言動を制限することもあるのでは?
例えば「この椅子に座ってください」とピンク色の椅子を示されても、息子さんは青い椅子の方がいいと思うかも知れません。息子さんが「青い椅子がいい」と表現しても「こっちでいいの。ここに座るように言われているんだよ」と応えれば、息子さんは納得出来ないでしょう。
だからと言ってお母さんの対応が悪いわけではないですし、勿論息子さんが我侭だと言うことでもないのです。
要は、幼い息子さんにわかりやすい(納得できる)対応が出来ればいいのです。

それは、ほんのちょっとした工夫やコツかも知れません。

そういった『関わり方』を療育では探り、指導(支援)していきます。健常なお子さんであれば尚、日常が理解しやすく過ごしやすくなると思いますし、保育園に通い出してからも役立つことの方が多いと思います。

お子さんの育児について相談できる人が増える、一人で悩まずに済むというだけでも十分利点だと思いますので、前向きに検討されては如何でしょうか。

投稿日時 - 2011-02-04 02:34:33

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-