こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

多嚢胞性卵巣→デュファストン処方

私は高校2年の17歳です。

私は多嚢胞性卵巣と診断され、去年の3月くらいから基礎体温をはかっています。


それで、ここ最近不正出血も多いので今日病院へ行ってきました。


機械で子宮などを見てもらうと、
普通は内膜が一度に剥がれ落ちて生理がくるはずのところを、
私は一度に剥がれず、ぽろぽろと落ちているそうで…

それが不正出血の原因だそうで、ホルモン剤(デュファストン)を処方され今日のお昼から飲み始めています。


とくに感じる副作用的なことは今のところはありません。


それで…

初めての経験なのでいろいろと不安です…


子宮頸がんの検査は去年して、陰性だったので今のところは問題ないと思います。



それで…

もし、子宮頸がんなどになっていれば、お医者さんもわかりますよね…?


本当に内膜がぽろぽろ落ちているという理由での不正出血か不安で…。。

投稿日時 - 2011-01-05 23:34:16

QNo.6428030

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんばんは。

お若いのに自分の体のことしっかり考えていて感心します。

まず子宮頸がんの検査を昨年して陰性だったのであれば今のところは大丈夫でしょう。
1年に1回の検診を怠らないでいればまずは安心できます。
子宮頸がんは進行がとってもゆっくりながんですし、
しかも子宮頸がんは「がん細胞に変異する前の細胞」を見つけられるという
利点があります。
要するに、検診をきちんとしていればがんになる前にわかるということです。
ですから、去年大丈夫なら早々に進行するなんてことはまず考えられないと言うことです。

あなたは子宮頸がんがどうして発症するのをご存知ですか?
原因は人間なら誰でも持っている「HPVウイルス」というウイルスが
性交渉の拍子に膣内に入って感染し、正常細胞をがん細胞へと変異させます。
しかし、性交渉イコール感染ではありません。
人間は誰しも免疫をいうものを持っており、
自分の力でこのHPVウイルスを殺すことができるんです。
80%以上の方が免疫でウイルスを殺すことが出来ているんです。
ですからそんなに神経質にならなくても大丈夫ですよ。

子宮頸がんよりも多嚢胞性卵巣のほうが気になりますね。
これはあなたが自分の力で排卵ができないということです。
排卵がなければ生理もなかなか来ないです。
ずっと低温期の体温が続いていると思います。
排卵ができないと言うことは、将来赤ちゃんができにくいと言うことです。
今は高校生ですから妊娠しづらいならラッキーと思うでしょうが
大人になり、愛する人ができてその人の子供を妊娠できないと言うことは
女性にとって相当の精神的重圧です。
ですから、ちゃんと今までどおり多嚢胞性卵巣の治療は続けてくださいね。

私は子宮頸がんの手術経験者です。
でも、検診のおかげで早期発見。子宮を取ることなく済んで
今はお腹に赤ちゃんがいます。
とっても幸せですよ。
あなたにも将来同じように感じてもらいたいな…と思い回答させてもらいました。

今は高校生ですから性交渉の際はちゃんと避妊してくださいね。

投稿日時 - 2011-01-06 22:04:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-