こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自作PC、ハード、グラフィック、ブラウザ、セキュリティ、パソコンゲーム

自作PC、ハード、グラフィック、ブラウザ、セキュリティ、パソコンゲーム等に詳しい方に質問があります。

PS3とXbox360に関する内容なのでカテゴリー違いかも知れませんが、ゲーム機カテゴリーで質問すると片方のハードのファンによる偏った回答が来そうなので、こちらで質問させていただく事をお許しください。

《質問1》
よくXbox360とPS3で同じタイトルのゲームが発売され、マルチタイトルだとPS3側の一部のゲームはグラフィックが劣化すると言われてますが何故ですか?

パソコンでも発売してるゲームをXbox360やPS3に移植するとそうなる確率が高い様な気がします

《質問2》
Xbox360にブラウザが搭載されないのは何故ですか?

オンラインゲームが出来るんだからHDD搭載モデル向けにでもブラウザがあっていいと思うのですが

パソコンと家庭用ゲーム機じゃ違うのかも知れませんが、PS3がブラウザ搭載を実現してますし、マイクロソフトなら難しい事はないと思うんです

セキュリティで不安があるのでしょうか


長々と書いてしまいましたが、聞きたい事は劣化の理由とブラウザが搭載されない理由の2つです

投稿日時 - 2010-10-10 07:43:09

QNo.6239629

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

一人の意見として…

マルチタイトルの画質劣化ですが、PS3のCPUである、CELLがあまりにも特殊な構成になっているのが原因じゃないですか?Xbox360はPowerから派生した3つの同一コアを載せたCPUで、これはある意味PCのマルチコアと同じ感覚で扱えますが、CELLはXboxとほとんど同じPower派生コア(PPE)が1つと、数値演算に特化した独自コア(SPE)が7個という他にはない構成になっています。SPEの使いこなしがCELLの肝になるんですが、これは最近になってやっと確立してきたほど厄介なもので、今までの考え方が通用しないため、ゲームエンジンの移植が困難です。なのでごく初期はSPEを全く使わずにPPEだけを使ったタイトルも存在し、これだとパワー的にはXbox360の1/3の能力しかなく、画質が悪くなるのは当然でしょう。また、PS3のGPUはGeForce7900相当の、今となっては大した性能ではないものです。なのでPCのタイトルを安直に持ってくると、性能面での妥協が必ず発生します。(SPEで補えるが、手間であり…)

カリカリにどちらかに最適化したタイトルで、後になって他機種に移植する場合は、CPUやGPUの違いからどうしても妥協しなければならない羽目になり、そこでも画質が落ちます。実はやろうと思えば同じにできるけど、時間がかかりすぎるので「こんなもんでいいんじゃね?同時発売したいしぃ」という線で手を打った可能性もあります。

Xboxがブラウザを積まない理由ですが、マイクロソフトの最大の収入源たるPC用OSに影響することを気にしているのではと思います。webブラウザが動けばそれで主目的が果たされる…なんて人は、PCを買わずにXboxで済ませてしまうかも知れません。マイクロソフトの製品が売れるんだから同じだろと思ったなら、それは今まで一緒にやってきたPCメーカーに思いっきりケンカを売ることにつながります。マイクロソフトがその気になりさえすれば、IEを動かすなど簡単だし、なんならOutlookやOfficeだって動くようにできるでしょう。でもそれこそ、全PCメーカーを敵に回す、ついでにインテルとAMDも敵に回すことになりますし、またそれを強行すると、恐怖の「アメリカの独占禁止法」が発動して、ゲーム部門・OS部門・Office部門で完全な別会社に分割されてしまうかも知れません。それはマイクロソフトにとっては悪夢です。

その点でソニーにはそういうしがらみがありませんので、そこは自由に振る舞えます。ただその自由さがPS3の売れ行きにはつながっていませんけどね。

投稿日時 - 2010-10-10 09:40:29

お礼

とても勉強になりました。
ありがとうございます。
また機会がありましたら宜しくお願いします。

投稿日時 - 2010-10-11 08:52:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

《質問2》への回答というより私的な所感です。
Misrosoftの人間ではないので推測に過ぎませんが、MicrosoftはXbox360という家電製品を発売する事によって、既存の規格を順守する重要さを知ったのではないでしょうか。
Microsoftは、市場占有率優先だったブラウザ開発からW3C標準へと大きく舵を切りました。

Xbox360の発売日は2005年11月22日(日本発売日2005年12月10日)です。
MicrosoftのブラウザIE7は2006年12月1日にリリースと、Xbox360の発売より1年遅れです。

次の二つのニュースをご覧ください。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/USNEWS/20050803/165757/
http://www.computerworld.jp/topics/ms/100109.html

これで、やっとWebデザイナーはブラウザのバグ(不具合)にまで合わせる煩わしい作業から、W3C標準に準拠すれば良い環境になったのです。
W3C標準(HTML4.01)は1999年12月24日にW3C勧告されて2021年末までサポートされます。
また、W3C標準もこれにより時代の要求に沿った新たなステップを踏み出せることになり、HTML5が2012年3月頃勧告される予定で、最終草案といえるものが今年提示されています。来年には主要なブラウザがHTML5対応で出揃うでしょう。
HTML5についてはWikiをご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/HTML5
先行しているiPadに入っているSafariのHTML5対応率は50%位だそうです。
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20411472,00.htm

一時は市場占有率80%以上だったIE6を捨ててまでW3C標準に方向転換した。その大英断がなされたのが丁度Xbox360の開発時期だったというのが、決して小さくは無い「ブラウザが搭載されない」理由ではないでしょうか。

《質問1》に関しては、私はゲーマーではないので・・・
というか、「GPU Xbox PS3 比較」でGoogle検索すれば、もっともらしい回答が容易に得られるでしょう。

投稿日時 - 2010-10-10 09:27:58

お礼

とても勉強になりました。
ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。

投稿日時 - 2010-10-11 08:55:09

ANo.1

>質問1
画質はハードウェアのグラフィックエンジンの性能で決まります。
ゲーム機はどちらも持っていないので比較のしようがありませんが、PS3のデビューは2006年でXboxは2005年です。対するPCのほうは2005年当時のものよりも、メモリの転送速度、処理速度、グラフィックボードの性能、などが劇的に進化しました。

エフェクトなどの表現に必要な演算能力がぜんぜん違うのですから、PC版に画質で劣るのは無理もないことだと思います。


>質問2
その昔、セガのドリームキャストは内蔵モデムを中継してWEB閲覧を可能にしていました。
これと同じ機能をXboxに搭載することは、技術的には可能でしょう。
しかしそうすると本業のWindowsが、OEM供給先のパソコン本体が、『売れなくなってしまう』かもしれませんね。
ゲーム機とパソコンは用途はまったく違うとはいえ、インターネットさえできればよいと考えているパソコンユーザーも居ることでしょうから…。
推測ですが、Xboxにブラウザをあえて搭載しないことで、パソコンメーカーにとっての脅威とならないよう配慮しているものと考えられます。

投稿日時 - 2010-10-10 09:24:53

お礼

とても勉強になりました。
ありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。

投稿日時 - 2010-10-11 08:55:46

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-