こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

双子の片方を愛せません

双子の片方を愛せません

男女の双子の母親です
上にも子供がいますが、双子が生まれた時から片方に愛情がもてません
性別が完全にわかったのは生まれてからです

生まれて男女だとわかった時、男の子に愛情を持ちました
上も男の子ですが、そのあとの妊娠で一度死産の経験があります
その死産の子は男の子でした

姿もそのまま赤ちゃんを小さくした感じなのに、息をしていない事、今も覚えています

お腹の子が双子だと聞いたとき、その子の事を思い出しました
死産だった事で名前も付けてあげられなかった「その子」今度は名前も付けさせてちょうだい、ずっと育てさせてちょうだいと思いました

いざ生まれてから、NICUに2人とも入ったのですが、気になるのは男の子の状態、もう以前の事のようになりたくないと思いました
ほぼ同じ体重で生まれたのに男のこの方が状態がよくない時が続きました
先生は男の子の方がこういう時そうなりやすいと言いました

毎日眺めるのも、心配なのもずっと男の子の方でした

今、小学1年生です
女の子の方は未だに愛せません
育てていますが、愛を自分で感じられません

姑が双子が生まれた時からずっと双子の平等性をうるさく言ってきました
私もそれを自分で感じていたのでどうにか愛さなければいけないと焦っていたのに、子育てにも始終口を出されて、一人っ子の主人しか育てた事のない姑に、私なら平等に出来る、何人育てても立派に出来るといわれて何度も「じゃあしてからにして下さい」と言いたかったか知れません

双子は平等性を周りから言われるととても疲れます
それに、言われなくても二人の成長のちょっとした差に敏感に反応しているのは母親です
低体重で生まれたのならなお更です

いつも男の子より早い成長をし、その度に姑に男の子が出来ない子の様に言われる元になっている状態の女のこの方を疎ましく思った事も何度もあります
あなたが出来るようになったからこの子が言われると

褒めて欲しそうに皆の前で自分だけが書けるようになった字を書いてみせる中で、私だけがきっととても怖い顔をしていたと思います
一番本当は褒めて貰いたい母親だろうに

姑との関係は元々それなりでしたが、それなりにうまくもいっていました
双子誕生以来、その関係は最悪の物に変わりました
今もそうです

双子以来、人間関係が変わり、私の性格も変わりました
家にこもるようになり、人との接触が怖くなりました
子供を連れて、見られる事が、比べられる事が怖いのです

これはもう神経内科などに行く状態でしょうか?
どうすればいいのかわかりません

上の子も、男の子も可愛いのですが、双子の女の子が可愛く思えません

夢で男の子の命が危ない事になったものを見ました
夢の中で事故があったようで一緒にいた女の子はほぼ無傷、そこへ私だけが助かった、反対だったら良かった?怒ってる?と聞く女の子に「せめてあなたが助かってよかったよ」といってやれず、怖い顔をして口に出さないものの「どうしてあなたが助かっているの、どうしてあなただけが助かるの」と思っている私が夢の中にいました

夢から覚めた時、現実かと思った位でした

この後もずっとこの双子の育児で家庭も私も子供もボロボロになるのでしょうか
上の子も小学3年生、ずっと姑と私の言い合いを見ています
姑は子供がいる前でわざとその話をするので大人の怒鳴りあいをずっと見ています

一度も女の子を抱きしめた事はありませんし、したいと思った事もありません
自分で愛情が全くない事、痛感しています
育てている間はまねをして一生懸命振舞っているだけで、心の中は冷たい物です

私の心は親として壊れているのでしょうか

投稿日時 - 2010-09-30 19:10:38

QNo.6218760

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(27)

ANo.27

私は中2の双子です

ちょっとしたことですぐ差別に感じてしまいますが親は私のことを思ってくれながらそうなってしまっているんだと思います

もし親に愛されてなくて差別らしいことがあったら私はとてもショックを受けると思います

今子供は小3ぐらいだと思われますがもしいまだに愛情が持てないなら徐々に女の子も気がづいてくると思います

あなたは双子じゃないと思いますがもし誰かと比べられなくても大好きな親に愛されてないと知ってらショックだと思います

休日は2人でショッピングや遊園地に行ったりして愛する前に仲の良い親子になってみたらどうですか??

投稿日時 - 2012-07-01 23:33:15

ANo.26

私は双子の妹なのですが昔から姉が親にひいきされてて
毎日傷ついていました


この質問を見て最低と思いました。



私の親もあなたのようにこの子の食べ残しは
汚いとか嫌な顔をしてるとか
わけわからないことを思ってたのかと思うと
無償に腹が立ちます



私は双子の親でもないし、姑の存在とかは
わからないです。

でもあなたが思ってる以上に
母親の存在は子供にとって大きいのですよ。

安らげる唯一の家がそんなんで可哀想です。

そしてあなたは娘さんの為に
努力しようと思ってるように見えません。




精神科については基本的に
薬をたくさん出されるだけなのであまり意味ないです。



姑は本当に余計なお世話ですね


少しでも娘さんに愛情が
持てるようにと願ってます

投稿日時 - 2012-05-31 23:05:35

ANo.25

質問者さま、ご無事でいらっしゃいますか?

何故か最近になって立て続けて回答が入っているのですが
みなさま、ちょっと待って下さい!
もしかしたら震災で何かあったかもしれないのです。

質問の日付をよく見て下さい。
この質問は、震災前の質問です。

質問者さんは、震災後は、gooでは一切質問も回答も補足もしていらっしゃいません。

もし被災されて、万が一にも、お子様に何かあったのだとしたら……
或いは、命は無事でも、お怪我をされていたり、
避難所生活をされていたりしたとしたら。

今、質問者さんは、もしかしたら、
こんな質問をする事ができた過去の幸福に苦しんでいるかもしれないのですよ?

みなさまの回答が、どれほど質問者さんの心をえぐるか。
よくお考え下さい。

何故最近になって回答がついたのかわかりませんけれど、
回答する前に、もう少し、相手の状況を想像できませんか?
せめて相手の無事を確認してから回答しよう、とは思えませんか?

軽被災者として、見ていられません……

投稿日時 - 2011-04-14 08:58:37

ANo.24

みなさん、だいたい同じようなことだと思うので、私は違うことを2つ書きます。
質問者の方も、質問するだけはしてみたけど、回答を開いて読む力もないみたいですね。
頑張って、もう一度みんなのいる場所に出てくるといいのですが…

一つめは、人間の脳の話です。
人は、家族に対して、とても特殊な感情をもっています。
ただしそれは、心の動きとして意識するようなものでなく、
とても深い部分で、「脳がこっそり」感じているものです。
家族の顔を見ると、必ずその感情がチェックされて、
感情が湧いていないと、疑いを感じるようになっています。
かなり雑な言い方ですけど、素人にもわかりやすくネ。

この「疑惑」も、脳が奥の方でさりげなくチェックしています。
人が肉親に対してだけ特別に振舞うのは、すべてこの「安心チェック」の上でのことです。
逆に言うと、わがままも甘えも、脳の奥の方で「安心」があるから、ということ。
あなたの質問を見ていると、そういう部分の異常はありません。
だから、あなたの「愛せない」「可愛がれない」というのは、表面的な感情です。

本当は愛情を持っているけど、歪んだ社会(家族とか周囲とか)との付き合いで
ちょっと逃避気味、疲れ気味の「意識」が、
矛先を「子供を愛せないんだ、アタシ!」みたいにストーリー作っちゃっただけですよ。

ただ、意識がそういう風だと、あなたの夢の話にあったようなこと…
たとえば、女の子が道路に飛び出して車が走ってきた、なんていうときに、
何を魔がさしたか、女の子の手を離してしまう…ようなことにならないように!
あなたは心して、自分に「私はこの子が本当に好き。かわいい!」と
言い聞かせることです。
考えられる人間だけが、つまらない周囲の魔法にかかっちゃうんですよ。
自分で自分を目覚めさせるのに、あれこれ考えるのでなく、言い聞かせる方が効果的です。

二つめは、お姑さんのこと。
双子以来関係が崩れたなら、それは多分やっかみです。
あなたが羨ましいんです、女盛りで子育てバタバタ…が。

私の長女は、2~6歳まで、実家べったりで育ちました。
母にとって、私は反抗しっぱなしのクソガキだったので、
母は今でも私には小言しか言いません。
私は娘をけっこう厳しくしつけていたのですが、母は初孫がかわいくてしょうがなく、
私が「これをしちゃいけません」と教えたことでも、
「ママ(私)だって、子供の頃はできなかったわよ。ママは厳しすぎるのよ」
「まったくママはねぇ~」などと言い続けました。
それが発覚したのは娘が10歳を過ぎてからで、
私の知らない所で母は私の非難ばかりを聞かせていました。
私への不満を、私でなく、孫に言い続けてしまったのです。

結果、娘は絶対的な安心・拠り所としての「母親」を亡くしてしまいました。
ママが大好きなのに、やっぱり大好きなおばあちゃんは、ママが悪いという。
ママがやりなさいといっても、おばあちゃんはやらなくていいという。
ママが間違ってる。ママは好きだけど、正しいわけじゃない。

そういう葛藤を持ち続け、何かに悩むたび、私に相談したくても信頼できず…
娘は23歳になった今でも、絶対的な信頼できる「母親」を失ったままです。
さすがに頭ではわかるようになりましたが…心に「ママ!」はありません。

お姑さんは、排除した方がいいです。
ご主人が聞いてくれるなら相談を。ダメなら、子供をつれて実家に帰る。
そして実家から、「お姑さんを黙らせるか、姑と別居か、離婚か」本気で交渉する。

そういう所まで行きたくないけど、
子供が成人した時の心、と、夫・父親を秤にかけてください。
どっちを取るにしても、それくらい大きな問題です。
最悪、働いてでも育てられます、公費扶助とかあるから。

子供の心は日々育ちます。同時に、日々壊していくこともできるんです。
お姑さんも、そこまで深刻に考えていないでしょう。
女の感情はコワイ。あなたを傷つけているようで、実は子供の心とは思っていない。
ご主人から説明してもわからないのであれば、すぐにでも切り離さないとダメです。

誰も悪いわけじゃないのですが、将来の結果は最悪です。
子供の心は大切です、今見えなくても、必ず影響が出ます。
それは子供を不幸にします。「心のママ」という拠り所を失うんです。

厳しい所に厳しい話で申し訳ないけど、あなたは自分で落ち込んでる場合じゃありません。
お姑さんの口を止めないと、子供を壊されてしまいます、多分上の子も。
子供は「心の母親」を失ったら、一生やすらぐ逃げ場をなくしてしまうんです。
頑張ってね!応援しています。

投稿日時 - 2011-04-13 22:27:40

ANo.23

大丈夫ですよ。あなたは、ちゃんとお嬢さんも愛していらっしゃいます。
だって、お嬢さんの将来を考えているからこそこんなに悩んでいらしゃるんでしょう?

ただ、2番目のお子さんが亡くなったことが、やはりトラウマになっているのでしょうね。
相談の文面でそのことに触れられていることから、おそらくご自分でも自覚なさっているのでは?

私には成人した娘が1人だけおりますが、障害があり問題をおこす子どもだったので、正直言って死んでほしいと思ったこともありました。
でも、ある時子育てには関係ないことで夫に「お前はすぐに他人のせいにする」と言われ、自分の最大の欠点に気付くことができました。
そして「この子は何にも悪くない」そう思えるようになってからは、見違えるように気持ちが軽くなり、今は娘が愛おしくて仕方ありません。

2番目のお子さんが亡くなったことは決してあなたのせいではないし、双子の男の子の命が、産後間もなくおびやかされていたことは、女の子のせいではありませんよね。
もっと言うと、お姑さんが平等な子育てというあなたの最も辛いポイントを責めることや、男の子より何かと優れた所があるということも女の子には何の責任もないことです。

もし、亡くなったお子さんが女の子だったら…
あるいはそのお子さんが、今のあなたの気持ちを知ったら…

文面をみれば、あなたが真面目で懸命な方というのがわかります。
ですから、私の考えが見当違いの邪推なら笑ってやってください。
ただ、もしあなたがこのお悩みを克服できたなら、お姑さんなど屁でもない(失礼!)と私は思います。

投稿日時 - 2011-04-12 23:33:11

ANo.22

回答とはいきませんが、私は、上に長男、下が双子で次男、三男です。
男女は違いますが、上のこと下の子は5歳離れています。
私の場合は、双子の上の子が愛せませんでした。
もしかしたら、いまもそうかもしれません。
ただ、言えることがあります。
それは、私たちが一人一人であるように、子供も一人一人だと思います。
それぞれ個性があって、相性もあるとおもいます。
人である以上、好き嫌いがあるのが当然です。否定することではないと思います。
好きになろうと思っても、無理に考えるだけで、余計に悩むことになるでしょう。
わたしは、長男には長男なりの、次男には次男なりの、三男には三男なりの、一人の人格として対応するように心がけています。
妻からは、次男にだけ、アタリがきついと言われますが、自分では意識していません。
でも、嫌いになる前に、次男のいいところ、悪いところをよく見て、悪いところは可能な限り我慢して、いいところは、そんな気分で無くても、ほめてあげるように心がけています。
自分でも、よくわからないくらいですが、決して子供は悪くないと思います。
もしかしたら、大人(親)の経験の中でのエゴかもしれません。
自分で、反省する必要はありません。これからの自分にちょっと声をかけてあげましょう。
周りを見てください。
自分が、鬼のような顔をしていませんか、いつも鏡で笑顔を作りましょう。
最初は、作り笑顔でいいです。
その顔をお子さんに見せてあげましょう。
一緒に笑いましょう。
いつも、笑顔で!

投稿日時 - 2011-04-12 23:05:19

ANo.21

どうか読んでくださいますように!

これは貴女が悪いのではないです!

ストレスからくる、一時的な対人障害とかの一種ではないでしょうか。詳しいことはわかりませんが、すぐにでも専門家の診断を仰いで、第三者として、お姑さんとの間に入ってもらってください。

ストレスの原因がお姑さんなのは、はっきりしていますよね?
悪気があるわけではないと思いますが、お姑さんのやり方は、貴女の状態を悪化させることにしかなりません。

他人から責められ、自分で自分を責めることで、自分を追いつめれば追い詰めるほど、あなたの抱えたストレスが娘さんに向かってしまう。

そしてそのご自分の行為で、さらに自分を責めることになるでしょう。悪循環にしかならない。ご自分を責めるのを、ただちにやめてください。

娘さんのことを考えて、そして貴女の苦しみを考えて、涙が出ました。

あなたのせいじゃない、大丈夫です。

投稿日時 - 2011-04-12 17:12:52

ANo.20

毎日の母親業、お疲れ様です。

双子・男の子・女の子なんて、まったく何の意味もありません。
『情報』ではなく、『人』を見てください。対個人です。
男の子だから好き、女の子だからイヤ、○○だから××というのは、逃げの理由です。言い訳です。
一方で、親子にも相性があります。
こればっかりはどうしようもないものです。いくら努力したとしても、改善はないでしょう。
今はまだ不明瞭かもしれませんが、思春期ごろには顕著になります。
そのときの対応こそ、shiba_wankoさんの母親力の発揮しどころかなと思います。

『母親はこうあるべき』という固定観念に絡まっていませんか。
これは、お姑さんの言葉による洗脳もあるとお見受けしましたが、
そのストレスのはけ口として、娘さんを選んでしまったのかなと悲しくなりました。
母親にも、子育てにも、正解はありません。
ただ、
あなたが娘さんに行っていること(無関心)は、あなたがお姑さんから受けているもの(過干渉)と、根は同じだと気づいてほしいです。同じ思いをさせてしまっていると知ってください。
いかがでしょうか。
そんなつもりはない、とお考えではありませんか?
お姑さんも、きっと同じことを言うでしょう。
いまが変化のときです。
お姑さんの言葉・態度に紛らわされない、あなたらしい、強く優しい母親になってみませんか。

口の達者な姑とありますが、いちいち口答えする必要もないのでは?
「はいはい」「あーそうなんですか」「へぇ~知りませんでした」「時代ですかね、今は違うんですよー」etc…
さらっと受け流すこと、してみませんか。最後のはちょっとしたイヤミ攻撃です。^^

さて、質問からだいぶ時間が経っています。
その後、いかがお過ごしですか?
現在も読まれているかわかりませんが、答えが必要ないのであれば、回答の締め切りを行ったほうがよろしいかと思います。

投稿日時 - 2011-04-12 10:44:04

ANo.19

自分とそっくりだから 愛せない。
いま、子供ではなく、自分を愛することからはじめてみては?
北風と太陽の絵本がいいらしい。

投稿日時 - 2011-04-12 08:58:17

少し時間が経っているので読んでいただけるか不安ですが。そんなに悲観することはないと思います。
私も3人の子供がおりますが、上から長女、次女、長男。一番可愛いのは男の子です。母親は多かれ少なかれそんなもんだと思います。私も次女が生まれてから長女に対して同じような気持ちがありました。そのことに対して罪悪感も持ちましたが、人って会ってすぐに大好きになる人もいれば年月とともに大事な親友になったり。女の子は成長するに従って、女友達のようにお父さんの愚痴を言ったり、友達の話やファッションの話とだんだんいい関係になってきます。(私の場合は長女がいじめにあったあたりから)反面、男の子はどんどん遠ざかってしまいます。友達との付き合いが増え母親は蚊帳の外です。お姉ちゃん二人からは「お母さんは弟だけを可愛がる」と未だによく言われます。長男が何か買ってと言えば「お母さんにチューしてくれたら買ってあげる」とそんな会話を女の子が聞いたらまた大騒動です。只、気を付けているのは、姉2人の前では長男が悪いことをした時に強く叱ります。一番厳しくしているように見せています。普段仲の悪い姉弟でも弟が怒られているときはかわいそうに思うらしく3人でお互いをかばったり。何年かすると、あんなこともあったなーと懐かしく思う時が来ると思います。私の周りにもそんな方は何人もいます。自分を責めず、追い込まず気長に接してみてください。そのうちこんなもんかなーと
解る日が近いうちに来ると確信しています。出来ればご主人にその分お嬢さんを可愛がってもらってください。

投稿日時 - 2011-01-24 19:34:48

ANo.17

No12で回答しました。

女の子がちょっと笑ってくれただけで嬉しいという気持ちがshiba_wankoさんの
愛情あふれる発言ですね。

お姑さんなどに言われて平等に愛すべきとか母親なんだから愛情あって当たり前
みたいな思い込みをされて、できないから親として失格だと思われているようですが、
産んだからといってすぐ愛情があふれ出るわけではありません。
母性は産んだから生まれるわけではないのです。一つ参考URLを載せましたのでご覧になって下さい。

私が子供をかわいいと思い始めたのは、10ヶ月位。お座りするようになってからです。
母乳だったのにです。おっぱいあげていればいつか自分も愛情を持てるように
なるだろうと思い体はつらかったけどあげ続けました。

母親は神様ではありません。一人の人間です。できないことがあって当たり前。
ふたごちゃんだから平等を意識してしまうのでしょうが、
ふたごだって個性がありますよね。たとえば人懐こければ愛されやすいなど
人間生まれてから平等ということは無いと思います。
いろいろお辛い経験等重なって気持ちの整理がしにくいところもあるかもしれませんね。
今は残り物は食べられないかもしれませんが生理的に受け付けなくてもいいと思います。
shiba_wankoさんは十分娘さんを愛していらっしゃると思います。
娘さんの笑顔見たさに行動できること素晴らしいと思います。

参考URL:http://www.excite.co.jp/News/love/E1276219055229.html

投稿日時 - 2010-10-04 13:42:16

補足

参考URL拝見しました

母親も人間だけど、昔から母親神話ってありますよね
双子だから、平等を意識しますし、周りがなんと言っても意識していますね
周りが2人を平等にと意識しすぎたのかもしれないです

育てるのは私だけど、周りは現実より理想を追い求めていますから
双子の色々な意味での大変さは育ててみないとわからないと思います
成長、将来的には勉学でも悩むでしょう、一卵性だったら、似ているのに若干の見た目の違いも気になるでしょう、私も一卵性の悩みはわかりませんものね

下の方の補足に書きましたがまた、変化がありました
しかし、この変化で油断はなりません
少し姑の来るのが減ったので、このまま介入が少しでも減ればと思います
いつか頑張るのではなく自然な関係になれると良いと思います

投稿日時 - 2010-10-08 15:24:36

ANo.16

No3です。
多くの方の意見と質問者サンの補足を見ながら 経過を見守っていました。最初の質問から3日間…質問者サン少しずつ変わられましたよね。女の子に対する気持ちも(笑顔を見れたようで)前進しましたね!きっかけは些細な事だったようですが,それこそが大切な事なのではないでしょうか!?質問者サンのケースに限らず初めての子育てで,どうしたら子と気持ちが通じ合えるか解らない…という話を聞きますが特別な事はする必要ないんですね,子供が笑ったら同じように微笑んであげればいいんです。質問者サンの女の子に対する姿もこれと似ていると思いました。
質問者サンの心の傷がいつ癒えるのかわかりませんが,今日はとても意味のある1日になったようで,私も嬉しく思います。ついでに云えば,後で女の子の寝顔も見てあげてくださいね! 質問者サンとお子さん達が心から笑える日を楽しみにしています(*^^*)

投稿日時 - 2010-10-03 21:51:49

補足

実はまだ小さな変化ですが、ありました

運動会で、保護者と一緒にするものがあったのですが、同じ学年ですからいつも通り私は男の子、女の子は姑とするのだと思っていましたら、女の子が小さな声でママとしたいと言ったのです

一瞬戸惑ったのですが、これを逃すと、これを断ると、また崩れると思い、
先生に、なるべく2人を前と後ろで私が2度出来るようにして欲しいと言いました

男の事ほどの親密さはないもので、端から見たらよそよそしい競技だったかもしれないですが、うちの家族にとっては大きい一歩でした

姑はとても面白くなさそうで、私としてはいけないといったのかとポツリと聞かれましたが、そんなことは一切いっていないし、今日は楽しくさせてやりたいとおもっていると言いました

その後、私の気持ちが大きく変わっていきなり可愛くて仕方がないというような事はまだまだ無理ですが、お互いぎこちなくても笑顔で話せるところまで来ています

実はこのくらいまでの距離は頑張って何度かあったのですが、姑の介入により何度も振り出しに戻った経緯があるので油断は出来ません

引き続き頑張りたいと思います

投稿日時 - 2010-10-08 15:20:28

ANo.15

私もよく似た事で悩んでいます。
うちの場合は上が双子(女、女)で下にも女の子がいます。

私は、双子よりも下の子が可愛くて仕方ありません。
双子が抱きついてきても何だか受け付けません。

話しかけてきても、あまり興味が持てません。

でも、下の子は見てるだけで癒されるし、話も一生懸命聞いてあげたくなる。
寝顔も下の子しか確認しません。

これじゃ、双子の娘に申し訳ないと今まで何度も反省してきました。
出来るだけ、こちらから話しかけるように努力したり、ちょっとした事でも褒めるようにしたり、
ときにはボディタッチなんかも頑張ってみたりします。

子供だって一人の人間、性格の合う、合わないがあるし
どうも好きになれないことってあると思う。
だけど、親だから好きになれなくても何とか努力しないといけないと思います。
私も、まだまだ努力不足。もっと頑張らないといけないと思ってます。
お互い、嘘でも演技でもいいから可愛いがる努力をしましょう。
娘さんが、得意げになにか見せてきたら演技でもいいしっかり褒めてあげようよ。

後、姑さんとの言い合いは子供の心を深く傷つけます。
私も母がよく祖母。祖父と口論をしているのを見て来ましたが、未だにその事がトラウマです。
思い出すと胸がドキドキします。
どちらの味方も出来ず。恐怖と不安で一杯でした。

姑サンって厄介ですよね。
他人から言われたら何にも感じないような事でも姑に言われると無性に腹が立ったりする事あります。
ご主人から、口を挟まないよう言ってもらえないですか?

お互い後悔のない子育てをしましょう。

投稿日時 - 2010-10-03 16:17:12

補足

全員が女の子でも差が出たりするのですね
性別の差かと自分の事をずっと思っていました

姑との事は本当に反省しています
トラウマになるほどなのですね

どちらも肉親なのに、それが言い合うということは子供にとってショックなことですよね

2度と子供の前で姑との汚い言い争いはしない事を誓いたいと思います

姑って厄介な存在だと思います
私は自分がそうなる時、嫁としての自分の気持ちを覚えておいて口出しをしないようにしないといけないと思いました
主人はいってくれているのですがいない時に言いにきたり、あと、口の達者な姑で、主人は口負けしてしまいます
本当にどう言っても間髪いれず言い返してくるので私も負けます

投稿日時 - 2010-10-08 15:13:59

ANo.14

もしも 女の子が病気や事故 自殺で死んだら あなた 後悔して立ち直れませんよ
私は息子を事故で亡くしました
病院で付き添ってる間 ずーっと 目を覚ましてほしい って 思ったり 脳幹も腫れてるってきいて だめだとわかってたので もう楽になったほうがこの子幸せなのかなって思ったり
死んでからも もし生きてたらって 思うし 遺影に話しかけたりします
先日 瀬戸内 寂聴さんの本を買いました
そこからの引用です(寂聴辻説法より)
なくなった人の霊魂は、きっとあなたを守ってくれる。導いてくれる。だから、あなたはひとりぼっちではありません。
あなたが泣いているとなくなった人はいつまでも成仏できませんよ。自分が死んだばかりに、こんなに泣かしてしまって申し訳ないっておもうでしょう?だから死んだ人のことを大事に思うのであったら、まずあなたが元気を取り戻してお幸せになりなさい。それが故人のもっとも望んだことだし、あなたが幸せになるために故人の魂が守ってくれているわけです 
色々悲しませてごめんねって あなたのところにきてるの

途中略しましたが 元気出してください
あなた 男の子だけでなく 女の子まで 授かったんだもの 死んだ子供は男の子で 生まれ変わってきてくれて もう一人 プラスαまで 神様が授けてくれたんですよ 大事にしてあげてくださいね
最後にひとつだけ 女の子がもしも あなたよりも先に 病気事故で死んだら 後悔します
そうならないために 自分のために 女の子も 大事にしてください
女の子を愛することは 自分を愛することにもつながります 
男の子が死んでしまったことに対する罪悪感とか持っていますか もしかしたら 女の子につめたくするのは 自分を許せない部分があり 同性である女の子にぶつけてしまうのではないですか?
ご自身のことも そろそろ許してあげてくださいね

 

投稿日時 - 2010-10-03 10:11:34

補足

それは私も考えた事があります
これだけ良くしてあげなくて、もし何かでお別れが来てその時に今までの事を吐露されたら、どうなるだろうと思った事があります

自分の事は前にも書きましたがやっぱり完全には許せないですね
許せないと言うか、後悔はしています
何かそうならないように出来る事があったのではないか、先生が大丈夫と何も言ってくれなくても自分の体のこと、何か気づけたのではないかと何度も思いました
何度もその日の事を夢にも見ました

何度夢に見てもやっぱり助からないのです

今日、少しですが変化がありました
その変化を毎日少しずつあるように頑張りたいです
決して今のままでずっと行って良い訳ないことはわかっているので、大人である私が努力すべきだと思います

投稿日時 - 2010-10-04 00:06:57

ANo.13

No.5です。
補足を受けて感じたことですが……

母性とか愛情、それらを含めた『情』というものは、必ずしも『温かいもの』でなければいけないのでしょうか。
正直なことを申し上げますと、私は娘さん以上に息子さんたちの方が質問者様に無視され、愛されていない印象を受けています。質問文、そして数々の補足を読ませて頂き、亡くなったお子さんを含めて可哀想だな、と…。

>上の子も小学3年生、ずっと姑と私の言い合いを見ています
>姑は子供がいる前でわざとその話をするので大人の怒鳴りあいをずっと見ています

この時点で上のお兄ちゃんも存在ごと無視されているようです。お姑さんが突っかかってくるから仕方がない、と仰りたいかも知れませんが、それはお姑さんが気遣うところではなく、親である質問者様が回避の努力をするべきことです。
子供の前で口論に発展しそうなら「機会を改めて話をさせてください。子供には聞かせられませんので、今は出掛けてきます」など、大人としての対応があって然るべきかと思います。

>一生母親との関係を覚えているのだと思うと、私はどうして愛せなかったのか、どうして姑はあの時もう少し大目に見て黙ってくれていなかったのか、やり直しはもう出来ないとつくづく思います

「愛せない」「受け付けない」と言いながら、「私はどうして愛せなかったのか」と自問するのは矛盾しているように感じます。
『やり直す』必要を何故感じるのか……私には質問者様が「愛せない」と自己不信に陥っていると言うよりは、「愛したい」と苦悩しているようにしか受け止められません。
(恐らく何らかの理由と共に否定されそうですが)

>中途半端な母性で子育てをしている

そのようです。
『どうして姑はあの時もう少し大目に見て黙ってくれていなかったのか』という部分も責任転嫁のようです。虐待に対する考え方、捉え方にも未成熟なものを感じます。


私は夢占いには興味もないし、信用もしていません。ただ、夢に見るほど気にしている(気にかけている)のだな、と思っただけです。
当然ながら『生まれ変わり』も信じていません。

>死産だった事で名前も付けてあげられなかった「その子」今度は名前も付けさせてちょうだい、ずっと育てさせてちょうだいと思いました

「その子」ではなく、生まれたお子さんにつけた名前ですよね。失った命と時間は戻ることはありません。理解されているとは思いますが。


愛せないなら愛せないで、
受け付けないなら受け付けないで、
それでもいいではありませんか。
娘さんがお姑さんに懐いているなら、気持ちの整理がつくまでお任せして下さい。

どうしても建設的に行動できない、前向きに考えることも出来ない、と仰るならば、ご主人とよく話し合うことです。何故なら、質問者様に娘さんと暮らしていくことは困難でしょう?
そこまで行ったら他人の意見や考え方が介入する余地はないです。

『愛せない理由』を探し続ける間は、どのような解決案も受け入れることは出来ないと思います。特に、過去や他人という自分には変えられないものに理由を見出し、それを甘受している間は無理です。

人にはそれぞれ過去があります。
私にも子供を亡くした過去があります(私の不注意でした)。その事実を消化するには何年もかかりましたし、今の主人との結婚を決める際には再度自問自答し、葛藤もしました。
確かに私も長男を授かった時は「やっと育てられる」と喜びましたが、直ぐに「育てられるのは『この子』で、『あの子』を育てることは出来ない」と気づきました。

乗り越える強さは、誰もが持っていると信じていますが……


>やり直しはもう出来ないとつくづく思います

家庭を持つ、家族を持つ、子供を育てるとはどういうことか、
責任を持つと言うことはどういうことか、
今一度よくお考えください。

この状態で諦めてしまうのは、あまりに家族やご自身に対し無責任過ぎると思います。

投稿日時 - 2010-10-03 09:40:00

補足

皆さんが息子を心配して下さるのですが、それはどうして文章からそう感じられたのかと思うほどありえないことなのです

してあげたい事が沢山あって、何をしている姿も可愛く、これがしないといけないからと言う感覚からきているとは自分では思えません
それほど、息子たちには気持ちが行っているのです

仰る通り、子供たちの前での姑との言い合いは決して見せるべき物ではありません
今まではいけないと思いつつも行ってきている今言い返さなければいけないと思っていましたが、今は忙しいのでと席をはずすくらいの事をしても子供にその場面を見せる事を回避するべきでした
その点は大いに反省しました、間違っていました

>何らかの理由と共に否定されそうですが

申し訳ありませんでした、せっかく皆さんが仰って下さっているのに説明をすべきと思うあまり否定になってしまっていました
自分の思う事を気づいたままに書いているうちにそういう文章になってしまっていました

未成熟な自分には気づいています
母として平等に愛せない時点で親としては未成熟なのだと思っています
皆さんからのお言葉で、それを再確認しました

愛したいと苦悩していると言うよりは、このままでは良い訳ないと切実に感じています
なのに、すぐに他の子と同じように愛せない事、自分でもどうしていいかわからずご相談しました

辛い過去のことも書いて下さって、決して私だけが悲しい思いをしたのではない、それでも皆次を見て歩いていっているとも再確認できました
辛い部分に逃げていてもいけませんね

すぐには無理でも、少しずつ確実に今の関係を改善できるように、気づけばもう当たり前に笑い合えるという日が来るように、それまでは振りでも何でも頑張りたいと思います

投稿日時 - 2010-10-04 00:03:00

ANo.12

自分は母親にあまり愛されていないと思い子供時代を過ごしてきました。
今は姑と同じ家で暮らし子育てしています。

子供時代母親からは十分な愛情表現はありませんでしたが、
祖母は私をかわいがってくれました。
学校でいじめにあっていた私はその祖母の愛情にとても救われていました。
心に傷はありますが、リストカットなどまではせずにすみました。
心の傷とは社会不適応と摂食障害です。自分の存在を大切にできませんでした。

でもshiba_wankoさんの文章を読んでいると
娘さんのことをとても気にかけていらっしゃいます。
もっと愛してあげたいとも聞こえます。
でもそうできないのはお姑さんが絡むからではないのでしょうか。

娘さんとお二人だけで出かけるなどしてはいかがでしょうか。
親子としてというよりも女友達か何か違う関係みたいな気持ちで、
ショッピングとか。

女の子は大人になったら子育てをしますよね。
その時に母親から愛された経験が薄いと子育てに苦労します。

あとはこのままではいけないと思っていらっしゃるshiba_wankoさんが
何をすべきか考え行動すればいいと思います。
子供も家にいる時間がだんだん減ってきますね。
shiba_wankoさんと娘さんの幸せを心から応援します。

私は自分に子供が産まれてから母親との関係が改善しました。
母と娘の関係はいつからでも仲良くなれると思います。
けれど早いに越したことはありません。

投稿日時 - 2010-10-03 04:51:07

補足

姑が絡むから、確かにそうです
しかし、母はそんなものがあっても絶対の愛をもつものだと思うと苦しくなります
そう出来ない自分に中途半端な母性なのだとつくづく感じます

女の子の将来に影響があってはと焦りながらもすぐに解決できないでいますが、少しずつでも変化を持てるようにしたいと思います

今はまだ子供と親の関係が濃い時間だからこそしないといけないと思う内容が多すぎて疲れてしまいます
適度な距離があればやりやすいのにと思う事もあります

なので、大人になる頃には良い関係になれるようにしたいと思います
早くできたら良い事はわかっているので、仰る通りに努力したいと思います

投稿日時 - 2010-10-03 20:54:24

ANo.11

No.8です。

なにかを書こうと悩んだのですが、どれもあなたの心には響かない気がして消してしまいました。あなたの求めていることはなんでしょうか?

ちょっと私ごとですが、
私はなかなか赤ちゃんができませんでした。
できても流産してしまったのです。
2回も続けて。
そうなると妊娠するのも恐くなりました。
また流産するに違いないと。

そこで苦しんで、いろいろ考えました。
人は誰でも試練を体験します。
ある人は病気、ある人は金銭的なこと、そして赤ちゃんを授かったこと自体…。
私には赤ちゃんが授からないという試練。
あきらめるという選択肢も間違っていないと思うのですが次に授かる確率がもし0.1%なら私は、99回でも流産してやろう。そうしたら赤ちゃんを授かることができるから。
そして間もなく妊娠し、出産しました。
もし、あの時そう決心しなかったら、たった一度のチャンスを逃していたかもしれません。
兄弟が欲しくて、チャレンジ中ですが、さすがにそろそろ無理そうです。

あなたはこの試練をどう乗り越えたいですか?
娘さんを愛するようになることで乗り越えますか?
それともそれはあきらめてとにかく正しいことをしてあげようと考えますか?
それとも別のこと?

もし、娘さんを愛するようになりたいのなら、
病院に行くのもいいと思います。
>病院に行く事をためらっているのは、精神科の先生は当たり障りのない事しかいいそうにないように思うからです
>刺激のないように聞いてくれるだけのように思うからです
解決しなくてもいいじゃないですか。聞いてくれているうちに原因やあなたの考えていることが整理されて、なにか気づきがあるかもしれません。
0.1%でも変われる可能性があるのなら。

あるエッセイストがいるのですが、娘さんから早く離れたくて仕方がないらしいのです。
それはやるべきことをやらない、だらしないなど理由があるからなのですが、
弟をいじめることも嫌なようです。
ところが、ある理由で、娘は東京(高校生)、息子は地方(小学生・おじあり、慣れ親しんだ土地)で暮らし始めます。そのエッセイストは東京と地方を行ったり来たりしています。
すると娘さんとの生活で居心地がいいと思えることがあるのだそうです。

離れて暮らすことは無理でしょうが、娘さんと二人きりの時間を作るのもなにか新しい気持ちの発見があるかもしれません。


正しいことをしてあげようと思うなら、抵抗があっても抱きしめてあげてください。
別に抱きしめることがすべてではありませんが、母親がすべきこととあなたが思うことを少しずつしてあげて欲しいです。何かできたら喜んであげるふりも。

あなた自身も二人を平等に見るべきという思いにとらわれすぎているのかもしれません。
二人を見比べるのではなく、女の子には今日より明日、明日より明後日、1年後より50年後と少しずつ多く近づいてあげることはできないでしょうか。


もし、それ以外の解決方法がなにかないのかとお感じなら、あなたの理想の人物…ドラマのキャラクタでも身近なあこがれの人でもあなたの頭にあるだけの理想の人物でもかまいません、その人ならどうするか? を考えてみるとなにか糸口が見つかるかもしれません。

>やり直しはもう出来ないとつくづく思います
過去は変えられないですが、未来は変えられます。
あきらめないでくださいね。

ご家族が心から笑いあって過ごせるよう、お祈りしています。

投稿日時 - 2010-10-03 03:10:00

補足

求めている事、誤解されてもしょうがないですよね
色々皆さんが書いて下さっているのにすぐにそれを実行できず、これはこうで出来ないとか、言い訳を書いているのですから
言い訳のようでもありますが、書いて下さっている内容にお答えとして新たに気づいた事を書いていると全て言い訳になってしまいますね

この試練をどう乗り越えたいか、乗り越えたいと言うよりも乗り越えるべきという感覚です
愛せなくても少しでもそれを誤魔化してでも子供の精神衛生に影響を与えないで育てないといけないと思っています

平等にするべきという思いに捉われているのは感じます
母として、こうあるべき、といつも思います

それがいけない事かどうかはわからないのですがどうして自然に出来ないのだろうと思います
本来は母は全ての子を自然に愛すものなのだろうと考えると混乱します

自然に少しでも近づけるように頑張ります
頑張ると言う事自体おかしな事かもしれないですが

投稿日時 - 2010-10-03 20:50:25

ANo.10

一つだけ言えることは、
ちょっとおかしな姑さんが居ると言う事ですね。


そもそも「平等」なんて、何が平等なのかもわかりません。
男の子と女の子に生まれた時点で、平等ではないし、
第一子と第二子だって平等ではない。

それを「平等」にしようとするほうが無理がありますよ。

姑さんは一人っ子しか育ててないので、
男の子と女の子の違い、第一子と第二子の違いを経験していません。
だからわかるはずもないのです。
そんな姑さんの間違った考えが、質問者様のストレスになり、
そのストレスが、娘さんに向いているような気がしてなりません。

つまり、娘さんを愛せないと感じるのは、
質問者様の心が壊れているのではなく、姑さんの心が壊れているのではないでしょうか?

ご主人のヘルプはないのですか?



私は、2人の男の兄弟を育てましたが、

長男には「長男としての100%」
次男には「次男としての100%」で接しました。

まわりから、不平等だの何だの言われましたが、完全無視!

そのときに散々コケにした親族が、
息子達が活躍した今になって「育て方が良かったから・・・」
なんて言いだす始末です。

私も長男でしたから、いろんな欠点が見えてしまうので、長男には特に厳しかったです。
質問者様に似た感じで、長男と心の距離があった感じがします。
次男は、真正面から受け止めていました。

でも、今は、長男(大学4年)が可愛くて仕方ありません。
毎月「仕事」といいながら長男のとこへ泊まりで遊びに行きます。
次男はほったらかしです(笑)(まぁ、もっと遠くにいるんですけど)

親も子も長い人生です、どこかでバランスが取れて、最後で平等になればいいんじゃないですかね?

マザーテレサの言葉ではありませんが、「愛の反対は、憎しみではなく無関心」
どうか、娘さんとかかわりながら、すごしてください。

投稿日時 - 2010-10-02 11:06:15

補足

私は姑って少なからずこんなものなのかと半分諦めていました
立場的にはやはり姑の方が上になるので逆らいにくいです

姑は確かに一人しか育てていませんので私もそうは思いますが、姑はあくまでも自分がもっと生めていたら完全に同じできると言い切ります
母はそうあるべきだと言われればぐうの音も出ません

責任転嫁になってしまいますが、確かに姑との諍いが女の子の方にいっているのは私も感じています
言われれば言われるほどその原因である女の子の方にイライラが募ります

主人は思いっきり言い合いになった時は仲裁に入ってくれて私の味方をしてくれます
そうすると余計に姑は怒り、夫婦で傷の舐めあいをしていても子供は育たないと言います

以前どこかで見聞きしたのですが愛の反対は無関心、わかります
その言葉をどこかで見た時もドキっとしました

存在自体を否定する無関心は一番いけないのだと知った瞬間でした

今日は少し笑った顔を見ました
少しずつでも前進していきたいです
今までもこういうことはあったのですが、姑が間に入ってまだ逆戻りとなった事が何度もあり、なかなかきちんと出来ません
姑を気にしないで母として私は強くならないといけないのだとご意見を見ていて強く感じます

投稿日時 - 2010-10-03 20:35:28

ANo.9

まあ大丈夫じゃないでしょうか。
娘さんは可哀相だけど、だから不幸という事もありません。
ちょっと運が悪かっただけ。でも悪すぎるわけじゃないから大丈夫。

推量ですが
お姑さんはもちろんのこと、
お兄ちゃんも弟君も、
娘ちゃんの事を庇っているのでは?
それでますます質問者さんは追いつめられているのでは?

もし息子さん達が娘ちゃんを阻害したり虐めたりしてるなら
貴女の育児は息子さん達をダメにする育児ですので
即刻精神科に行くべきですが、
(愛する息子をろくでなしのDV男に育てるなんて母親失格です)

そうじゃなくて、普通に仲がいいなら、大丈夫。

母親の愛情なんかなくても
お兄ちゃんと双子のカタワレの愛情を掴んでいるなら
娘ちゃんの心は壊れませんし、
母親がそんな状態でも姉妹を愛し守れる男の子なら
息子さん達はきっと心優しく強い漢になれるでしょう。

ボロボロになるとしたら貴女だけですから大丈夫。
気になるのはコレだけです。

>虐待をしてテレビで逮捕が報道されているのを見ては、そうすると他の子たちともさよならしないといけないのにどうしてその人は可愛がっている方が淋しい思いをするのに逮捕という所までの事をしたのだろう、死亡するような虐待せずとも、適当に育てておけばいいのにと思ってしまいます

例え愛する子供とさよならする必要が無くても
母親ですから、最低限の育児はしてください。
育児ができないなら養子縁組をするとか、ね。
暴力や暴言やネグレクトなどの虐待は絶対にしないでね。
それが当然ですと言えるなら貴女も多分大丈夫。

人生は80年あります。
ゆっくり努力して下さい。
半世紀も経てば貴女の心も変わるかもしれません。

投稿日時 - 2010-10-01 13:04:18

補足

私も以前、姑に言われた時そう思っていたんです
生まれた当時でした

今はこうだけど、時間と共にきっと解決させたいから、ちょっと時間をおきたい
静かに見ていて欲しい、自然に出来るようになれるようにって思っているからと

なのに、今すぐをとても求めてきました
今すぐ出来るはず、出来ないのは母としておかしいと
それは理屈では凄くわかります、そうあるべきだとずっと思っていました
でも、追い詰めて欲しくなかったのです
子供の前での言い合いもしたくはなかったのです

他の子たちは庇っています
よく、お分かりになりましたね
最近はものもよくわかってきたのでちょっとした事で叱ったりした時や、話しかけているのに、何気に知らない不利をすると凄く指摘されます
よけいにこれではいけないと思い始め、努力はしているつもりです

この何日か、本当に切羽詰って考え、こちらに質問して、お答えを見ながら少しでも努力したら、女の子が笑いました
ちょっとしてくれた事にありがとう、っていつもより大げさ目に褒めたのです
そんな大した事ない事ではにかむような顔で、それでも凄く嬉しそうに恥ずかしそうに笑顔を見せました
心が痛みましたが頑張ってみます

投稿日時 - 2010-10-03 19:24:03

ANo.8

読んでいて、苦しまれているご様子にとても心が痛くなりました。

>いざ生まれてから、NICUに2人とも入ったのですが、気になるのは男の子の状態、もう以前の事の>ようになりたくないと思いました
>ほぼ同じ体重で生まれたのに男のこの方が状態がよくない時が続きました
>先生は男の子の方がこういう時そうなりやすいと言いました
弱い方を心配するのは当たり前のこと。
同じ子どもながら、不平等であることに理不尽さを感じるのも当たり前のこと。
ただ、その理不尽さへの怒りの対象を間違えてしまったのではないでしょうか。
そして男の子のほうがかわいいのだと、思いこんでしまった…。

まだ何にもわからない赤ちゃんに感情を覚えるとき、赤ちゃんはその人の心の鏡です。
大人たちは赤ちゃんをかわいがりたいのではなくて、赤ちゃんに愛されたいのです。
あなたは死産してしまったことでご自分を責めませんでしたか?
あなたはその亡くなってしまった息子さんに許されたいのではないですか?
そして娘さんに自分をうつしていませんか?
愛せないのは娘さんのことではなく、ご自分自身なのかもしれません。
自分の弱さを見せつけられているようで、ますます娘さんに愛情が持てないのかもしれません。

そうだとしたら、あなたがあなた自身を許してあげるしかありません。
男の子の方に愛情を持ってしまっていることを。
仕方がなかったのです。亡くなってしまった息子さんへの気持ちと、もうなくしたくない、という気持ちが強かったのです。

夢はあなたの恐れている出来事です(夢占いではありません。明日仕事で失敗したらと恐れていると失敗した夢をみるものです)。
そしてあなたはその考えに縛られているのです。
夢は夢。現実ではありません。

質問を読んでとても気になったことがありました。
もしも、生まれ変わりがあったとして、亡くなったその子が実は今回女の子に生まれてきたのだとしたら……。今度は生き残りやすいように女の子として生まれてきたのなら?
そう思わずにいられませんでした。

そして、双子の男の子の方も、あなたは愛していないのかもしれません。
亡くなった息子さんを重ねているだけで。


私は死産ではなく、流産でしたが、経験しました。
死産となればそれ以上のお苦しみだろうと想像に堪えません。
でもその出来事と向き合って、しっかり整理してください。

あなたのためにも。
整理したつもりはだめですよ。

投稿日時 - 2010-10-01 04:52:57

補足

その点で言うと、生まれた時から既に男の子の方は平等ではなかったですね
障害の可能性、命の可能性共に男の子のみにいろいろ言われましたから

私自身を許すと言う事は今後もないと思います
ないというより、何がいけなかったのかその当時からずっと自分の行動を思いました
安定期を過ぎ、普通でいうともう心配のない時期に、私の何がそうさせたのか
誘発させたのは何なのか、責めました
きっと母親はそう思うのでしょうが、私も例外になく思いました

女の子に生まれ変わる、そう思った事もありました
今度は女の子で生まれてみるよ、そうしたら無事に生まれられるかもって思ったのかなって
でも、何を見ても男の子の方が可愛い事に変わりはありませんでした

整理、突き詰めると一生ないのでしょうね
きっとその事を忘れられる時は私が死に、頭が何も考えず、感じられずなるときなのだろうと思います
手のかかる子ですが、それでもやっぱり男の子の方は何をしても許せるのです
何をしても可愛い、それがわかりません
上の子もそれは同じで、どうしても女の子の方だけ気に障ったりします

投稿日時 - 2010-10-02 21:11:28

ANo.7

何を伝えたらいいのか・・だけど投稿させて頂きます。

亡くなられたお子さんがそれを望んでいるのだと思いますか?
今の状態を手放しで喜んでいるのでしょうか?



気持ちは分かるような・・分からないような・・
だって貴方様は命を失った悲しみを知っているはず。
この世で何が一番辛いことかを身を持って経験したはず。
なのにその命を大事にできない?

悲しみを乗り越えるのは貴方様自身がしなければならないこと。

周りがこうだから・・とかではないように思います。
ましてお子さんに向けることではありません。


今はまだそういう強さが貴方様には無いだけです。
だけどぜひ強くなってほしいと願います。
亡くなられたお子さんもそれを一番望んでいるはずです。

今は女の子ちゃんを抱きしめられないとのことですが
まずは三人一緒でも構いません。お子さん全員を同時に抱きしめてみて下さい。
皆同じように血が通い、脈を打っています。
そして、誰に伝えるということでなくて構いません。抱きしめている時に
「大好きだよ」って言って差し上げて下さい。
女の子ちゃん一人が無理でも三人一緒ならできませんか?

今のままでは亡くなられたお子さんのことをご家族で語り合うことすらできません。
生きている者(家族)が語り合ってくれていれば亡くなられたお子さんも寂しくはないのでは?


最後に、貴方様が何を思おうと貴方様は女の子ちゃんのことを思っています。
本当に何も感じないのであれば、何も考えないし、心が壊れているかどうかなど気にはならないし、このような投稿もしないと私は思いました。

また、旦那様の存在が見えないのが少々気になりました。



少しずつでいいと思います。ぜひ!お子さん全員の為に笑顔で歩めるようにして下さい。

投稿日時 - 2010-10-01 01:22:01

補足

仰る事、とてもわかります
自分が間違っている事も、理性ではわかります

なのに、抱きしめられないし、受け付けないのです
その感情がどうしてなのかもわかりません

その日が来たら毎年主人と話します
その晩は一緒にお酒を飲んでゆっくりテレビを見てなどですが、一緒にその深夜を過ごします
あの時のその「時間」が終わってから寝ます

主人の存在はあります
主人はどうにかなるから思いつめて作る関係ではいけないと言っています
姑の間にも入ってくれますがいない時にはどうしようもありません

いない時に狙って来ますし、最近はもうそれが憂鬱です

投稿日時 - 2010-10-02 16:58:00

No.4です 
姑を味方にするような もののいいかたをするのは仕方がないですよ 彼女にとっては おばあちゃんが 自分の救いなのかもしれません 自分をあきらかに差別する母親の味方はしないですよ
あなた ある種虐待予備軍になりつつあるのではありませんか

食べ物の残したのを食べないのは まさに 私の母がそうでした 
決して 私たちの食べ残しは口にしませんでした
それが 孫のだったら口にするんですよね 私 それ見るたびにちょっとした不快感を覚えます
なんだか 姑さんとうまくいかないひずみ 男の子をなくした悲しみが 現状をつくりだしたのですね
でも だんなさんくらい 女の子の味方をしてあげてもいいのに
おばあちゃんが死んでしまったら 彼女 孤独ですよ 
あなたが心の中に抱えている闇を娘さんにも分けてあげるつもりなのでしょうか
だんだんに姑と娘さんが同一化されて もっとつらくあたることになるかもしれません
息子さんの女性観にも悪い影響がでますよ
女は一段下に見下してるかもしれません 家庭内では 娘さんが見下されるかもしれません

私は 宗教関係の人間ではありませんが 死んでしまったお子さんの供養はされたのでしょうか 
もしも されてないなら きちんとした形で供養していただいて 気持ちに区切りをつけたらどうでしょう すっきりとして みんなで 一からやり直す気持ちに慣れるかもしれません
おかあさん  みんなと 幸せにね って 天国でみまもってくれてますよ 
死んだ子どもだって あなたをうらんでませんよ お母さんの子供で うまれてこれなかったけど おなかの中にいたことは 事実だし 忘れないでいてあげれば それでいいですよ
時間があるとき手を合わせて お参りしてあげたらいいですよ
私も実は 子供を亡くしました
子供を亡くしたつらさは私も十分にわかるつもりです 

投稿日時 - 2010-10-01 01:08:36

補足

そうですよね、姑しか味方はいないと思います
味方というよりそれはそれで逆差別的ひいきなのですが、物は買い与えてくれる、怒鳴ってかばってくれる、存在です

ネグレストという言葉を聞いた時、私のしている事も虐待なのでは思いました
子供に愛が持てない母親がいるそうですが、私の場合は子供は好きなのにその子にだけ愛が持てないのですから完全にひいき、差別している事になっていると思います
たちが悪い事もわかっています

姑が死んだらそうなると思います
家庭内では女はうちの家は下です

昔ほどではないですが、やはり一番は主人、その後長男~と続きます

供養はしています
骨は殆ど残りませんでした

生まれられなかった子の事を書いて下さっている文章を読むと涙が出てきてしまいます
まだ何も考えられなかっただろうけど、生まれることが出来ない事、悲しい・・・・と感じていたのかなと思います
同じ辛さがわかる方からの励まし、ありがとうございました

一生忘れる事はないですよね
悔やみが終わる事も絶対にないと思います

投稿日時 - 2010-10-02 16:46:00

私は双子を育てたことがありませんので、質問文を読ませていただいて感じたことを率直に書かせてください。

娘さんを愛せないと仰る質問者様ですが、ビジョンとして伝わったのは質問者様と娘さんの親子関係だけです。息子さんとの関係はわかりませんでした。

>夢で男の子の命が危ない事になったものを見ました
夢の中で事故があったようで一緒にいた女の子はほぼ無傷、そこへ私だけが助かった、反対だったら良かった?怒ってる?と聞く女の子に「せめてあなたが助かってよかったよ」といってやれず、怖い顔をして口に出さないものの「どうしてあなたが助かっているの、どうしてあなただけが助かるの」と思っている私が夢の中にいました

夢の中でも娘さんと会話していますね。本当は、娘さんとももっと素直に向き合いたいと思っていらっしゃるのではないでしょうか。無意識でも。
(私には夢占いの趣味はないです。でも、これは息子さんが事故にあった夢というよりは、娘さんと語り合っている夢ですよね。内容はどうであれ)

息子さんを亡くされたこと、その後に授かった息子さんも状態がよくなかったことで、息子さんを可愛がらなければいけない、と思い込み、半ば自己暗示状態になってしまったのではないかと思います。

私の次男も(そんなに深刻ではない状態でしたが)生まれて直ぐにNICUに入院し、触れることもままならず、窓ガラス越しに保育器の中の息子を見て「死なないで、死なないで。この子が生きるためなら私はどうなってもいい。だから死なないで」としか思えませんでした。
漸く退院し、息子と帰宅できた日の喜びは言葉に出来ません。もう手離したくない、と強く思いました。その日、弟を迎えた娘がどんな顔をしていたのかも思い出せないくらいです。それだけ生死に対する不安は心を奪うのでしょう。

>一度も女の子を抱きしめた事はありませんし、したいと思った事もありません
>自分で愛情が全くない事、痛感しています

本当に愛情を持っていない相手には、こんなことすら思いません。
お姑さんとも言い争いにはならないです。渡りに船でお姑さんに娘さんの育児をお任せするでしょう。何を言われても煩いだけで反感もないはずです。
このような質問もされないでしょうし、『私の心は親として壊れているのでしょうか』などというような自分を疑う発想もないと思います。

質問者様も、娘さんの食べるものを作り、服を買って着せ、洗濯もしてやり、部屋を掃除し、学校にも行かせているでしょう。お友達と遊ぶのに不自由ないようにもされているでしょう。病気や怪我の時には病院にも連れて行くし、看病もするでしょう。

親としての愛情がなくて、こんなことが出来ますか?

時間はかかるかも知れないし、もしかしたら専門医の手助けも必要かも知れないけれど、必ず娘さんと向き合える日が来ると思います。そして、母として、女性として、人として、娘さんの良き相談相手にもなれると思います。

投稿日時 - 2010-09-30 22:37:17

補足

温かい目線で夢占い的なことを書いてくださったのを読んで申し訳ない気持ちになりました

どうしても、その温かい方向でのものではないと自分で感じているからです

夢の中の自分の気持ちは夢とは思えないほどにしっかりとしていて、正直「もし男の子が助からないのであれば女の子も助からなかったら私は諦められたのに、まさかあなただけ助かるの」って思っていたのです
今もリアルに覚えています

それがもし上の子と男の子であれば上の子に対してそのような事は思わないはずです
自分の普段からの気持ちでそう思います

今の状況がいけないというのは理屈として母親がこのような不平等ではいけないと思っています
育てているのもネグレストや虐待をしてはいけないと思っているからです
放棄はしていませんが必死で育ててもしていません
良い事があっても嬉しいと思った事がありませんし、そう思わない事に自分でも不思議な程無関心です
時々騒いでいても女の子のテンションの高いふざけた声は耳に障ります

虐待をしてテレビで逮捕が報道されているのを見ては、そうすると他の子たちともさよならしないといけないのにどうしてその人は可愛がっている方が淋しい思いをするのに逮捕という所までの事をしたのだろう、死亡するような虐待せずとも、適当に育てておけばいいのにと思ってしまいます

どうしても、その子のために必死になれず、可愛いと思って何かをしてあげられない、この6年間でその気持ちは固まってしまったのか、女の子ももう物心はとうの昔についています
きっと一生母親との関係を覚えているのだと思うと、私はどうして愛せなかったのか、どうして姑はあの時もう少し大目に見て黙ってくれていなかったのか、やり直しはもう出来ないとつくづく思います

どうしても愛せないのです、受け付けないのです、食べ残しなんて汚いと感じて食べられません
中途半端な母性で子育てをしているのだと感じています

投稿日時 - 2010-10-01 00:44:47

一度も女の子を抱きしめた事はありませんし、したいと思った事もありません
自分で愛情が全くない事、痛感しています
て書いてあるけど 一度だけ 抱きしめてみてはどうですか? もしかしたら その瞬間にあなたの心のつかえのようなものがとれるかもしれません
これはもう神経内科などに行く状態でしょうか?
どうすればいいのかわかりません
とのことですが 私は医師でないから わかりませんが 少なくても自分でそういう考えが浮かぶのなら 一度くらい心療内科にいってみるのもいいですね
また ご主人にも話して 女の子のフォローしてくれるようにたのむといいですね
私 双子だったので 親の対応や どちらがひいきされてるとか そういうの敏感にかんじました
ずいぶんなやんだこともあり わだかまりもありました 
今 大人になり 片方は 独身で 県外でばりばりはたらき 一方の私は 母が望む孫を産みました
やっと わだかまりが 少しだけ解けてきました
あなたの 双子の息子さんは あなたの溺愛で マザコンにしないようにね 
娘さん 大丈夫だとはいえません 結構 親の態度できずつくことありますよ

投稿日時 - 2010-09-30 22:15:09

補足

抱きしめようと思った事がない理由ですが、何か受け付けないのです
男の子のよだれを汚いと思った事などありませんでしたが女の子の物は食べ残しも食べた事がありません
食べろと言われれば食べられない事はないと思いますが残しをあえて食べようと思った事はありません

主人は上の子に甘いです
一番話もきちんとできる年ですし最近は一緒に行動する事も増えて生まれた時から上の子に甘く、女の子が孤立している状況です
物を買い与えられたり、可哀想っていわれて自分だけ甘やかされたりを姑にされながらも、一番心が乾いているのは断然女の子だと思います

主人は私を責めません
姑にもうちの事だからといってくれたこともあります
しかし、勢いが凄い姑には主人も性格だとあきれている所があり、相手にせずなるべく流して居留守もありと言っていますが、それでは済まない位にイライラします

最近は知恵がついてきて姑を味方に言いつけるようなことも女の子がするようになりました
まだ嫁と姑というような物がわからないので、味方になって欲しい一心だと思うのですが大人はそれを機に一気に炎上、そのイライラの矛先が女の子にいってしまいます

投稿日時 - 2010-10-01 00:34:39

ANo.3

現役保育士です。辛い過去をお持ちなのですね,お察しします。双子ちゃんですか。子育ても2倍ですね(^^)質問者サンの男の子への想いは失ったお子さんへの想いなのですね…それは母親なら当然ではないでしょうか(質問者サンを責める訳ではありません)亡くなったお子さんに[申し訳ない]という気持ちが強ければ強い程,双子の男の子への愛情も膨れてきますよね…それはそれでいいと思います。そして双子であっても 一心同体ではないと思います。そりゃ見た目も声も雰囲気も似てるとは思いますが、心は、魂は、一つずつ別です。性格だって成長だってうと思います。姑サンの事は気にしない事が一番です。姑さんの言動にあなたが振り回されてどうするんですか?成長が遅い?この子の個性です。いけませんか?字が書けない?じゃあお母さんと女の子に教えてもらいながら練習すればいいですよね。女の子だって兄弟の事,大好きな筈です。「教えてくれる?」というと喜んで教えてくれるはずです。姑さんの皮肉に母親の貴方がオロオロしていては何も解決しません。ドシーンと構えて(大丈夫,私がついている,)と包みこんであげて下さい。上のお子さんも質問者サンの事が大好きなはずです。

投稿日時 - 2010-09-30 22:07:42

補足

私も男の子の方への気持ちは死産した子への思いが追加されていると思います
重ね合わせて二度と手を離すまいと思っているのだと思います
実際にNICU時代も男の子の方だけ言い知れぬ不安が襲いました
何か起こるのではないかと理由もなく思いました

見た目も声も男女なので似ていないのです
見た目も男の子の方が可愛く見えてしまいます

女の子の方は私の嫌いな顔をしています
姑の方の顔に似ています、色の黒い所、細長い顔、分厚い唇が姑にそっくりです
私には似ていません

よりによって顔つきが出来てくる頃から本当に似始めました
それはたまに話に出たら皆が言っているので誰から見ても似ているようです

悪い方へ悪い方へ物事が回っているように思います

投稿日時 - 2010-10-01 00:27:46

私も、双子の息子をもつ父親です。

母親ではないので、本当の感覚は分かりませんが、客観的には見れるかもしれません。


双子の苦労って、ありますよね。うちは男の子二人で、同じ小学一年です。
平等で言ったら、不平等といえば不平等。完全に平等なんて、誰だってそれは無理です。ケーキだって、切れば微妙に大きさが違いますから。

姑さんが大きなストレスのようですが、気にしないでほおっておきましょう(難しいですが)。


それよりも心配なのは娘さんですね。感情の問題は、どうしようもありません。
でも、それを問題として捉えていらっしゃるのですから、やはり専門家にしっかりと相談されるのがいいと思います。

愛情を注がれない子供は、それを感じますからね。

誰が悪いわけではないですが、早くこの状況を打開すべく、具体的に行動しましょう。おそらくそこがクリアされていけば、全てのことがうまく回り始めるように思います。



今、一番寂しい思いをしているのは、娘さんだと思います。
早く、この状況からすくってあげてください。

投稿日時 - 2010-09-30 19:59:52

お礼

男性からのお返事で、父親の目線もお答えいただきましてありがとうございます

姑は大変なストレス原因です

生後すぐからそのことを指摘し、執拗に平等を言われました
双子が寝ている間に自分が休息をとりたいときなども延々とその話で時間をとられたこともあります
一時欝っぽくなり、来る時に通るドアに鍵をかけてロックをし、チャイムを聞こえない振りをして篭った事がありました
階段を登って入ってくる音が聞こえたら吐き気がした事もありました

娘には悪いと思っています
今すぐにでも平等にならないといけないと理屈はわかっているのに可愛いと思えません
娘にだけ思えない事が自分でも理由がわからないのです

投稿日時 - 2010-10-01 00:22:52

大丈夫ですよ^^

それでもあなたは、ちゃんと女の子も「愛して」います。ただ、それを言葉や態度に表せない。伝えられてないだけです。あなたの中で、十月十日育ててきた子どもですよ。ここで、文字にした程の「冷酷さ」なんて、実際にはありません。

あなたは、独りきりで、たくさんのことを抱え過ぎているんですよね。亡くした息子さんへの想いも癒えぬまま妊娠をし、心も身体も、もういっぱいいっぱいなんですよ。

本当は、双子を授かる前に、もっと亡くした命と向き合う時間が欲しかったでしょう。大声を出して泣きたい時も、自分を責めて心が千切れそうになった夜も、あなたはグッと我慢をしてきたのでしょう。それは、義母やご主人の手前、悲しむ姿を見せてはいけないと思ったから。長男の手前、強いお母さんで居なければいけないと思ったから。

だから、自分なりにケジメがついていない亡き子への想いを、双子の男の子へ重ねてしまう。分かってはいるのだけれど、重ねている時だけが、あの悲しみを忘れられる気がするから。

ウチは双子が2組なんですよね。あとは1人ずつ男と女。双子って、育ててみると分かるけど、「どちらも平等に」ってのは、本当に難しいんですよね。何でか分からないけど、どちらかに情が移ってしまう。別に贔屓とかしてる訳でもないのに、なんでか?

それが会話が出来て、親と子の意志の疎通が出来る歳になると、2人を「別の個性」だと認めることが出来るようになり、2人それぞれに愛することが出来るようになっている、みたいな。

あなたは、もし自分で思うなら、病院へ行くのも良いでしょう。心の中を、いま誰にも見せられずに、病院の先生という第三者には話せるのなら、少しは冷静になれるかも知れませんね。でも、あなたは「病気」ではありませんよ。話せる相手がいないだけです。もう少し時間が立てば、亡くした息子さんのことも、あなたなりにケジメがつくでしょうから、とりあえず、心が溢れてしまう前に、「誰か」に話していっぱい泣いて下さい。

流した涙の分だけ、必ず心は軽くなりますから☆

投稿日時 - 2010-09-30 19:53:04

補足

生きて産む事さえできず亡くした息子への思いを整理できないままの妊娠、仰る通りかもしれません
魂の生まれ変わりは存在しないと思いつつ、生きたあの子に会いたいと、生まれ変わってきて欲しいなど思いました
それを望んでの妊娠だった事もあります

正直、双子だと知った瞬間思った事はあの子が帰ってきたと思いました
生まれ変わるために今度の妊娠に一緒に入ってきたと思いました

双子が2組に一人ずつの男女という事は6人のお子さんですか?凄いですね
また、双子の2組は男女なのでしょうか?男女での場合、その愛情に差はありますか?

うちの場合は男女でなかったら、男か女どちらかが2人であれば今のようにはなっていなかったのではと思います
片方が男の子であるとわかった瞬間、そちらにだけ気が行くようになりました
=あの子に重ねてしまったのでしょうね、きっと
自分でもそう思います

病院に行く事をためらっているのは、精神科の先生は当たり障りのない事しかいいそうにないように思うからです
刺激のないように聞いてくれるだけのように思うからです
また、家族へ私の診察結果などが来て、それが原因でまた大人がぶつかる理由になるのではとの懸念も強いです
今も亡くした子の事を思うと涙があふれてきます
きっとあの悲しさは一生完全に消える事などないのだと思います
消える所か薄まる事もないと思います
なかったように他人の前では生きていますが、今も鮮明に覚えています
ケジメがつく日は来るのでしょうか

投稿日時 - 2010-10-01 00:18:33

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-