こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

嘘をつかれていた交際

風俗で知り合った女性がいました。親しく交際するようになり私は風俗で働いて欲しくなく、彼女が不定期ですが生活苦で働きに行くと言い出すと、その都度、日当分を渡していました。
また何かの理由(あとで嘘と分かった)でまとめてお金を渡していました。
貸し借りの感覚ではなかったので借用書等は一切ありません。
総額で250万以上、通帳等で確認できる額は150万位です。
風俗で働いてほしくなくてこの半年以上お金を渡し風俗は行かせないようにしていました。
何故に問題が生じたかと言いますと、私が偶然にも彼女がラブホテルから男性と出てくるところを見かけてしまったのです。
後で問い詰めると、その男性とホテルに行き5万円もらったとの事。
その男性も風俗で働いていた当時の客らしく、私としては今まで何の為にお金を渡してきたのかと腹が立ち交際は終わりました。
裏切り、結局騙していた事に対し確認できる分のお金の請求は出来るのでしょうか?

また明らかに嘘と分かった事に対して、お金を渡したのですが刑事事件には訴える事はできないのでしょうか?
証拠としてはEメールの履歴とそれに沿った振り込みの記載された通帳などです。
嘘を言い実は全然違う目的で私から受け取ったお金は詐欺にはならないのでしょうか。
私としては「騙された」という気持ちなのですが・・・
本人は最初頑張って返して行くと言っていたのですが、最近まわりの人達の意見で毎月1万円でも誠意だとか人を馬鹿にしたような事を言い始めました。
現在はメール連絡のみ取れる状況で住まいを変えて現住所は頑なに教えません。電話で話す事も拒否です。
それでいて毎月少しづつ返すとは信じられません。
何か有効な手段はないでしょうか。

投稿日時 - 2010-03-21 20:18:40

QNo.5769099

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

わざわざ刑法に訴えなくても、民法で裁けますよ。
よくありますが、浮気や不倫とかの訴訟について犯罪ではないので、刑法ではなく民法が適用されます。
もし生活苦で仕事に行くお相手さんが、あなたに日当分を請求していたのなら、詐欺で刑法で裁けますが、あなたが善意で渡していたのなら、ただの生活援助費とも取れるでしょう。
しかし、嘘をついていたのは問題と出来るでしょう。
程度にもよりますが、あくまで第三者的意見として、訴えても最終的にはあなたから借りたお金を返していく誓約書を書かせられるくらいだと思います。
ですが、もしこの誓約に反した場合はあなたは更なる訴えも出来るでしょう。

投稿日時 - 2010-03-21 20:41:06

補足

私の周りの意見では、また同じ事するよ・・だから懲らしめた方が良いのでは。と言う人達が多くいます。
嘘をついて、お金を得るという行為は楽かもしれませんが嘘が暴かれた時は痛手をくらう事を、とにかく分からせたいです。
刑法が駄目なら民法で追い詰めたいです。
アドバイス有難うございました。

投稿日時 - 2010-03-21 22:49:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

1年間に110万円以上贈与すると、贈与税が発生します。

1年間とは、1月1日から12月31日まで。

税務署にでも言ってください。

ただし、相手の住所や氏名がわからないと難しいかも。

あなたには、1円も返ってこないとおもいますよ。

投稿日時 - 2010-03-22 01:23:36

補足

どうもご意見有難う御座いました。

投稿日時 - 2010-03-29 19:43:04

ANo.3

法律のカテゴリで質問されていますので、法律的な側面から回答させていただきます。

前提として男女間の私情には法律は介入しません。そこまで介入すると、個人の自由を侵害するおそれがあるからです。
ですから、法律的には「今後の付き合い方などは当事者同士で解決してください」ということになります。

さて、肝心の法律のお話に戻ります。刑事事件には出来ません。詐欺罪は相手を騙して(意図的に勘違いさせる)、それに基づいて金品を騙し取ると立件できます。
ウソとわかりつつ、お金を貸していたのですね?ですから、詐欺には当たりません。

あと、贈与した金品に関しては取り戻せません。いったん行った贈与は、詐欺や脅迫を除いて、いかなる場合であろうと撤回できないと民法で定められています。

最後に、貸したお金は取り戻せます。当事者間で返済期限や返済方法を定めているのならば、履行遅延ととなり損害賠償等が請求できます。
しかし見返りはゼロです。相手は資産らしい資産がないから風俗嬢になったうえに、お金をあなたから借りたのでしょう。裁判に訴えて勝ったとしても、泣き寝入りになる可能性が非常に高いです。

そもそも相手の素性もよく分かりもしないのに、100万円も越す大金を貸したのが間違っています。
住所もロクに分からない状態で訴えることは可能ですが、メールまで拒否されると、どうやって催促するつもりなのですか?勤務先を変えた上で、姿をくらまされたら一巻の終わりです。

それにしてもここにまで来ると、法的にはどうしようもありません。高い勉強代という結末に終わるでしょう。

投稿日時 - 2010-03-21 21:30:05

補足

ウソとわかりつつ、お金を渡していた訳ではありません。当時は出鱈目なんて思わず信じてまとまったお金を相手に渡していました。
今回のトラブルで初めてお金の使い道が分かり驚きと落胆を味わったのです。
使い道が分かっていたらお金は渡さなかったです。
お金ではなく相手を懲らしめたい気の方が今は強いです。
ですから何とか刑事事件で行きたいのですが、やはり無理なようですね。
ご意見有難うございました。

投稿日時 - 2010-03-21 22:31:28

ANo.1

正直、ありません。
本来は「贈与」されたのですから、相手には「返還」の義務すらありません。
当然、「刑事事件」にもならず、民事の問題として扱われます。
相談者さんの気持ちは、よくわかりますが、相談内容にもある「貸した」のではない以上は「贈与」になります。
下手に、相談者さんが請求すれば「恐喝罪」になってしまう可能性があります。

投稿日時 - 2010-03-21 20:28:12

補足

相手は明らかに裏切りを認めていて必要以上にお金を貰っていた事も、申し訳ないと現時点では言っていて返済すると一応は約束しています。
相手には「返還」の義務すらないとの事ですので何とか早く相手の合意の上の借用書を作ろうと思います。

投稿日時 - 2010-03-21 22:06:09

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-