こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

7歳でエナメル質形成不全で6歳臼歯全てが虫歯になってしまいました。

以前、娘のエナメル質形成不全について質問させて頂いた者です。
学校の歯科健診にて、要観察の虫歯(要治療ではない)が2本あった為、自宅近くの一般歯科で、健診も兼ねてフッ素をしてもらおうと初めて受診しました。(主人の転勤で引っ越した為、かかりつけの小児歯科へは通えなくなりました。)
すると、生えてきたばかりの右上下6番と左上6番が初期虫歯との事でレジンする事となりました。
学校の歯科健診では虫歯とは言われてはおりませんでしたし、生えてきたばかりで歯磨きもお菓子も我慢して頑張っていたのに虫歯?と思いましたが、医師によると生えてくる前に歯茎の中で虫歯になる事もあると言われました。
本当にそのような事があるのでしょうか?
もちろん娘がエナメル質形成不全の事は伝えております。
当初、左上6番はシーラントの予定だったのですが、やはり虫歯が思ったより深いとの事でレントゲンも撮らずに全てレジンとなった訳ですが、娘のようなエナメル質形成不全の初期虫歯の場合は、シーラントよりもレジンの方が効果的だったのでしょうか?
できれば、娘の場合のレジンとシーラントでの治療のメリット・デメリットを教えてください。
虫歯の進行具合は、左上は、エナメル質と象牙質の境の一歩手前と言っていました。
右下は風をかける時だけ痛がっておりましたが、麻酔無しで削っても痛がった様子はありませんでした。
以前、かかりつけの小児歯科でも生えてきたばかりの左下6番を初期虫歯でレジンしており、これで大切な6番の永久歯4本全てを虫歯にして治療してしまった事になります。
初期虫歯の場合は削らないで様子をみた方が良い、歯はいじればいじるほど寿命が短くなると知り、ましてまだ7歳にして大切な6歳臼歯すべてに手を加えてしまった事にとても不安を抱えております。7歳にして生えてきたばかりの6歳臼歯全てが虫歯になってしまったお子さんなんていないですよね・・・。
■耐用年数(材料そのものの劣化が起こるまでの年数) 2~3年。
■平均使用年数(何らかのトラブルが起こるまでの年数) 5.2年。
とありましたが、どんなに口内環境を改善しても一生このまま持たせる事は不可能なのでしょうか?また、材料そのものの劣化によってリペアする際は、どうしてもまた自分の歯を削らないといけないのでしょうか?
エナメル質形成不全である事を知りながら、6歳臼歯全てを虫歯にさせてしまった事に親として責任を感じております。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-10-06 17:01:36

QNo.5346517

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

私の娘も現在7歳で、6歳臼歯すべてがエナメル質形成不全です。疾患などはとくにありません。小学校入学前の歯科検診で発覚しました。わかったときは、娘が不憫に感じ、また娘のこれからを考えると不安を感じましたが、母親が不安になると子どもはもっと不安になると夫に励まされ、とにかく信頼できる歯科医を探そうと考えました。
現在通っている先生が必ずしも100%頼っていける感じではありませんが、いろいろ自分の歯で試してみて、近隣の歯科医の中では最も信頼の置ける先生だと思っています。不安に感じることは全て先生にぶつけて納得いくまで説明していただこうと考えています。
娘は左下の6歳臼歯に銀の詰め物がかぶせてあります。
もともとは臼歯の溝にレジン(シーラント?この2つ、同じ物ではないのですか?)というプラスティックの充填材を詰め、虫歯になりにくいように処置していただいたのですが、虫歯が進行してしまいました。
子どもの歯というのはまだ成長途中なので、神経が結構歯の表面に近い所にある可能性があるのだと先生はおっしゃいました。もし削って、運悪く神経にぶつかってしまうと、その後の痛みを避けるため、最悪抜髄(歯の神経を抜く)しなければならない可能性があるため、歯を削って銀の詰め物を入れることに非常にためらいを感じているようでしたが、このまま放置しても虫歯が進むだけなので、思い切って虫歯を少し削り、銀をかぶせました。
私も最初のうちは後悔の気持がわき起こりましたが、毎日仕上げ磨きをしていると、銀歯はエナメル質形成不全の歯よりずっとずっと強く、溶けていってしまうような不安もなく、これで良かったのだと思うようになりました。
ただ、ご質問に書いていらっしゃる通り、治療した歯が虫歯になるリスクは非常に高いようなので、歯磨きをしっかり、週に一度は市販の歯垢染色液を使って磨き残しをチェックし、毎日市販のフッ素も塗っています。
あとは定期的に歯科健診に出かけ、ブラッシングの方針が間違っていないか、新たな虫歯ができていないか確認し、早めの対処を心掛けることかと思っています。
めげずに、前向きに、共に頑張りましょう。

投稿日時 - 2010-03-09 22:43:44

お礼

しばらくパソコンから離れていた為、随分とお返事か遅れてしまい申し訳ございませんでした。
その後、娘の歯も虫歯に気を付けていたのですが、再度虫歯が進行してしまい、また2本再治療となってしまいました。これから治療予定なのですが、虫歯の進行具合によっては銀の詰め物になるかもしれません。あれだけ、甘いものを我慢させ、歯磨きも頑張っていたのに、途方に暮れています。
シーラントは虫歯予防の為、歯を削らずに溝を埋めるものですが、レジンは虫歯に既になっていて、虫歯を削った部分を埋めるものです。
whitelongさんの娘さんは、1本だけとの事ですので、これから虫歯を増やさないようにお互い頑張りましょうね。

投稿日時 - 2010-05-12 22:01:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

初めまして。

うちの子もエナメル質形成不全です。

今6歳ですが、全ての歯が虫歯です。

うちの場合は疾患があり、その為に歯も形成不全となっています。

持病などなく、エナメル質形成不全なんですか?

投稿日時 - 2010-02-17 12:10:01

お礼

初めまして。
私の娘の場合は特に疾患はありませんが、担当医からはちょうど歯の形成される時期に高熱を出したりの病気はしませんでしたか?と聞かれました。普通の子供と同じような風邪などはひいたりはしましたが、持病もなく、思い当たる節はありませんでした。
娘の場合、6歳臼歯と同じ時期に形成される前歯もエナメル形成不全で変色しています。虫歯になっているのは6歳臼歯だけですが、全ての歯というは、乳歯も永久歯も全て変色しているだけではなく虫歯になっているのですか?
参考までに、エナメル質形成不全の虫歯は、どのような治療をされていますか?

投稿日時 - 2010-02-20 21:25:28

ANo.2

waniwani52さんへ

初めまして。
『え、同じような子がいた!』と驚いています。
私にも7歳の子供いるのですが、乳歯の時には虫歯もなく、
全く問題が無かった歯ですが、永久歯に生え変わった歯が
全てエナメル形成不全です。
今は上下の1番、上下の6歳臼歯が永久歯に生え変わりましたが、
生えた時から歯の先端や表面が真っ白(初期虫歯)で、
今は前から2番目の永久歯が出てきそうですが既に先端が白いです。
なぜ、どうしてなんだ、生えた時から虫歯になっているなんて、
そんな子はいないのだろうと途方にくれていました。

最初の永久歯(上の前歯)が生えた5歳で異変に気が付き、
すぐに日本医科歯科大学で診察を受けましたが、
エナメル形成不全は虫歯にならないように歯磨きを気をつけ、
全ての歯が永久歯に生えそろうまでは将来的な治療法も
考えられないと言われました。
この時点では白いのは虫歯とは言われませんでしたが、
現在の歯科医では虫歯と言われています。

最近、奥歯の永久歯にポツと小さな黒い虫歯を見つけました。
定期的にフッ素もぬり、自宅でもあんなに気をつけていたのに・・・とショックです。
現在の歯科医では虫歯の治療をすると、そこからまた虫歯に
なりやすいので、現在はフッ素を塗り、様子を観察していくしかないと言われ、
口の中に虫歯を残しいておく事に不安で一杯です。シーラントをするという話や提案も出ていませんでした。


そんなこともあり、明日はセカンドオピニオンで別の歯科医院に行きます。
そこの歯科医院はC1程度ならば削らないで虫歯予防の樹脂材料を詰める
治療をしているようなので、これが子供にも当てはめられるのか?
他に治療法の提案はないのか、聞いてこようと思います。

>7歳にして生えてきたばかりの6歳臼歯全てが虫歯になってしまったお子さんなんていないですよね・・

私も同じような事を考えていました、
誰にも相談も出来ず、時間があればインターネットで、
同じようなお子さんがいないか探していたところです。
年齢も同じで驚きました。
この回答をwaniwani52さんが読んでくれるといいのですが・・・・

投稿日時 - 2009-10-19 09:42:56

お礼

せっかくご返答頂いていたのに、お返事が随分遅くなってしまい申し訳ございませんでした。
その後、虫歯は削らずに済みましたか?
エナメル質形成不全の歯は健康な歯に比べて、やはり虫歯になりやすいようですし、一度虫歯になると進行も早いようなので、削るか削らないかの見極めが大切だそうです。私の娘の場合は、今となってみると削るのも最小限で済んだようですし、もっと虫歯が進行したら削る量も多くなるのであれはあれで良かったのかな、と思っています。

投稿日時 - 2010-02-20 21:18:12

ANo.1

過ぎてしまった事、やってしまった事を悔やんでも何にも成りません。
大事な事はこれ以上掛け替えのない歯と体を駄目にしない事です。
私達の歯の噛む力は50キロ近く有ります。また人間は1日に15分位しか噛み締めていないことが生理学で判っていますがストレス、心配、不安等で食い縛っても問題を起こします。親の心配は子供さんに伝わります。NHKの試してガッテン「自宅で治す虫歯」では歯のヒビから広がって溶けた歯を唾液中のカルシウムが治してくれると言っています。食い縛らない、頑張らない、リラックスした生き方が大切です。お釈迦様がこだわるな、捕らわれるなと言っていますが今回の事を良い勉強をしたと捕らえ、未来のために今できる事する事が大切かと思います。
掛け替えのないお子さんの歯と体です。後で後悔するのではなく、これからは希望をはっきり伝え、納得いく治療を受けられる様にした方が良いと思います。
乳癌の場合、温熱療法で血液を温め癌を消すと言う方法もあります。
血流が大事です。心配、不安等で筋肉が異常緊張すれば血流が悪くなり生命力が低下し歯や体に様々な問題を起こします。
それと思いの現実化という事もあります。心配不安を手放し、過去を見ず、前を見て、光を見て、今、具体的に出来る事を淡々とやっていく事が大切かと思います。
参考:アラヤ識、阿頼耶識、たらいの法則

投稿日時 - 2009-10-06 19:56:54

お礼

ご返答ありがとうございました。
確かに、過ぎた事を嘆いても何もならないのは分かっていますが、今回の治療は妥当だったのか、今後の娘の為にも納得したかった為です。また今後安心して治療に専念できるように。
このままでは医師との信頼関係も築けない状態にあります。

投稿日時 - 2009-10-09 15:12:06

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-