こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

プロの心理カウンセリング(行動認知療法)はどんな感じなのでしょうか?

対人恐怖症を患っている21歳、無職の者です。
就職&人付き合いがうまくいくことを目指し、
現在は某大学の心理相談室(心理学部生の養成機関)の
カウンセリングに通っています。
心理学部生の方が担当してくださり、心理検査も何度か重ね、
こういう目標でやっていこうということも話し合いました。
以前心療内科にかかったところ、お医者さんから
カウンセリングで行動認知療法を受けると良いとアドバイスされた為、
カウンセリングを受けることにしたのですが、
プロのカウンセラーでは料金が高く、経済的に余裕もない為、
大学の相談室(1回3千円です)に決めました。
心理検査を終えてからもう5回くらいカウンセリングを重ねていますが、
まったく治療と思われることをして頂けていません。
最近調子どうですか?という会話から始まり、
近況・日頃の愚痴を話すだけで毎回終了しています。
私はプロのカウンセリングを受けたことがないので、
まったくわからないのですが、行動認知療法とはこのようなものなのでしょうか。
まだ経験のない心理学部の学生に頼るよりも、
やっぱりプロのカウンセラーにかかったほうが良いということなんでしょうか?
カウンセリングについて詳しい方、回答お願いいたします。

投稿日時 - 2009-07-22 09:43:13

QNo.5145562

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

行動認知療法と言うものがどうなのかわかりませんが、以前、娘がうつ病だったので、心療内科を受診させていました。

その心療内科の紹介で何人かのプロのカウンセリングも受けさせましたが、どうも日本におけるカウンセリングは、何かが違うと印象を受けています。

と言うのは、患者さんは、カウンセリングを受けるに当たり、カウンセラーから、何か答えや指針を求めているのに、カウンセラーは、まず、聞く事から始まり、最後まで聞く事に専念する傾向があるように思えます。

結局、日頃の愚痴を聞いてあげる事で、気持ちが落ち着くと考えている節が見られます。

きっと、質問者も、どうように感じているのではないでしょうか?

良く、海外の映画等でカウンセリングの場面があるのですが、海外のカウンセラーは、一つの障害、障壁があった場合、患者の日頃の行動を聞き、その行動の中で、疑問に思った事に対して助言をしているように感じます。

うつ病の娘に対して、私も家庭内で、私自身もカウンセリングを行ってきましたが、いつも、娘に言った事は、病気になった事は、結果であり、それには原因があり、経過があるはずだと。

それと、娘にも対人恐怖症はありました。
対人恐怖症の改善する為に、やった事は、娘を飲みに連れて行くことでした。
私も同伴ですから、娘も付いてきやすく、また、飲み屋さんには、ちょうど20才前後の同年代の女の子も居ましたから、多少の改善にはなりました。

先ほどは、カウンセリングについて、カウンセラーの対応に疑問も持っている事を言いましたが、すべてのカウンセラーがそうでは無いとも思っています。

ただ、カウンセラーを変えるのも良いですが、また、一から状況の説明をしないと駄目だし、それより、かかっている大学のカウンセラーの方に、これまでのカウンセリングの意味と今後の進め方を聞いてみたらと思います。

それと、参考ですけど、アドラーギルドと言う心理学があります。

ここも、社会適応性についてのカウンセリングを行ってくれますが、アドラーギルドについては、否定的な人も居ます。

質問の答えになっているかどうかわかりませんが、私が思って事を言いました。

投稿日時 - 2009-07-22 10:41:05

補足

カウンセラーの対応はどこも変わらないんですね。
今通っているところのカウンセラーさんとよく話し合ってみたいと思います。
丁寧な回答、どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2009-07-24 19:45:35

お礼

すみません、お礼の欄のつもりが、補足の欄に書いてしまっていました。

投稿日時 - 2009-07-24 19:48:19

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

私の場合、認知行動療法とまではいきませんが、それに近い形で治療をしてくださる先生とカウンセラーに出会いました。
私が話すことに対して、必ずプラスの面からの見解を述べてくれます。
そして、私がマイナスな方向のことで悩んでいると、プラスの方向で「こう考えてみたらどうかな」と言ってくれました。
マイナスのスパイラルに陥っていると難しいですが、自分でもできることです。
xxxxができない、と悩んでいたとして、xxxxができなくてもyyyyができる!と考えるのが認知行動療法の一端です。
自分でも、自分の思考を変えるようがんばってみてください。

投稿日時 - 2009-07-22 10:56:13

お礼

なるべくプラスに考えられるように努力していきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-07-24 19:49:48

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-